ニュージーランド南島を歩く | ニュージーランドの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

ニュージーランド南島を歩く

エリア
マウント・クック
/ニュージーランド
テーマ
自然
時期
2015/12/15~2015/12/22
投稿日
2016/1/16
更新日
2018/6/23
投稿者
矢板瑞恵

初めてのニュージーランド旅行!メインはマウントクックの一日トレッキング!ということでトレッキングシューズを持参したのですが、68日の滞在中、3日間トレッキングシューズを履いていました!

それは自分でも想定外で、歩こうと思えばいくらでも歩くところが、つまり自然があるという、ニュージーランドはそんなところでした♪

スタッフおすすめ!お得ツアー

【大阪発着】★世界遺産マウントクックに宿泊★クイーンズタウン2連泊で街歩きも楽しめる♪南島の王道ルート♪全日本語送迎付で安心♪6日間<ハーミテージホテルに宿泊>

大阪発

【大阪発着】★世界遺産マウントクックに宿泊★クイーンズタウン2連泊で街歩きも楽しめる♪南島の王道ルート♪全日本語送迎付で安心♪6日間<ハーミテージホテルに宿泊>

日数:6日間  
旅行代金:164,700円~343,700ツアーはこちら

  • トレッキング① 美しいアオラキ/マウントクック (1)

    フッカーバレートラック・トレッキングに参加したマウントクックでは、これ以上ないお天気に恵まれました。

    マウントクックリリーが美しい花を咲かせ、氷河湖には氷河が浮かび、見上げればマウントクックの雄大な姿を仰ぐことができ、大興奮でした。

    氷河湖では靴を脱いで足を入れてみました。水が濁っているので、一見冷たそうに見えないのですが、やはりものすごく冷たかったです。

    コースには3つの吊り橋があり、見晴台があり、川の水にも触れることができるなど、飽きない道のりです。

    そして、雪崩の音が聞こえるというのはこれまでにない経験で、たくさんのことを教えてくれたガイドさんに感謝です。


    左:マウントクックリリー

    中:マウントセフトン

    右:マウントクック(アオラキ)

  • トレッキング① 美しいアオラキ/マウントクック (2)

    1日トレッキングは往復14㎞、所要時間7時間ということでしたが、天気も最高だったので、まだまだ歩きたいと思いました!

    というのも、フッカーバレートラックは勾配が緩やかで、遊歩道もしっかり整備されているので、とても歩きやすかったのです。スニーカーでもOKだなと思ったくらいでしたが、マウントクックは雨が多く、年間の半分くらいは雨だそうなので、やはり防水性・防滑性を備えた靴を準備するのが無難です。もちろん雨具(レインウェア)も必需品です。

    甘く見ていたのは日焼けです!背中や頭皮が数日間ヒリヒリしていました。紫外線は東京の7倍だそうです。

    トレッキング終了後はホテルに戻り、最高の一日に感謝して、乾杯!!!


    左:第一のつり橋

    中:一度消えたアオラキが見えてきた!

    右:乾杯!

  • トレッキング② マウントクック周辺をお散歩(1)

    マウントクックでは、バックパッカーロッジに2泊しました。トレッキングに参加したのは2日目で、1日目にはボーエンブッシュ、3日目にはガバナーズブッシュというお散歩コースをそれぞれ歩きました。

    そうなのです。3日間すべて、じっとしているわけにはいかない程のお天気に恵まれたというわけです。(写真を見ると、思い出よりも天気が悪くて驚くなぁ。)

    ボーエンブッシュは110分程度のコースなのですが、ボタンを押すと鳥の鳴き声が聞こえる機械がいくつも設置されていて、林の中で、普段聞きなれない種類の鳥たちの声を聞くのは、機械とはいえ、ちょっとおもしろいです。


    左:ガバナーズブッシュから見た風景

    中:近くの川

    右:上から見ると十字架に見える不思議な植物

  • トレッキング② マウントクック周辺をお散歩(2)

