モルディブ&シンガポール 王道ハネムーンプラン♪ | モルディブの旅行記

支店
渋谷
福岡

モルディブ&シンガポール 王道ハネムーンプラン♪

エリア
北アリ環礁
/モルディブ
テーマ
ハネムーン
時期
20130908~20130915
投稿日
2013/9/21
更新日
2020/3/21
投稿者
スタッフ

待ちに待った夏休み! そして今回の旅行は所謂ハネムーンにあたるわけなので、飛行機嫌いの旦那を説き伏せてモルディブ&シンガポールの周遊プランを組んでみました。   日々の疲れを癒すべく、モルディブでは食べて飲んで寝て、本を読んでちょっと泳いでまた食べて…そんな何もしな~い贅沢時間を、シンガポールではお買い物やら観光やらを駆け足で満喫してきました!  

スタッフおすすめ!お得ツアー

【5/30まで限定】★ハネムーンの定番リゾート♪全室プライベートプール付き★広々のサンデッキからターコイズブルーのインド洋を一望♪コンスタンス ハラヴェリ(水上ヴィラ)オールインクルーシブ 6日間

成田発

【5/30まで限定】★ハネムーンの定番リゾート♪全室プライベートプール付き★広々のサンデッキからターコイズブルーのインド洋を一望♪コンスタンス ハラヴェリ(水上ヴィラ)オールインクルーシブ 6日間

日数:6日間  
旅行代金:380,800円~545,800ツアーはこちら

  • 出発は羽田空港から!

    今回はシンガポール航空の深夜羽田空港発便を利用しました。
     
    日中いっぱいを荷物の準備や部屋の片付けに費やすことが出来たうえに、更に時間も余るほどで、これから旅行に行くのかどうか忘れてしまいそうなほど、、、
    お陰で余裕を持って出発に臨むことができました。
     
     
    常に高い評価を得ているシンガポール航空だけあって、機内エンターテイメントも最新の映画が入っていて見たかったのですが、既に時刻は日付を回っており、睡魔に勝てることなくあえなく撃沈…
    余裕のある方は是非楽しんでみてください。
     
    その代わり、機内食はしっかり食べてきました!
    羽田⇔シンガポール間は2回食事が提供されるのですが、うち離陸直後の1回目は軽食、到着前の2回目はプレートの通常ボリュームになります。
     

    【写真左】1回目の軽食。海苔巻きと、もう一つはタコスでした。
    【写真真ん中】和食プレート
    【写真右】洋食プレート


  • とっても大きなシンガポール空港!

    シンガポール空港はハブ空港なだけあって、とっても大きい!
    思わずきょろきょろしていると、すっと空港係員の方が寄ってきてターミナル移動が必要だと案内してくれました。
     
    24時間営業の空港なので早朝からお店が営業しており、カフェで休んだりお買い物したりと十分に乗継時間を過ごすことができました。
     
    その後、マーレ行きの便の乗り込んだ後、悲劇が起こりました。。。
    羽田→シンガポール線の到着直前に「Congratulation!!」と客室乗務員からハネムーンケーキを受取ったのですが、機内食を食べ終わった直後だったので「あとで食べよう」と思い、開封せずにそのまま飛行機を降りました。
     
    乗継時間中に食べようかとも思ったのですが、フォークがなかったので、シンガポール→マーレ線の中で食べようとそのまま3時間ケーキを持ったままぶらぶら…
     
    その結果、いざ食べよう!とケーキの箱を開けたところ、お目見えしたのが"元ケーキ"…
    どうやらチーズとチョコレートのムースケーキだったらしく、原型も留めないほどに溶けておりました。。。
     
    ケーキはもらったらすぐ食べる!今回学んだことの一つです。
     
    【写真左】空港内にあったハロッズショップにて。でかい!
    【写真真ん中】ひまわりが咲く屋外休憩スペース。喫煙所も兼ねてます。
    【写真右】元ケーキ。かろうじてプレートがあることでケーキだったことが分かります…

  • マーレ到着!そしてリゾートへ!

