Big Islandは本当にBIGだった! | ハワイの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

Big Islandは本当にBIGだった!

エリア
ハワイ島
/ハワイ
テーマ
自然
時期
2007/11/16~2007/11/23
投稿日
2007/12/2
更新日
2017/10/6
投稿者
武井 良太

Big Islandを訪れるのは2度目。前回は仕事でホノルルからの日帰り訪問。ホノルル発始発の国内線に乗り、レンタカーを借りてひたすらホテル巡り。コナ発ホノルル行きの最終の国内線まで一人であくせくホテル視察に明け暮れた。 次こそはゆっくりとプライベートで来るからなっ。ハイウェイを走行中の車窓越しに見えた≪マウナ・ケア≫に誓いつつBig Islandを後にしたのだった・・・ あれから何年も月日は流れ今回約束どおり再びBig Islandへ戻ってきた。 あのときの記憶と同じ、抜けるような青空、遥か彼方に聳える≪マウナ・ケア≫ 今回はゆとりの4泊滞在!ゆっくりとたっぷりと満喫するぞ! ハワイ島ツアーはこちら

スタッフおすすめ!お得ツアー

★安心の日系JAL直行便で行くハワイ島★オーシャンフロントの好立地&お手頃価格が嬉しい♪全室ラナイ付きの広々したお部屋で快適に過ごそう!ロイヤルコナ滞在5日間

成田発

★安心の日系JAL直行便で行くハワイ島★オーシャンフロントの好立地&お手頃価格が嬉しい♪全室ラナイ付きの広々したお部屋で快適に過ごそう!ロイヤルコナ滞在5日間

日数:5日間  
旅行代金:109,800円~323,800ツアーはこちら

  • まずはホテル内探検

    今回お世話になったホテルはサウス・コハラコーストにある≪ヒルトンワイコロアヴィレッジ≫ 超大型リゾートとは知っていたものの、本当に広い広い。

    トラムやボートが移動手段であるのは有名。ホテル内では毎日あちこちで何かのイベントやっています。まずはホテル施設を把握しましょ。というわけでホテル内を散策。

    画像左:電動豚の丸焼きマシーン?
    画像中:ハンバーガー頼んだだけでこのボリューム
    画像右:有名なドルフィンクエスト

  • プールも大満喫

    ホテル内を散策しているとその広さに改めて驚くばかり。ホテル棟は大きく分けて3つ、レストランもあちこちにあるし、移動はトラムや、ボートだし。子供用プール、海水を引き込んだラグーンプール、大人、子供兼用プール。プールだけでも3つあります。

    プールに入りたくてうずうずしているコドモと一緒にプールへLets Go!

    画像左:ウォータースライダーで遊ぶ コドモ
    画像中:流れるプールで流れる コドモ
    画像右:水泳の練習をする コドモ

  • キラウエア火山国立公園到着

    ホテルのあるサウスコハラからキラウエア火山国立公園までは約200キロの道のり。早朝の出発に備え昨日作ったサンドイッチをもってAM06:30に出発。ロングドライブなので帰りは日のあるうちに帰ってこようと早朝出発にしました。

    キラウエアまではひたすら直線の一本道。コハラ⇒フアラライ⇒カイルア・コナ⇒ケアウホウ⇒プナルウ⇒キラウエアとず~っとず~っと一本道。途中途中に≪View Point≫があって休憩ができますが遠い・・・早朝出発のせいもありで眠くなったりもしましたが、無事3時間ほどで ≪キラウエア・ボルケーノナショナルパーク≫へ到着。

    ビジターセンターにて、休憩&観光する場所をチェック。ナショナルパーク内は車で下車観光しながら大体3時間くらいで一周できます。

    標高が1200メートル近くあるようでかなり肌寒い。でも地熱のせいで足元はなぜか暖かい。停めてあった車の社内もなぜか暖かい。キラウエアが活火山であることを改めて実感しながら、いざ≪ハレマウマウ火口≫へ。


