\超寒がりが行く!冬のドイツ/ | ドイツの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

\超寒がりが行く!冬のドイツ/

エリア
ドイツ
/ドイツ
テーマ
街歩き
時期
2018/12/13~2018/12/16
投稿日
2018/12/24
投稿者
小熊良子

寒いのは嫌いだけど、クリスマスマーケット行きたい!
寒いのは嫌いだけど、おいしいもの食べたい!!
寒いのは嫌いだけど、やっぱり行くしかない!!!
ということで行ってきました12月のドイツ!
.
いろいろな方のブログや現地情報がネット上には溢れていますが、
一体どうやって周遊すればいいの?何がおすすめ?
持ち物は??といった情報はいくらあっても足りないですよね。
寒がり同志の皆さまがより快適で楽しい旅行をできる手助けになればな!
という思いで書いて行きたいと思います♪
.
↓↓簡単にこんなことを書いていきます↓↓
①おすすめ事前準備
②今回のスケジュール
③フランクフルト・ケルン
④ニュルンベルク・ロテーンブルク
⑤ノイシュバンシュタイン城に行ってきた!
⑥ミュンヘン
⑦おすすめお土産

  • ①おすすめ事前準備

    まず、大きく3つです!

    ●アプリをダウンロード
    ・DB Navigator
     →鉄道の時刻やルート検索アプリです。
      大きな駅やホテル・カフェにはwifiがありますが、
      ルーターを持っていくと急な予定変更や鉄道遅延時の検索に便利ですね!
      日本にいるうちに練習して慣れておきましょう♪

    ・Rome2rio
     →出発地と目的地を入れるといろいろなパターン(鉄道・タクシー・など)で
      ルートを提案してくれる便利アプリです。
      旅行の計画を立てるときにも大活躍です!

    ・Google map
     →地図アプリならなんでもOK!オフラインでも表示がされるよう
      地図をダウンロードしておくと◎

    ・他にも、翻訳アプリ・通貨計算アプリなどは入れておくと良いですね!


    ●ドイツ語をちょっとお勉強!
    ・クリスマスマーケットのお店では、メニューもドイツ語。
     英語表記もちょっとはあるでしょ~と思っていましたが、結構苦労しました。
     (前に並んでいるおばさまが注文したものを見て「同じの!」と言ってみたり笑)

    そこで、これだけは!というものをピックアップ!

    ◎あいさつ
     GutenMorgen(グーテン・モルゲン):おはよう
     GutenTag(グーテン・ターク):こんにちは
     GutenAbend(グーテン・アーベント):こんばんは
     Danke(ダンケ):ありがとう

    ◎数字・・・一緒に行く旅行者人数だけ覚えておくと◎
     eins(アインス):数字の「1」
      zwei(ツヴァイ):数字の「2」
      drei(ドライ):数字の「3」

    ◎食べ物(主にクリスマスマーケット用)
     Glühwein(グリューワイン):少しスパイスの入ったホットワイン。
      とっても温まります。各地のかわいいマグカップはお土産にも!
     Punsch(プンシュ):蒸留酒(ラム酒など)に砂糖や水・ジュース・香辛料を
      混ぜて温めたお酒。ノンアルコールのキンダープンシュもあります。

     Pommes(ポメス):フライドポテト
     Bratwurst(ブラートヴルスト):焼きソーセージ
     Currywurst(カリーヴルスト):焼いたソーセージにケチャップと
      カレー粉をかけたもの。
     Reibekuchen(ライプクーヘン):すりおろしたじゃがいもを油で
      揚げた料理で、りんごのムースが付いてきます。
     Champignons(マッシュルーム):ソースはお店によっていくつか
      選べたりしますが、パンがつくのが一般的です。


    ●これは持って行こう!
    ・カイロ
     →貼るカイロ・貼らないカイロ両方持って行きましょう!
    ・手袋
     →スマホが操作出来る手袋だと◎
    ・ニット帽
     →耳が隠れると暖かくてさらに良いです!
    ・ウエットティッシュ
     →屋台料理でべたべた…なときに便利!
    ・ジップロック
     →マグカップを持ち帰るときにあると安心です!
    ・エコバッグ
     →エコ意識の高い国なので、スーパーのビニール袋は有料。
     クリスマスマーケットでお買い物をして荷物が増えたときにも使えるので、
     かばんに1つ入れてあるといいですね!

