ハワイの大自然を満喫!ラナイ島 | ハワイの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

ハワイの大自然を満喫!ラナイ島

エリア
ラナイ島
/ハワイ
テーマ
自然
時期
2016/10/10~2016/10/17
投稿日
2016/10/23
更新日
2017/10/6
投稿者
西向 慎一

<はじめに>

今回研修でラナイ島とカウアイ島に行って参りました。
今までのハワイのイメージと言えば、日本語が通じて、日本人がぞろぞろいて常にハワイアンミュージックが流れてて、どこに行っても「Aloha」と誰もが口癖のように言う、かもしれません。
ただ、今回強烈に感じたのはそれは実は私たちが勝手に作ったハワイのイメージだということでした。
そこで今回は私の体験を通じて今までのハワイのイメージを越えたハワイの魅力をご紹介したいと思います。

  • ★究極の非日常の世界「ラナイ島」

    ホノルルから小型のプロペラ機で向かうこと約40分。眼下には今まで見たことのない建物1つない褐色の大地が広がってきます。これだけですでに今までのハワイを超えたハワイがここにあると感じました。

    空港は極めて小さく日本の沖縄の離島にありそうな空港。一番びっくりしたのは預け入れの荷物がターンテーブルにまわってくるのではなく、ガラガラとシャッターが開いて「はい」って渡されるところ。ここも想像を超えていました(笑)

    このホテルは今営業中のホテルは「フォーシーズンズ」と「ホテルラナイ」という2件しかなく、フォーシーズンズに行くお客様が送迎車で出発したあとは空港はがらーんとした感じになりました。ちなみに某ガイドブックに「空港ではタクシーなどもいないから事前に送迎業者に連絡しておくように」と記載がしてあったのですが、本当でした。。。送迎業者の窓口もなく空港に残ったのは空港のセキュリティースタッフと私だけ。

    「すごいところに来てしまったな」と改めて感じさせられたのでした。
    そして空港からラナイシティに向かうまでの道も大自然!空港を出てびっくりしました。1本道と木とそのあとはどこまでも広がる大平原。
    ここは北海道の美瑛か富良野か、と勘違いしてしまうほどでした。ハワイにこんなところがあったとは。

  • ラナイシティを散策

    ラナイシティは「えっ?ここが中心部」と再確認してしまうほど、木とがらーんとした公園(ドールパークと言います)とそのまわりに1軒家のようなお店が数店舗ある程度。街は20分もあれば一周できます。このこじんまりさもまたラナイ島の1つの魅力なのかな、と思いました。お店はレストラン・カフェ・商店・ブティック兼お土産屋さん・コーヒーショップ・画廊とこんな感じです。

    自然を感じながらふらっとブティックに寄ってショッピングをするのもよし、ふらっとお店に立ち寄っててたわいもない会話をするのもよし、おしゃれなカフェで食事をするのもよし。大自然の中にゆったりとした時間が流れます。

    私はとりあえず画廊に寄ってみることにしました。そこのオーナーがなんと京都に行ったことがあるそうで、桜がきれいだったとか、その時の写真を見せてもらいながら盛り上がりました。商店にも立ち寄りましたが、意外と日本食があることにもびっくりしました。ただ島だからか全体的に物価は少し高いです。

  • おしゃれな雰囲気のレストランとカフェでラナイシティのお食事を満喫

    1日目の夕食はホテルラナイのレストラン「ラナイ・シティ・グリル」でとることにしました。このレストラン、雰囲気もよく実は地元の人が通う有名なレストランだそうです。
    もともとは月・火曜日が閉店日ですがこの日はたまたまバー営業としてオープンされていました。今回はタコスと白ワインを楽しむことにしました。
    金額もチップも含めて20ドルぐらいとリーズナブル。通常の営業の日はメニューが違うためもう少し値が張るのだそう。

    軽食と言っても、アメリカの食事はボリュームが違います!結局お腹いっぱいになってしまいました。。途中店員さんも気さくに話しかけてくれたり小まめに気を配ってくれたりとサービス面も充実!

    2日目の昼食はオーガニックの食材を使ったサンドイッチを食べることにしました。これまたボリューミー、そして野菜たっぷり。体によさそうです。あまりにボリューミーで1回では食べ切れなかったので、半分をテイクアウトにするというと快く包んでくれました。

  • ラナイ島のダイナミックな大自然を満喫

    空港からホテルに向かう間にすでに圧倒されていますが、ラナイ島の魅力はなんと言ってもダイナミックな自然!

    レンタカーを借りてまずはケアヒアカウェロ(ガーデンオブザゴッド)に向かってみることにしました。途中から舗装がされていないでこぼこ道を走ること約1時間弱。突然石が無造作に置かれたその場所が現れます。そこにあるのは無造作な石と「Garden of the God」と書いた看板があるだけ。ちなみになぜこういう石が無造作に置かれているような状況になったのかは未だに不明だそうです。。そこに聞こえるのは風の音だけ。見渡す限りの茶褐色の世界はまさに神秘的そのもの。

    そして、次はカイオロヒアビーチへ。途中まではなんてことのないビーチですが、少し歩くと突然幽霊船のように現れる廃墟の船。一瞬蜃気楼でも見ているのかと思ってしまったほどの世界。ちなみに、これは海上投棄された船とのこと。こうする方がコストが安く済むのだそう。

    最後にプウペへ(スイートハートロック)へ。茶褐色の大地が海を挟んでそびえたつその光景はまさに圧巻。日本ではない光景です。

  • ご宿泊はフォーシーズンズで

    今営業しているデラックスホテルはビーチ沿いにあるフォーシーズンズだけ。そこはゆったりとした時間が流れます。ホテルから少し歩くとフロポエ・ビーチ。もちろんここにはフォーシーズンズ1件しかないのでゆっくり美しいラナイの海をお楽しみいただけます。

    プールは2つ。クワイエットプールもあり静かにお楽しみいただける環境を作っているのもフォーシーズンズならではの気配り。

    レストランも寿司バーからシーフードレストラン・オーガニックレストランと多種多彩です。お部屋も手入れされたゆったりとした作りで、快適にお楽しみいただけます。

    ホテルのコンシェルジュまでお申し出いただければ、上記の観光地に行くツアーやレンタカーの手配を行っております。

    ホテルの敷地の横にはかのジャック・ニクラウス氏が手がけたゴルフ場があります。オーシャンビューのコースはショットをしていても気持ちよく打つことができます。難易度はチャレンジコースということで、ゴルフ愛好家も十分お楽しみいただけるコースになっています。

  • いかがでしたか?

    まさにハワイの秘境とも言えるラナイ島。ハワイなので旅慣れていない方も、ビーチリゾートリピーターの皆様もお勧めできる島です。
    究極の非日常行きの扉を開けてみませんか?当社はそんな皆さんの思いをお手伝いいたします。