ラグジュアリー船クリスタルセレニティーにて陽光のカナリア諸島をクルージング! | トルコの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

ラグジュアリー船クリスタルセレニティーにて陽光のカナリア諸島をクルージング!

エリア
トルコ
/トルコ
テーマ
クルーズ
時期
2012/11/21~2012/11/30
投稿日
2012/12/3
投稿者
岩永 飛鳥

ラグジュアリー船クリスタルセレニティーにて陽光のカナリア諸島をクルージングしてきました! 
今回乗船させていただいた「クリスタルクルーズ」は、なんと16年大型船部門のBestCruiseLineに選ばれた最高級ラグジューアリーです。
カジュアル船は最近日本への寄港もあり、メジャーになって来ましたが、ラグジュアリー船は乗りなれない私。 スーツケースにたくさんの服と、靴と、期待を詰めて、出発です!
~日程はこちら~
 
日程:2012年11月21日(水)~30日(金) 10日間
 
1日目 トルコ航空にてイスタンブールへ イスタンブール到着後、ホテルへ  イスタンブール泊
 
2日目 トルコ航空にてカサブランカ(モロッコ)へ カサブランカ到着後、クリスタル・セレニティーに乗船 18:00 出港
 
3日目 終日、大西洋クルーズ   船泊
 
4日目 8:00-18:00 ラスパルマス(スペイン)入港  船泊
 
5日目 8:00-17:00 テネリフェ島(スペイン領カナリア諸島)入港  船泊
 
6日目 9:00-18:00 マデイラ島フンシャル(ポルトガル)入港  船泊
 
7日目 終日、大西洋クルーズ     船泊
 
8日目 7:00 リスボン(ポルトガル)入港、空港へ      トルコ航空にてイスタンブールへ  イスタンブール泊
 
9日目  トルコ航空にて成田へ
 
10日目 成田到着

  • ★1日目★イスタンブールの移動は、トルコ航空のコンフォートクラスで!

    トルコ航空のコンフォートクラスは最新鋭機ボーイング777-300ERを投入。
    プレミアムエコノミーに相当するクラスになりますが、プレミアムエコノミーは通常シートだけが広く、
    機内食はエコノミークラスと同等であるのに対し、トルコ航空は、機内食にコンフォートクラス専用のお食事を
    出しています。
    機内エンターテイメントも充実。オンデマンドなので、お好きなタイミングで音楽や映画をお楽しみいただけます。
    いい席なので眠るのがもったいなく、行きのフライトではなんと映画を4本も見てしまいました。
     
    コンフォートクラスのもっと詳しい内容は下記よりご覧いただけます!弊社スタッフ飛行機オタクの搭乗記。
    http://stworld.jp/earth_info/TR/diary/4dc8dd97de1678.33429078/
     
    写真右:見てください。このシートの広さ。思わず記念写真。ワイン持ってないけど持ってる風でパチリ(笑)
     
    写真真ん中:フルコースのディナー。サラダに前菜。メインのケバブ。トルコ気分を満喫です。
     
    写真右:デザートもこのボリューム。ケーキの盛り合わせにチーズ、フルーツ。
     
    あっという間にイスタンブールに到着。
    日本との時差は7時間。到着したら7時間時計を戻します。

  • トルコ航空の画期的サービス!

    ここで、トルコ航空の画期的サービス!乗り継ぎ便でトルコに1日滞在が必要な場合は、なんと1泊分の宿泊代とホテルまでの送迎の、無料サービスがあります!
    下記の「トルコ航空ホテルサービス」のカウンターに行き、チケットの半券を見せるだけ。
    その場で空いているホテルを探して、予約完了。
    便利でお得なサービスですね。どのホテルになるかがわからない、100%とれる確約がないというリスクがあることはありますがとれないことはほぼないそうです。
    パッケージツアーですと難しいですが、個人旅行の際には是非とも利用したいサービスです。
     

  • チェックイン

    私達はモロッコのカサブランカで乗船。
    イスタンブールからモロッコに飛びます。
    今回の旅程はイレギュラーで、本当はバルセロナ乗船のところを途中乗船となっておりほとんどの日本人のお客様はスペインのバルセロナから乗船されていました。
    長いクルーズでもお休みやご予算によって途中から乗船のアレンジも可能ですので、航路が長いから・・・とあきらめているお客様は是非ご相談くださいね。
    しかし、乗船するまで、モロッコの滞在時間は約2時間・・。
    次回はゆっくり観光したいです。
     
    クレジットカードを登録し、チェックイン。
    船の中ではこのクルーズカードがお財布代わり。お部屋の鍵や、下船時、本をレンタルする時などにも必要です。
     
    写真左:さあ!乗船です!
     
