憧れのリゾート☆タヒチ☆ | タヒチの旅行記

支店
渋谷
福岡

憧れのリゾート☆タヒチ☆

エリア
タヒチ
/タヒチ
テーマ
現地情報
時期
2013/04/15~2013/04/22
投稿日
2013/5/13
更新日
2020/3/14
投稿者
石川 綾奈

ハネムーナーにオススメ&憧れのリゾート地、タヒチに行ってまいりました!

もともと旅行といえばヨーロッパ方面がほとんどだった私にとって、人生初ともいえる本格リゾート地!! どこまでも続く水平線と、海の色の奥にある山のという色の対比・・・   「その年齢でタヒチなんか行ったら他のリゾート地に行けなくなるわー」と出発前に言われた通り、帰国後しばらくたった今でも思い出でお腹がいっぱい、今すぐタヒチに戻ってのんび~りしたいなーと思う日々です♪♪   お伝えしたいことがたくさんありすぎてここでは書ききれません! そのため今回はタハア島とランギロア島に焦点当ててみました。 少しでもおすそ分けできればと思います。

スタッフおすすめ!お得ツアー

◆直行便再開◆全室オーシャンビュー!緑に囲まれた自然溢れるホテルのル タヒチ バイ パールリゾート(デラックスオーシャンビュー)3泊5日間

成田発

◆直行便再開◆全室オーシャンビュー!緑に囲まれた自然溢れるホテルのル タヒチ バイ パールリゾート(デラックスオーシャンビュー)3泊5日間

日数:5日間  
旅行代金:222,000円~307,000ツアーはこちら

  • **いざ出発!!**

    タヒチ島の首都パペーテまでは成田からエア・タヒチ・ヌイの直行便が飛んでいます。
     
    今まではヨーロッパ方面で長時間のフライトが多かったので、あっっという間に到着した気がします。
     
    エア・タヒチ・ヌイさんの機内はタヒチアンブルーのシート。
    各座席に付いているモニターは若干使いにくいかも。。。
    でも機内で寝て起きたら現地到着、という直行便は魅力ですよね。
    大阪含め地方からの方は一度成田まで行かないといけませんが・・・



    【写真左】エアタヒチヌイの機体はきれいなブルー。尾翼にシンボルの「ティアレ」が咲いています。
    【写真中央】ちなみに、もしビジネス利用の方は、ご出発までカンタス航空のラウンジを利用できますタヒチまでゆったり・・・いかがですか?
    【写真右】パペーテのファアア空港では到着時にタヒチアンミュージックとダンスでお出迎えしてくれます。
    しかもカメラを向けるとダンサーが止まってくれるのでシャッターチャンス☆☆
    到着当初からタヒチ文化に触れることができます。フラワーレイでのお出迎えもいいですね。南国にきたなーって感じがします。
    生花なので持って帰れないのが残念!あと花粉症の方はちょっと注意が必要です。

  • **見てびっくり!タヒチ離島の空港**

    タヒチ島に来てびっくりしたのが、各離島の空港のシンプルさ!!
    空港を見るだけでも平和な国なんだなぁというのが分かります。

     
    各島をつなぐ国内線は、パペーテのファアア空港以外荷物検査もないですし、
    空港到着後は宿泊リゾートのカウンターまで行けば、そのままリゾートまで連れて行ってくれます。
     
     
    ちなみにモーレア島の空港だと野良ネコ数匹と野良ニワトリ数羽が出迎え&お見送りをしてくれます。
     
     
    【写真左】モーレア空港に入るとまず目に入るチェックインカウンターの案内。これで空港内も迷わないですね!笑
    【写真中央】モーレア空港チェックインの様子。大きなスーツケースなどの荷物はここで預けます。搭乗が始まると、写真左に見えるDEPARTの表示の下の扉から外へ・・・機体までテクテク歩いて行きます。
    【写真右】ランギロア空港荷物受け取り所。どの空港もだいたいこんな感じです。オープンですね~♪♪

