キラキラの夜景!癒しの温泉!大好きブダペストに魅せられて | ハンガリーの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

キラキラの夜景!癒しの温泉!大好きブダペストに魅せられて

エリア
ブダペスト
/ハンガリー
テーマ
世界遺産
時期
2008/9/10~2008/9/10
投稿日
2008/11/24
更新日
2017/10/6
投稿者
荒野 千春

今回中欧周遊の旅で最後の訪問国、ハンガリー!

『ドナウの真珠』とか『ドナウの女王』など様々な呼ぶ名がある街並みが美しくて、そして歴史と芸術の古都プタペストに1日滞在しました。
ここは温泉の町でもあり、個人的に温泉好きの私は、以前から訪れてみたい憧れの場所でした。
そんなワクワクがいっぱいのブダペストをご紹介します!


スタッフおすすめ!お得ツアー

成田発≪カタール航空≫美しきドナウの真珠 「ブダペスト」5日間 価格重視プラン【AIR+HOTEL★フリースタイル】

成田発

成田発≪カタール航空≫美しきドナウの真珠 「ブダペスト」5日間 価格重視プラン【AIR+HOTEL★フリースタイル】

日数:5日間  
旅行代金:77,800円~288,800ツアーはこちら

  • 東駅 到着

    ウィーンから鉄道でブダペスト東駅(keleti palyaudvar)に到着!
    東駅は近郊の国から来る国際線の発着駅ですので、広くてキレイです。
    通貨がウィーンのユーロから変わり、ブダぺストのフォリントへの両替は駅構内に両替所があるので安心です。
    その他構内には、床屋や荷物預り所もあります。
    また両替は市内の至る所に銀行や24時間両替所があるので安心ですが、レートは一番銀行が良かった気がします。ぜひチェックしてみてください!
    (写真:左)駅構内
    (写真:中央)駅にあった両替所
    (写真:右)日本ではありえない!構内でチェスをしています!

  • 街歩き(ペスト側)

    ドナウ流域で最も景観が美しいと言われているハンガリーは、このドナウ川を挟んで古い町並み城下町のブダと商工業の町ペストに分かれています。
    ちなみにブダは小屋、ペストはかまどと言う意味みたい。
    19世紀後半から始まった都市開発で交通網の整備が集中的に行なわれたのもこのペスト地区で繁華街が集中しています。
    観光の移動は地下鉄(乗り換えが難しく、あまりお勧めしませんが・・・)やトラム、バスなどあります。簡単で移動が便利なのはトラムです!
    (写真:左)気軽に市内観光できる赤いバス利用もお勧めです
    (写真:中央)シナゴーグ(ユダヤ教会)
    (写真:右)新鮮でおいしそうな果物が売ってます

  • 街歩き②(ペスト側からくさり橋)

    ブダ地区とペスト地区を結んだ最初の橋『くさり橋』
    ここは昼夜で趣が異なり、夜のライトアップされた橋の電球が、光のくさりに見えることから「くさり橋」と呼ばれています。
    橋塔の各川岸にはそれぞれ2頭のライオン像があります。
    このライオン像はよく見ると舌がないんです!!!
    造る際に職人が忘れたのかな?
    (写真:左)ペストからみた王宮
    (写真:中央)朝のくさり橋
    (写真:右)橋のたもとに泊まっていたドナウ川クルーズ船

  • セーチェニ温泉

    ハンガリーは日本と同様、世界でも有数の温泉大国!
    プダペストには長い歴史ある温泉施設がいっぱいですので、海外旅行の最終日に湯ったりほっこりリラックスしてみませんか?
    いろいろと温泉施設がありますが、私が訪れてみたのは『セーチェニ温泉
    ここは市立公園内にあるので、地元の憩いの場のようです。
    日本の温泉というより、最近都内にある温度のアミューズメント施設的な温度の異なる浴槽&プールって雰囲気です。
    ここの流れるプールは、日本よりも流れが早くビックリします!
    また温泉にはチェス盤があり、おじさんたちが真剣にチェスをやっている珍しい光景を見学も楽しい見どころです!
    (写真:左)豪華なフロント
    (写真:中央)広い施設(プール見たい)
    (写真:右)チェスをやるおじさま方

  • 夜のセーチェニ温泉 

    温泉利用方法
    *施設行く際は必ず、水着とタオルとビーチサンダルを持参しましょう。別途でレンタルはあっても外人サイズです・・・!
    *料金システムは先に一定額を支払って入場し、利用時間に応じて退場時にレシートを窓口で提示すると払い戻しになる場合がある。
    必ず温泉でも水着着用ですので、気をつけてください!
    (写真:左)チェス対決を宣戦してみませんか?
    (写真:中央)夜になってもチェスは続きます
    (写真:右)温度がちょうどよくて、寒かった夜でもずっと入っていられます

