★2015年3月視察組が感じたインド★第四弾 アグラ女性目線編 | インドの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

★2015年3月視察組が感じたインド★第四弾 アグラ女性目線編

エリア
アグラ
/インド
テーマ
世界遺産
時期
投稿日
2015/4/7
更新日
2017/10/6
投稿者
小村 萌

ついに・・・ついに・・・
個人的に念願だったインドに行って参りました!!

ただ、インド行きが決まり、ワクワクで友達や職場の方に報告すると
周りの女性の大半が
インドは行ってみたいけど、怖いし汚そうやし、なんか踏み出せない・・・苦笑
とのこと・・・。泣
そんな不安イメージが強い、インド・・・。涙

そこで、今回2015年3月視察組は
女性目線男性目線でのインドをお伝えしていきますので

ぜひぜひ、行った気になって妄想を膨らませてください!!
そして、イメージが膨らんだら、実際にインドを感じに行きましょう!!笑

それではインドといえば・・・・一番に思い浮かべるであろう
あの建造物がある街
アグラ の滞在記をレディの目線からお伝えいたします♪
 
 
 


スタッフおすすめ!お得ツアー

【福岡発着】アシアナ航空利用!デリー&タージマハルの街アグラ2都市フリープラン 3つ☆クラスホテル滞在4日間

福岡発

【福岡発着】アシアナ航空利用!デリー&タージマハルの街アグラ2都市フリープラン 3つ☆クラスホテル滞在4日間

日数:4日間  
旅行代金:92,700円~102,700ツアーはこちら

  •  

    アグラに到着し、まず、私たちが向かったのは・・・
    サリーレンタルショップ♪♪

    恐らく、女性陣はこのインド研修の中で1番テンションが上がった瞬間でした。笑
    たくさんの種類の中から自分の好みのサリーをチョイスするだけでなく
    アクセサリーも選べて女性陣のテンションは急上昇★

    写真左:いや、どうやら男性陣もかっこいいサリーを選ぶことに
    テンションが上がっているようです。笑

    写真中右:店員さんもノリノリでアクササリー選びやサリー選びをお手伝いしてくれます♪
     


  •  

    サリーに着替えた一行は寝台列車の疲れが吹っ飛ぶぐらいテンション急上昇★★

    いざ、このテンションでタージマハルへ!!

    写真左:インドの世界遺産の入り口では
    セキュリティチェックがあることが多いのですが
    お国柄、女性は別のレーンに並んで、セキュリティチェックを受けることが多いので   間違えて男性用レーンに並ばないように注意です。

    写真中:エントランスの門から写真をとれば・・・                     
    なんだかクールなタージマハルの写真が撮れますよ★

    写真右:女子旅でもカップルでも男性同士でも!?                    
    ハートでタージマハルを囲んでかわいく写真を撮っちゃいましょう♪

  •  

    タージマハルは実際に行かないと分からない
    乙女心をくすぐる、しかけがたっくさん★

    そもそも、ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンが
    妻への愛の証として建てたというストーリーからロマンチック・・・

    写真左:近くで見ると、ひとつひとつの大理石や彫刻がとても美しく、ウットリ・・・。

    写真中右:タージマハルの内部には網目状の扉がたくさんあるのですが
    その網目の一つから外を覗き込むように写真をとると・・・
    こんなかわいい写真達がとれるのです★

  •  

    お次はアグラのもう一つの世界遺産アーグラ城へ・・・
    ここにも、おもしろく、かわいく、美しい、しかけやストーリーがたくさんです♪

    写真左:タージマハルの建設者、シャー・ジャハーンが息子に幽閉されていた場所。  
    この場所から愛する妻を思い、タージマハルを眺めていたのだろうな・・・と       
    悲しくも愛のある場所でした・・・。

    写真中:この場所からは、タージマハルが見えるのですが               
    遠く離れれば離れるほど、タージマハルが近づくという何とも不思議な現象が・・・   
    目の錯覚のせいらしいので、写真に収めることができません。                
    どうぞご自身の目で体感してください!笑