  • ②今回のスケジュール

    中東系航空会社を利用して、3泊6日で行って来ました!
    今回の目的は、クリスマスマーケットとノイシュバンシュタイン城!
    計6ヶ所のクリスマスマーケットに行くことが出来ました♪

    【1日目】
     フランクフルト到着→ホテルへ
     フランクフルト→ケルン
      (●ケルン観光)
     ケルン→フランクフルト
      (●フランフルト観光)

     <フランクフルト泊>

    【2日目】
     フランクフルト→ニュルンベルク
      (●ニュルンベルク観光)
     ニュルンベルク→ローテンブルク
      (●ローテンブルク観光)
     ローテンブルク→ニュルンベルク→ミュンヘン

     <ミュンヘン泊>

    【3日目】
     ノイシュバンシュタイン城オプショナルツアー参加
      (ノイシュバンシュタイン城・ヴィース教会・●アウグスブルク観光)

     <ミュンヘン泊>

    【4日目】
     ●ミュンヘン観光
     →空港へ移動

  • ③フランクフルト・ケルン

    • このように表示のない席は自由席です

    • ライン川と大聖堂ビュー!

    • ケルンのクリスマスマーケット♪

    • フランクフルトの会場でライプクーヘン♪

    ●空港から市内までの移動
     空港からフランクフルト中央駅までの移動方法は2つ
     ・タクシー(20~30分/約40ユーロ)
     ・電車(約15分/4.45ユーロ)
      →ジャーマンレイルパスも利用可能!


    ●ジャーマンレイルパスとは…?
    ドイツ国鉄乗り放題パス。ドイツ周遊のマストアイテムです!
    自由席に限りますが、IC(特急)にだって乗れちゃいます。
    パスには、3日券・4日券・5日券や、利用日連続タイプ・フレキシータイプ等
    いくつか種類があるので、旅行プランに併せてお得なものを選びましょう♪

    ここで、ジャーマンレイルパス利用のポイントを2つ!

    ・ジャーマンレイルパス利用前には、必ず「バリデーション」が必要!
     大きな駅の窓口(ドイツ語で「Reisezentrum」)で、行います。
     窓口なので、少し待つこともあります。
     乗車当日、列車の出発時刻ぎりぎりに行くと焦ってしまうので、
     時間に余裕を持つことがおすすめです。
     バリデーションの際、パスポートの提示が必要になるので、お忘れなく!

    ・乗れるのは自由席のみ!
     席が空いているかは、どうやったら分かるの?と思うかもしれませんが、
     特急車両だと、座席の上の方に写真のような表示があります。
     ここには、指定されている区間が表示されるので、その区間以外は
     自由に座って良いことになります。
     表示のない座席は、指定されていないので、自由に利用可能です。


    ●ケルン
    お昼すぎにフランクフルト中央駅に到着、日帰りでケルンへ行きました。
    フランクフルト→ケルンは片道約1時間。
    前出の超便利アプリ「DB Navigator」で往復の鉄道を調べておきます。

    おすすめは、ケルン中央駅の1つ手前「ケルンメッセ(Köln Messe)駅」で
    下車して、大聖堂まで歩くルート。ちょうど夕暮れ時だったので、
    ライン川越しの大聖堂を見ることが出来ました!
    橋をゆっくり渡りながら、どんどん大きくなる大聖堂を見ると
    気分が高まりますよ!

    ケルン大聖堂横の広場には大きなクリスマスツリーとたくさんの屋台が。
    出店数はそこまで多くありませんが、各店雰囲気が統一してあり、
    大人から子供までこの空間を楽しんでいるのが伝わってくる素敵な会場でした。


    ●フランクフルト
    ケルンから戻り、フランクフルトのクリスマスマーケットへ!
    中央駅から歩くと約15~20分。Uバーンを使うと便利です。
    向かう途中には、オフィスを出てみんなでクリスマスマーケットに向かう人たち、
    会場に着けば、グリューワイン片手におしゃべりを楽しむ人たちがたくさん。
    さすが、世界最古のクリスマスマーケット。とても華やかで明るい雰囲気でした。


  • ④ニュルンベルク・ロテーンブルク

    • ニュルンベルクの街並み♪

    • グリューワインに飽きたので、ホットチョコレート!マグカップかわいい~

    • ニュルンベルク駅のロッカー

    • ローテンブルクの街並み♪

    この日はミュンヘン泊なのでスーツケースを持って移動です。
    ただ、スーツケースを持って石畳を歩くなんてやだ!ということで、
    ニュルンベルク駅でスーツケースを預け、ローテンブルク観光をしてから、
    ニュルンベルクでスーツケースを出し、ミュンヘンに移動しました。
    鉄道ルート的にも、ローテンブルク→ミュンヘン移動で
    ニュルンベルク乗り換えがあったのでとても快適なスケジュールでした!