  • **静かなリゾート~タハア島~**

    ライアテア島の少し先にあるのがバニラの生産で有名なタハア島。
     
    南太平洋で唯一フランスの権威あるルレ・シャトーに加盟しているのが、
    このタハア島にある「タハア・アイランド・リゾート&スパ」です。
     
    タハア島は空港がないため、一旦ライアテアまで飛行機で行き、そこからリゾートのボートで移動します。
    道のりは遠いけれど、リゾートに到着すると静かで落ち着いた空間が広がっています。まさに”大人の隠れ家”。
     
    お部屋は大きくわけて、水上コテージかビーチヴィラの2種類。
    どのお部屋も壁や屋根にパンタナスを用いており、自然のぬくもりが感じられる、
    やさしい雰囲気を持っています。

    【写真左】ライアテア空港からリゾートのボートに乗って移動します~。
    【写真中央】リゾート玄関。中にはフロントやコンシェルジュデスクなどがあります。
    こちらは昔のカヌーを仕舞っておく建物をモチーフにしていて、若干分かりにくいですが建物内の左端にはカヌーの置物もあります。
    【写真右】敷地内は広いですが、騒音対策のため、電動カートなどは一切使用していません。重たいスーツケースなどは自転車カートで運んでくれます。
    15kg×7個の重たいスーツケースもこの通り!

  • **タハア・アイランド・リゾート&スパのお部屋**

    ハネムーナーにおすすめ水上コテージ
    45部屋ある水上コテージはまさにハネムーナの方にオススメ!
    お部屋からのビューの違いによってカテゴリーが分かれています。
    ベッドルームにある大きな窓からは海を臨むことができ、気が向けばお部屋より直接海へドボン!!とできるのが水上コテージの醍醐味。
    アクティブにシュノーケリングをした後は、プライベートデッキで読書をしつつのんびり~♪♪。いろんな過ごし方ができます。

    プライベート間たっぷりのビーチヴィラ
    タハア・アイランド・リゾートのビーチヴィラはゆったりとした贅沢な設計。
    リビングルームやベッドルームからアクセスできるプライベートデッキはビーチに面しつつも、もう一方で塀に囲まれた専用のプールが付いているという、ゴージャスな造りになっています。
    昼は海で泳いで、夜はプライベートプールで2人っきりで星空観察・・・なんていかがですか?
    ワンランク上のロイヤルビーチヴィラはなんと2ベッドルーム!!
    2世帯で・・・もしくは仲の良いお友達家族と・・・楽しそうじゃないですか?
     
    【写真左】水上コテージ外観(遠方より)。日本では見られない、こーんな海の中に建っています。水色のコントラストがすばらしいですよね♪♪
    【写真中央】水上コテージのベッドルーム。どのカテゴりーのどのお部屋のベッドルームもほとんど同じ形です。
    水上コテージのベッドルームにはガラスボードが2箇所あって、ベッド側のガラスボードは開閉可能です。
    でも開けっ放しにして、携帯やカメラを落とさないようにご注意を!!
    【写真右】ビーチヴィラのプライベートプール。周りを石塀に囲まれていて、プライベート感たっぷり。

  • **ダイバーさん以外にもオススメ!!~ランギロア島~**

    ランギロア島=ダイビング・・・ダイビングをされている方や、少しでもタヒチをご存じの方は、ランギロア島と聞けばそう答えられる方が多いかもしれません。

    ランギロア島はタヒチ島から飛行機で約1時間。
    ランギロア島に来られる方はほとんどがダイバーさんかリピーターの方。

    でも、去年STWが日本人送客数No.1となった、「ホテル キア オラ リゾート&スパ」はハネムーナーの方だけでなく、女性同士やご家族の方にもぜひご宿泊頂きたいリゾートです。
     
    【写真左】どこまでがプールでどこからが海か分からないキアオラのパブリックプール♪♪皆さんは境界線分かりますか??
    この旅日記の表紙の写真の夕日もここからのものですよ~。
    【写真中央】リゾート敷地内。海を見ながら早朝の散歩とかも気持ちよさそうですね。
    【写真右】もう一度食べたい「ランギロアハニー」のアイス。ぜひデザートに!

