アイスランドの定番観光! | アイスランドの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

アイスランドの定番観光!

エリア
レイキャヴィク
/アイスランド
テーマ
世界遺産
時期
2009/10/23~2009/10/30
投稿日
2009/11/15
更新日
2017/10/6
投稿者
本社スタッフ

アイスランドの観光って何があるの?何ができるの?   温泉・食事・お買い物・オーロラ・・・   色々あるけど、せっかく行くならこの≪ゴールデンサークル≫は見逃してはいけません!! ゴールデンサークルとは何なのか。   ≪ゴールデンサークル≫とは・・ ①グトルフォス ②ゲイシール ③シンクベトリル国立公園   この3箇所の総称なんです。それぞれの場所は車で移動して、首都レイキャヴィクから日帰りで楽しめます☆ (アイスランドは電車が通っておりません!すべて車&飛行機での移動です。。) なので、ゴールデンサークルと呼ばれる場所は1つの名所というわけではないんですね。 この聞きなれないそれぞれの場所には一体何があるのか、何が見れるのか、ご紹介したいと思います♪

スタッフおすすめ!お得ツアー

ヨーロッパまで最速のフィンエアー利用【弾丸でアイスランドに行こう!】往復バスチケット付&価格重視のホテル滞在!カラフルな世界最北の首都レイキャヴィク5日間 

成田発

ヨーロッパまで最速のフィンエアー利用【弾丸でアイスランドに行こう!】往復バスチケット付&価格重視のホテル滞在!カラフルな世界最北の首都レイキャヴィク5日間 

日数:5日間  
旅行代金:175,900円~358,900ツアーはこちら

  • グトルフォス

    グトルフォスとは、はい、滝なんです。
    アイスランドの言葉で、「フォス」が滝を意味する言葉なので、「グトル滝」と呼ぶべきでしょうか。

    写真を見ていただくとお分かりになるかと思いますが、アイスランドの滝は、その地形から日本で良く見られる滝とは一風変わっています。
     
    まるで大地が裂けたその間に水がどうどうと流れ落ちている、と表現したらイメージできるでしょうか。。
    その水量は激しく、爆音でした。
    滝つぼは、舞い上がる水しぶきで見えず。。

    なんとも不思議な光景です。 

  • ゲイシール

    2つめのゲイシール、ここ間欠泉です。
    世界でも、ここアイスランドの間欠泉と、アメリカ、イエローストーンの間欠泉は特に有名なので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
     
    間欠泉とは・・・
     
    時間をおいて、熱湯と蒸気の柱がを吹き上がる現象を意味します。
    英語では「GEYSER(ゲイシャー)」。この言葉は、ここゲイシールに由来しています。

     
    写真①静かに噴出の準備中。
    写真②盛り上がってきて~
    写真③ブシャー!!!(一番よくとれた写真はトップに使った写真です。。)

    動いているものの写真を取るのは困難でございました・・・
     

  • 【世界遺産】シンクベトリル国立公園

    3箇所目、ここは世界文化遺産に登録されている、シンクベトリル国立公園!!
     
    国立公園なのに、「文化遺産」とされているので不思議に思うかもしれませんが、
    なんとこの場所は、世界で始めて民主議会が行われた場所なんです!!!
    なので、自然遺産ではなく文化遺産なんですね。
     
    今では地形が変わり、広々とした広場のようになっていますが、昔はもっとゴツゴツした光景でした。(ここにイメージ絵があったので。。)
    アイスランドの大地は、今でも年々左右に裂けていっています。
     
    国立公園内には遊歩道が作られており、そこに沿って歩き、風景を楽しめるようになっています。
    木々や草花は低木のものしか育っていませんが、その独特の雰囲気は力強さを感じさせられます。
     
    写真①今では岩肌むき出しの、昔々の民主議会会場周辺
    写真②どこまでも透き通った水をたたえるペンニングギャオ。後ろ向きにコインを投げ入れ、底まで到達するのがみれたら願いが叶うという場所。
    写真③夕日が綺麗で。。

  • いかがですか?この大自然!

    アイスランドの赤茶けた大地、豊富な水量、 荒々しく美しい、手付かずに近い自然の風景、お楽しみいただけましたでしょうか。

    アイスランドは、よく「火と水の国」と称されますが、確かに。
    そのキャッチフレーズは的を得ている、と思わせられました。
     
    アイスランドでは温泉やオーロラ以外にも素敵な場所がたくさんあります!
    人口の少ないこの国で、自然が生み出した様々な光景を楽しんでみてはいかがでしょうか♪