ガラパゴス諸島、添乗員がいなくてもこれさえ読めば観光できる!! | エクアドルの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

ガラパゴス諸島、添乗員がいなくてもこれさえ読めば観光できる!!

エリア
ガラパゴス諸島(サンタクルス島)
/エクアドル
テーマ
現地情報
時期
2019/11/15~2019/11/18
投稿日
2019/12/14
更新日
2020/4/3
投稿者
實方 友孝

大自然の宝庫と言えば南米のガラパゴス諸島!!

たくさんの自然・動物に囲まれることができ、他の旅行先とは一味も二味も違った感動を感じられるでしょう。
南米の治安...ガイドブックがない...ネットで調べるのが大変...
⇒そんなお悩みもこちらの旅日記で解決です!
安心して渡航するための注意点をまとめました!

スタッフおすすめ!お得ツアー

【絶景・秘境】世界遺産第1号キト&ガラパゴス諸島周遊!サンタクルス島滞在完全フリープラン♪ 8日間~アイランドホッピングツアー手配可[乗継ESTA不要!]

成田発

【絶景・秘境】世界遺産第1号キト&ガラパゴス諸島周遊!サンタクルス島滞在完全フリープラン♪ 8日間~アイランドホッピングツアー手配可[乗継ESTA不要!]

日数:8日間  
旅行代金:248,000円~408,000ツアーはこちら

  • ガラパゴス諸島、基本情報

    • 魚市場★

    • チャールズダーウィン研究所★

    • ノースセイモア島★

    • ノースセイモア島★

    ~基本情報~
    ・時差
    エクアドル国内と-1時間なので時差に注意してね!
    ・各支払い
    現金支払いが一般的なので現金用意してね!
    ・治安
    夜もメイン通りは人がたくさんで安心できました!
    ・お店
    銀行、ATM、スーパー、ツアー会社、飲食店など一通りお店は揃っておりますので不便はしません!

    ~覚えておきたい島2選~
    ★①サンタクルス島(バルトラ島)
    ②サンクリストバル島
    いずれの島も空港がありますが観光に便利なサンタクルス島滞在の注意点まとめていきます。

  • ガラパゴス諸島、入島時の注意点

    • TCTカード★

    • TCTカードの申請の様子(チェックイン3時間前)★

    • TCTカードの申請の様子(チェックイン1時間半前)★

    • ガラパゴス入島税はバルトラ島到着時払います★

    ガラパゴス諸島の入島には①TCTカード②ガラパゴス入島税の支払いが必須です。

    ①TCTカード(20US$)
    作成はエクアドルの”キト”もしくは”グアヤキル”の空港内にてチェックイン前に手続きし、現金支払いが必要です。
    作成の際には”パスポート”と”入島日”と”出島日”の申請が必要となります。

    *注意点*
    時間に余裕をもって申請手続きをしてください。
    チェックイン3時間前とチェックイン1時間半前のカウンターの様子を画像でチェックしてね。

    ②ガラパゴス入島税(100US$)
    支払いはサンタクルス島に到着し、入島の手続きをする際に現金支払いが必要です。

  • バルトラ島到着~バルトラ島の港まで

    • バルトラ島の港までのバスチケット★

    • 荷物の受取はみんなの荷物を係員が置き終えてから★

    • バルトラ島の港までのバスってこんなバス★

    • バルトラ島の港に到着しました★

    ~移動の流れと費用まとめ~ 往路パート1
    ①入島審査(ガラパゴス入島税100US$を支払い、船乗り場までのバスチケット5US$を購入下さい)
    ②入島後は預けた荷物の受取後、空港の外へ出てください。バスが止まっております。
    ③先ほど購入したバスチケットを利用し、バスに乗車(席は決まってません)
    ④船乗り場に到着

  • バルトラ島の港~サンタクルス島の市内(プエルト・アヨラ)

