ボラカイ島ってフィリピンだっけ? | フィリピンの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

ボラカイ島ってフィリピンだっけ?

エリア
ボラカイ島
/フィリピン
テーマ
ダイビング
時期
2019/4/13~2019/4/15
投稿日
2019/5/14
更新日
2019/5/15
投稿者
竹下貴之

Mabuhay!ようこそ!フィリピン大好き竹下の旅日記へ!

今回は、少しニュースでも話題になったボラカイ島に来ております!

ボラカイといえば、様々な雑誌やサイトでNo.1を総なめにしてきたホワイトビーチで有名ですね!

ただ、2018年に【環境改善】のために半年間閉鎖してしまいました。

そんなボラカイが、何倍もの魅力を加えてついに復活!!!

実際にボラカイには驚きました。

いくらきれいなビーチでも、ゴミが転がっているのは当たり前なフィリピン。

何かとぼったくりが多いフィリピン。治安があまり良くないフィリピン。

ボラカイのビーチには一切ゴミがなく、治安が悪いなど思うこともありませんでした。

徹底されている!!

フィリピンに行ったことがある人は、

「ここってフィリピンだっけ?」

と思わず錯覚してしまうほど。

そんな進化したボラカイお伝えします!!

スタッフおすすめ!お得ツアー

アジアNO1ビーチのボラカイ島!★トリップアドバイザー上位3大人気スイーツ特典付★【現地支店があるから安心】アットホームリゾート 生まれ変わった357ボラカイ【器材レンタル無料】4ダイブ付5日間

成田発

アジアNO1ビーチのボラカイ島!★トリップアドバイザー上位3大人気スイーツ特典付★【現地支店があるから安心】アットホームリゾート 生まれ変わった357ボラカイ【器材レンタル無料】4ダイブ付5日間

日数:5日間  
旅行代金:129,200円~315,500ツアーはこちら

  • ボラカイ基本情報

    • ステーションの位置関係

    • ボラカイに渡るための港入り口です

    • こんな船でボラカイにしゅっぱーつ!

    • 到着するとこんな景色が広がります。

    フィリピンの首都マニラから飛行機で約1時間。

    有名なセブ島とマニラのちょうど真ん中くらいに位置しています。

    空港は実はボラカイ島にはなく、隣の島にあります。

    なので、空港に到着してから、ボラカイ島までは車とボートで40分ほど。

    聞いていると少し遠いなって気がしますが、ボートに乗っているのも1つのアクテビティみたいで楽しいです!だんだんボラカイ島が見えてくるとワクワクしてきます!ここからすでにボラカイの旅が始まっているのです!


    ボラカイはエリアごとに名前がついています。

    右の写真を見て頂ければわかると思うのですが、エリアの名前が、ステーション1-3まであります。

    こちらの名前がホテルを選ぶときに役に立ちます!

    いいなって思ったホテルがどこにあるのかっていちいち調べるのも面倒ですよね。

    ボラカイもホテルがたくさんあるので、それぞれの位置を調べるのは大変です。

    下記ステーションごとの特徴をご紹介します。


    〇ステーション3

    ステーション2に比べるとかなり静かなエリア。ビーチでのんびり過ごすのにも最適ですが、マリンアクティビティやダイビングなど様々なツアーに参加するときに使う桟橋はこのエリアにあるのでツアーに参加する方には便利。


    〇ステーション2

    ボラカイのメインエリア。一番賑わっています。このエリアにホテルやレストランがたくさん点在しているので何かと便利。シッピングモール「Dモール」にはレストランやバー、お土産店、屋台があり、周辺にもお店が集まっていてこの一帯はショッピング街。ただし、夜は少しうるさく感じるかもしれません。


