7日間で行く 有名所はすべておさえる トルコの走り方 | トルコの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

7日間で行く 有名所はすべておさえる トルコの走り方

エリア
トルコ
/トルコ
テーマ
世界遺産
時期
2014/11/05~2014/11/11
投稿日
2014/11/24
投稿者
中本貴弘

夏休みを利用して行ってきましたトルコ!!

トルコ!?何かがあるの!??

そんな方も多いと思います。。

お答えしましょう・・・・・

何でもあります。

大自然あり

歴史ある町あり

美味しい食事あり

さらに親日国

もう言うことなし!

そんなトルコを7日間で楽しむ旅をご紹介いたします!

  • 【フライト:ターキッシュエアライン】

    今回はターキッシュエアラインでイスタンブールへ

    唯一イスタンブールへの直行便を飛ばしています。

     

     

    意外と遠いイスタンブール。。。片道約12時間かかります。

     

    しかし!ご心配なかれ!!

    ターキッシュエアラインは機内サービスや機内食がとても充実しています。

    日本語対応の映画も多数あり、機内食もホットミールで美味しいです。

    USBポートがついているので、携帯の充電も可能!!

    (機材によってはついてないものもございます)

    でもやはり12時間は長い。。。暇つぶしグッズは必須です。

     



    成田をお昼にでて、目的地のカッパドキアに到着したのは深夜。。。

    カッパドキアは標高が高いこともあり、めちゃくちゃ寒い。

    ターンテーブルの前で震えながら待つ私たち。

    そして出てこない私たちの荷物。

    動きを止めるターンテーブル。

    しばらく呆然。。。



    空港係員がついてこいと叫ぶ。

    どうやら他のところに行っていた模様。。

    しかしそこにも同行者後藤君の荷物はない。どうしよう!??

     





    と思いきやすぐに見つかりなんなくガイドと合流。

    そのままホテルへ。。。こうして移動のみの一日目が終了。。。

  • 【カッパドキア:バルーンフライト】

    深夜1時ごろ床についた私たちは朝4時に起床。

    眠い目をこすりながら向かった先は・・・・・・・

     

    バルーンフライト!

     

    カッパドキア観光のハイライトといっても過言ではないでしょう。。

     

    日が昇らぬ内に空に上がり、

    雄大なカッパドキアの大地を眺めながらの朝日鑑賞。

     

    まばゆい光に包まれた光景に感動で前が見えません。。。。

    てなことはないかもしれませんが、カッパドキアの奇岩を

    上空から眺める景色は圧巻です!!

     


    カラフルなバルーンが空を埋め尽くし、

    荒涼とした大地とのコントラストがとても綺麗です。

     

     

    バルーンは高度の調節が可能で、

    地上に近づいたり、かなり上空まで上がったりします。

    うまいことバルーンを回転してくれるので、360度を見渡せます!!

     

     

     

    ふと地面を見ると何かをメッセージを掲げた人たちが。。

    よくみてみるとそこに書かれていたのは、

     

    LET'S GET MARREID

     

    プロポーズ!!!!???

    私たちのバルーンの方々ではなかったため、

    結果は分からないですが、こんな素敵な景色でのプロポーズなら

    うまく行ったこと間違えなし!!!

     

    バルーン終了後はシャンパンで乾杯!

    極寒の中、キンキンに冷えたシャンパンがたまりません。。。。。。

     


    この感動を伝えきれないのが、残念ですが、

    カッパドキアに来たからには、バルーンに乗らないと絶対損です!!

    ぜひ乗ってみてください!!

    冬場はとても寒いので、しっかり暖かくしていってください。

     

    <オプショナルツアー>

    ★感動的な大パノラマ★ カッパドキア バルーンフライト(英語ガイド)*

    http://stworld.jp/op_tour/?cu=TR&id=4eeeb7f61970c2.39998346

  • 【カッパドキア】カッパドキア一日観光

    バルーンフライトを終えてホテルへ戻り、

    朝食を食べた後は荷造り。

    私たちに与えられた日数は7日間。のんびりしている時間はありません。

     


    ガイドさんが迎えにきて、いざカッパドキア観光へ!