    写真真ん中:私のクルーズカードです。斜め撮り&後ろに人が写っているのはご愛嬌(笑)
     
    写真右:成田空港ではじめましての参加者さん達と乾杯☆6泊よろしくお願いします。

  • お部屋紹介

    では早速お部屋に入ってみましょう。
    今回はべランダ付のAAのお部屋です。
     
    写真左:白を基調としたシックな色合いです。
     
    写真真ん中:椅子や家具はウッディで落ち着いた雰囲気。
     
    写真右:日本人にはうれしい全室バスタブ付。たまには入浴剤を入れてゆっくり湯船につかりたいですね。

  •  

    写真左:オールインクルーシブなので冷蔵庫の中の飲み物も無料♪
     
    写真真ん中:コンセントは日本のものもそのまま使えます。日本式のプラグは電圧も日本のものが使えます。
     
    写真右:アメニティはAVEDA。日本のサロンでも使用されている人気製品です。

  • お待ちかねのディナー!

    ディナーはメインダイニングのクリスタルダイニングにて。
    この日はサンクスギビングデーということでそれにちなんだメニューでした。
    クリスタルクルーズでは、メインダイニングでは1日として同じメニューがありません。
    日本人のスタッフが常に乗船しているため、メニューも日本語メニューがあり安心です。
    種類も多く、魅力的なメニューの中から悩みに悩んでチョイスしたメニューがこれ。
     
    写真左:茹で白アスパラガス 生ハム、レモン・松の実入りオランデーズ。
     
    写真真ん中:秋のかぼちゃスープ
     
    写真右:ロースト七面鳥
     
    デザートまでしっかりいただきました♪

  • 夜はショーを楽しむ

    その後はギャラクシーラウンジにへショーを見に行きました。
    本場ラスベガス仕込のショーが毎日日替わりで楽しめます。
    衣装はきらびやかでゴージャス!
    英語がわからなくても十分楽しめます。
     
    写真左:ギャラクシーラウンジのエントランス
     
    写真真ん中:大容量のラウンジ。
     
    写真右:間近で見たい時は15分前に行きましょう。
     
    これから始まるクルーズの生活に胸を躍らせながら就寝です。

  • ★3日目★ 終日クルージング

    終日航海日は何をしたらいいの?という質問を多くいただきます。
    この日は終日航海日。朝から何をしたのか時間ごとに追ってみましょう。

    今日は寄港地観光も入っていないということでビュッフェスタイルの”リドカフェ”でのんびり朝食をいただきました。
    リドカフェでは、フルーツだけでも10種類くらいあり、エッグステーション、甘いものからお惣菜系のパン、
    日本人にはうれしいお味噌汁もあります。
     
    写真左:朝から海を見ながら朝食をいただけるなんて、幸せです。
     
    写真真ん中:オレンジジュース絞り器です。南国のオレンジは甘くておいしい!
     
    写真右:朝からたくさん盛ってしまいました。

  • 9時:日本人向けのダンス教室に参加。

    船内のショーで活躍するプロの先生がわかりやすく丁寧に教えてくれます。
    日本語のコーディネーターが通訳してくれるので、安心です。
    1時間の練習と音楽に合わせた実践。1時間後にはなかなかのステップが踏めるようになっておりました。

  • 12時:”トライデントグリル”にてランチ。

    お昼は、太陽がさんさんと降り注ぐデッキ12にある”トライデントグリル”にてランチ。
    お天気の日はとても気持ちがよくて、滞在中よく通ってました。
     
    写真左:黄色とオレンジのお洒落なビタミンカラーがまぶしい。
     
    写真真ん中:おすすめのステーキサンド!目の前で焼いてくれるあつあつを召し上がれ。
    すごいボリュームです!
     