    ●フランクフルト→ニュルンベルク
    乗り換えなしで2時間強。
    ニュルンベルクの駅には大小様々なコインロッカーがありました。
    私達はお昼頃に到着したので、少し空きがありましたが、
    週末や午後以降だと埋まってしまう可能性も高いので、ご注意下さい!
    スーツケースの入るサイズのロッカーで6ユーロでした。

    ニュルンベルクのクリスマスマーケットは、
    「クリストキンドレスマルクト」と呼ばれ、世界一有名といわれています。
    駅の目の前に城壁、旧市街があり、すでに雰囲気抜群!
    メイン会場の中央広場まで続く道にもにもたくさんの屋台が出ていて、
    個人的に一番好きなクリスマスマーケット会場でした♪
    だいたい1時間半~2時間くらいあればゆっくり見て回れるかなと思います。


    ●ニュルンベルク→ローテンブルク
    2回乗り換えの片道約1時間半です。
    映画のセットのようなメルヘンな街は、どこで写真を撮ってもかわいい!
    市庁舎周辺で行われるクリスマスマーケットには、
    団体ツアーで来ている人もたくさんいました。
    建物も、クリスマスマーケットの雰囲気も、夢の中のような空間でした。
    こちらは、1時間~1時間半くらいで見て回れました。

  • 番外編 冬のドイツは私の知っている寒さを超えていた

    • カイロ3つ貼ってます。

    ここまで「寒い」という言葉を入れていませんでしたが、
    ローテンブルクの夕方の気温(日暮れ前)、すでに-1℃。
    はい、1時間も外に出てられません。顔面が痛くなります。
    首都圏育ちの私にとって、異次元でした。

    ローテンブルクだけではなく、各地路面店もありますので、
    無理せずちょっとお店に入ってウインドウショッピング(兼休憩)をしましょう。
    ローテンブルクには、たくさんのクリスマスオーナメントのお店や
    かわいらしい雑貨を売っているお店がありますよ!

    服装についてですが、毎日ほぼ全身ユ○クロでした。
    ・ダウンコート
    ・ヒートテック×2
    ・もこもこパーカー
    ・タイツ
    ・ヒートテックのズボン
    ・靴下
    ・ムートンブーツ(レインブーツも持参しました!)
    +手袋・マフラー・ニット帽・カイロ

    ポイントとしては、
    ◎パーカーなりコートなりフードがあると良い。
     →結構現地の方もフードを被って防寒していました

    ◎スノーブーツまたは撥水ムートンブーツがおすすめ
     →スニーカーはかなり冷えるので×、
      女性ならロングブーツでもいいですね!

    ◎重ね着・小物で防寒
     →電車やレストランはかなり暖房が効いています。
      しっかり休憩を取るためにも、観光中の体温調整のためにも、
      ちょっと手間でも工夫した方が楽しめます!

  • ⑤ノイシュバンシュタイン城に行ってきた!

    • ここから歩いてノイシュバンシュタイン城へ向かいます!

    • 馬車は上り7ユーロ、下り3.5ユーロ。待ち時間を加味すると徒歩と所要時間は変わりません。

    • ヴィース教会!美しすぎました・・・

    • アウグスブルクのクリスマスマーケット♪

    今回参加したのは、みゅう主催のクリスマスマーケット開催期間限定のオプショナルツアー。

    個人でもノイシュバンシュタイン城へ行くことは出来ますが、
    鉄道に乗って、バスに乗って、チケットを買って…という手間を考えると、
    圧倒的にコスパが良かったから!
    団体ツアーが苦手な私ですが、ここはオプショナルツアーをおすすめします。
    ノイシュバンシュタイン城だけではなく、世界遺産のヴィース教会や、
    アウグスブルクのクリスマスマーケットにも行くことが出来たので、
    個人で行くよりも安心・安全・確実だなと思いました。

    ↓簡単に今回参加したツアーのスケジュールをご説明します↓

    【08:10】ミュンヘン中央駅集合
     ↓
    【10時過ぎ】ノイシュバンシュタイン城周辺到着
     ここから徒歩(または馬車)でお城を目指します。
     徒歩だと約30~40分。気温が低いので
     雪が溶けてびちゃびちゃということはありませんでしたが、
     滑りやすいので注意して進みましょう!

