クラビ~プーケット島 横断の旅 ~クラビ編~ | タイビーチの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

クラビ~プーケット島 横断の旅 ~クラビ編~

エリア
クラビ
/タイビーチ
テーマ
自然
時期
2010/12/10~2010/12/15
投稿日
2010/12/29
更新日
2020/3/24
投稿者
本社スタッフ

今回、まだ日本人にはあまり知られていないタイの秘境“クラビ2泊”、“プーケット1泊”の横断の旅をしてきましたので、ご紹介させていただきます♪ 皆様、タイとはどのようなイメージですか?私は、アジアンテイスト且つ仏教の昔ながらの伝統の残った国というイメージでしたので、落ち着いたイメージを持っておりましたが、今回タイに行って一変しました! タイ国際航空の機内に乗った瞬間、カラフルな色調の機内にまずびっくり!おじちゃんが、きれいなピンク色のシャツを着ていて、びっくり!“紫”がタイのシンボルカラーとなっているように、本当に色鮮やかな国なのです。 大自然の中の秘境リゾート クラビ

スタッフおすすめ!お得ツアー

【成田午前発】タイの「秘境」クラビへ!クラビ最高級の大人の隠れ家リゾート!紫を基調としたモロッカンスタイルリゾート≪プーレイベイ・リッツカールトン/リザーブパヴィリオン≫5日間

成田発

【成田午前発】タイの「秘境」クラビへ!クラビ最高級の大人の隠れ家リゾート!紫を基調としたモロッカンスタイルリゾート≪プーレイベイ・リッツカールトン/リザーブパヴィリオン≫5日間

日数:5日間  
旅行代金:131,800円~271,800ツアーはこちら

  • ■PHULAY BAY RITTZ CARLTON RESERVE■

    関空→バンコクまで約6時間、バンコク→クラビまで約1時間20分のフライトで、秘境クラビへ到着しました。空港へ着いた瞬間関したのが、田舎・・・周りに何にもありませんでした。


    まず始めに目指したのが、「プーレイ・ベイ・リッツカールトン」です。
    車で45分・・・海が見えた瞬間、クラビの良さが分かった気がしました。このエメラルドグリーンの落ち着く海に惹かれて、皆やってくるんだ・・・。

    「プーレイベイ」は、入口から圧倒されました。分かりますか?この大きさ、迫力!小人になった気分です。こちらのホテルは、タイとモロッコを調合して造られたリゾートです。一風変わったデザインと、リゾート内の大自然は、まさしく“エレガントな楽園”です。

    お部屋ももちろん素敵ですが、隅々までこだわっている感が分かるのがこのエリア!奥がバスタブなのですが、可愛すぎではないですか?女子なら必ず憧れるはずです・・・☆
    プレイベートプール付、シービューのROYAL BEACH VILLAもあり、ハネムーナーの方にはお勧めです!

     

  • ■KRABI CHADA THAI VILLAGE RESORT■

    1泊目のホテル、クラビのメインのビーチ“アオナンビーチ”より少し丘の上の「チャダ・タイ・ビレッジ」です。


    アオナンから徒歩15分ほどですが、ホテルの周りにちょっとしたレストラン、マッサージ、コンビニなどがあるので、不自由なしです。

    タイ式のとても可愛らしいホテルです。
    お部屋も広々としており、快適に過ごせます。
    お部屋から1歩でると、廊下の横はジャングル・・・鳥のさえずりが聞こえたり、リスがいたり、自然を感じられます。

    アオナン近くに滞在したいけど、自然も感じたい。という方にはお勧めの人気リゾートです♪
     

  • ■WANGSAI SEAFOOD DINNER■

    • レストラン風景

    • シーフートディナー

    • コムローイ

    ディナーは、地元の人にも親しまれている「ワンサイ・シーフードレストラン」にて、ローカルシーフドディナー。


    海を見ながらのディナーで癒されます。
    辛いけど、とにかくおいしい!!ものによっては、食べやすいものもありますよ。
    一瞬でタイ料理にはまりました。
    ごはんとビールがすすみます♪


    食事中、おっちゃんが何やら売りにきたと思って買ってみたら・・・
    なんとこれ、チェンマイのお祭りで使われているという、いわゆる“空飛ぶ灯篭(コムローイ)”という物体で、下に火をつけると、気球のようにふくらみ、空へふわぁと飛んでいきます。
    とても幻想的で、星くらいになるまでずーと眺めてました。

    願い事が叶うらしいです・・・☆



  • ■アオナンビーチ(1)■

    • アオナンビーチ沿い 

    • バービアにて

    • トゥクトゥク

    ディナーの後は、アオナンビーチへ♪


    ビーチ沿いにわたってずーとお店が立ち並んでいます。(西洋人と現地の人で想像以上に賑やかでした!)

