世界最大客船、オアシスオブザシーズ!! | アメリカの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

世界最大客船、オアシスオブザシーズ!!

エリア
マイアミ
/アメリカ
テーマ
クルーズ
時期
2009/11/23~2009/11/29
投稿日
2009/11/30
更新日
2017/10/6
投稿者
岩永 飛鳥

12月の処女航海を控えた世界最大客船、オアシズ・オブ・ザ・シーズのクルーズに体験乗船してきました!オアシズ・オブ・ザ・シーズはロイヤルカリビアンが作った最新にして最大の客船で、17階建ての客船は重さ22万トン、乗客は5400人ととてつもないスケールの客船です。今回は、旅行会社、雑誌の編集者などに向けた処女航海を控えたお試し航海となるため、寄港地にはどこにも寄らず、3日間海の上をクルージングします。さて、どんな旅になるのでしょう?  

乗船まで...

アメリカン航空にて成田を出発し、ダラス経由にて空路マイアミへ。マイアミでの1泊が必要となります。アメリカン航空だと夕方の4時半にマイアミに到着するので、体力がある方は、そのままマイアミの町へ繰り出しましょう!私は空港近くのホテルにチェックインした後、翌日の乗船に向けて期待に胸を膨らませながら早めの就寝。どうか、晴れますように

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪真っ青な空、エメラルドグリーンの海マイアミへ≫価格重視でもビーチが徒歩圏内!ベストウエスタンアトランティック滞在5日間~早期予約がお得なJALマイルが貯まるアメリカン航空利用~

成田発

≪真っ青な空、エメラルドグリーンの海マイアミへ≫価格重視でもビーチが徒歩圏内!ベストウエスタンアトランティック滞在5日間~早期予約がお得なJALマイルが貯まるアメリカン航空利用~

日数:5日間  
旅行代金:113,700円~354,700ツアーはこちら

  • 乗船まで

    願いが通じて翌日は快晴!マイアミの青い空がまぶしい!クルーズのチェックインは朝の11時半から夕方7時まで、出航は夜の9時となっていましたが、もちろん11時半に行きます。チェックインした後はお食事をとってもいいし、お部屋でくつろいでもいいし、早速プールで泳いでもOK

    チェックイン時には、事前に用意した確認書とパスポート、クレジットカードが必要。その後シーパスカードを発行してくれます。これが滞在中のお財布代わり。お酒を頼んだ時やオプショナルツアーを申し込んだ時、シーパスカードをスキャンし、料金がチャージされていきます。最終日に精算された合計金額は、カードで払ってもいいし、ドルで払ってもOK!今回は寄港地に寄らなかったため、お財布やパスポートなどの貴重品は初日に金庫に入れ、最後まで出しませんでした。


     

    写真左:港が見えて来ました。あれがオアシスオブザシーズではないですか?遠くからでも一目でわかる、22万トンの迫力!

    写真真ん中:近くで見るとますますでかい!カメラに収まりきれません

    写真右:シーパスカード。滞在中の強い見方!




  • クルーズ初日

    ついに乗船!一歩足を踏み入れた瞬間、目に飛び込んで来たのは、ニューヨークの町並みを再現したロイヤルプロムナード!通りにはおしゃれなカフェやショップが立ち並び、クルーズ船初のライジングタイドバーも見えます。ここが船の上とは信じられません!

     

    写真左 ライジングタイドバー:おしゃれなバーはエレベーターのように6階から8階の間を上下に行ったり来たりします。

    写真真ん中:早速あちこちで撮影が始まっています。テレビ局の取材もたくさん来ていました。

    写真右:カフェで早速お茶している人。






  • 腹が減っては…

    腹が減ってはクルーズレポートはできません。早速ランチに行ってみます。レストランもたくさんで、どこに行こうか迷ってしまいますが、お天気がいいので6階にあるセントラルパークパークカフェへ。公園の中にあるカフェは気軽で明るい雰囲気。サラダバ-があり、自分の好きな食材を選んで、好きなドレッシングであえてくれます。たくさんあって迷います。とりあえず全部入れてみますか。その他にもサンドイッチやパニーニ、デザートなど、おいしそうなものがいっぱい!パニーニはショーケース並んでいて、好きなものを指すと、あたためて持ってきてくれます。天気がいい日はピクニック気分でテイクアウトしてもいいですね。それにしても、本当にこれが船の上?

     

    写真左:セントラルパーク。植えられた草木や花々はすべて本物。花壇もきれいに手入れされていて、本当の公園みたい!

    写真真ん中:サラダボール ちょっと食べるつもりがこのボリューム!パニーニもおいしかった!