     

    紀元前ヒッタイトにより作られた地下都市「カイマクル」

    かつては2万人がこの地下都市で暮らしたとされ、地下8階まであるとされています。

    (現在はまだ地下4階までしか発掘されておりません)

     

    洞窟の中に約30のキリスト教会が残る「ギョレメ屋外博物館」

    ローマ帝国の迫害を逃れたキリスト教徒が隠れ住んでいた場所です。

    洞窟内は光があまり入ってこない関係で

    とても保存状態がよいフラスコ画をご覧いただけます。

     

    カッパドキアの奇岩が広がる「ギョレメパノラマ」

    小高い丘からカッパドキアの街や奇岩・ローズヴァレーなどを見渡すことができます。

    絶好の記念写真スポットです!!


    らくだ岩で有名な「デヴレントの丘」

    らくだの形をした岩や、ペンギンの形など、多くの奇岩を見ることができます。

    見る人の想像によって見え方が異なり、

    イマジネーション能力が問われます。


    ★食事★

    このコースは洞窟レストランで昼食をお召し上がりいただきます。

    メインはやっぱり!!!ケバブ

    テスティ・ケバブと呼ばれる壷焼きケバブがでてきます。

    その名の通り、壷の中で作られたケバブはとてもお肉が柔らかく、

    つけあわせのピラフとの相性はばっちりです!!!!



    他にも陶器やトルコ石の工房に行ったりとカッパドキア大満喫のツアーです。

    カッパドキアは観光名所が各地に点在しているため、

    ご自身での観光はとても大変です。。

    効率よく周るためにもぜひオプショナルツアーにご参加くださいませ!


    「日本語ガイドがご案内♪ カッパドキア終日観光」

    http://stworld.jp/op_tour/?cu=TR&id=4eeefa1a8b1136.35970201


    「≪専用車&専用日本語ガイドがご案内≫ カッパドキア終日観光」

    http://stworld.jp/op_tour/?cu=TR&id=4eeefa1a8b1136.35970201

  • 【パムッカレ】

    時間のない私は一刻も無駄にすることなく、
    カッパドキア終日観光が終わったあとは
    夜行バスでパムッカレへ。約10時間。。。




    寝つきのいい同行者後藤君は終始お休み。
    よくない私は寝たり起きたり。。。。
    彼を起こすために話かけようとするも反応がなく断念。。



    ちなみにこの夜行バスは飛行機についているようなモニターがついており、
    テレビを見ることが可能です!

    もちろんトルコ語!

    分かるはずもなく、目をつむり到着を待つ。。。。

    最初にドリンクやお菓子が配られたりと
    なかなか快適なバス旅です。



    何度かパーキングのようなところに止まりますが、
    トイレは基本的に有料です。
    また、人数確認もなく出発するので余裕を持って戻ってきましょう。



    そして明け方パムッカレに到着。
    数時間ホテルで休みいざ観光へ!!



    パムッカレといえば「石灰棚」!!!

    真っ白な岩山は遠くから見ると雪化粧をしているよう。
    その岩山には水が流れており、靴を脱いでこの岩山を下から上がってきていきます。
    特に急勾配というわけではないですが、下から上まではゆっくり歩いて30分ほどかかります。


    下のほうは水が冷たいのですが、上にあがるにつれて温かくなります。
    上ので流れているのは完全に温泉!!
    足湯のようで疲れた足にはたまりません。


    ライトブルーの水が映える純白のテラスは
    世界遺産にふさわしい景色です。


    上まであがると小高い丘のようになっているので、
    パムッカレの大地を遠くまで見渡せます。

    石灰棚に入るときは必ず裸足にならなければならないので、
    タオルもお忘れなく。
    日光の反射もまぶしいので冬でも日焼け対策を!