    写真右:とお花が美しい庭園は                                 
    しばし、インドの喧騒を忘れさせてくれます 笑




  •  

    観光のあとは
    気になるホテル事情・・・

    私もインドに行く前までは、観光メインだし                        
    ホテルは寝るだけと思い、全泊エコノミーホテルでも大丈夫♪と思っていました・・・

    実際、今回2015年3月視察組は
    デリー⇒ベナレス⇒アグラ⇒ジャイプールの                          
    全都市エコノミーホテル宿泊だったのですが・・・

    インドの観光はいかんせん、暑い。そしてうるさい。                    
    (いたるところでクラクションが鳴り響き、物売りが常に話しかけてくる 笑)

    そんな環境でホテルの重要性をひしひしと感じたのであります 笑

    ★アグラのエコノミーホテル 【タージイン】★

    アグラのエコノミーホテルは他の都市の中でも                        
    正直、マシなほうです!笑

    ・朝食はおいしい!
    (カレーばかりのインドではポテトなどの洋食がビュッフェにあるだけでとても
    テンションが上がります 笑)

    ・wifiが無料!(お部屋でもお使いいただけます)

    ・シャワーカーテンがある!(トイレが比較的ビジョビジョになりにくいです)

    写真左:お部屋は清潔感がありキレイ

    写真中:シャワーは固定
    カーテンはついていますのでまだマシ・・・
    ※横向きで見づらく申し訳ございません。

    写真右:洗面所は可も無く、不可もなく・・・




  •  

    料金は抑えたいけど・・・
    やっぱりエコノミーホテルはイヤかも・・・
    と思ったそこのあなた!

    スタンダードホテルにプチランクアップ
    はいかがでしょうか?                    
    エコノミーホテルからスタンダードホテルにランクアップするだけでも
    大分違います。

    ★オススメ スタンダードホテル①【クリスタル イン】★
    1泊1名様¥2,500~¥3,500でランクアップ料金でご案内が可能です
    ※2名様1室ご利用時

    オススメポイント
    ①5km圏内にアグラ城やタージマハルがあり、立地は便利なエリアになります。
    ※ただ、ホテルのすぐ周辺は静かなエリアになるので
    あまり夜遅くは出歩かれないことをオススメします!
    wifi無料(お部屋でもお使いいただけます)
    セーフティーボックスが各お部屋にある
    ④お部屋に湯沸しポットが有り!
    ⑤比較的広いシャワールームでカーテンも有り!

    写真左:広めのバスルーム
     

    写真中:お部屋は広く清潔 ※ツインのお部屋もございます。

    写真右:エコノミーホテルにはほとんどない、各部屋のセーフティーボックス


  •  

    ★オススメ スタンダードホテル②【タージギャラクシー】★
    弊社イチの人気スタンダードホテルです!
    1泊1名様¥2,000~¥2,500でランクアップ料金でご案内が可能です。
    ※2名様1室ご利用時

    オススメポイント
    ①先ほどのクリスタルインのとても近くなので
    このホテルも観光に便利な立地です。
    またフェートハーバット通りに位置しており、ショッピング等にも便利です。
    ②バスルームがとても清潔
    wifi無料(お部屋でもお使いいただけます)
    ③屋上からはタージマハルがご覧いただけます★
    ※タージマハルviewのお部屋もランクップにて可能です。

    写真左:シンプルなお部屋

    写真中:清潔なバスルーム
    ※横向きで見づらく申し訳ございません。

    写真右:屋上からはタージマハルが!

    スタンダードなんてもっての他、
    もっとラグジュアリーにインドを楽しまれたい方、
    もちろんデラックスホテルにランクアップも可能です♪
    詳細はこちら、別スタッフの旅日記をご覧下さいませ。
    http://stworld.jp/earth_info/IN/diary/4feeed04f3a2a0.08755259/

  •  

    最後に・・・
    インドという国は想像以上にカオス!!

    牛の隣に野良犬が寝ていて、その隣に人が寝ていて、

    牛と豚と車とリキシャーで道路がごったがえしていて、

    クラクションが鳴り止まなくて、

    正直、しつこいし、うさんくさいけれど、憎めないインドの商売人達がいて

    人が力強く生きてることを

    目で耳で肌で感じれる国です。

    見るだけでは、聞くだけでは、インドという国の魅力は分かりません。
    ぜひインドを感じにいきましょう。