    写真右:船内に備え置かれているコーヒー、紅茶はすべて無料!紅茶の種類も豊富です。




  • お部屋紹介

    ここで私が今回宿泊したお部屋を紹介します。私が宿泊した部屋は、スーペリアオーシャンビュー、バルコニーつき

    お部屋にはバルコニーがついていて、テーブルとチェアが備え置かれています。

     

    写真左: 清潔で明るい室内!壁にかかっている絵や、ファブリックもおしゃれですね。ソファもあり快適!

    写真真ん中:バスルームにバスタブはついていません。アメリカ人はバスタブにつかる文化はないので、バスタブ付のお部屋はごくわずかです。

    写真右:このテレビで船内情報を知ることができます。レストランのメニューや、今までいくら使っているかのカード明細、無料で最新映画を楽しむこともできます!




  • 船内紹介(アクティビティ編)

    是非体験していただきたいのはロイヤルカリビアン初(というかクルーズ初!)のzip lineに、ロッククライミング船上サーフィン(フローライダー)です。その他バスケットボールコートやゴルフコースがあるスポーツデッキ、その他ヨガ教室やピラティス、マラソントラック、プールでのエアロビクス、船長との卓球大会やクイズ大会など、毎日船内のどこかしらで催し物が行われています。前日の夕方にお部屋に船内新聞が入りますので船内新聞にて確認できます。

    zip lineとは、船のデッキからデッキへ渡された紐(zip)をターザンのように渡りきります。若干高所恐怖症気味の私は、皆になんと言われようと挑戦できませんでした。チャレンジ精神のある方は是非、挑戦してみてください。

     

    写真左 :zip line。だって、これですよ!あなたにできますか?

    写真真ん中:通常のゴルフコースだけでなく、お子様用ゴルフコースも。

    写真右:サーフィン 小さい子供も挑戦しています。


  • ロッククライミングに挑戦!

    ZIP LINEで挫折した私は、ロッククライミングに挑戦することにしました。これなら、途中で無理、と思ったらやめることができますからね。もし何かあっても責任は負いませんという書面にサインをして、運動靴、ヘルメットをつけ、命綱をつけて出発。下からスタッフがサポートしてくれるので安心です。一番簡単な石はどれかと聞き、ピンクと緑の石を目印につかまりながら上へ上へと進みます。しっかりでっぱっている石を選んで少しずつ上に登ります。しかし上に行くにしたがって恐怖との戦いになって来ます。下見るな、私!上だけを見ながら進みます。隣りでは足を踏み外した脱落者が、びよーんと降りて行きます。半分まで来たら絶対上まで行きたい!という気持ちが強くなって来ました。すでに腕はぷるぷる、手から汗が噴き出してきました。スタッフに励まされながら、ついに登頂!!下から拍手をもらった時はとてもうれしかったです。終わった後は手がふるえてしばらく物が持てませんでしたが、かなり達成感がありました。おすすめです!靴下とズボンだけ用意をすれば専用の靴を貸してくれます。

     

    写真左:6フロア分の高さがあります。

    写真真ん中:恥も外聞も関係ない!大股開きで登る私。
    写真右:登頂して満足げな私。




  • 船内紹介(レストラン編)

    レストランはメインダイニング以外に全部で13。その日の気分で選べます。全部紹介したいのですが、あまりにもたくさんあって紹介できないので、その中でもおすすめのレストランをご紹介します!

    まずはオーパスメインダイニング。ここは無料で楽しめるメインダイニングです。毎日メニューが変わるので毎日来ても空きません。夜のドレスコードはスマートカジュアル。日中の服を着替えてちょっとおしゃれをしてみましょう。

    ※おすすめの服装は、前日にお部屋に入る船内新聞に記載されています。

     

    写真左:オーパスメインダイニング 一番おいしかったのはエスカルゴ!ガーリックハーブバターで味付けして、グリルしてあります。

    写真真ん中:ソラリウムビストロ。ヘルシーメニューのレストランで、豆腐や野菜がふんだんに使われています。ミソスープというものもありました。味噌汁ではなかったですがしょうがが利いておいしかったです。

    写真右:日本食IZUMIではお寿司や石焼料理をはじめアジア各国の料理が楽しめます。アラカルト料金になりますが、安価でボリュームがあります。




  • 船内紹介(カフェ・軽食編)

    写真左:デザート類も豊富!ケーキやクッキーもたくさん。目移りしてしまいます。もちろんこれも全部無料。

    写真真ん中:ジョニーズロケッツ 1950年代風の本格的なバーガーショップ。概観もアメリカ風ですね。ここは朝食$3.95、昼・夕食は$4.95かかり、その他ドリンクは有料です。

    写真右:ソレントはニューヨークスタイルのカジュアルなピザレストラン。ここのピザは生地が厚いタイプですが、外側はカリカリでおいしいです!いけないと思いつつ、毎日夜中にここでピザを食べていました。




  • 船内紹介(ショー編)

