タイ北部の魅力あふれるチェンライ そして、ミャンマー・ラオス訪問 | タイシティの旅行記

支店
渋谷
福岡

タイ北部の魅力あふれるチェンライ そして、ミャンマー・ラオス訪問

エリア
タイシティ
/タイシティ
テーマ
ご当地体験
時期
2007/7/08~2007/7/08
投稿日
2007/8/5
更新日
2017/10/6
投稿者
スタッフ

今回訪れた場所は、タイ・ミャンマー・ラオス3国の国境が交わる「ゴールデントライアングル」と呼ばれる魅力的なところでした。驚いたことに、国境付近ではタイにいながら川を隔てて、左側にはミャンマーを、右側にはラオスを眺められる絶景ポイントもありました。そのほかにも今回の訪問の中で特に印象の強かった内容をご紹介させていただきたいと思います。

スタッフおすすめ!お得ツアー

|【成田朝発・エアアジア利用|受託手荷物20kg付き】≪観光地と中心街へ楽々アクセス≫シーロム駅徒歩圏内のお手頃ホテル|イビススタイルズ バンコク シーロム2泊4日間|朝食付

成田発

|【成田朝発・エアアジア利用|受託手荷物20kg付き】≪観光地と中心街へ楽々アクセス≫シーロム駅徒歩圏内のお手頃ホテル|イビススタイルズ バンコク シーロム2泊4日間|朝食付

日数:4日間  
旅行代金:81,900円~130,900ツアーはこちら

  • 陸路からミャンマー入国

    チェンマイの中心部から一気に車で北上し、タイとミャンマーの国境に到着しました。 国境には大きな白い検問所があり、そこを通過するとミャンマーです。私にとって歩いて国境を越えたのはこれが初めてでした。ミャンマー入国後、青い看板をくぐると、とうとうミャンマーに来た!!という思いが込み上げ、わくわくしました。

  • 黄金の塔 ドイステープ寺院へ

    寺院のシンボルである金色の大きな塔は真ん中にそびえ立っておリました。現地の方にお祈りの順番ややり方を教えてもらいながら、塔に向かってお祈りしました。 この旅日記の一番上に掲載しているかわいい子供はここのお坊さんの卵です。修行中は魂を奪われるという理由で他の人に触ってはいけないという風習があるそうです。真ん中の写真のかわいいおばあちゃんはここで落花生を売っていました。かなり笑顔が素敵でした。

  • ミャンマーの山奥 首長族の村を訪問

    ドイステープ寺院からトゥクトゥクに乗って、首長族がいる村へ到着。どんなことが起こるのかとドキドキしながら入り口から入っていきました。実際にお会いしてみると本当に首が長い、長い!テレビでは見たことあるけど間近で見ると驚きます。一緒に写真をとりながらお話をしていると、みなさん本当に気さくな方たちで楽しかったです。舞台では古くからの民族舞踊を私たちのためだけに披露していただき、楽しませてくれました。首の金具は4歳から付けるそうで、出産時にははずすそうです。

  • 感動のゴールデントライアングル!

    とうとう来ました!!タイ・ミャンマー・ラオスの国境がぶつかるところ、ゴールデントライアングルに!!シンボルの金色の大仏が少し離れたところにあり、周りには多くの観光客の人たちがいました。メコン川を隔てて国境が分かれているので、ボートでそれぞれの国へ行くことができます。一日に三ヵ国を巡れるチャンスはここ以外ではあまりないのではないでしょうか。とっても貴重な体験をしました。
    左側の写真の黄色:タイ、緑色:ミャンマー、ピンク色:ラオス

  • 三ヵ国目のラオス上陸

    最後に訪れたのはラオス。先ほどはボートで北上し、ミャンマーへ行きましたが、逆に今度は南下し、ラオスに上陸しました。小さな部落といったところで、おみやげ物屋さんにはヘビやマムシ漬けのお酒やラオス少数民族の小物が売っていました。また、多くの絵葉書が売られており、近くにポストもあるので、ここでは絵葉書を送るのが流行っているようでした。私も日本の家族や友達に一言書いて、切手を貼って送りましたが、結局届かなかったのがオチです。