    そして、アオナン名物のBAR BEERへ!
    メイン通りから少し奥まったところに、生演奏をしているバーが所々あります。
    歌もリクエストしたら応じてくれます♪
    こういう現地の人や、他国の人との触れ合いが、旅をより素敵なものにしてくれます。


    帰りに乗った“トゥクトゥク”。
    クラビのメインの交通手段です。ホテルまで5分、40タイバーツ(日本円 約120円)なので、リーズナブル!
    海のそよ風に打たれながらのトゥクトゥク、気持ちいいですよ!



  • ■アイランドホッピング■

    2日目は、アイランドホッピングへ!


    クラビと言えばやはりアイランドホッピング!
    クラビの周辺には約130もの島々が浮かんでいます。

    その中でもチキン島・ポダ島・タップ島の3島のアイランドホッピングが人気!

    タップ島とチキン島は、海の中に浮かび上がる道で繋がっているので、歩いて渡れます
    干潮限定なので、とても貴重な体験です♪

    チキン島には、小さなお店もあります。

    隣に木でできたお家があったので、だれか住んでるのかな?
    その後、ポダ島という赤褐色の島でシュノーケル体験
    サンゴがきれいなようで、イカの大群や魚がたくさん見れて満足♪


    この岩の隙間を入っていくと、ビーチがあります。
    海賊の気分になりますよね!自然の偉大さを感じます。

    島の多様性を感じられるのが、クラビのアイランドホッピングの魅力です☆


  • ■ライレイ■

    • ライレイWEST

    • ライレイEAST

    • ロッククライミング

    ライレイWESTへ到着!
    アオナンからは陸づたいですが、ボート約15分の移動になります。


    WESTとEASTがあり、WESTは海水浴エリア。
    カフェやお土産屋もあり、のんびり過ごせます。

    WESTからジャングルの細道を15分ほど行ったところにあるのが、ライレイEAST。

    こちらは、マングローブが生えており、泳ぐのには適しませんがクラビらしい趣のあるビーチです。

    ライレイは、WESTからEASTまでの道に野生のさるがいたり、本当にのーんびりお散歩しながらくつろぎたいエリアです♪が・・・

    今回は、アクティブにEASTにてロッククライミングに挑戦しました!
    登りきって、振り返ったら海が広がっているなんてサイコーじゃないですか!?
    命づなは、下の人が持ってくれているので、ご安心ください。
    半日コースから、3日間コースという本格派コースまであります!


  • ■KRABI CHA-DA RESORT■

    2泊目の、「クラビ・チャダ・リゾート」です。

    チャダ・タイ・ビレッジの姉妹ホテルで、チャイナ風をモチーフにされたモダンなホテルです。

    お部屋からの眺めがダイナミック!一瞬で気に入りました。
    海だけでなく、周りの石灰岩が、クラビにいるんだ~と実感させてくれます。

    スーペリアルームにあるホテルの上のほうに作られた棟の横には、
    展望台があり、なんとプールもあります。
    そこからのサンライズ。とっても贅沢です!
     

  • ■アオナンビーチ(2)■

    • イタリアンディナー

    • お猿と♪

    • マッサージの部屋

    2日目のディナーは、アオナンにある「AZZURRA」というカジュアルイタリアンレストランへ!


    料理もワインもおいしいですが、お勧めは、ホームメイドティラミス!
    色んな味があって本当においしい♪
    シェフがイタリア人なので、タイにきて本場の味が楽しめるなんて嬉しいですよね!


    アオナンビーチを歩いていると、あれ?さるが・・・さる使いのお兄さんが若干反抗されながらもやんちゃなお猿さんを飼ってました!
    手でだっこの形を作ると、すぐ乗ってきてくれます。
    自然にも動物にも触れ合えて、満足♪
    チェキで写真も撮ってくれます。(もちろん有料です)


    最後は、街スパへ!伝統的なタイマッサージは2時間でなんと400タイバーツ(日本円 約1,200円)!気持ちよく、大満足♪


  • ■最後に■

    輝くような海がみたくなったら・・・自然が恋しくなったら・・・
    ぜったいクラビがおススメです!!
     
    次は、車でプーケットまで向かいます!
    ~プーケット編~へ続く・・・
    http://stworld.jp/earth_info/TB/diary/4d1d1590459740.52153281/