    画像左:ナショナルパークビジターセンター
    画像中:ハレマウマウ火口へ続くトレイル
    画像右:ハレマウマウ火口

  • キラウエア火山国立公園散策

    キラウエア火山を取り囲むように道路が舗装されており車で順番に周って観光できます。今回小さなコドモもいるので流れる溶岩を目の当たりにするポイントまではさすがに歩けませんでしたが、あちらこちらで噴煙が上がり、地熱を直接感じる事ができるキラウエアはやはり圧巻でした。

    ≪ハレマウマウ≫、≪キラウエア・イキ≫どっちの火口も迫力満点でした。このスケールの大きさや迫力は写真や言葉ではなかなかお伝えできません。ぜひ一度自分の足で立って体験して欲しいです。

    ランチはナショナルパーク内唯一のホテル≪ヴォルケーノ・ハウス≫のビュッフェ。ここのレストランからは雄大なキラウエアの火口が一望できます。どんな景色が見えるのかは行ってみてからのお楽しみです。

    画像左:疲れておんぶされる コドモ
    画像中:地熱を全身で受け止める オトナ
    画像右:楽しみにしてたヴォルケーノハウスでのランチ

  • 予定変更 帰りはヒロ周り

    キラウエアでランチを終え早めに帰ろうと思ったが、同じ道をまた運転して帰る気になれず、ええ~いっこうなったら≪ヒロ≫経由つまり北周りでコハラコースまで帰ってやるっ。急に元気になった我々は、いざBig Islandの中心都市≪ヒロ≫へ向かった。

    ヒロヘ向う決断をした理由はもうひとつあった。≪ビッグアイランドキャンディーファクトリー≫で超おいしいクッキーを買いたかったから・・・もともとビッグアイランドでしか手に入らないここのクッキーだが、ヒロの工場直営店でしか買えない≪限定モノ≫がある。 その限定モノクッキーへの期待で≪ヒロ≫までの道のり約50キロは一瞬だった。

    せっかく来たんだからお土産に・・・と買いあさった大量のクッキーを積み込み、いよいよ帰路へ、ヒロ⇒ワイメア⇒パーカーランチ⇒ノースコハラ⇒サウスコハラという帰りの車窓からの景色は往路とは一転。緑あふれる熱帯地域のような風景が広がります。

    ワイメアからコハラまではなが~い下り坂。なんとタイミングのいいことにサンセットの時間と重なりました。右手には≪コハラ・マウンテン≫左手には≪マウナ・ケア≫がなんとも美しい色に染まり車内はしばし感動で放心状態・・・

    画像左:ビッグアイランドキャンディー
    画像中:チョコやクッキーはすべて手作り
    画像右:ヒロの港での一枚

  • 走りに走った4日間

    4日間の滞在中、キラウエア火山観光、ゴルフ、カイルア・コナ散策、ビーチでのんびり・・・・などなど色々やりました。のんびりのつもりがなぜか結構強行スケジュールに。。≪マウナ・ケア≫へはコドモが小さいのもあり今回は行くことができませんでしたが、次回へのお楽しみということにしました。

    画像左:パーカーランチショッピングセンター
    画像中:夕映えのマウナケア
    画像右:カイルアコナの街並み

  • Mahalo Big Island

    今回レンタカーで走った距離は300マイルちょっとで約500キロ。さすがに島の大きさを身を持って実感できました。

    ハワイに数あるネイバーアイランドの中でも、その大きさ、大自然のすばらしさに圧倒されるのがこの≪Big Island≫です、オアフ、マウイ、カウアイ、ラナイと訪れましたがやはり壮大さという意味ではココが一番でした。

    成田からの直行便もあり、ファミリー向けのホテルもあり、レンタカーの運転も楽ちん、ゴルファーには迷ってしまうくらいのゴルフ場あり・・・・

    今回の我々一行の願いをすべて叶えてくれた夢のような島でした。
    そんな夢の島に心からお礼を! 「Mahalo Big Island」

    画像左:ワイコロアリゾートエリアのビーチ
    画像中:息を呑む美しさ
    画像右:夕映えのマウナケア

    ≪おまけ≫

    今回ゴルフも旅行の大きな目的のひとつでした。大満足でしたのでゴルフ版旅日記も掲載しております。興味がおありの方は是非ご覧ください。
    http://stworld.jp/earth_info/HI/diary/474f943d29d472.79326366/

    ハワイ島ツアーはこちら