    ガバナーズブッシュは11時間程度と書いてあるコースでしたが、サクサク歩いた結果、実際には40分程度だったでしょうか。しかし、意外と高いところまで登るので、上からの眺めは期待以上です。マウントクックは見えませんが、マウントセフトンの姿をばっちり捉えることができます。下山道を進むと、橋のかかった川に出ます。やはり水がきれいです。バックパッカーロッジの前を出発して、裏側に出てくるという感じです。

    とにかく天気が良かったので、3日間とにかく歩いて満喫しました。

    バックパッカーロッジのレストランも、見晴らしが良く、オススメです。


    左:マウントクックロッジ&モーテル外観

    中:ホテル内レストラン(シャモア・バー&グリル)

  • トレッキング③ テカポでマウントジョントレッキング(1)

    マウントクックからテカポへ移動。テカポと言えば星空。わたしたちも星空観賞ツアーに参加したのですが、生憎の曇り空であまり星は見えず・・。

    まあ、お天気ばかりは仕方ありません。そんな日もあります。

    翌朝目覚めると、なんと素晴らしい天気で、テカポ湖も太陽に照らされキラキラと輝いています。

    ということで、いくつかあるトレッキングコースの中から、上からテカポ湖を眺めることができる、マウントジョントレッキングコースを選択し、いざ、前夜にも星空観賞ツアーで訪れたマウントジョン天文台を目指します。

    登山口は、街からテカポ湖に沿って、20分ほど歩いたところにあります。

    そして、マウントジョンは標高約1,000mですが、テカポの街が700mのところにあるので、登山口から頂上の天文台までは、1時間かからないくらいでした。

    テカポ湖周辺にはルピナスが、登山道にはローズマリーが咲いていて、気持ちを和ませてくれます。


    左:テカポ湖①

    中:ローズマリー

    右:テカポ湖②

  • トレッキング③ テカポでマウントジョントレッキング(2)

    そして頂上から見渡す景色は絶景で、テカポ湖はもちろん、遠くにある山々も美しく、壮大!

    マウントジョン天文台までは車でも行けるので、ぜひ皆さんに立ち寄ってほしい場所です。特に、前夜の星空ツアーでわたしたちのように不完全燃焼だった方々は、それを取り戻せるくらいの感動が待っていると思いますよ。

    この日もたくさんの観光客がレンタカーで訪れていて、テカポ湖を見下ろせる場所にあるアストロカフェというカフェが、とても賑わっていました。


    左:登山中のテカポ湖

    中:テカポ湖のお隣湖

    右:やっと頂上へ!

  • おまけ♪ おいしかったもの①~③

    ①ラム肉の香草焼き(ローリングメグス/クイーンズタウン)

    ②かぼちゃサラダとパン(キャプテンズ/クイーンズタウン)

    ③節約とカロリー摂取減を考慮してサンドウィッチを自作(材料はスーパーで調達)

  • おまけ♪ おいしかったもの④~⑥

    ④キャロットケーキ(ハーミテージホテル2階のカフェ/マウントクック)

    ⑤サーモン丼(こはんレストラン/テカポ)

    ⑥安価なワインたち(スーパーで調達)

  • 最後に ニュージーランドメモ

    ・飲料水事情

    ニュージーランドは水道水が飲めます。比較的物価が高い国ということもあり、安心して水道水が飲めるというのは助かりました。

    ・ニュージーランド航空

    機内食提供時にワインが飲めます。タダです。おかわりもできます。

    ・トレッキングシューズの持込について

    入国時に厳しいチェックがあると聞いていましたが、あっさり通してくれました。靴は事前にきれいにしておくこと、入国時にはきちんと申告すること、この2つを守れば大丈夫です。

    ・星空観賞について

    テカポで満点の星空を見ることができなかったのは残念でしたが、マウントクックで見た星空がキレイでした。お天気は自然任せ運任せです。ニュージーランド滞在中、天気の良かった日の夜は、どこでも空を見上げてみれば、きっと美しい星空が広がっているのではないかなーと思いました。

    12月の服装について

    12/15の出発を控え、あれこれ悩んだのが服装です。トレッキングの予定もありましたし、暑いのか寒いのか、予測が難しかったです。帰ってきて思ったことは、半袖も長袖もフリースもダウンもすべて、持って行って良かったということです。8日間の滞在中、そして1日の中でも、気温の変動は本当に大きかったです。