アジアの楽園★ボラカイ島ってどんなとこ? | フィリピンの旅行記

支店
渋谷
福岡

アジアの楽園★ボラカイ島ってどんなとこ?

エリア
ボラカイ島
/フィリピン
テーマ
現地情報
時期
2014/5/17~2014/5/23
投稿日
2014/6/28
更新日
2017/10/6
投稿者
後藤 一樹

まだ少し肌寒い北海道を抜け出して、行ってきました!

フィリピン随一のリゾート、「ボラカイ島」!!
とはいっても、行く前は【ボラカイ=綺麗なビーチ】というざっくりとしたイメージしかありませんでした。
ボラカイってどんなところなんだろう??
1日半という短い滞在でしたが、
私が見てきた、感じてきたボラカイ島の魅力、
ご紹介させていただきます!!

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪フィリピン航空成田午前発利用≫●3大人気スイーツ特典付/朝食付/往復送迎付/現地支店有●7色に光るプールがフォトジェニック!アストリア・カレント宿泊 5日間 【フィリピン旅行はやっぱりSTW】

成田発

≪フィリピン航空成田午前発利用≫●3大人気スイーツ特典付/朝食付/往復送迎付/現地支店有●7色に光るプールがフォトジェニック!アストリア・カレント宿泊 5日間 【フィリピン旅行はやっぱりSTW】

日数:5日間  
旅行代金:157,900円~367,300ツアーはこちら

  • 到着!

    飛行機⇒車⇒船と移動を重ね、ついに到着!!

    ですが到着時には既に夜。
    想像していた綺麗なビーチが広がる風景は、真っ暗で見えません。。笑


    それでも、移動中のボートから見える島の明かりや、暗くてもわかる海の透明さに想像は膨らむばかり!
    翌朝を楽しみに眠りにつきました。。

    ちなみに、この日宿泊したホテルは「シャングリラ・ボラカイ」。
    言わずと知れた高級ホテルのひとつです。

    お部屋、食事共に大満足♪
    今回の視察では、「ボラカイ」「セブ」「ボホール」と回りましたが、
    皆様に一番お勧めしたいホテルです!

    <シャングリラボラカイ>
    http://stworld.jp/special/PH/shangrila_boracay/


  • 翌朝・・・

    朝起きて、外に出ると、

    想像していた、いやそれ以上の
    すばらしいビーチが広がっていました!!

    写真はボラカイ北部の「プンタ・ブンガビーチ」。
    有名なホワイトビーチとは離れた場所にありますが、その分人も少なく
    ほぼシャングリラのプライベートビーチ状態。
    (シャングリラには、敷地内にもうひとつプライベートビーチがございます。)

    海に関しては本当に透明で、ビーチからの透明度で言うと
    昨年訪れたモルディブの海に匹敵するんじゃないかとさえ思いました!
    (海に関してはど素人の意見ですが。。。)



  • ホワイトビーチへ!

    ついに「ホワイト・ビーチ」へ!


    どこまでも広がるエメラルドグリーンの海は圧巻です。
    移動してきた車を降りて、ビーチに出たときの感動は忘れられません!!

    砂もふかふかで、裸足で歩くのが本当に気持ちいい!

    そんなホワイト・ビーチ、北側から<ステーション1><ステーション2><ステーション3>とざっくりですが地区が分けられています。

    北側の<ステーション1>の方が透明度が高く、広いビーチが広がっています。
    ステーション1周辺にも多くのホテルがございますので、このあたりの宿泊がオススメです!

  • 海だけじゃない!

    海ばかり紹介してきましたが、このボラカイ、

    ビーチ散策が面白いんです!!

    ホワイトビーチ沿い(特にステーション2周辺)には
    ずらーっとお店が立ち並んでいます。

    レストランはもちろん、服屋、みやげ物屋、バー、カフェなどなど・・・
    常に賑わっておりました!

    Dモール(ショッピングモール)やDタリパパ(大きな市場)など大型の施設もあり、
    丸1日(いや2日・3日?)いても、本当に飽きずに過ごせます♪

    ボラカイ、海だけじゃないなって思えた場所でした。

  • 夜も!!

    あっという間に夕方に。
    綺麗な夕日を眺めつつ、ゆっくりしてると
    なにやら遠くからノリの良い音楽が。

    そうなんです。
    ボラカイ、夜も賑やかなんです!!

    昼間はみんながのんびり過ごしていたビーチが、レストランに姿を変え、
    おいしい食事・音楽・そして「ファイヤーダンス」のお兄さん(おねえさん?)が観光客をもてなしてくれます。

    レストランだけじゃなく、周りのお店も遅くまで営業しているので、
    遅くまで時間を忘れて過ごしてしまいます!
    (遅くまで明かりもついているので、治安も良く安心できます♪)

  • 是非ボラカイへ!!

    ボラカイへのアクセスは次のような方法です。


    (1)日本各地⇒マニラ⇒カリボ空港⇒(車/約2時間)⇒カティクラン港⇒(ボート)⇒ボラカイ島
    (2)日本各地⇒マニラ⇒カティクラン空港⇒(車/約10分)⇒カティクラン港⇒(ボート)⇒ボラカイ島

    今回は往復でそれぞれの方法を利用しましたが、やはり(2)の方が移動時間も少なく楽でした!

    ツアーでは基本(1)でのご案内ですが、(2)へのアレンジも可能ですので、是非お気軽にお問い合わせください。
    マニラでの乗り継ぎ時には、日本語係員のアシストもありますので安心です♪

    魅力たっぷりのボラカイ、大好きになって帰ってきました。
    皆様にも是非、ご自身の目であの風景を見ていただきたいと思います!

    最後までご覧頂き、ありがとうございました!!