のんびり夏休みと言えばボラカイ島で決まり!PART②ボラカイ島編 | フィリピンの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

のんびり夏休みと言えばボラカイ島で決まり!PART②ボラカイ島編

エリア
ボラカイ島
/フィリピン
テーマ
夏休み
時期
2015/10/29~2015/11/02
投稿日
2015/11/4
更新日
2019/4/27
投稿者
奥山 智史

前編
http://stworld.jp/earth_info/PH/diary/5639f7a15c8970.23157511/
マニラからロストバゲージにあったり、到着が遅れたりで踏んだり蹴ったりでしたが、
いよいよボラカイ島に到着しました!
ボラカイ島では、夏休みで行きましたが初日だけ仕事してしまいました・・・とほほ。
今回のボラカイ島編では、ガイドブックにまだまだ掲載されていないホテルの
『リンド』『ディストリクト』『ヘナンラグーン』『ヘナンガーデン』と、
今回宿泊した『シャングリラボラカイ』、
ボラカイ島でシュノーケル+島内観光の情報をお届けします!

スタッフおすすめ!お得ツアー

アジアNO1ビーチのボラカイ島!●カリボ空港経由でコスパ重視●★3大特典付き★【現地支店があるから安心】白砂プライベートビーチ別格リゾート♪5つ星優雅なシャングリラ 5日間≪フィリピン航空利用≫

成田発

アジアNO1ビーチのボラカイ島!●カリボ空港経由でコスパ重視●★3大特典付き★【現地支店があるから安心】白砂プライベートビーチ別格リゾート♪5つ星優雅なシャングリラ 5日間≪フィリピン航空利用≫

日数:5日間  
旅行代金:156,800円~174,800ツアーはこちら

  • シャングリラボラカイ

    2009年にOPENして以来、ボラカイ島NO1ホテルの名をほしいままにした、
    言わずと知れた憧れのラグジュアリーリゾート。

    通常のルームから、スイート・ヴィラ・2ベッドルームまであるので、
    大人からファミリー・グループ・友人旅行等、幅広い世代に好評のホテル。
    まずは『シービュースイート』

    スイートと通常のルームとの違いは、
    お水が『スパークリングウォーター』、
    ミニバー無料で一日一回補充、
    バトラー付きになります。
    ※スイート・ヴィラは同様となります。

    バスタブもこんなに広い

    シービューですが、ヤシの木も見れてしまう(パノラマを想像される方は、リゾート自体が難しいかも・・)

    ベッドはキングサイズのみ(ダブルのみ)

  • シャングリラボラカイ ツリーハウスヴィラ(シービュー)


    ツリーハウスヴィラは文字通り樹の中にあるような静けさの中で滞在可能で、
    お子様は原則宿泊不可となります。
    ※ベランダから落下等を防止する為。どうしても宿泊希望の方は
    同意書にサインをしたものを事前提出にて宿泊可能かホテルに確認後となります。
    こちらのお部屋もキングサイズ(ダブル)のみです。

    ヴィラタイプなので、シービュースイートと同様に
    お水が『スパークリングウォーター』、
    ミニバー無料で一日一回補充、
    バトラー付きになります。



    今回ロフトヴィラの写真はありませんが、ロフトヴィラのご紹介も。
    ロフトガーデンヴィラとロフトヴィラから、プライベートプールが付きます。
    ※ツリーハウス(シービュー)⇒ロフトガーデンヴィラ(2階建:ガーデンビューですがプール付き)⇒ロフトヴィラ(2階建:シービュー+プール付き)、
    の順に高くなります。

  • シャングリラボラカイ 1ベッドルームプールヴィラ(ガーデンヴィラ)


    ロフトヴィラにもプールがあるけど、違いは?と思われる方も多いと思います。
    1ベッドルームプールヴィラは、一階建てなので、室内で階段ないので移動がしやすく、
    オープンシャワー(屋外シャワー)が、1ベッドルームプールヴィラから可能です。
    さらにはプライベートテラス?で、プライベートBBQも可能です(有料)

  • シャングリラボラカイ ホテル内

    ホテル内は、『ボラカイ島に唯一プライベートビーチがあるオンザビーチのホテル』と言える、このロケーション(写真左)
    プライベートビーチ~ビーチバー~プール、と続きます。