  • 夜景を見に行こう

    ゆっくり温泉から出てくると、夜のキラキラスポットをめぐる時間に!
    ブダペストの夜景は、まさに絵になる街
    私は温泉で遊びすぎて夕暮れを逃してしまいましたが、夕暮れとともにスポット的に浮かび上がる光が幻想的でロマンチックのようです!
    ブダベストの夜は、美しい夜景が眺めるスポットへ出かけて、自分だけの夜景アルバムを作ったら素敵な思い出になること間違いなしです!
    (写真:左)くさり橋を渡るとブダ入口
    (写真:中央)ブダ側にあるケーブルカーで上まで行けます
    (写真:右)ケーブルカー横

  • マーチャーシュ教会

    ケーブルカーで王宮の丘がへ行くと、『マーチャーシュ教会

    色鮮やかなモザイク屋根や石の尖塔には精巧な装飾が素晴らしいカトリック教会。

    (写真:左)教会前にある聖イシュトヴァーン騎士像

    (写真:中央)教会の全体

    (写真:右)屋根の装飾に必見!










  • 漁夫の砦

    マーチャーシュ教会隣は、白いハンガリー風とんがり屋根がかわいい『漁夫の砦』。
    かつてこの城砦を守っていたのがドナウ川の漁師だったことが名前の由来です。
    ここからの眺めは眼下にはドナウ川、その先にはペスト地区の町並みが広がる最高に美しく綺麗で感動でした。

    (写真)漁夫の砦のライトアップ

  • 漁夫の砦からみた景色

    (写真)美しい街並みは心に残ります

  • くさり橋

    夜くさり橋は、ライオン像にも迫力があり美しさを増しますので、カップルにはお勧めスポット間違いなしです!
    (写真:左)ペストから見るくさり橋
    (写真:中央)ライオンの舌がないか見てみてくださいね?
    (写真:右)ブダから撮ったくさり橋
     

  • その他

    ペスト側のくさり橋に戻ると、是非横にある『国会議事堂』も見てください。ドナウ川水面に反射した姿が水面に波打つ様も、とてもきれいです。
    (写真:左)川に姿が反射した国会議事堂
    (写真:中央)近くから撮った国会議事堂
    (写真:右)ライトアップしたブダペスト最大の聖堂「聖イシュトヴァーン大聖堂」

  • スーパー

    旅すると欠かせないのが、スーパーですよね!
    ブダペストのスーパー『MATSH』は、ブダペストらしいお土産がいっぱい!!!
    見るだけでも楽しいし、お手軽お土産に是非立ち寄ってみてください♪
    (写真:左)スーパー
    (写真:中央)ブダペストの伝統料理にかかせないカラフルでかわいいパプリカがいっぱい
    (写真:右)お土産に困ったら、迷わずにかわいい袋の粉末パプリカではいかが?

  • お土産①

    (写真:左)ハンガリーは刺繍がラブリー♥手に持っているのはティシュケースです!
    (写真:右)ハンガリーの陶器も可愛いですね。割れないように持って帰るのが大変だけど、こんなに可愛いので是非お土産に1ついかが?

  • お土産②

    (写真:右)やっぱりハンガリー!パプリカチップスなんぞありました!ちょっと辛いけどポテトチップス好きには堪らないハンガリー子のおなじみ味だそうです!
    (写真:左)世界三大珍味のフォワグラはハンガリー料理の代表です。日本より格安です!ぜひご賞味してみてはいかがですか?

  • ホテル『KINGS』

    今回宿泊したのは、ブダペストのペスト川にある『KINGS』
    最寄駅から10分程度かかりますが、駅近くにホテルの行き方の看板が出ており、安心です。
    シナゴーグ近くで、ドナウ川やお店やレストランが立ち並ぶ有名なヴァーツィ通りへは徒歩20分、地下鉄で10分程度で行けます。
    客室はきれいで広く、天井も高いし、収納スペースもあったので価格重視の方にはお勧めのホテルです。
    朝食はバイキングでハンガリー料理もあり、テラスで食事も可能でした。
    ホテルのフロントでは、お願いすると空港までのタクシーやエアポートバスを出発時間に合わせて手配をしてくれました。料金もホテルで一律決まっているようで、フロントに提示してあるんで、安心です。

    (写真:左)ホテルのお洒落なバー
    (写真:中央)美味しい朝食
    (写真:右)スタンダードツインルーム