    マーレ到着!
    今回はコンスタンスハラヴェリに宿泊することになっていたので、ハラヴェリ専用の国内線ラウンジにて出発まで待機です。
    ここでチェックインも済ませられるので便利ですし、ちゃっかり頂いたお水やジュースが後々役に立ちました♪
     
    14~5人乗りほどの小さな水上飛行機に乗って、いざリゾートへ!
    雲の下を飛ぶので美しい海が眼下に広がり、リゾートへの期待感を盛り上げてくれます!
     
    飛行機嫌いの旦那は揺れを心配していましたが、ほとんど揺れることなかったので、「よっぽど国際線の揺れのほうが怖かった…」と水上飛行機は問題なかったようです。
     
    【写真左】近づくにつれて見えてくる美しい海!
    【写真真ん中】ラウンジでは軽食も食べられます
    【写真右】水上飛行機!
     

  • コンスタンスハラヴェリ到着!

    ついに到着しました、コンスタンスハラヴェリ!!
    真っ白な細かい砂と真っ青な海のコントラストが美しくて、、、モルディブに来たな~と実感した瞬間です。
     
    チェックインは既にラウンジで済ませていたので、日本人GRのチアキさんに出迎えていただき、お部屋へ通していただきました。
     
    今回宿泊したのは水上ヴィラ!
    プライベートプールを挟んでベッドルームとバスルームがそれぞれ分かれてる、ちょっと変わった間取りのお陰で、ベッドからもバスタブからもプライベートプールとその先の海が見えるという贅沢な光景が広がります。
     
    お部屋にはしっかりハネムーン特典のスパークリングワインとフルーツプレートの用意が!
    ありがた~く、昼間からのワインを頂いちゃいました♪
     
    【写真左】ビーチ沿いのチェアーでさえ絵になります
    【写真真ん中】水上ヴィラはインテリアがブルーで統一されています
    【写真右】ヴィラのインフィニティプールは130cm程と結構深いです

  • ゆったりとした時間がすぎていくリゾートタイム…

    よくお客様に「リゾートに篭りっきりで何泊もして、飽きたりしませんか?」とご質問をいただくことがあります。
     
    今回はリゾートに4泊した実体験をもってそのご質問にお答えいたしますが、全く飽きませんでした!寧ろもっとゴロゴロのんびりしたかったです…
     
    リゾート内で出来ることは限られています。
    海で泳いで、島を散歩して、ハラヴェリにはテニスコートと卓球があるので遊んで…お金をかけずに遊ぶにあたり、基本的には以上です。
     
    因みにハラヴェリでのシュノーケリングは桟橋上にあるスパの目の前がお勧めです。
    スパの脇に下に降りれる階段があり、そのから海に入ることが出来ますが、泳いですぐに珊瑚や綺麗なお魚が泳いでいるのを見ることが出来ます。
    ただ、とても浅いので泳ぐ際に珊瑚を傷つけないように注意しないと行けないことと、見られるのは小さなお魚がほとんどなので、大物をご覧になりたい方はエクスカーションにご参加されることを強くお勧めします♪
     
    私個人の事情を申し上げると、ダイビングライセンスを持っていないのでファンダイビングは出来ず、旦那が船酔いをするのでエクスカーションにも参加できず(苦笑。
    滞在中にお金をかけたといえば食事とスパくらいでした。
     
    それ以外の時間は、本を読んだり、音楽を聴いたり、絵を描いてみたり、夜は携帯のアプリを使って星座を探してみたり…これといった特別なことはしていませんが、なかなか忙しくて日常では出来なかった時間の使い方ができました。
     
    特に星の美しさには本当に感動しました。。。
    部屋の明りを消して真っ暗にすると、吸い込まれてしまいそうなほど視界一面に夜空が広がっていて、星はこんなに沢山あるのかと思うと共に、こんな風に星だけを眺めていられる時間を今までもったことがあっただろうかと切なくなりました。
     
