アマンバグでマハラジャ体験 | インドの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

アマンバグでマハラジャ体験

エリア
インド
/インド
テーマ
現地情報
時期
2015/04/22~2015/04/26
投稿日
2015/5/30
投稿者
岩永飛鳥

エアインディアとアマンリゾーツの招待旅行で、このたびインドのアマニカスとアマンバグに行ってきました!
 
***今回のスケジュール***
1日目 
AI307  成田-デリー 11:30-16:50
到着後夕食。その後デリーで宿泊
2日目 
4:20 デリーニザムウッディン駅へ 
列車にてサワイマドプールヘ(約6時間)
到着後、アマニカスへ
アマニカス見学、ランチ後車でアマンバグへ(約145km/3時間)
アマンバグで夕食
アマンバグ宿泊
3日目 
バーンガルの観光とヨガ
ジープにて近くの村の散策
アマンバグ宿泊
4日目 5:30アルワール駅へ
列車にてデリーヘ(約2時間半)
デリー到着後、デリー市内とマハラジャエクスプレス見学
AI306 デリー成田 21:10-08:45(+1)
5日目
8:45  成田到着
 
前半のアマニカス滞在日記はこちら

  • アマンバグへ

    アマニカスを後にし、アマンバグへ移動です。
    アマンの車で約3時間。
     
    写真左:町の中に普通に牛が歩いています。
     
    写真中:人、車、トラック、バイク、牛、ヤギ。インドの道路にはいろんなものがいます。
     
    写真右:最後のがたがた道を抜けて、ついに見えて来ましたアマンバグ!!

  • アマンバグに到着!

    写真左:イラッシャイマセ~。う、美しい~
    エントランスやスタッフの佇まいに、すでにアマンマジックにかかってしまいました
     
    写真中:きれいなお姉さんが歓迎の歌を歌ってくれ、手首に紐をつけてくれました。
     
    写真右:中庭では、米粒で作ったタイガーの絵がお出迎え。
    これ、気をつけないとついつい踏んでしまいます。

  • それでは早速お部屋へ

    今回のお部屋は”プール・パビリオン
    プライベートプールと広々とした庭を持ち、バスルームとリビングルームがそれぞれ独立した造りとなっています。
    写真左がバスルーム、右がリビングルームで、それをつなぐ廊下があります。
    それではリビングルームから。