    ※宿泊ホテルやオプショナルツアーによっては、
    入る場所が異なります。



    さらに!!
    ここは石灰棚だけではないんです!!
    (基本あまりガイドブックを読まない私はここにくるまで遺跡があることを知りませんでした。。。。)


    ヒエラポリスと呼ばれるかつてのローマ時代の遺跡が残されており、
    城壁や円形劇場などをご覧いただけます。


    敷地はかなり広く、結構歩き回るので
    歩きやすい靴で行くことをお勧めします。




    自然の力でできた石灰棚と何百年も前の人智が作り上げた古代遺跡。


    そんな人と自然の共存の上に歴史という重みが加わった場所「パムッカレ」
    ぜひ行ってみてくださいです!!!

  • 【イスタンブール】陽気なおじさんにご注意を・・・

    そんな悠久の歴史を感じつつ
    時間もたいした歴史もない私たちは
    いそいそと飛行機でイスタンブールへ。パムッカレは宿泊せず。。。
    実際石灰棚とヒエラポリス以外はあまり有名なものはないので、
    宿泊なしで一日あれば十分です。


    翌朝から終日自由行動。
    イスタンブールではオプショなツアーなどをつけず個人で観光。


    まず向かうはブルーモスク!
    世界一美しいと称えられるこのモスク。
    遠くから見ても存在感があります。



    てくてく歩いていると話しかけてくる陽気なおじさん。
    以下私たちとおじさんの会話。



    おじさん「どこに向かっているのデスカ?私が案内します。」

    (海外でよくいるだます奴だ!と思った私たちは少し警戒)


    私たち「私たちお金ないよー」


    おじさん「貧乏旅行デスカ?私貧乏旅行している人大好きです!!」


    私たち(貧乏旅行人が好きだなんて、なんていい人なんだ!!!!!こんな人がだますはずない!!!)


    適当な私たちはこの人を信じ、一緒にモスクに行くことに。



    結構(約30~40分ほど)並んでやっと内部へ。
    イスラム教徒と観光客とでは入り口は異なるので、
    正面からははいれません。



    中までたどりつき、靴を袋につめていると、

    おじさん「私が先に支払いをしてくるから20リラください」

    なんの疑いもなくお金を渡す私たち。


    そして足早に先に進むおじさん。


    遅れて先にすすみ、どこを探すも見当たらないおじさん。
    そしてどこにもない料金所。。





    。。。。。。。











    !!












    だまされた!!!!


    こうして私たちはまんまと20リラを持っていかれました。。


    モスクは無料なのでご注意を!!!
    「貧乏旅行している人大好き」とのたまう陽気そうなおじさんにだまされてはいけません!!!!


    まぁガイドブックには入場料無料と書かれているのですが。。。


    イスタンブールの旧市街では本当に多くの人が日本語で話しかけてきます。
    もちろんいい人も多いのですが、だまそうとしてくる人もいるので
    ご注意を。。。
    「●●という会社で通訳をしていた」という人には要注意です!


  • 【イスタンブール:旧市街 】

    基本細かいことは気にしない私たちはすぐに次の観光地へ。



    旧市街は見所が満載です!
    街自体はそんなに大きくないので徒歩で見て周ることが可能!!




    「アヤソフィア」【写真左】
    もとはキリスト教の聖堂として建てられたこの建物は
    後にイスラム教モスクへと改修。
    そのため、イスラム芸術とキリスト教芸術の両方をお楽しみいただけます。


    「グランドバザール」【写真中央】
    お買い物をするならここ!!
    3万平方メートルという広大な敷地に
    所狭しと様々なショップやレストランなどが乱立しています。
    お土産などを買うならここがお勧めです!
    偽物も多いので注意が必要です!
    多くの人でごったがえしています。。


    「地下宮殿」【写真右】
    かつての貯水槽なのですが、300本以上の大理石の柱や
    荘厳な雰囲気から宮殿と呼ばれています。
    メデューサの頭部が逆さになった土台でできた柱が有名です。


