デルタ航空で行く快適ガラパゴス諸島への旅★ | エクアドルの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

デルタ航空で行く快適ガラパゴス諸島への旅★

エリア
ガラパゴス諸島(サンタクルス島)
/エクアドル
テーマ
ダイビング
時期
2016/06/26~2016/07/09
投稿日
2016/7/15
更新日
2017/10/6
投稿者
君羅由佳

世界自然遺産第一号の『ガラパゴス諸島』へ、アクセスの便利なデルタ航空で行ってきました!

長い長いガラパゴスへの旅路がどれだけ快適に過ごせるのか!?
乗り継ぎ地やラウンジ、最終目的地ガラパゴス・サンタクルス島へのアクセスを簡単に解説しちゃいます。
これでいつでもガラパゴス諸島へ!!

スタッフおすすめ!お得ツアー

アメリカン航空利用♪生物の聖域をデイトリップ4ダイブで満喫 世界遺産の街キト&ダーウィン研究所観光付!8日間

成田発

アメリカン航空利用♪生物の聖域をデイトリップ4ダイブで満喫 世界遺産の街キト&ダーウィン研究所観光付!8日間

日数:8日間  
旅行代金:533,800円~730,800ツアーはこちら

  • いざ出発!

    アトランタへ向けて成田を出発。

    飛行機は満席。。
    ビジネスで利用のお客さんが多い路線なんですね~。

    機内ではなんとWi-Fiが利用できます。
    有料ですが、高度10,000mを超えると、「Wi-Fi表示にランプが付きます。
    日本で使うのと同じような環境でさくさくネットが使えちゃいます。

    「デルタスタジオ」という機内エンターテイメントはWi-Fi接続で無料で利用可能です。
    ※個別モニターはもちろん完備です。

    ちなみで、デルタ航空さんでこのWi-Fi無料キャンペーンを今後やるとのことなので、要チェックです!

    アトランタにとうちゃーく!
    ESTA利用で2回目以上の入国の日本人は、自動入国審査端末なる機械のおかげで、比較的すいすい入国審査を受けられます。

    国際線から国際線への乗り継ぎなので、荷物のピックアップは不要です。

    出発便のゲートをチェックして・・・えっ!?便めっちゃ多い!!!
    自分の便を探せず、係員の方にチェックしてもらいました。。
    係員さん即答。全便把握してるのか!?

    待ちあいスペースの椅子には、コンセントが。
    空港内はWi-Fi利用可能です。

  • アトランタ空港でラウンジに潜入!

    今回は到着、出発共に、「メイナード・H・ジャクソン・ジュニア国際線ターミナル」利用。
    デルタ航空の国際線はこのターミナル利用の場合がほとんどです。

    アトランタ空港では、ラウンジにおじゃまさせてもらいました~。
    さずがデルタ航空の本拠地・ハブ空港。
    ラウンジも設備充実でスペース広々!

    デルタカラーのチェアが並びます。
    ほとんどの席に充電ステーションが設置されているので、PCや携帯電話の充電ができます。
    もちろんラウンジ内では無料Wi-Fiが利用可能です。

    シャワーやオープンエリアもあり、ゆったりと乗り継ぎ時間を過ごすことができます。

  • スターバックスのコーヒー飲めちゃいます

    ラウンジでは軽食やドリンクの提供があります。


    デルタ航空の機内で通常提供されているスターバックスのコーヒーがここでもサービスされています。
    エスプレッソマシーン完備でラテも飲めちゃう!

    時間帯によって提供の軽食は異なるみたいですが、今回は乗り継ぎで4回ほど利用させてもらったので、時間別の軽食をちょっとご紹介。
    朝:ベーグル、シリアル、ゆで卵、サラダetc…
    昼:マフィン、お寿司、クッキーetc…
    夜~深夜:マフィン、お肉料理etc…

    どれもこれもおいしい!
    機内でお食事を寝過した私にはうれしいサービスでした。


  • ガラパゴスの入り口キトへ到着!

    アトランタを出発し、エクアドルの首都キトへ。

    夜のフライトなので、夜景がきれい~。
    キトって都会なんですね!?
    ちょっとイメージと違ってビックリ。

    国内線のチェックインの前にガラパゴス入島の手続きがいろいろ必要です。

    ・ガラパゴス管理庁の窓口で入島管理料US$20をお支払い。
     つい先日までUS$10だったそう!!

    IDカード付きの入島管理カードを受け取り、すぐ隣のガラパゴス特別検疫で荷物検査。
     検疫済みタグの無い荷物は航空会社は預かってくれません!