  • **ホテル キア オラ ビーチヴィラ**

    このホテルのオススメは水上コテージ・・・ではなくて「プールヴィラ
    始め聞いた時は、タヒチのどのリゾートも水上コテージを売りにしている中でめずらしいな~と思いましたが、実際に見てみるとその良さにほれぼれしました。///

    お部屋と専用プールをぐるっと白い塀が囲んでいてプライベート感たっぷり。
    塀の高さ的に外からは基本覗けない構造なので、自分の家にいるように、お部屋できままにくつろいだりできますし、なんだったら裸でプール!!なんてこともできちゃいます。
     
    お部屋の内装はモダン&スタイリッシュですが、
    天井は高く、プールに面している側は1面ガラスなので、圧迫感なんて一切感じません。
    プールとは別に、バスタブも外にあるので、露天風呂気分も味わえます。笑
    プールをはさんだお部屋の反対側にはファレポテ(東屋)があり、そこのブラインドは開閉可能!!ヴィラの位置によっては海が見えるところもあります。

    ハネムーンやカップルだけの方はもちろん、ファミリーや友人同士の方も、このプライベート間満載の場所で自分たちだけの時間を過ごしていただけます。
     
    【写真左】プールヴィラ内装。スーツケースを全開にしてもぜんぜん問題なし。お部屋の中も広さたっぷり設計。3名様まで1室でご利用いただけます。
    【写真中央】真ん中がプライベートプール、その奥がファレポテです。ファレポテ内の茶色く見えるのがブラインドです。(分かりづらくてすみません・・・)
    【写真右】こちらがバスタブです~。

  • **ダイビングができなくても大丈夫!**

    ホテル キア オラの周辺の海は魚がいっぱい!さすがダイバーさんが集まる島です。
     
    でもお客様の中には、ダイビングされない方もいらっしゃいますよね。
    そしてもしかしたらシュノーケリングばっかで飽きてきたけど、
    ダイビングまではちょっとという方もおられるかもしれませんよね。(←少しムリヤリでしょうか。。。)
     
    そんな方にぜひ体験してもらいたいのが「ドリフトシュノーケリング」です。
    普通のシュノーケリングはフィンを付けて自分で魚のいるポイントまでパチャパチャ泳いでいきますが、
    ドリフトシュノーケリングは潮の流れに身を任せて、海をずぅーーっと流れていきます。
    もちろん海底に足なんかつかない深さです。怖いなぁという人はライフジャケットを着用しながらでも大丈夫。

    すると、目の前を魚の群れが通り過ぎたり、ウミガメが泳いでいたり…
    さながら移動海遊館のようです。
    運が良ければマンタも見れるそうですよ~
    私の時はウミガメと、そして頭が人間と同じくらいあるウツボを見ました!
    あのウツボの全長が気になります…


    こんな感じで海を漂っていると時間はあっという間に過ぎていきます。
    今回始めてドリフトシュノーケリングをしましたが、何度でもやりたいなーのついつい思ってしまいました。
     
    【写真左】こんな感じで魚がいっぱい!!パンを持っているとさらに寄ってきます♪♪
    【写真中央】真ん中の黒ーいのがウツボです。出ている部分が人間の頭と同じくらいかそれ以上・・・ちょっと不気味でした。
    【写真右】ドリフトシュノーケリングで遭遇したウミガメ。捕まえている彼はインストラクターのタヒチアン。

  • **もう一度行きたいなぁ~**

    皆さんいかがでしょうか?
     
    この他にもモーレア島やオテマヌ山で有名なボラボラ島があります。
    1つの離島で過ごしてもよし!2島3島と周遊してもよし!!
    また海だけではなく山もあるので、いろんな楽しみ方ができます♪♪
     
    ホテルによってはタヒチアンショーを開催していたり、タヒチ文化の体験アクティビティーがあったりと、
    リゾートでのんびりするだけでなく、タヒチの文化を体験することもできます。
     
    タヒチは4月~11月が乾季でベストシーズン!!
    皆さんもこの機会にぜひ!!