    路面電車も走っているので、こちらを使ってみてもいいかもしれません。
    料金は一律です。


  • 【イスタンブール:新市街】

    旧市街からガラタ橋を渡った先が新市街です。
    観光名所の多い旧市街と比べてこちらは
    現地の方が多いエリアとなります。


    「タクスィム広場」【写真左】
    新市街の中心にあり、
    周辺には公園やファーストフードショップ・高級ホテルが立ち並びます。


    「イスティクラール通り」【写真中央】
    有名ブランド店や映画館・レストランなどが立ち並ぶ目抜き通りです。
    食べ歩きをしつつ買い物をしてみはいかがでしょうか。
    情緒ある路面電車に乗ってみるのも面白いかもしれません。

    「ガラタ塔」【写真右】
    高さ60メートルほどの島から新市街の町を見下ろせます。
    旧市街のほうまで見ることができ、モスクも確認できます。
    360度パノラマですが、高所恐怖症の人はご注意を。。。

  • 【イスタンブール:グルメ】

    皆さん世界三大料理が何かご存知でしょうか。

    フランス料理と中華料理、あと一つは、、、、


    イタリア料理?タイ料理?????


    違います。


    あっ!日本食!





    違います。。。。



    実は何を隠そうトルコ料理なのです!!

    今回はお手軽に食べられる絶品グルメをご紹介!


    「サバサンド」【写真左】
    これは有名ですね!
    まるまる一匹サバや玉ねぎなどをサンドしたサバサンドは
    とても食べ応えがあります。
    新市街の港の辺りが食べられます。


    「ケバブ」【写真中央】
    トルコ料理の王道的存在!圧倒的地位!
    日本にあるケバブは肉や野菜を生地で包んでいるものがほとんどですが、
    本場トルコではライスと一緒に食べるスタイルが多いです。
    このライスがただの白米のこともありますが、
    味付きピラフ(バター風味)のようなことも!
    お店によって異なりますので、ぜひ食べ比べてしてみてください!!


    「クズルカヤラル・ハンバーガー(濡れバーガー)」【写真右】
    こちらはあまり知られていないかもしてませんね。
    ガイドブックでもとても小さくしか載っていないですが、
    とっても美味しいくお勧めです!!!
    濡れバーガーという名前からはあまり美味しそうではないですが。。。
    ハンバーガーというよりは肉まんに近く、
    パティをはさむバンズがソースにつけれら、トルコ料理特有の
    風味がしっかりしたバーガーです。
    一つ約3リラ(150円くらい)とお手ごろでおやつ感覚で何個もいけちゃいます!
    新市街のタクスィム広場の近くでしか売ってないので、
    行った際にはぜひとも食べていただきたい一品です!!!

  • 何でもある国 トルコ!!


    結局今回の旅行では、
    カッパドキア1泊、夜行バス1泊、イスタンブール3泊という
    弾丸旅行でしたが、トルコのメインどころはおさえる事ができました!


    大自然を感じたいけど、、、
    街歩きもしたい、、、、
    食事が美味しいところじゃないとやだ、、、


    その全てを叶えられる場所、、、、



    それがトルコです!!!



    カッパドキアやパムッカレといった雄大な自然に
    歴史ある旧市街をもったイスタンブール
    世界三大料理に数えられるトルコ料理


    ヨーロッパの雰囲気とアジアの雰囲気を楽しめる点も

    トルコの魅了の一つです。


    学生さんはもちろん。
    あまり長い休暇が取れない社会人のかたも
    弾丸7日間で希望を全て叶えられるトルコに行ってみてはいかがでしょうか!???




スタッフおすすめ!お得ツアー

【成田発着】エミレーツ航空でトルコへGO♪ ブルーモスクから徒歩圏内のアヴィセンナホテル指定 イスタンブール5日間【朝食付】

成田発

【成田発着】エミレーツ航空でトルコへGO♪ ブルーモスクから徒歩圏内のアヴィセンナホテル指定 イスタンブール5日間【朝食付】

日数:5日間  
旅行代金:71,000円~127,800ツアーはこちら