     
    【写真左】あまり人気が無かったビーチチェアー。独り占めできちゃいます♪
    【写真真ん中】夕日が海に沈むのを、お部屋から見られる幸せ、、、
    【写真右】モルディブ一長居桟橋からの眺めは圧巻です

  • さよならモルディブ…

    5日目。のんびり生活に後ろ髪をひかれつつも、泣く泣くハラヴェリをチェックアウト…
     
    水上飛行機に乗って、マーレ空港へ戻ります。
    フルレ空港に到着したのは午後4時。シンガポール行き便のチェックイン手続き開始が20時半。
     
    さて、4時間半をどう過ごしましょう。。。
    空港内の荷物預かり所にスーツケースを預けてマーレ市内に出かけるという選択肢もありましたが、先に述べた船酔いくんのためにこの案は回避。
     
     
    となると、残されたのは4時間半マーレ空港内にて待機!
    今年7月にオープンしたばかりのフードコート(?)に早速席を確保して、カフェラテ1杯で何時間粘れるかの耐久戦です。
    まさか海外に来てまでポーカーを延々1時間半も勝負し続けることになるとは、想定外でした♪
    そしてカフェラテ投入から2時間後、空腹に耐え切れずバーガーキングでワッパーとタイエキスプレスでガッパオを購入。
     
    この頃には席は満席状態で、空席を探して大きなスーツケースを転がしながらうろうろしている人が多数いたので、空港内待機を選ばれる方は早めにフードコートのテーブルを確保されることをお勧めします。。。
    (マーレ発の飛行機はほとんどの航空会社が夜発なので、一旦埋まった席は基本的には空きません。)
     
    4時間半粘りに粘って、ようやくモルディブを出国。シンガポールに向けて出発です。
     

    【写真左】チェックアウト後に使えるお部屋。広くてコーヒーも飲めます。
    【写真真ん中】激闘を制した勝利の2ペア、、、
    【写真右】確実に日本のより大きいワッパー

  • のんびりから一転、駆け足シンガポールツアー!

    モルディブ発23:25~シンガポール着07:15の便を利用したのですが、飛行時間自体は5時間弱のため、約4時間ほどしか睡眠時間が取れないハードスケジュール!
     
    もちろん分かってて組んだ行程ですが、やはり体力的には辛い…眠い目をこすりながらシンガポール到着です。
     
    今回はシンガポール航空のストップオーバーホリディを利用したので空港からホテルまでの送迎付き。
    カウンターにて送迎バウチャーを見せて、混載バスでホテルまで送迎してもらいました。
     
    チャンギ空港から、私が宿泊したリッツカールトンがある市内のマリーナ地区までは40分ほど。平日の朝でしたが特に渋滞することなく移動できました。
     
    ホテル到着後はチェックインまで時間があったので、荷物を預けて街へ出かけました。
    チャイナタウン、アラブストリート、リトルインディアなど異国情緒がミックスされた街並みは歩いているだけでも楽しい!お土産なども色々買えます。
     
    お昼はオーチャードロードにあるお店でシンガポール名物【チキンライス】をいただきました♪ぷりぷりチキンはあっさり味で、とても美味しかったです。
     
     
    【写真左】マンゴーとイチゴのカキ氷!ふわっふわです♪
    【写真真ん中】リトルインディアはカラフルでした
    【写真右】チキンライスはあっさり味でぷりぷりの食感がやみつきでした!

  • まだまだ見所沢山シンガポール!

    ホテルへ戻ってチェックインをした後は、マーライオンに会いにマーライオンパークへ!
     