    写真右:シーザーサラダ。海老のグリル乗せ。

  • 15時:モーツァルトのアフタヌーンテイー。

    終日航海日ともあって、たくさんの人で賑わっていました。
    今回はビュッフェスタイルですが、通常のアフタヌーンティーの時は、スタッフが席をまわってサーブしてくれるそうです。
     
    写真左:中世の貴族に扮したスタッフがおもてなし。
     
    写真真ん中:アフタヌーンテイーと言えばスコーン。たっぷりのクロテッドクリームを添えて。
     
    写真右:舞台中央での生演奏。優雅な時間が流れます。

  • 16時:図書館で本をレンタル。

    日本の雑誌や小説などが充実しているので日本からたくさん持って行かなくてもよかったかなと思いました。その後はお腹を減らすためにジムで汗を流しました。
     
    写真左:図書館。ゆったりしたソファがあり、くつろげます。
     
    写真真ん中:音楽スタジオ。自由に演奏をお楽しみいただけます。YAMAHAの音楽教室もあります。
     
    写真右:ジム。ヨガクラスやピラティスクラスもあり。これも無料です。

  • 20時半:クリスタルダイニングにてディナー。

    写真左:夜のクリスタルダイニングの様子です。
     
    写真真ん中:素敵なテーブルセッティング。お皿はすべてクリスタルのオーダーメイド
     
    写真右:この日のメインは「子羊アバラ肉のロースト ガーリックハーブ蒸し」でした。
    やわらかくておいしかったです。
     
    この日もディナー前にショーを楽しみました。
    ショーは、2回制のダイニングのお客様が楽しめるように時間帯が工夫されています。

  • 22時:カジノに挑戦

    お財布を持ってこなくても、クルーズカードを出すとキャッシュをその場で出してくれるので、カジノが楽しめます。
    だからと言ってやりすぎ注意です。。。
    私は元手30ドルから始めて、倍の60ドルになりました♪倍になったところでストップです。
     
    写真左:カジノ。
     
    写真真ん中:今日の勝ち組。他のお客様にラッキーガールと言われました。
     
    その他、ショーのバックステージを見る日本語ツアー、ギャレーツアー(厨房見学)、ナプキンの折り方教室、ビンゴ大会、卓球大会、ベルリッツによるスペイン語会話教室、ゴルフ教室、映画鑑賞など、終日クルージングでもたくさんの催し物があります。これらはすべて無料。
    終日航海日も飽きることがありません。
    こうして、大充実の1日が終わりました。

  • ★4日目★ 8:00-18:00 ラスパルマス(スペイン)入港

    朝早いため、朝食はルームサービスをとることにしました。
    午前3時までにオーダー表をドアノブにかけておくだけで、朝の7時半にはあたたかい朝食がお部屋に届きます。
    ルームサービスだからと言ってあなどることなかれ。
    フレッシュなジュースから、ワッフル、パンケーキ、フレンチトーストまで種類はたくさん。
    私はパンケーキにフルーツとお約束の生クリームを添えてもらいました。
    (本当は生クリーム追加はオプションになかったけど、書いたらちゃんと持ってきてくれました。さすがです。)
    お腹も満たされたところで、寄港地観光に出発です!
     
    ラスパルマスは暖かく気候が安定していることから南国の植物が育ちやすく、バナナの栽培が有名とのこと。
    ラスパルスは16世紀に建設された、ベクエダ・トリアナ地区と呼ばれる旧市街がユネスコの世界遺産に登録されました。「ラス・パルマス大聖堂」や「コロンブスの家」などの見所があります。
    大きなサボテンや人くらいある大きな葉っぱ。植物もいきいきとしています。
     
    写真左:ルームサービスのパンケーキ。
     
    写真真ん中:前日までに申しこめば、ツアーチケットがお部屋に届けられます。
     
    写真右:ラス・パルマス大聖堂。近くで見ると迫力あります

  •  

    写真左:ボタニカルガーデンにて。まだ青いバナナ。
     
    写真真ん中:ツアー最後に立ち寄ったレストランで。スペインと言えばサングリア。ふかしたポテトの上にかかったピリ辛のソースが美味!!
     