    〇ステーション1

    とにかくビーチリゾートを思いっきり満喫したい!海とビーチがあれば、それで良しというくらいのリゾートライフをお望みの方にはステーション1がピッタリ。ステーション1は、ホワイトビーチの中でも白砂のキメが一番細かく、一番美しいビーチと言われて「奇跡のビーチ」とも称えられています。ホテル以外はショップやレストランもそれほど集中していないので、喧騒とは無縁。一日中海を眺めて過ごしたい人、リゾートライフに「何もしない贅沢」を求める人にオススメです。


  • ボラカイの移動方法

    • 見た目はいかついですが、中身はイケメンです☆

    • 乗ってみると意外と快適です

    ボラカイの移動は基本的にトライシクルとなります。タクシーはありません。

    ビーチ沿いから一本入ったところにメインロードがあり、そこの道路にたくさんのトライシクルが走っています。

    島内には色々なお店がありますので、ホテルから少し離れた場所へ移動したい場面も出てくるでしょう。値段もドライバーと交渉次第になりますが、よほどの事がない限り高額請求になることはありません。フィリピンでよくあるぼったくりがない。。。すごい!!

    高くても200ペソ(500)で話がつく事がほとんどですので、どんどん乗ってみてください。

    最初は不安に思うかもしれませんが、慣れると楽しいものです!


    〇トライシクルの乗り方

        走っているトライシクルに手を挙げ、乗りたいですアピール

        トライシクルが止まってくれたら、行きたい場所を告げ、値段交渉

        目的地に到着したら、お金を払い下車


    ただ、移動中の排気ガスや揺れによる乗り物酔いはなかなかハードなので、酔い止めやマスクなどの対策をおすすめします。

    ここはフィリピンらしいですね。。笑

    乗りこなせばどこでも自由自在です!!是非、トライシクルをトライしてみてくださいね!笑

  • ボラカイのダイビングはいかが?

    • 様々なアクティビティに使う桟橋

    • クマノミ

    • サンゴたくさん!

    • ウミウシも!

    ボラカイ島周辺には約30ヵ所のダイビングスポットがあり、世界中からダイバーが集まります。
    海の透明度が高いことはもちろん魚の種類が豊富なことや沈飛行機も見ることができ、魅力たっぷりのボラカイダイビングはリピート率が高く、初心者にもベテランダイバーにも人気があります。


    今回利用させて頂いたダイビングショップは、ステーション3にある「アクアライフ」というショップ。日本人スタッフがいるので安心してダイビングができました♪


    スピードボートで一気にポイントまでいって、1本ずつ戻ってくるので、船酔いの心配もほとんどなし!


    また、ボラカイ島でのダイビングでは「殿様・姫様ダイビング」のスタイルが主流。器材の持ち運び、セッティング、装着、エントリーなどすべてショップスタッフにお任せでOK!で思う存分ダイビング三昧できますよ♪

  • ボラカイのマリンアクティビティを忘れてはいけない

    • ジェットスキーでブイブイいわせちゃうぜ!

    • パラセイリングで大空へ

    • 夕日を見ながらリラックス。最高の時間です。

    • ボラカイの夕日美しすぎです。

    きれいなビーチで写真を撮って、じゃぶじゃぶ泳いで、砂浜で友達を埋めて、、

    それだけじゃ、もったいないです!!

    この美しい海をもっと最大限に楽しまないと!!

    ボラカイのマリンアクティビティではしゃいじゃいましょう!

    おすすめマリンアクティビティ紹介します!


        ジェットスキー

    最初にスタッフに乗り方を説明してもらい、スタート。

    思ったよりもスピードがでます!海の上を自由に走れるのは爽

    快感抜群!

    アクセル全開!かっとばっしゃいましょう!!

    ※他のお客様もいるので衝突には十分ご注意ください。


    ② パラセイリング

    めっちゃくちゃ高くまで上がります。絶叫が大好きな私でも下を見ると怖さを感じました。高所恐怖症の方は止めておいたほうがいいかもです。。

    一番高く上がるとボラカイ島全体が見渡せます。絶景です!お試しあれ!