    正面に見えるマリーナベイサンズと一緒に写真撮影をしている人が沢山いたので、恥じらいもなく交じってまいりました♪
    みんな同じポーズしたくなるもんなんですね。
     
    写真撮影が終わったら、MTRに乗ってマリーナベイサンズへ向かいました。
    地下鉄であるMTRは切符の買い方も分かりやすく、時間も正確に来るのでとても使いやすかったです。
     
    マリーナベイサンズ内のショッピングモールはとても広くてテナントも沢山入っているので見ごたえ充分!高級ブランドからファストファッション、シンガポールのローカルブランドまで幅広く楽しめますし、フードコートも入っているので食事も出来ます。
     
    そして夜になったのでデッキへ出て噴水ショーの「ワンダー・フル」を鑑賞しました。
    開始の20分前くらいから続々と人が集まり始めるので、予め場所を確保しておいたほうが真正面で見ることが出来るのでお勧めです。場所はショッピングモール出入り口のちょうど正面がメイン噴水の前なので、そこが一番見やすかったです。
    たかが噴水ショーとなめていましたが、想像以上の演出に思わず感動!
    滞在中は是非鑑賞していただきたいショーです。
     
    ショーを見終わった後は、宿泊客でなくとも利用できるマリーナベイサンズホテル最上階のバー「KUDETA」へ。
    ガイドブックで見ている限りは、夜景を見ながらしっとりと飲める雰囲気なのかと思っていたのですが、実際は音楽がガンガンかかっているクラブのような雰囲気で、ちょっとびっくり、、、
    お値段もそれなりで、男性は1ドリンクの入場料がS$38、女性はフリーでしたがワイン1杯がS$30でした。
    長居はしませんでしたが、言わずもがな夜景の美しさは抜群でしたので、賑やかに夜景を楽しみたい方にはお勧めです!
     
     
    【写真左】もうちょっと被りたかったのですが、意外とマーライオン大きかったです
    【写真真ん中】MBSの噴水ショーは真正面から見るのがやっぱりお勧め!
    【写真右】KUDETAから有名なプールがちょこっと覗けます

  • シンガポール最終日

    最終日のランチは贅沢に、シンガポール名物「チリクラブ」!
     
    総重量1.5㎏でお値段1万円に怯みながらも、思い切って注文。
    運ばれてきたチリクラブは甘辛ソースがたっぷりかかっていて絶品!二人して無心で食らいつき、あっという間になくなってしまいました。
     
    食事後は買い残したお土産を調達しにオーチャードロードへ。
    デパートや大型ショッピングモールが軒を連ねるこの通りは、歩いているだけでも目移りしてしまいます。
    何軒かデパートを巡った後、ホテルへ戻りました。
     
    復路も送迎が付いていたのですが、予定時刻20時半ぴったりに迎えに来てくれました。
    1日動き回って疲れた身体には、送迎付きは有難い限りでした。
     
    先にも述べたとおりシンガポール空港は広いのですが、且つシステムも最先端でした!
    免税手続をしようとしたところ、手続きは日本語表示のタッチパネル式の機械で完了!実にスムーズでした。
     
     
    【写真左】チリクラブ!総重量1.5KGで1万円也~
    【写真真ん中】ニョニャ風の建物が並ぶ一角
    【写真右】モスクは金曜礼拝のため、中に入れませんでした、、、

  •  

    シンガポールを深夜に出発して、帰りは成田空港に戻ってきました。
    この行程だと、帰ってきた後も疲れを取る時間が持てるのでお勧めです。
     
    モルディブでひたすらのんびりし尽くした後に、駆け足でシンガポールを遊んできましたが、濃い旅行に出来て大満足でした。
    モルディブはお買い物や観光が全く出来ないので、時間がある方は2カ国周遊がお勧めなのですが、お土産が増えることを見越して先にモルディブ・後に2カ国目の順番にされることをお勧めします♪
    周遊先としてはシンガポール以外にはスリランカやドバイ、クアラルンプールなどがありますので、色々選ぶのも楽しいと思います。
     
    楽しみ方がたくさんある旅行先ほど、また行きたいと思うもの。
    帰ってきて間もないのですが、「次はどの国と周遊させてモルディブに行こうかな~」と思いを馳せています。
    皆様も是非、この「のんびり」と「駆け足観光」の最高の組み合わせプランを試してみてください♪