これぞ本場の『死者の日』!【オアハカ】 | メキシコのシティの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

これぞ本場の『死者の日』!【オアハカ】

エリア
オアハカ
/メキシコのシティ
テーマ
現地情報
時期
2018/1031~2018/11/3
投稿日
2019/5/10
更新日
2019/5/17
投稿者
遠藤 美幸

日本のお盆にも似たお祭りと言われる『死者の日』

映画『リメンバー・ミー』で話題となり、昨年は日本の人気テレビ番組でも取り上げられました。
今回はそんな『死者の日』がメキシコの中でも盛大に祝われる、
南部の街オアハカの様子をご紹介します。
『死者の日』という名前から暗い・怖いお祭りなの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実態は想像を上回る華やかさに驚かされます!
町全体がフォトジェニックになるオアハカの『死者の日』の魅力をお伝えします♪

スタッフおすすめ!お得ツアー

<コロニアルな街並みと古代遺跡のオアハカ>STWなら空港~ホテル間送迎・朝食付♪オアハカの街並みを見下ろすような高台にある雰囲気の良いホテル@ビクトリア・オアハカ滞在5日間~アエロメヒコ利用~

成田発

<コロニアルな街並みと古代遺跡のオアハカ>STWなら空港~ホテル間送迎・朝食付♪オアハカの街並みを見下ろすような高台にある雰囲気の良いホテル@ビクトリア・オアハカ滞在5日間~アエロメヒコ利用~

日数:5日間  
旅行代金:157,700円~239,700ツアーはこちら

  • オアハカの死者の日はとにかく華やか!

    • 街に設置された最大級のオフレンダ

    • 田舎街でもこんなに立派に飾っています!

    • 遺跡の入り口でもガイコツがお待ちかね。

    お昼頃にメキシコシティを出発し、約1時間のフライトを経てオアハカに到着!


    マリーゴールドガイコツのオブジェをふんだんに使った、
    オアハカ市内の装飾はとにかく華やかです。

    街中では死者の写真を飾った祭壇『オフレンダ』が各地で見られます。
    メキシコシティのような都会に比べて街そのものは小さいものの、
    街を挙げて『死者の日』をお祝いしようという雰囲気が印象的でした。
    皆様も街歩きの際に『オフレンダ』の写真コレクションを作ってみてはいかがでしょう?

    死者の日』前後の一週間は、オアハカ市が主催するショーや雑貨・特産品のフェアが目白押し。
    無料で楽しめるプログラムも多いので、街歩きの途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?



  • オアハカ名物・パレードに遭遇!

    • 仮装した子供たち、これからパレードが始まります。

    • 時期が近いハロウィンも一緒にお祝いしてます♪

    オアハカ滞在中、時折町中に大砲の音が響き渡ることがあります。

    それはオアハカ名物のカレンダ(パレード)が始まる合図です。

    多くのパレードは街の中心・サントドミンゴ教会がスタート地点なので、
    街歩きをしている途中に遭遇する可能性大!

    今回遭遇したのは、地元の子供たちの仮装パレードでした。
    思い思いの衣装に身を包んだ子供たちはとってもキュート!
    民族衣装を着ている子も多いので要チェックです。

    見ているだけでも楽しいカレンダ!
    しかし道が通行止めになってスムーズに移動しにくい事も。
    そんな時はカレンダがよく行われるオアハカ市内の2大通り
    ・アルカラ通り
    ・インディペンデンシア通り
    を避けて行動しましょう。地元の方から頂いたマメ知識です!


  • 夜はお墓へ行ってみましょう♪

    • ロウソクの灯りが幻想的な雰囲気を作っています...

    • 続々と集まってくる地元の方々。

    『死者の日にはお墓へ行ってみましょう!


    『死者の日』に興味を持たれた事がある方なら、1度は見たことのある文言かと思います。
    しかし『人のお墓に行くってどうなの?』と思われる方も、少なからずいらっしゃることでしょう。

    そんなお墓に夜8時頃に実際行ってみた所、想像を上回る程の人だかりが!
    その中には観光客のみならず、もちろん地元の方々もいらっしゃいます。

    彼らは一晩中お墓にロウソクを灯し続け、歌って語って死者を偲ぶのだとか。
    日本のお盆とは真逆、楽し気な雰囲気で夜が更けていきます...。

    観光客の私たちは幻想的な風景を前に、ついつい写真撮影に夢中になってしまいがちですが...。
    あくまでも死者の方々が眠る場所、節度を持った見学を!