    ここが、地球の歩き方2014年版に掲載されているプールのロケーション!
    ※マニラ編旅日記のヘッダーの写真です。

  • リンドボラカイ


    こちらを希望される方は・・・
    ①清潔感があるホテル希望
    ②海には入らず、景観を重視
    ③ステーション1で静かに過ごしたい

    リンドボラカイはステーション1に位置し、リンド⇒フライデーズ⇒ディスカバリーショアーズと並んだ立地となります。
    2015年7月にソフトオープンしており、2015年10月現在でもまだ工事中に為、
    写真の見栄えが少し悪いかもしれませんが、新しいリゾートとして清潔感は抜群。

  • メインプール その他

    中でもメインプールの他に、ボラカイのビーチを眺められるようにもう一つプールを作っている、
    プールからの景観は抜群に良いリゾート。

    左:メインプール
    真ん中:二つ目の屋外プール
    右:ビーチデッキからの眺めは最高

  • 客室

    お部屋は全てバルコニー有

    ガーデンルーム
    シールーム
    ビーチルーム(バスタブ有)
    ガーデンルームWITHプール
    シーWITHプール

    WIFIはホテル内で利用可能
    水は一日二本
    コーヒー・紅茶は無料
    可動式シャワー
    バスルームアメニティ有
    ドライヤー
    セーフティBOX
    ボラカイは天候が荒れやすいので、傘も!
    キッズルームあり

  • プライベートビーチ

    厳密にはプライベートではありませんが、
    ステーション1に徒歩で来る方はあまりいませんので、ほぼプライベートビーチ!
    ビーチの近くにはバーもあるのでゆっくりお酒も飲めますよ
    ※まだ工事中の為、バリケードのようなものがありますが・・・2015年12月の正式OPENに間に合わせてくれるでしょう!

  • 施設内

    せっかくなのでお部屋もご紹介

    ベッド
    ベランダからのプールビュー(ガーデンルームだと、ホテルの敷地内ビューになります)
    トイレも綺麗

  • ディストリクトボラカイ

    http://www.thedistrictboracay.com/

    全48部屋のみの小規模リゾート!ボラカイ島・ステーション2の中心に位置する、レッドココナッツレストランの隣にあるザ・ディストリクト・ボラカイ。
    目の前にはビーチ、D-MALLへは徒歩1分というロケーション抜群のリゾートです。
    また48部屋のみとなっており、繁華街の中心にありながら、喧騒から離れた静かさを持つリゾートです。
    白を貴重とした建物はスタイリッシュな作りを期待させます。

    今回のホテル視察では個人的に、シャングリラボラカイの次に良い、NO2リゾート

    こちらを希望される方は・・・
    ①清潔感があるホテル希望
    ②Dモールの近く、ステーション2でも静かに過ごしたい(場所はレッドココナッツの隣です)
    ③日本人が少ないところが良い
    ④ディスカバリーショアーズ程の予算がなくともスタイリッシュ系ホテルに泊まりたい
    ディストリクトは、プールから海が見えませんが、
    入口が大きく、通行人の視線も感じることなくプライベート感抜群です。

  • ディストリクト 客室

    このホテルは・・・

    ①デラックス(ツイン8室+ダブル21室:写真左)
    ②プレミア(ダブルのみ12室)
    ③デラックススイート(ダブルのみ2室)
    ④プレミアスート(ダブルのみ2室)

    WIFIはホテル敷地内無料
    バルコニー有(バスタブはありません)

    ホテルの目の前ではCARUSOというレストランがあり、
    ここで一般のお客様も食事を取ることも可能です。
    ※イタリアンレストランで、ここが一番おいしかったです。

    二階のテラス&バーでは昼間はヤシの木と海の両方を眺められるリゾート感バツグンのホテル

  • ディストリクト ビーチ

    ホテルの目の前の昼間のビーチはこんな感じです


    テラスから、夜のレストランの準備をしれっと撮影

    フロントが壁になって、通行人の視線が全然気にならない!