    写真右:スペイン発ショップ、ZARA。20%くらい安かったです。日本にないデザインもありました。

  •  

    ツアーの後は夜まで自由時間。お気に入りの「テイスト」で一人ランチ後、ソファーで本を読みながらプールサイドでまったり。
     
    写真左:プールサイド。天気がいい日はたくさんの人が日光浴をしていました。
     
    写真真ん中:このオレンジのソファが最高。
     
    写真右:至福の時間です。アイスもいっちゃいました・・・。併設のアイスクリームバーはBen&Jerry's」。2012年4月に日本第一号店が表参道ヒルズにオープンして以来、大人気のアイスクリームショップです。もちろんこれも無料。トッピングを自分で選べるのが楽しい~。

  • 18:00 「シルクロード&寿司バー」にて和食を堪能!

    ニュースタイルの日本料理レストラン「シルクロード&寿司バー」にて和食を楽しみました!
    ここは世界的に有名な日本人シェフ、ノブ・マツヒサ氏のプロデュースによるレストランです。
    日本からの予約は1回のみできますが、乗船した後も空きがあれば予約可能です。
    長いクルーズでもこんなに本格的な和食が食べられるのであれば心配はご無用。
    乗船した後はぜひ早めのご予約をおすすめします!
     
    写真左:カウンター式の寿司バー。寿司バーは予約なしで入れます。
     
    写真真ん中:こんな本格的なお寿司が船の上で食べられるなんて幸せです!
     
    写真右:ぶりの照り焼き。甘辛いタレが絶品でした。魚もとろけた~。
     
    隠れメニューとして、コロッケもいただきました。
    稲庭うどんもあるとか。乗船したらシェフさんに隠れメニューをこっそり聞いて見て下さい。

  • ★5日目★ 8:00-17:00 テネリフェ(スペイン)入港

    この日もオプショナルツアーを入れているため、クリスタルダイニングにて朝食。
    クリスタルクルーズにはなんと和定食なるものがあります!
     
    写真左:朝のクリスタルダイニング。夜とは違った雰囲気です。
     
    写真真ん中:和定食。鮭のグリルに、お味噌汁、だし巻きたまご、大根おろしまでついていて、完璧です。
     
    写真右:こちらはフレンチトースト。追加でフルーツをトッピング。朝からビタミンCたっぷりです。
     

  •  

    スペイン、カナリア諸島には7つの島があってその中で面積としては一番大きいテネリフェ島では、世界自然遺産に新しく登録された「テイデ国立公園の散策ツアー」に参加しました!
    テネリフェは、高級リゾートとして発展するとともに豊かな自然も残しています。
    街は、オレンジ色、クリーム色、オリーブ色、茶色の暖色の屋根でほぼ統一されており、それだけで絵になる風景です。
     
    写真左:ここで、昨日の美味ソースを発見!!カナリア発祥のモホソースという名前です。
    ソースは、唐辛子、にんにく、オリーブ油、お酢、クミンなどを混ぜ合わせたものだそうです。
    もちろんお買い上げしました。
     
    写真真ん中:さーっと雨が降って来たかと思ったら美しい虹が!!ここまで完璧な形の虹は始めてみました。
     
    写真右:神の指とガルシアの岩。岩が指のように見えることから名付けられました。
     
    冬の時期は10分おきに天気が変わるそうです。船内新聞には24℃と書かれていましたが、標高が高いためとっても寒かった!直前に買っていった、ユニクロのダウンジャケットが大活躍でした!

  • フォーマルナイト!