  •  

    写真左:エントランスからわくわく感が高まります。
     
    写真中:ベットはシンプルですが、寝心地抜群で朝までぐっすりでした。
     
    写真右:テーブルの上にはGMからのウェルカムレターとフルーツ。
    ゆりのいい香りがふわっとただよってきます。
     

  •  

    写真左:ミニバーは宿泊代の中に含まれています。
     
    写真中:いすのデザインも素敵。
     
    写真右:プール独り占め!3mX9mもあるのです。

  • 続いてバスルームへ

    広すぎてひとつの写真に納まりきれません。。。
    そしてどこも鏡張りのためどうやって撮っても私が写りこんでしまいます・・。
     
    写真左:ど真ん中にバスタブ。ウダイプール産の大理石を使った贅沢なバスタブです。
     
    写真中:トイレ、この他にはダブルシンクと、シャワールーム、人が住めるくらいのゆったりしたウォークインクローゼットが二つあります。
     
    写真右:どこもかしこも大理石と鏡。ひんやりとして気持ちがいいです。

  • 敷地内をしばし散策

    写真左:圧巻のプール。
    美しい。。。とためいきもののプール。
    アマンお得意のシンメトリーのつくり。
    設計はエド・タートルさんです。
     
    写真中:逆側から見たところ。右奥が今回宿泊したプールスイートです。
     
    写真右:右側からの眺めも美しい。
    奥に見えるのはガーデンハベリコートヤードハベリ

  •  

    写真左:ライブラリー。
     
    写真中:スパの前にあるもうひとつのプール
     
    写真右:ジム

  •  

    写真左:アマニカスにもありました、自慢のガーデン。フレッシュなお野菜がたっぷり。
     
    写真中:季節のお花が気持ちよさそうに浮かんでいます。
     
    写真右:ショップ。センスのよいインド雑貨からサリーまで。
     

  • 他のお部屋も紹介

    プールの両側に並んでいる2階建の建物はガーデンハベリとコートヤードハベリのお部屋となります。
     
    コートヤードハベリスイートは小さな中庭がついています。
    リビングエリアには、大きなデイベッド、アームチェア、書斎デスク、キングサイズのベットがある寝室、バスルームはドーム型の天井で広々としています。
    私のような小さい空間に慣れているものは、いろいろ移動しなくてよいのでこちらの方が使い勝手はよいかもしれません。
    それでも十分広いのですが。。。

  • テラスハベリスイート

    テラスハベリスイートは、コートヤードハベリスイートと作りはほぼ同じですが2階にあることと、広いテラスがあることが特徴です。


    写真左:玄関前にくつろぎスペース。(コートヤードハベリ、テラスハベリ共通)
     
    写真中:屋根つきデイベッド。ここでお昼寝したら気持ちよさそう。
     
    写真右:全部屋2階に位置しています。

  •  

  • ディナー

    インド料理のディナーをいただきました。
    伝統的なインディアンスタイルのディナー
    ディナー時にお願いしたモヒート。今からミント積んでくるから20分くらいかかるけどいい?とのこと。
    フレッシュハーブがたっぷりのモヒートおいしかったです。
    もちろんカレーは絶品でした。
     

  • 夜のアマンも素敵

    写真左:プールがライトアップされて幻想的。
     
    写真中:エントランスもやわらかなオレンジの光に包まれています。
     
    写真右:ベッドサイドにはおなじみのプレゼントが。象さんの置物でした。

  • アマンならではオプショナルツアー①

    モーニングヨガだよ、と言われて、ビーサン、ラフな格好で言ったら結構な道のりを歩きました。
     
    舞台は16世紀に黒魔術によって突如消えたと言われるバーンガルというお城の廃墟。
    ジャイプールの王様がこの土地を気に入って、お坊さんが止めるのも聞かず、お城を作ったところ一夜にして人が消えてしまったという言い伝えがあります。
    住んでいた住居やダンスホール、お城の跡などが残っており見ごたえありました。
    イメージとしてはイタリアのポンペイ遺跡とカンボジアのタプロム遺跡のを足したような感じです・・・
     
    写真左:このへんがポンペイ遺跡
     
    写真中:このへんがタプロム遺跡。何かがやどっていそう。。
     
    写真右:お寺の跡地でヨガ。すがすがしい朝の時間を過ごすことが出来ました。
     

  • ホテルに戻り朝食!

    インディアンスタイルかウエスタンスタイルか選べます。
    インドスタイルにも興味あるけどさすがにすこーし飽きてきました。
    バナナのスムージーと、エッグベネディクトをオーダー。
     
    写真左:エッグベネディクト。
     
    写真中:パンケーキ。
     
    写真右:たっぷりフルーツ。

    久々の、インド料理以外のお食事です。

  • 続いてランチ。

    写真左:ツナのサラダ。シーチキンではありません。。。
     
    写真中:ハーブチキンのグリル。
     
    写真右:バニラパンナコッタ。
     
    どれも間違いないお味。。。

  • アマンならではオプショナルツアー②

    "Cow dust tour"というオプショナルツアーに参加しました。
    ジープで近くの村を散策するツアーなのですが、牛が歩くときに土煙がたつところからこのツアーの名前がついたそうです。
     
    アマニカスハット、アマンジャンキーTシャツ(3回ほどアマンに宿泊するともらえると言われるTシャツ、本物初めて見ました。)
    を着て意気込みを感じられるSさん。

  •  

    写真左:200年~300年前の家だそうです。
     
    写真中:村のお母さんたち。カラフルなサリーでお顔を隠しています。
     
    写真右:お父さんたちはたばこを吸いながらなにやら話し合い中。

  •  

    写真左:こんなオープンカーのバギーに乗って駆け抜けます。
     
    写真中:一面に広がる緑はオクラ畑。その中にあるチャトリというオープンスペースでは、ディナーをアレンジすることもできます。
     
    写真右:普通にラクダが交通の手段として使われています。

  • とにかく笑顔に癒される。インドの子供たち。

    バギーで走っていると、旅人が珍しいのか、追いかけて来てにこにこ手を振る子供たち!カメラを向けると、撮ってー撮ってーと笑顔を作る子供たち。
    物乞いをしたりとかは一切なくただただ写真を撮られるのがうれしいようです。
     