       サンセットパラウ

    これが最もおすすめしたいアクティビティです!

    ボラカイ島に訪れた方全員に参加してほしいくらいです!

    「パラウ」とは両サイドにアウトリガーのついた胴体の狭いエ

    ンジンなしの船に帆を張って、風の力だけで海の上を進むアク

    ティビティです。

    これをサンセットの時間に行います。

    ボラカイはきれいなビーチもそうですが、サンセットもめちゃ

    めちゃきれいなのです!

    もちろんビーチから見るサンセットも美しいです。

    ですが、この「パラウ」から見たサンセットは格別です。

    目の前に広がる景色を遮るものは一切なく、より太陽に近い位

    値で見ることができます。

    また、ビーチにはたくさんの人がいてごみごみしていますが、

    「パラウ」の上なら周りに人はいません。

    忘れられないあの瞬間。。もう一回参加したいくらいです。

  • ボラカイ一押しホテル

    • サーフサイド:日本人経営で安心滞在♪

    • アストリアカレント:室内もおしゃれ!

    • リンド:インフィニティプール

    • リンドのライトアップ。うっとりです。。

    ボラカイにはたくさんホテルがありますが、今回は私がおすすめするホテルを3つ価格帯の松竹梅で紹介します!


    〇梅:サーフサイドボラカイ ステーション3

    日本人経営のビーチの目の前にあるホテルです。

    日本人経営なので、日本語okです!フィリピン人でも片言の日本語を話せます!

    そして一番うれしいのが、お部屋のシャワーとトイレが分かれていること!

    お部屋もシンプルではありますが、とても清潔で十分な広さでした!

    また、ここの朝食の日本食が絶品です。海外に来て日本食?と思うかもしれませんが、

    ここでは朝食だけは日本食を食べて見て下さい!

    併設のマッサージショップ「やすらぎ」もボラカイで一番クオリティが高いと評判です!

     

    〇竹:アストリアカレント ステーション3

    見た目がかなりおしゃれなスタイリッシュホテル。
    デザイナーズマンションを彷彿とさせる外観と、スケルトンプールが特徴。
    巨大なプールエリアは、夜になってからの何色も変光するライトアップでスタイリッシュな雰囲気!!
    メインレストランParasolは地上階に位置し、ビーチから直接アクセスできます。 

    リーズナブルにリゾート滞在を楽しむなら間違いなくここ!!

     

    〇松:ザ・リンド ステーション1

    何といってもこのホテルの一番の魅力は、4階部分にあるホワイトビーチを一望できるインフィニティプールです。ボラカイ島のホワイトビーチで一番景観がいいプールです!リゾート目の前にはホワイトビーチの中でも一番綺麗な遠浅の海が広がります。

    インフィニティプールからサンセットも見ることもでき、サンセット後のライトアップされたホテルはゴージャス感を引き立てます。最高の贅沢です。。

  • ボラカイおすすめスポットありすぎて紹介しきれません!

    • 自分だけのボラカイオリジナルT-シャツを作ってもらえます!

    • LEDディナーショー!!

    • ボラカイジョリビー!

    • ステーションX!?

    おすすめレストラン、おしゃれなカフェ、バー、おもしろいダンスショー、お土産ショップ、、、


    ボラカイ島いいとこありすぎ!!!


    ここですべてを紹介はできませんが、朝から夜まで遊びつくしても足りないくらい行くところがたくさんあります。小さな島ですがギュッといろんなものがつまっています。


    事前にここに行きたい!といろいろ調べるのもいいですが、ぶらりと歩いてみて、あ!ここ雰囲気よさそうと入ってみるのもありですね!


    是非、あなただけのボラカイを見つけてみて下さい。


    見つけることができたら、リピーターになること間違いなしです!

    悪いフィリピンの部分がなくなったフィリピン。ボラカイ最強です。