芸術×バルセロナ | スペインの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

芸術×バルセロナ

エリア
バルセロナ
/スペイン
テーマ
街歩き
時期
2017/9/4~2017/9/8
投稿日
2017/9/8
投稿者
今井真琴様

 今回の旅は、バルセロナで7日間過ごしました。初ヨーロッパ、初ひとり人旅でした。スペイン語もカタルーニャ語も話せないので、少し不安でしたがとても思い出に残る旅行になりました。

 その新鮮なことばかりだった7日間のうちのある一日について、紹介します。旧市街と一緒にバルセロナで有名な芸術家たちの足跡を巡ってみました。

  • あの画家も常連だった4CATS

    • 4CATS前

    • ラモン・カザスの絵(レプリカ)

    • 4CATS内装の雰囲気

    いよいよ旧市街です!!旧市街にある4catsはあのピカソなど数多くの芸術家が通っていたカフェを当時のまま再現しています。バルセロナで有名なラモン・カザスの絵のレプリカを見たり、芸術家が集まっていた雰囲気を感じたりしながらコーヒーを飲んで休憩しました。実際にピカソが頼んでいたメニューはありませんが、雰囲気を味わうことができるのでアート好きな方にはお勧めです。

  • サン・ジュゼップ市場(ボケリア市場)

    • ボケリア市場

    • 甘いシューショと日本より濃いめのエスプレッソ

    バルセロナで一番大きい市場です。新鮮な果物のジュース、ハム、ナッツなどなど色々なものがそろっています。今回はシューショというカタルーニャ伝統のお菓子を食べました。外はクロワッサンのようで、中のクリームとパンの周りが甘くておいしかったです。一緒にオーダーしたエスプレッソと相性抜群でした!!女性には少し大きめなので、おやつには二人で一つでも満足できる大きさです!

  • 実はこのアヴィニョン通り

    • アヴィニョン通り

    • 通りにあるブティック

    世界でも有名なピカソ。ですが、あの『アヴィニョンの娘たち』がバルセロナの旧市街にあるアヴィニョン通りが舞台だと知っていましたか?アート好き、ピカソ好きは絶対に訪れたい場所ですね。今では老舗の靴屋さんなどブティックが立ち並んでいます。

  • ミロの生家

    • ミロ生家の標識

    • 現在はギャラリー

    ガイドブックにはあまり載っていませんが、アヴィニョン通りの近くにミロの生家があります。ミロはモザイク画やミロ公園にある彫刻などが有名です。そのミロの生家となるとなんだかワクワクしました。今は標識だけですが、その跡地にはギャラリーがあり、絵にゆかりのある地になっています。ミロ公園や美術館に行く前に足を運んでみるのもいいかもしれません。

  • シウタデリャ公園

    • タピエス作のモニュメント

    • ピカソの名言

    • 公園内にある州議会議事堂

    シウタデリャ公園はボルン・カルチャーセンターの近くにあります。この公園の前には現代美術家のアント二・タピエスからピカソに敬意を向けて作成したモニュメントがあります。モニュメントはピカソの時代の椅子の雰囲気や鉄を再現し、裏にはピカソの名言を添えています。公園の中に入っていくと1888年に万博会場となった場所であるため、シンボルとなったアーチやガウディが制作に参加した彫刻の施された噴水などがあります。見学も休憩もできるスポットです。

  • アント二・タピエス美術館

    • アント二・タピエス美術館

    日本ではあまり知られていないアント二・タピエス。でもカタルーニャではとっても有名な現代芸術家です。その彼の美術館を入場料はちょっと高めなので、外観だけ見に行ってきました。建物は世界遺産のサン・パウ病院の建築をしたドメネク・イ・モンタネールが設計したモデル二スモ建築です。その上にタピエス本人の作品である”Núvol i cadira(雲と椅子)”があります。中も見ないとつまらないかなと思っていましたが、不思議な外観も写真におさめたくなる素敵な作品でした。

  •  


スタッフおすすめ!お得ツアー

ギリ割★成田発羽田着≪カタール航空≫自由気ままにバルセロナを楽しみたい★料金重視のお手軽フリープラン5日間

成田発

ギリ割★成田発羽田着≪カタール航空≫自由気ままにバルセロナを楽しみたい★料金重視のお手軽フリープラン5日間

日数:5日間  
旅行代金:56,800円~192,800ツアーはこちら