【ラレニア島】ヌメアからボートで50分の楽園 | ニューカレドニアの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

【ラレニア島】ヌメアからボートで50分の楽園

エリア
ヌーメア
/ニューカレドニア
テーマ
自然
時期
2019/08/28~2019/09/01
投稿日
2019/9/8
更新日
2019/9/8
投稿者
杉浦 悠斗

『天国に1番近い島』として知られるニューカレドニア。
イルデパン島やウヴェア島などの離島では
真っ白なパウダーサンドとまるでプールのような
透明度を誇る美しいビーチがたくさんあります!
そんな中で、今回ご提案させていただきだきたいのが
『ラレニア島』です!
ラレニア島と聞いてピンときた方は
ほとんどいないのではないでしょうか?
それもそのはず!
このラレニア島はまだまだ日本人はあまり知られていない、
超穴場離島なのです。
そんなラレニア島に今回行ってきましたので、
私が実際に撮影してきた写真を含め、
ラレニア島の魅力をご紹介いたします!

スタッフおすすめ!お得ツアー

【学生旅行】ベストシーズン到来!★6名様1室利用ツアー★人気のキッチン付きコンドミニアムで暮らすように滞在♪滞在をより楽しめる6,000円相当の8大特典付き!カサデルソル泊4日間

成田発

【学生旅行】ベストシーズン到来!★6名様1室利用ツアー★人気のキッチン付きコンドミニアムで暮らすように滞在♪滞在をより楽しめる6,000円相当の8大特典付き!カサデルソル泊4日間

日数:4日間  
旅行代金:56,800円~145,800ツアーはこちら

  • ①ラレニア島へのアクセス

    • メトル島行きのフェリー。20分かけてメトル島へ。

    • 船の中は快適です!天気がいい日はデッキもおすすめ!

    • 水上コテージで人気のメトル島。

    • メトル島リゾートのメインプール。

    ラレニア島へのツアーを扱っている会社はあまり多くなく、
    事前にSTWでオプショナルツアーに
    お申し込みいただくことをオススメします!


    ラレニア島へはまず水上コテージがあることで
    有名なメトル島へ移動します。


    メトル島へはスピードボートでわずか20分。

    途中赤いパラソルが目印のカナール島という
    島の脇を通るとすぐに到着します。


    メトル島周辺はウミガメが多く生息しているので、
    時間があればシュノーケルにも挑戦してみてください!

    ちなみに私は海に入って3分でウミガメに遭遇しましたよ!


    メトル島でシュノーケルに必要な道具を受け取ったら
    再度乗船し、さらに30分ほどの船旅です。


    スピードボートで風を感じながらの移動で
    非常に気持ちが良かったです!

    ※天気が悪い場合、海が荒れている場合は
    多少揺れる可能性もありますので、
    心配な方は酔い止めを事前に飲まれるといいかもしれません。

  • ②ラレニア島の魅力とは?

    • ラレニア島。島の中央部には緑が広がります。

    • クリスタルブルーの海、真っ青な空、そして白い砂浜・・・

    • 島内には流木などが流れ着きます。

    • 人気のないビーチを散歩してみてはいかがでしょうか?

    合計約50分の船旅を経て、
    いよいよ絶景が広がるラレニア島に到着です!


    今回はラレニア島の魅力を3つ紹介します!


    (1)珊瑚礁がすごい

    ラレニア島周辺は豊かな珊瑚礁に囲まれています。

    珊瑚礁が活き活きしており、
    島の北東側はびっしりと群生した珊瑚礁が
    まるで巨大な森林のよう!


    過去モルディブやタヒチ、フィジーなどで
    シュノーケルをしてきましたが、
    珊瑚礁の美しさはその中でもトップクラスだと感じました!


    イルデパン島やウヴェア島では見ることのできない、
    竜宮城のような珊瑚礁を是非お楽しみください!



    (2)真っ白な砂浜とクリスタルブルーな海


    せっかくビーチリゾートに来たのなら
    透明度抜群な海と真っ白の砂浜に憧れますよね…

    ラレニア島はヌメアから50分の距離ですが、
    真っ白な砂浜と透明度抜群の海の絶景がひろがっています!

    干潮時には砂洲(サンドバンク)が現れるなど、
    インスタ映え間違いなしな風景がたくさんあります!



    (3)観光客が少ない


    ラレニア島の魅力は観光客の少なさでもあります。

    今回ラレニア島のツアーに参加したのは、
    私を含めてわずか3組でした!

    どんなに美しいビーチがあっても、
    観光客がたくさん押し寄せていると雰囲気も台無しですよね。

    こんな美しい離島をわずか7人で過ごせたのも
    穴場スポットならではの体験です!


    人を気にすることなく写真が撮れたり、
    他人に邪魔されることなく波音だけを聴きながら
    思い思いの時間をお過ごしいただけます!


    今後人気が出てくると観光客が増えることも
    予想されますので、是非今のうちに行ってみてくださいね!


    ※島にはバイオトイレが2つあるだけで更衣室や商店などはありません。

    事前に水着を着ていただき、軽食やお飲物をご持参ください。

  • ③まとめ

    • 島にはウミガメも遊びに来ます!

    • ちょっとしたテーブルとイス、バイオトイレもあります!

    • ヌメアから近場とは思えない美しさ!

    • メトル島へは小型ボートで移動します!

    ラレニア島、いかがでしたでしょうか?

    今回行ってみて思ったのは
    『ラレニア島、絶対におすすめ!』という事です。


    もちろん、せっかくニューカレドニアに行くのであれば
    ウヴェア島やイルデパン島に行っていただきたいですが、
    ヌメアからこんなに近く、安く、かつ美しい離島は必見です!


    まだまだ日本人には馴染みが薄い、
    知る人ぞ知る絶景の島ラレニア島。

    人気が出る前、
    ひと足先にラレニア島の美しさを体験してみませんか?


    日本は寒くなっていく一方、
    これからどんどん暖かくなりベストシーズンに入っていく
    ニューカレドニア。


    美味しい食事、美しい海とビーチがある南の島で
    素敵なバカンスをご提案出来ればと思います!


    是非お問い合わせください!