     お手洗いは、バス到着後にお土産屋さんで利用する時間があります。 
     また、お城の入り口やお城出口にもきれいなお手洗いがあったので、
     ご安心下さい♪

     12時から城内を見学し、自由解散。ランチを食べて再集合です。
     ↓
    【15時過ぎ】ヴィース教会到着
     ノイシュバンシュタイン城から30分程走りヴィース教会へ。
     到着までにガイドさんが教会の歴史などを説明してくれます。
     教会内に入った瞬間の感動は忘れられません。
     ↓
    【17時頃】アウグスブルク到着
     クリスマスマーケットを1時間半程楽しみました。
     途中、スーパーマーケットに寄って体力回復&お買い物もしました。
     週末の18時から行われるエンゲルシュピール(天使の演奏)は、必見です。
     ↓
    【20時頃】ミュンヘン中央駅解散

    バスの中は暖かいし、休憩にはばっちり。
    ドイツの暮らしや訪問する場所の解説もガイドさんから聞けるので、
    とても充実した時間を過ごすことが出来ました!

  • ⑥ミュンヘン

    • マリエン広場前のクリスマスマーケット

    • ここでもマグカップ♪

    • お店を見ているだけで飽きません

    • 空港までのシャトルバス。ルフトハンザ以外の方も利用できますのでご安心下さい!

    朝から雪が降っていたので、チェックアウトの12時までホテルでのんびり。
    チェックアウト後、スーツケースをホテルに預け、クリスマスマーケットへ!

    中央駅駅から徒歩約10分。マリエン広場には大きなクリスマスツリーとお店が!
    この日が日曜日ということもあり、
    地元の人も観光客も大人も子供も一緒に楽しんでいて、
    なんて幸せな場所なんだろう!と感じました。
    ここではお肉とおきまりのポテト!1時間半くらいうろうろして、
    空港へ向かうためにホテルへ戻りました。

    空港まではミュンヘン中央駅北口からのシャトルバスが便利。(1人11ユーロ/約45分)
    チケットは運転手さんから購入します。
    免税手続きのある方は特に余裕を持って空港へ行きましょう。
    空港にもハリボやリッタースポーツ、ニベアなど売っているので、最後に購入!

  • ⑦おすすめお土産

    • 購入したものたち!

    • ミニサイズのハンドクリームがたくさん!

    • 見ているだけで楽しくなっちゃいます♪

    • ギフトにもぴったりですね!

    基本的にスーパーマーケットでお土産を購入しました!

    おすすめのお土産はこちら

    ◎Kamillのハンドクリーム(ミニ)
     →ポーチにすっぽりはいるサイズ◎
      1つ0.6ユーロ程でした。

    ◎ニベア商品
     →やっぱりニベア。ミニサイズのニベア缶はもちろんですが、
      日本では見かけないバス用品や、ギフト缶もあって見ているだけで
      楽しくなってきます!

    ◎リッタースポーツ
     →cube という種類が小さいチョコレートがたくさん入っていて、
      バラマキ土産にぴったりでした!1箱3ユーロ以下!
      色々な味があって、大好評でした♪

    ◎ハリボー
     →定番グミですね!色々な種類があるので、試してみましょう~


    他にも、クナイプやヴェレダなどお手ごろ価格で手に入るので、
    ドイツに行った際には、たくさん買いましょうー!

スタッフおすすめ!お得ツアー

成田発≪カタール航空≫ノイシュバンシュタイン城観光の玄関口・ミュンヘン5日間~価格重視のフリープラン ~

成田発

成田発≪カタール航空≫ノイシュバンシュタイン城観光の玄関口・ミュンヘン5日間~価格重視のフリープラン ~

日数:5日間  
旅行代金:85,300円~160,300ツアーはこちら