     

  •  

    そうしてたどりついたピンクのかわいいおうち。アマンスタッフのうちだそうです。
    そういえば、ピンクシティの別名を持つジャイプールもこのラジャスタン州です。
     
    写真左:おもちゃ箱みたいなかわいいおうち。
     
    写真中:みんなで記念写真!
     
    写真右チャイをふるまってくれました。
     
    こうやって地元の人と触れあえるのは、地域の人とのつながりを大事にし、地元に根付いている文化を大事にするアマンならではだと思います。

  • なにやら準備が。。。

    オプショナルツアーから戻ると、中庭でなにやら準備が始まっていますよ。
    どうやらプライベートディナーのアレンジのようです。
     
    写真左:2人だけのために演奏しますよ~
     
    写真中:2人だけのために飾り付けしますよ~
     
    写真右:プライベートディナーの用意ができたようです。とってもムーディー!
    こんなところでプロポーズなんてされたら3秒でOKしてしまいそうです。
     

  •  

    早朝。後ろ髪を引かれながら、アマンバグを後にしてデリーへ!
     
    アルワール駅からは約2時間半の列車の旅。
     
    写真左:アマンスタッフがいつまでも手を振ってくれました。
     
    写真中:アマンが用意してくれた朝食を食べながら、快適な列車の旅。てかてかのリンゴ以外は完食。
     
    写真右:席が決まっているのにみんな自由きままに座っています(笑)

  • インドの7つ星列車。マハラジャエクスプレス!!

    デリー到着後、マハラジャエクスプレスを見学させていただきました。
    マハラジャエクスプレスは総客室車両が14車両・総客数88名で運行され、デリー→アグラ→ジャイプールを結ぶ超高級列車の旅が楽しめます。
    インドの「ヨーロッパオリエント急行」として2012年から2年連続で世界旅行賞で「世界の主要な高級トレーン」を受賞しました。
    お食事、お飲み物、観光まで含まれているオールインクルーシブスタイル
    好きなものなんでも作ってくれるということです。(日本食もOKだそうです!)
    車両ごとに専属のバトラーが付き、滞在を満喫できるよう細やかに配慮してくれます。
    お部屋はスイートタイプから、リビング、ダイニングルーム付のプレジデンシャルスイートまでさまざま。
    アマンとの組み合わせにしたら、それはそれはゴージャスな旅になりそうですね。
     
    写真左:マハラジャエクスプレス
     
    写真中:バトラーに迎えられレッドカーペットの上を歩いて列車内へ。
     
    写真右:列車の中とは思えない、エレガントなレストラン。

  • 最後に

    今回は駆け足の滞在で、ジャイプールも、アグラにも行かない弾丸旅でしたが、通常アマニカス、アマンバグに宿泊なさるお客様は途中立寄りアレンジもできます。
    アマンだけでも十分満足できますがせっかくなのでぜひ足を伸ばして、壮大な世界遺産をお楽しみいただきたいです。
    一人一人のご希望にあわせてアレンジしますので、是非お問い合わせください。
     
    写真は、アマニカスに残ったSさんがランタンボール国立公園で見られた野生のトラ
    数日滞在してもトラにお目にかかれることはめったにないそうです。
    さすがSさん、持ってますね!

スタッフおすすめ!お得ツアー

インドで見つけた珍百景!世界一?美しい階段井戸「チャンドバオリ」&まるでモダンアート?古代の天文台「ジャンタル・マンタル」観光 6日間

成田発

インドで見つけた珍百景!世界一?美しい階段井戸「チャンドバオリ」&まるでモダンアート?古代の天文台「ジャンタル・マンタル」観光 6日間

日数:6日間  
旅行代金:58,700円~197,700ツアーはこちら