ニュージーランド南島周遊観光バス? | ニュージーランドの旅行記

支店
渋谷
福岡

ニュージーランド南島周遊観光バス?

エリア
ニュージーランド
/ニュージーランド
テーマ
バス旅行
時期
2016/04/19~2016/04/25
投稿日
2016/5/2
更新日
2020/7/24
投稿者
エスティワールドスタッフ

旅行好きの皆さま

日本から直行便毎日運行のニュージーランド
2016年11月からは、なんと関西発の直行便が飛びます。
ニュージーランド観光の王道と言えば、南島周遊
クイーンズタウンから北上し、マウントクックやテカポ、そしてクライストチャーチへと行くプラン、はたまた逆プランもありますね。
そこで、乗り物好きな私が、そのルートを案内させて頂きます。

スタッフおすすめ!お得ツアー

★世界遺産マウントクックとテカポ湖、両方に宿泊★星空観賞&ミルフォードサウンド観光付♪クイーンズタウン~クライストチャーチ♪全区間日本語送迎付で安心!南島の王道ルート 7日間

成田発

★世界遺産マウントクックとテカポ湖、両方に宿泊★星空観賞&ミルフォードサウンド観光付♪クイーンズタウン~クライストチャーチ♪全区間日本語送迎付で安心!南島の王道ルート 7日間

日数:7日間  
旅行代金:550,800円~777,800ツアーはこちら

  • ①クイーンズタウン出発!!

    • 宿泊のホテルから早朝に、この大型バスで出発します

    • ちゃんとヘッドホンの差し込み口があります、チャンネルと音量を合わせましょう

    • 世界で初めての商業目的のバンジージャンプ、その景色を車窓で楽しむ事もできます ※この写真は車窓からではありません

    • 美しいニュージーランドらしい景色が続きます

    クイーンズタウン出発は早朝。

    ミルフォードサウンド観光の玄関でもあるクイーンズタウンは、2泊がおすすめです。是非、ご滞在中にワカティプ湖の景色や、ミルフォードサウンド観光を楽しんでください。

    STWでご宿泊のホテルには、基本的にバスがお出迎え致します。

    いつもツアーでご案内しているのは、このグレートサイツさんのバスです。

    なかなか、日本では見れない中間部分に乗降口のある大型バス。
    トイレは付いていますが、あくまでも緊急用です。

    乗車すれば、日本語ガイドさんがヘッドホンを貸し出してくれます。

    これがないと、見える景色が何か分からなくなりますよ。

  • ②クイーンズタウンからマウントクック

    • 気球!と思わず叫びたくなる景色

    • 広大な土地にたくさんの牛

    • 最初の休憩は果樹園、売店もあります

    • どこまでも続いている果樹園 春夏秋の景色が楽しみ

    バスは片側1車線の信号がない道をひたすら走ります。

    寝てもよし、眺めてもよし。
    ニュージーランドを感じましょう。

    途中、ギブストンバレーという世界でも注目をされているワインの名産地を通ります。

    最初の休憩は、クロムウェル果樹園。クイーンズタウンから1時間弱。
    秋も終りに差し掛かっている所でしたが、綺麗に色づいている木々。

    休憩時間は短いですが、記念撮影をされていらっしゃるお客様もたくさん。
    果樹園では、果物の販売もあります。

    続いて、ワイタキでも記念撮影。
    パノラマビューに圧巻されましょう。


    続いて1時間半程走った所、オマラマで休憩。
    お土産も買いましょう。
    私は羊の磁石を買いましたが。


    そしてまたまた、1時間半でマウントクックの代表ホテル、ハーミテージに到着です。


  • ③ハーミテージホテルからテカポ

    • ハーミテージホテルから見えるマウントクックの景色

    • 食事会場、ビュッフェスタイルです

    • 途中立ち寄った養殖サーモンの販売場

    • テカポの町並みをマウントジョンから撮影、この日はテカポ湖もエメラルドグリーンに

    ハーミテージホテルでは昼食休憩がございまして、

    マウントクックの景色を見ながらお食事をお楽しみいただけます。

    天候が変わりやすいのが、2000メートルを超える山々に囲まれているからこその特徴。この日は、晴れ間も見えマウントクックを眺める事ができました。

    ホテルには、スーベニアショップやプラネタリウム、ニュージーランドの登山家で人類発のエベレスト登頂に成功したエドモンド・ヒラリーの博物館もありますカフェも併設されており、マウントクック発のオプショナルツアーは全てこのホテル集合となります。

    この村は、マウントクックのホテル従業員などこの町に従事している方しか暮らしていない小さな町です。

    そんなマウントクックを出発し、またバスは北上していきます。

    雨が降った為、この日のプカキ湖の色は、エメラルドグリーンになりました。氷河湖から流れる水の影響があるそうです。

    途中には、養殖サーモンの販売場。
    4月で風が強く寒かったのは、残念ですがおいしそうでした。

    テカポには、湖畔をぐるっと回って1時間と15分程度で到着。

    最近、世界遺産登録候補の星空が見れるとテレビで話題のテカポ。
    ニュージーランドで随一の晴天率こちらのマウントジョンという山の頂上には、世界各国の望遠鏡があり、ニュージーランドで1番大きなものはなんと日本の大学の望遠鏡です。

    昼間は、頂上にカフェも併設されておりハイキングをする事もできますが、夜は、特別な許可がないと登頂できないため、星空観賞を希望の方はオプショナルツアーに必ず申込をしてくださいね。

    この町は、端から端までが徒歩で15分。
    おしゃれなカフェやお土産屋さん、サーモン丼で有名な「湖畔」さん、各ホテルも集まっています。

  • ④さぁ、一気にテカポからクライストチャーチへ

    • 生憎の天気ですが、観光客の方がたくさん訪問されていらっしゃいます

    • 途中寄る休憩場、ジェラートたべてくださいね

    • ホイールも違う、タイヤも違うニュージーランドの長距離バス、たまたまでしょうか

    • クライストチャーチ到着時は暗い時間帯になります

    テカポの駐車場を出発して、ほんの1~2分ですが、

    同じテカポにある「善き羊飼いの教会」に立ち寄りです。

    この教会は内部撮影禁止になっていましたが、
    テカポにお立ちよりの際は、湖畔の綺麗な景色も合わせてお楽しみ頂きたいスポットです。

    結婚式を挙げることもできるのが、素敵ですよね。

    さて、またひたすらクライストチャーチを目指し北上します。

    このテカポからクライストチャーチの間は、約3時間半です。
    休憩はジュラルディンという所での1か所のみです。

    名物、ジェラートを食べてください。
    お土産屋さんも併設されています。買い足りなかったものがあれば、
    こちらで買ってもいいですね。

    クライストチャーチ空港到着は、18:30頃。

    バスは早朝から夜遅くまで通しで走っており、
    その為かご覧の通り、色んなメーカーのタイヤを使っていました。

    もちろん、クライストチャーチからクイーンズタウンまでの便も同じように運行されており、南島周遊プランには欠かせないバスです。

    是非、ニュージーランドの南島周遊では、バスを使って満喫してください!!!

    ニュージーランドの問い合わせお待ちしております。