    この日のドレスコードはフォーマル。
    女性:イブニングドレスや着物が好ましい服装とされています。お着物姿のマダムもちらほら見かけました。
    男性:タキシード、または色の濃いビジネススーツなどで、ネクタイを着用ください、とされています。
     
    皆さんドレッシーな姿で素敵でした。
     
    写真左:ダイニングのマネージャーさんと。陽気で楽しい人でした。「昨日オレンジジュース飲んでたよね。また同じのでいいか?」と聞かれるなど記憶力も抜群。ホスピテリティの高さを感じました。
     
    写真真ん中:この日の前菜はなんとキャビア
     
    写真右:メインはロブスター!ぷりぷりでおいしかったです。
     
    この日のショーはエルトンジョンのそっくりさんのショーでした。
    ライオンキングのテーマやなどなじみの多い曲もたくさんで飽きません。

  • ★6日目★ 9:00-18:00 フンシャル(ポルトガル、マデイラ)入港

    この日はついに国境越えでポルトガルに寄港です。
    クリスタルダイニングでそば粉のパンケーキの朝食後、オプショナルツアーに参加しました。
     
    ポルトガルの諸島で最大の大きさを誇る島マデイラは年間気温が20℃という温暖な気候と、青い海、輝く太陽、
    通年咲き乱れる花や果物など南国情緒溢れることから「大西洋の真珠」の異名を持ちます。
    サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドの出身地でもあります。
     
    写真左:風光明媚な町並み。上から見下ろすと我らがクリスタルクルーズが見えました。
     
    写真真ん中:ここマデイラはマデイラワインが有名。
     
    写真右:カマーシャ籐細工センター。これ全部手で編んでます。もはや芸術の域。

  •  

    写真左:モンテ聖母教会
     
    写真真ん中:マデイラ名物籠そりドライブ!!籠そりに乗って急な坂を駆け下ります!
    スリル満点!
     
    写真右:かわいい靴発見!革製品も質が良くて安いです。
     

  • イタリアンレストラン「プレゴ」にてディナー!

    本日の夜は、本場北イタリアの味を楽しめる「プレゴ」にてディナーです。!
     
    写真左:シャンデリアがきらめく店内はムーディな雰囲気です。
     
    写真真ん中:前菜。黒毛アンガス牛のカルパッチョ。これを目当てにレストランを予約されるお客様も多いとか。
     
    写真右:デザート盛り合わせ。ティラミスとアイスクリーム。ティラミスはもちろん、アイスもお店で手作りだそうです。
     
    メインは半分にしてもらって2つ頼んでもOK。ステーキとお魚、両方頼んじゃいました。
    はちきれそうなお腹を抱えて、ショーへ。
    今日はマジックショーでした。

  • ★7日目★ 終日クルージング

    もう最終日になってしまいました。
    早いな...悲しい...。
    最後の1日をめいいっぱい充実させなければ!
     
    朝はクリスタルダイニングでいただいた後、持ってきたパソコンでしばしお仕事。
    船内にはインターネットカフェもありますが、自分のパソコンを持っていけば、自分のお部屋やプールサイドなどでつなげることができます。
    使っただけプランもありますが、私は2時間50ドルを選択しました。
     
    写真左:午前中のパームコートは穴場。静かな時間が過ごせます。
     
    写真真ん中:スパ&サロン(美容室、ネイルサロン、エステ)も完備。フォーマルナイトの日は美容室も大変込むそうです。早めの予約を忘れずに。エステでは、マッサージ他、鍼治療も!日本人スタッフが丁寧にカウンセリングを行いますので安心です。
     
    写真右:滞在中はお洗濯もしました!洗えるお洋服は少なめにしていけたのがよかったです。

  • ランチはクリスタルダイニングで。

    写真真ん中:スペインクルーズということで、ランチにパエリアが!迷わずオーダー。
     
    写真右:お昼から、サングリアで乾杯☆「サングリアある?」と聞いたら、「ないけど大丈夫」とのこと。バーから持って来てくれたのでしょうか。絶対に「NO」と言わないサービスが素晴らしい。
     