  • へナン系列

    ヘナンガーデン
    http://henann.com/boracay/henanngarden/

    ヘナンラグーン
    http://henann.com/boracay/henannlagoon/

    ボラカイリージェンシーと同じ、ヘナングループのホテルで、
    ヘナンガーデンはボラカイ島NO1のプールの大きさを持つボラカイ島巨大ホテルグループ
    立地はステーション2の真ん中の為、どこにでも移動しやすさは島内随一。

    三つのホテルの立地は・・・
    ~~~~~~~~海~~~~~~~~

                ビーチ

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    シーブリーズ     ││
    ※レストラン       ││
                 ││
    ボラカイヘブン     ││ボラカイリージェンシー
                 ││
    ヘナンラグーン    ││ヘナンガーデン
    ────────    ────────

    お部屋の作りは基本同じなので、敷地やプールの違い等をご紹介致します。

    ヘナンガーデン
    ①プールが屋外で、ボラカイ島NO1の大きさ
    ②プールアクセス可能な部屋もある
    ③部屋は、少しだけガーデンの方が広く、敷地自体も広い

  • ヘナンラグーン

    ヘナンラグーン


    プールや敷地が若干狭いが、こじんまりとして、ボラカイリージェンシーの裏にある
    『WAVE BAR』の夜のクラブの音があまり気にならない。

    クラブ好きの方はリージェンシーに宿泊がベストですね。

    そして、両ホテル、ブラインドは閉まりますが・・・
    なんと、シャワールームがガラス張り!!

    なので、大型のホテルで敷地も広くプールも広いホテルが好きな方はガーデン、
    こじんまりと静かに過ごしたい方はラグーン、という選び方が良いのかなと。

  • ボラカイ島 アイランドピクニックツアー1

    ボラカイ島で何する・・・・


    ボラカイ島と言えば!!・・・・・
    何もすることがありません・・・
    と思われますが、シュノーケルも出来ますし、
    島を上から見られるマウントルポだってあります!
    ゴルフもできますし、ダイビングも出来ますよ。

    リゾートに行くと必ずシュノーケルをする私は、当然・・・
    今回もしてきました、シュノーケル。

    シャングリラに宿泊の方はプカシェルビーチまで迎えが来ます。
    今回の内容はシュノーケル+島内観光付き・昼食ビュッフェと缶ミゲル+ソフトドリンク飲み放題で約100USD(4,500PHP前後)

    ボラカイ島は赤道に非常に近いので天候が荒れやすい為、
    オプショナルツアーは到着したら翌日に参加する等、なるべく早めがいいです。
    ※最悪日程変更に余裕を持てる為。

    基本晴れ男の私は、海外旅行に行く時に天候の心配は一度もしたこともなく・・・
    今回も晴れました!!

    写真は、
    ①プカシェルビーチからボートに乗る時
    ②シュノーケル中
    ③昼食会場付近のビーチ
    です

  • ボラカイ島 アイランドピクニックツアー2

    昼食はカニとエビが食べられます!


    そして、フライドライスとサテと肉野菜炒めをビュッフェ形式で取れるのでお腹満腹。
    ※もちろんこの時もビール、いや、缶ミゲルは可能です。

    食後のデザートは、一人暮らしではめったに食べない果物、しかも、
    フィリピンといえば・・・

    マンゴーー!!!
    パパイヤーー!!
    バナナ!

  • ボラカイ島 アイランドピクニック後の島内観光

    その後はマウントルポに行ったのですが、なんとここでまさかの豪雨・・・

    晴れ男のはずが・・・・。
    天候が荒れてしまったので、かなり映りが悪いですが、一応ご紹介を・・

    ほんとはクリスタルケイブに行く予定だったのですが、天候が荒れた為、
    最近出来た『WILDLIFE EXPO』という、珍しい動物の動物園、と解釈して頂ければ・・。
    に代替えで行きました!

    ここはワニとか、鳥とか、ヘビとか、全く恐れない、動物だーいすきな人は、
    ボラカイ島でまさか海だけでなく、動物まで!と堪能できちゃいますよ

  •  

    最後はワニで締めました。


    最後に、ボラカイ島は、ビーチによる観光需要が非常に多いので、
    ビーチを汚す行為は禁止です。
    なので、ビーチでの喫煙は厳しく罰せられますのでご注意を。

    ボラカイ島はサンダルで砂を感じながら観光が出来る、最高の島です。
    絶対に一度は行くべき場所なので、ビーチで迷ったらボラカイ、
    ホテルで迷ったらシャングリラ・ディストリクトで間違い無し!