★初めてのアンコールワット 2人旅 | アンコールワットカンボジアの旅行記

支店
渋谷
福岡

★初めてのアンコールワット 2人旅

エリア
アンコールワットカンボジア
/アンコールワットカンボジア
テーマ
ハネムーン
時期
2010/9/22~2010/9/26
投稿日
2010/10/7
更新日
2017/10/6
投稿者
marisu様

行ってきました!初カンボジア・アンコールワット!結婚式から1年‥と言うことで、やっと休みが取れ、いざ新婚旅行へ。
ダンナさんの強い希望で行き先は、カンボジア。(しかも彼は初海外!)私はと言えば、全く遺跡に興味がない‥。
でも、実際に行ってみたら、すっかりハマってしまいました!ダンナさんの提案がなければ、一生(大げさ?)行かなかったであろう
カンボジア・アンコールワット。今では提案してくれたことに大感謝!!です。
はあ~、また行きたい!!

スタッフおすすめ!お得ツアー

★ベトナム航空利用★世界遺産アンコールワットの玄関口・シェムリアップで自由気ままにフリープラン!1番売れてるアットホームな隠れ家リゾート・直営コッカトゥリゾート滞在 4日間 ※往復送迎付き

成田発

★ベトナム航空利用★世界遺産アンコールワットの玄関口・シェムリアップで自由気ままにフリープラン!1番売れてるアットホームな隠れ家リゾート・直営コッカトゥリゾート滞在 4日間 ※往復送迎付き

日数:4日間  
旅行代金:131,800円~261,800ツアーはこちら

  • ★アンコールワット

    す、素晴らしかった!!
    朝日が昇るアンコールワット、象にゆられて向かったアンコールトム、
    「トゥームレイダー」の撮影場所にもなったタ・プローム、プノンバケンからの夕日、などなどどれもほんとに素晴らしかった!
    ガイドブックで見ていた光景を、実際に自分の目で見れて大感動!
    その素晴らしさ、雄大さ、迫力に圧巻‥
    高温多湿、暑さにやられながら、その光景を目に焼き付けつつも、夢中でシャッターをきり続けました。
    (今回の旅で撮った写真は約1000!)
    顔写真入りの1日券は、自分へのいいお土産になりました。

  • ★シェムリアップとオールドマーケット

    シェムリアップは、活気と熱気で満ちあふれている街という印象。
    トゥクトゥクや自転車やバイクや車が行き交っていて、街には信号が5つしかないらしいけど、その信号なんてあってないようなもの‥ひかれそうで、道路横断がこわかったです。
    トゥクトゥクでのお出掛けは、風が気持ち良く、爽快でした。
    オールドマーケットは見ているだけでも楽しく、毎日通いました。
    値切って買い物するのも、もちろん楽しかったです!

  • ★食べ物あれこれ

    ツアーの特典をフルに活用しました♪
    ガイドブックを見て、どうしても行ってみたかった「ブルー・パンプキン」は、
    足を伸ばしてダラダラお茶できて良かった!
    夕食で利用した「AHA」レストランも、オシャレな店内で、しかもどれも美味しくって
    大満足!大満腹!!
    どこの店もしぼりたてのジュースがほんとに美味しかったです。
    暑い国でのフレッシュジュース、最高です♪

  • ★「ドゥ・ラ・ペ」部屋編

    今回宿泊した「ドゥ・ラ・ペ」は、ほんとに非日常な日々が味わえた、最高のホテルでした!
    部屋のインテリア、サービス、流れてくる音楽、ほのかに香るジャスミン、どれもが心地よくて、うっとりしながらの毎日でした!
    思い切ってこのホテルにしてほんとに良かった!!
    初めてのフラワーバス、ベットの上には一輪のバラ‥そんなサービス1つ1つが心に残っています。

  • ★「ドゥ・ラ・ペ」館内編

    素晴らしい中庭!(ライトアップされるとますます幻想的)アートなロビー!高い天井!巨大ブランコでの食事!
    そして、月や星を見ながらプールでのんびり‥
    夢のようなひとときでした。
    また、こちらのスパは、他のホテルの宿泊者も訪れるほど人気みたいで、早速私たちも予約を入れました。1時間ほどしっかりと全身をほぐしてもらい、ダンナさんも私もその気持ち良さにしばし夢見心地‥贅沢な一時でした!

  • ★最後に‥

    ほんとに全てが良い思い出です!
    自分の目で見て、自分の肌でいろいろ感じて、いろんな刺激を受け、ほんとに楽しかったです!
    「百聞は一見にしかず」ほんとにその通りだと思いました。
    遺跡はイメージしていたものより、はるかに大きく、素晴らしく、ほんとに行ってみて良かった!
    行ってみないとわからない、その土地の空気、その土地に住んでる人々、文化、匂い、耳に入ってくる言葉、
    初めて口にする食材、やっぱり自分で実際に体験してみないとわからない!
    わずか日本から6時間ほどで、こんなにも文化の違う国に行けるなら
    まだまだこれからもいろんな国に行きたいと思います!