    写真左:デザートはアイス。ナッツがごろごろ入ってておいしかった。

  • 最後に船をまわって撮影会。

    もう12月なので、クリスマスのデコレーションが素敵でした。
    クリスタルクルーズのクリスマスデコレーション特集です。

    写真左:中央階段に大きなクリスマスツリー。
     
    写真真ん中:ハリウッドシアターからサンタさんがこんにちは。
     
    写真右:カウンターには大きなクリスマス電車が。

  •  

    写真左:パームコートのバー。天井がプラネタリウムみたいで素敵。
     
    写真真ん中:廊下に何気なく飾ってある絵もセンスあります。

    写真右:滞在中はウィンブルドンコート(大胆なネーミング)にて、パドルテニス大会も。翌日は筋肉痛でした・・・。
     

  •  

    写真左:ショップにて、クリスタルクルーズオリジナルチョコレート。お土産にいかがでしょうか。

    写真真ん中:一口サイズのケーキなら、食べてもあまり罪悪感はありませんよね。気軽に立ち寄れるカフェ「ビストロ」カップケーキ。

    写真右:最後にクルーズから見た夕焼け。

  • ★8日目★下船後、リスボン観光へ

    いよいよ名残惜しいクルーズ下船の日。
    パスポートを受け取り、下船手続き、トルコ航空でまたイスタンブールに戻ります。
    14時のフライトまで時間があったので足を伸ばしてしばし市内観光。

    写真左:リスボンのトラムに乗ってみました。
     
    写真真ん中:ポルトガルと言えばエッグタルト発祥の地!
    有名店「Casa Pasteis De Belem」でいただきました。外はさくさく、中はふわふわで美味♪。
     
    写真右:ジェロニモス修道院。大航海時代の富をつぎ込んで建築され、マヌエル様式の最高傑作ともいわれる建物です。しばし時を忘れました。
     
    弾丸観光の後は、トルコ航空でイスタンブールへ。

  • ★9日目★イスタンブール観光後、成田へ

    この日も朝から半日の自由時間。世界遺産は旧市街に固まっているので、観光名所を一気に駆け抜けます!
    スルタン・アフメット、アヤソフィア、トプカプ宮殿、地下宮殿。それぞれ歩いて5分以内です。
     
    写真左:スルタン・アフメット。別名ブルーモスク。その名の通り館内は青いタイルが敷き詰められていました。
     
    写真真ん中:地下宮殿。地下なので外に見えるのは入口だけ。地下にこんな世界が広がっているなんて、驚きです。
     
    写真右:グランドバザールにて。色とりどりのランプ達。かわいすぎる・・・!コンセントが日本とは合いませんが、お店によっては、コンセントをキャンドルに変えて日本でも使いやすくしてくれるところもありますよ。

    観光後は、トルコ航空にて成田へ 

  • ★10日目★成田到着。

    セレブ気分を味わえた研修も、あっという間に終わってしまいました。

    気軽に乗れるカジュアル船も、カジュアル船ならではの良さはありますが、ラジュジュアリー船はさすがと思わせる上質なサービス、上質な空間がありました。
     
    クリスタルクルーズのおすすめポイントは、
     
    1.どの航路も必ず日本人のスタッフが乗船しています。
    (スタッフは常時3名いるため、休暇を取るのでこの期間だけは乗船しないということもないとのこと!)
    日本語船内新聞や、メインレストランでは日本語メニューもあり安心です。
     
    2.食事メニューが充実!!世界的に有名な日本人シェフ、ノブ・マツヒサ氏のプロデュースによるレストランを始め、本格的イタリアンやカフェなど、飽きることがありません。お食事はルームサービスをはじめ、どこも本当においしかったです。
     
    3.オールインクルーシブでチップも不要!通常のラグジュアリークルーズだと、スペシャリティレストランや、飲み物は含まれていない船が多い中、この船は完全オールインクルーシブ制を取っているため、追加代金がほとんどかかりません。

    ラグジュアリー船なので、ご旅行代金はそこそこしますが、乗船してからのお得感がかなりあります。
    旅行代金以上の価値がきっとそこにはあるはずです。
    次の旅はぜひクリスタルクルーズでいかがでしょうか。

    写真はポルトガル、フンシャルにて、籠そりのお兄さん達と。



スタッフおすすめ!お得ツアー

【成田発着】エミレーツ航空でトルコへGO♪ ブルーモスクから徒歩圏内のアヴィセンナホテル指定 イスタンブール5日間【朝食付】

成田発

【成田発着】エミレーツ航空でトルコへGO♪ ブルーモスクから徒歩圏内のアヴィセンナホテル指定 イスタンブール5日間【朝食付】

日数:5日間  
旅行代金:70,500円~135,300ツアーはこちら