    ・その後、航空会社のチェックインカウンターでチェックイン手続き。

    キトのラウンジもちょっとおじゃましました~。
    ここもスペース広々、シャワーやPC、仮眠スペース、無料Wi-Fi完備で至れり尽くせりです。
    もちろん、軽食、ドリンクもあります。

  • ガラパゴスへ向けて出発

    キト-ガラパゴス間はアエロガル利用。


    この区間は現在3社就航がありますが、ツアーの場合は、どの航空会社になるかは、現地でのお楽しみです。

    いよいよ搭乗!
    さすがの人だかりです。

    びっくりしたのは、アメリカの学生の団体が多いこと!
    なんとサマースクールでガラパゴスに行くことがあるんだとか。
    ガラパゴスでも何組もの学生さん達を見ました。
    日本だと考えられないうややましい環境ですね~。

    飛行機は歩いて搭乗します。

    途中エクアドルで2番目に高いという、「コトパクシ山」が見えました。
    なんだか富士山に似ている気が、、
    思わず写真を撮ってしまいました。
    かっこよい形の山ですね。
    なんとこちら活火山です。

    機内では、軽食が!
    このマフィンしっとりしていておいしかったです。

    ちなみに飛行機は一旦グアヤキルの空港へ立ち寄ります。
    そこで乗客を乗せて、いざガラパゴスへ!

  • ガラパゴスの空港に到着!

    ガラパゴス最大の町プエルトアヨラを有する、サンタクルス島の玄関口・バルトラ空港へ到着。

    見渡す限りの荒野!!

    荒野にポツポツとサボテン
    さっそくイグアナがいそうな雰囲気満点。

    この空港はバルトラ島という小さな島にあります。
    島の住民は空港関係者とイグアナのみ。だそうです。

    以前アメリカ軍の基地があった場所を空港として利用しているんだとか。
    立派な滑走路があります。

    タラップを降りて、徒歩で空港の建物へ向かいます。
    飛行機のわきをてくてく。
    バスでの移動はよくあるけど、飛行機のすぐそばをこんなにのんびり歩く経験あんまりできないですよね~。

    建物に付いたら、

    ・外国籍来島者入口へ。
    ・入島管理カードとパスポートを提示して、審査を受けます。
    ・横の窓口で国立公園入園料US$100を支払い。
     入島管理カードと入園料の領収書はガラパゴスを出る時まで大切に保管を!

    その後荷物を受け取り、再度手荷物の検査を受けたら、いよいよガラパゴス諸島へ足を踏み入れます!

  • バルトラ空港

    バルトラ空港はとっても小さな空港です。


    ただ、空港内では写真展のようにきれいな写真が展示されていたり、
    お土産屋さんやフードコートなど施設は十分そろっています。

    水中写真やガラパゴスの人気者アオアシカツオドリの写真など、思わず足を止めてしまう写真がずらり。

    エクアドル名産のチョコレート屋さんも空港ならではのおしゃれな店舗。

    かわいいTシャツも一同に会しています。

    お土産を買いそびれても安心ですね。

    ただ、飛行機の飛ばない時間帯はお店が完全にクローズするので、注意!
    私は飛行機がディレイして、空港内をぶらぶらしていたら、
    どんどんお店が閉まっていってびっくり。。
    カフェなどのフードコートはずっと営業しているので、安心してください。

  • サンタクルス島へ

    空港で荷物検査を終えて空港を出ると、出口にはたくさんガイドさんが!


    自分の名前の看板を持って待っててくれているガイドさんを見つけて、一安心。
    アジア人が少ないので、ガイドさんもすぐに見つけてくれます。

    空港のすぐ外には3台ほどのバスが止まっています。
    こちらは航空会社が運航するバス

    ガイドさんと一緒にバスに乗り込みます。

    バスに揺られて20分ほど。
    バルトラ島の船着き場に到着。

    ここで、フェリーに乗り換えて、サンタクスル島へ!
    大きめの船や小さなボートタクシーなど船の種類はいろいろ。

    私は時間がなかったので、ボートタクシーに乗り込み出発。
    帰りは大きなフェリーで貸し切り移動でした。

    目の前に対岸がすぐに見えます。
    距離は500mほど?

    にしてもさっそく海の青さにびっくり!!

  • サンタクルス島上陸

    船に揺られることわずか5分ほど。


    対岸のサンタクルス島の船着き場が見えてきました。
    ここはダイビングやデイトリップでも使う船着き場です。

    シンプルな作りですが、バルトラ島側と違って、小さなカフェがあるんです!

    いざ上陸!!

    またまたバスに乗り換え、いざプエルトアヨラの町に向かって出発!
    ここから1時間ほどのバスの旅。

    サンタクルス島編へつづく・・・