    ヘアスプレーは映画が日本でも公開されたので、ご存知の方も多いかと思います。トニー賞を8部門で受賞したブロードウェイミュージカルの人気ショーです。アメリカ4都市でオーディションを行い、実際にニューヨークのブロードウェイで活躍しているプロデューサーが指揮をとり、上演が可能となりました。見ると誰もがハッピーになるショーです。本場のブロードウェーで見たら1万円くらいするそうです。それが、無料で見れるなんて!必見です!アイススケートショーは、白雪姫が出てきたり、あひるちゃんが出てきたり、王様が出てきたりと大人から子供まで幅広く楽しめます。またアクアシアターでのショーも大迫力でした!飛び込みあり、噴水ショーあり、最後はみんなスタンディングオベーションでした。

     

    写真左:ミュージカルヘアスプレー 私は滞在中2回も見に行ってしまいました。

    写真真ん中:アイススケートショー。この人達、普通にトリプルアクセルを決めてましたけど….何者なのでしょう

    写真右:噴水ショーは前の席にいると濡れますのでご注意を!


  • 船内紹介(施設編)

    写真左:プールエリアにはメインプール、ビーチプール、水上バレーボールやバスケットボールが楽しめるスポーツプール、滑り台や噴水があるお子様用プールがあります。

    写真真ん中:本場ラスベガスに匹敵する本格的なカジノゲームがお楽しみいただけます。一緒に行ったMさん、7万円勝ってました。なんかおごって

    写真右:ボードウォークにはなんと回転木馬が!大人も童心に帰って楽しんでいました。




  • 他のお部屋も拝見

    写真左:内側客室 一番リーズナブルなお部屋になります。外の景色は見えませんが、日中外で遊ぶので、夜寝るだけというお客様にはおすすめです。リピーターのお客様はこのお部屋が多いとか。

    写真真ん中:ファミリーインテリアステートルーム メインのベッドの他に2段式のベッドがあります。6人まで宿泊OKです。

    写真右:ロイヤルロフトスイート お部屋の中に本棚とグランドピアノが!

  • 下船後はマイアミで遊ぶ!

    カリブ海クルーズの下船は朝早い時間ですがマイアミ発の飛行機は6時~7時になるため、マイアミ(またはフォートローダーデール)1泊となってしまいます。1日まるまる遊べますので、マイアミビーチで遊んでもよし、モールで買い物をしてもよし、観光をしてもよし、レンタカーでドライブなんていうのもいいですね。

    お買い物希望の女子軍団は、マイアミの空港ホテルから近くのドルフィンモールへショッピングに繰り出しました!ドルフィンモールまではタクシーで約30分、$38くらいでした。交渉をして無理やり1台のタクシーに乗せてもらった私たちは、チップを入れて一人頭$7で行けました。空港からは往復$10でシャトルバスが出ていますので空港から行かれてもいいかと思います。

    それと、後でわかったことなのですが、この日はサンクスギビングの翌日、通称ブラックフライデーと言われる日で、1年で一番大きなセールが行われている日だったのです。おかげでモールは大混雑!品物もとってもお安かったです!普段は手が出ないCOACHのバッグが、半額セールで、そこから更に20%オフという破格の安さ!私も思わずバッグとお財布を購入しました。

    あ~楽しかった♪他にもビクトリアシークレット、ボディショップ、ナイキ、アメリカンイーグル(岩永イチオシ!カジュアルで普段着に使えるお店)などもありましたよ。


    写真左:ドルフィンモール。

    写真真ん中:夕焼けがきれいだったので社内からパチリ。

    写真右:地元で大人気の“JOE'S STONE CLUB”。肉厚の蟹がとてもおいしかったです!

  • 最後に….

    3日間寄港地立ち寄りなしで飽きないかな?と正直思っていましたが、夢のような3日間はあっという間に過ぎ去りました。

    通常は東カリブ海コース(セント・トーマス、セント・マーチン、バハマ)と西カリブ海コース(ハイチ、ジャマイカ、メキシコのコズメル)を7泊で巡るコースとなります。船内だけでもこんなに楽しめるのに、更に3つの都市を訪れることができるなんて、短い日程で欲張りに旅をしたい方にはぴったりの、なんとも贅沢なツアーです!クルーズというとまだまだ敷居が高いもの、というイメージがあると思いますが、アメリカでは気軽に参加が出来る、メジャーな旅の形なのです。船の上では毎日日替わりのショーやゲーム、写真撮影、催し物が盛りだくさんで、その上寝ている間に目的に着いてしまいます。食事は食べたい時に食べられ、ルームサービスも取り放題です。

      大人からお子様まで楽しめる、このオアシス・オブ・ザ・シーズにもっともっとたくさんのお客様が参加されて、その良さを広めていただければクルーズ=敷居が高いというイメージがなくなる日もそう遠くはないのではないかと思います。もしまだクルーズの旅をしたことがない方!是非旅のコンシェルジュにご相談ください。お客様にぴったりのクルーズをご紹介します!