かんこく! | 韓国の旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

かんこく!

エリア
韓国
/韓国
テーマ
現地情報
時期
2012/01/22~2012/01/23
投稿日
2012/2/21
更新日
2017/10/6
投稿者
本社スタッフ

『近いからいつでも行ける』という気持ちでついつい後回しになっていた韓国。
2日間の休暇が取れたので、1泊2日で行ってきました。

しかし、旧正月ど真ん中という日程のため、観光には期待せず、
カジノを楽しむことをメインに行ってきました(笑)

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪大韓航空で行く2泊4日≫STW限定・毎日クラブラウンジ利用&21時までの遅出特典付!更に早期予約でJr.Suiteへ無料ランクアップ!チョロン観光に便利な5つ星ウィンザープラザ宿泊

札幌発

≪大韓航空で行く2泊4日≫STW限定・毎日クラブラウンジ利用&21時までの遅出特典付!更に早期予約でJr.Suiteへ無料ランクアップ!チョロン観光に便利な5つ星ウィンザープラザ宿泊

日数:4日間  
旅行代金:77,800円~138,800ツアーはこちら

  • 羽田から2時間

    今回はANAの羽田-金浦のフライトを利用しました。
    ANAは24時間前から出来るWEBチェックインを利用&
    預け荷物がないため、当日はカウンターへよらずにそのまま出国!
     
    さすがのANAで機内食と一緒にプレミアムモルツも飲めました。
    機内エンターテイメントも充実です。
     
    ただ、飛行時間が2時間しかないため、映画は往復で1本しか見れませんでした。。

    写真:機内食。

  • 旧正月中の街

    観光はついでとは言いましたが、
    南大門市場と明洞だけ軽く散策をしてきました。
     
    旧正月の大晦日にあたる日の観光でしたが、明洞は
    外国人にも人気の観光地ということもあり、かなり賑わっていました。
    雰囲気は池袋のサンシャイン通りのようでした。

    南大門市場は、残念ながらあまり活気はなく、
    閉まっている店も見受けられました。

    写真左:南大門市場
    写真右:明洞


  • たべもの

    韓国料理といえば、焼肉やビビンバ、チゲ鍋を想像する方が多いと思いますが、
    私が一番オススメするのがケジャンです!(写真左)
    今回韓国に行くまで知らなかったのですが、
    簡単に言うと、生のカニをキムチと同じ香辛料で漬け込んだようなもの。
    辛さとカニの出汁でビールが止まらなくなります!
     
    写真中央:ケジャンのカニ味噌をご飯にかけたもの。
    写真右:鶏のカルビの韓国風炒め。
     

  • ホテル

    COEXインターコンチネンタルに宿泊しました。
    近くにはもう1つ同じ系列のグランドインターコンチネンタルがありますが、
    COEXの方が新しく、内装も綺麗です。

    この2つのインターコンチネンタルは、繁華街から離れていますが、
    COEXモールというかなり大規模なショッピングセンターに直結しているため、
    建物から出なくても十分楽しめます。

    ホテルにはカジノも併設されていますので、
    引きこもるにはぴったりですね。
     
    写真左:客室内
    写真右;駅に掛けられている看板です。

  • カジノ

    ソウルにはいくつかカジノがありますが、
    ホテル併設の7LUCKカジノへ行ってきました。
     
    まずは、ブラックジャック。
    トランプを使ったゲームで、21を超えない範囲でディーラーより、
    21に近づけたら勝ちです。
    初めてのブラックジャックだったので、
    戦術がよくわからずあっさりチップの半分を失いました。
     
    次に、挑戦したのはルーレット。
    ルーレットでは事前に勉強をした2つの戦術を試してみました。
    ①マーチンゲール法
    負けたら、掛け金を2倍にしていく方法です。
    例えば6回連続で負けて7回目で勝った場合は、1回目から賭け金は1・2・4・8・16・32・64となり合計賭け金は1+2+4+8+16+32+64で127になります。
    7回目で勝って128を手にするので、結局1だけ儲けることになります。
     
    ②ココモ法
    負けたら、前回の賭け金と前々回の賭け金の合計を今回の賭け金とします。
    例えば6回連続で負けて7回目で勝った場合は、1回目から賭け金は1・1・2・3・5・8・13となり合計賭け金は1+1+2+3+5+8+13で33になります。
    7回目で勝って39を手にするので、結局6だけ儲けることになります。
     

    十分な資金と時間があって、この戦術を利用すれば
    負けることはほぼないと思いましたが、
    やっぱり、一か八かで夢を見るような掛けた方が楽しいですね。
     
    写真:カジノの外観(カジノのホームページより拝借しました。)

  • まとめ

    韓国に行ってみて、前回行った台北以上に
    日本語が溢れている印象がありました。
    日本語の出入国カード、電車のアナウンス等、
    ふと韓国にいることを忘れてしまうほどでした。
    それだけ、日本人の旅行者が多いんですね。
    すごく旅行しやすかったです。
    海外旅行が不安な方は是非!