    • 係員が船へ荷物を運ぶ様子★

    • 船内の乗船料の支払いの雰囲気★

    • プエルト・アヨラ行きのシャトルバス★

    ~移動の流れと費用まとめ~ 往路パート2

    ⑤船に乗船して船内で待機(係員がバスから荷物を運びます)
    ⑥船内で乗船料1US$の支払いがありますので現金の用意を
    ⑦1分ほどで対岸のサンタクルス島の港へ到着。荷物を係員から受取
    ⑧サンタクルス島の市内(プエルト・アヨラ)へ移動
     移動方法は下記のいずれかです
    ・乗合シャトルバスにてプエルト・アヨラへ(5US$)
    ・タクシーにてプエルト・アヨラへ(1台30US$が相場)
    ⑨1時間ほどで市内(プエルト・アヨラ)へ到着

    *シャトルバス利用時の注意点*
    ホテルの前ではなくプエルト・アヨラの町中下車となります。
    Googleマップなどで位置情報を確認しホテルに近い場所でドライバーへ下車申請してください。

  • サンタクルス島市内(プエルト・アヨラ)~バルトラ空港まで

    • ガラパゴス島のタクシーイメージ★

    • ガラパゴス島のタクシーイメージ★

    ~移動の流れと費用まとめ~ 復路パート1

    ①サンタクルス島の市内(プエルト・アヨラ)から船乗り場まで移動
    移動方法は下記のいずれかです
    ・シャトルバスにてサンタクルス島の港へ(5US$)
    ・タクシーにてサンタクルス島の港へ(1台30US$が相場)

    *シャトルバス利用時の注意点*
    町中から少し外れたバス停から出発です(徒歩20分ほど)
    バスの出発の時間は07:00、07:30、08:00、09:00らしいですが時刻表はなし。
    お金がかかってもタクシー利用がオススメですよ♪

    ②船に乗船して船内で待機
    (港に到着から船への乗船については15分~30分ほど待つ場合がございます)
    ③船内で乗船料1US$の支払いがありますので現金の用意を
    ④1分ほどで対岸のバルトラ島の港へ到着。
    ⑤バスのチケットを船乗り場で購入し、バスに乗車。(5US$)
    ⑥10分ほどでバルトラ空港到着。

  • サンタクルス島滞在中の費用まとめ

    ~費用まとめ~ (11/14現在)
    TCTカード(入島・出島確認書):20US$
    ガラパゴス入島税:100US$
    バルトラ空港~バルトラ島の港:5US$
    バルトラ島の港~サンタクルス島の港:1US$
    サンタクルス島の港~プエルト・アヨラ:5US$(バス)

    プエルト・アヨラ~サンタクルス島の港:30US$(タクシー)
    サンタクルス島の港~バルトラ島の港:1US$
    バルトラ島の港~バルトラ空港:5US$
    ------------------------------------------------
    現金:167US$(日本円で2万円弱)

    ガラパゴス諸島に行くにあたり少なくとも上記の現金が必要です!
    クレジットカードはレストランかスーパーぐらいでしか基本利用できませんのでしっかり現金を用意して旅行を楽しみましょう♪

    ~その他かかる費用の目安と注意点~
    ・食事
    朝:ホテル 
    昼:15US$ 
    夜:30US$(屋台)/60US$(レストラン)

    ・片道船チケット
    サンタクルス島~イサベラ島:25US$
    サンタクルス島発 07:30/14:30
    イサベラ島発 06:00/15:00

    サンタクルス島~サンクリストバル島:同額
    サンタクルス島発 07:00/14:00
    サンクリストバル島発 07:00/15:00

    ・アイランドホッピング
    時期や上陸の島またツアーの空き状況によって料金が変わります。目安の金額ですが100US$~280US$となります。

    *注意点*
    アイランドホッピングは現地到着後に満席で予約ができない場合があります。
    上陸可能な島については曜日で決まっておりますので到着後マリンショップでご確認が必要です。

    STWでは事前の予約も可能でございますので気軽にご相談くださいませ!