マッターホルンに心奪われ・・・ | スイスの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

マッターホルンに心奪われ・・・

エリア
ツェルマット
/スイス
テーマ
山登り
時期
2010/3/10~2010/3/10
投稿日
2010/4/2
更新日
2019/3/12
投稿者
武井 良太

スイスアルプスといえば・・・マッターホルン、ユングフラウ、モンブラン、アイガー、メンヒ・・ どれもこれも世界屈指の名峰ですが なんてったって人気NO、1はマッターホルンでしょう♪   【孤高の巨人】と称されるだけあってその容姿は堂々たるものです。 あたりの4000メートル級の山がかすんでしまう程美しい山それがマッターホルン! この山を拝む為だけにスイスに行く価値絶対にあり!そんな絶景を見て絶叫し、圧倒的なスケールに心から感動したマッターホルンとの出会いをご紹介いたします。

スタッフおすすめ!お得ツアー

【絶景・秘境】≪成田夜発カタール航空利用≫憧れのマッターホルンに行こう!麓のツェルマットにゆったり3連泊!中世の面影を残す世界遺産の街ベルンの街歩きも楽しめる♪スイス周遊8日間

成田発

【絶景・秘境】≪成田夜発カタール航空利用≫憧れのマッターホルンに行こう!麓のツェルマットにゆったり3連泊!中世の面影を残す世界遺産の街ベルンの街歩きも楽しめる♪スイス周遊8日間

日数:8日間  
旅行代金:195,800円~275,800ツアーはこちら

  • 気合入れて出発

    いざマッターホルンと鼻息荒くお膝もとの街ツェルマットを目指したのはいいですが目は覚めておらず。。。 それもそのはずまだ朝の5時。日本でもめったに乗らないのにスイスで始発列車狙い。その日のスケジュールが強行だからというのもあったのですが どうせマッターホルンを拝むなら朝日に映える姿を拝みたい! そんなわけでの気合の早朝出発です。

    そのおかげか?ただの偶然か?ツェルマット始発になる予定の氷河特急の回送車両がやってきました。完全に貸切状態・・・他に乗客ゼロ!かの有名な氷河特急に完全貸切状態で乗ってしまいました! ラッキ~でも外は真っ暗・・・パノラマカー台無しだよ なんて騒いでいたら、フィスプよりツェルマットまでの50分間はあっというまに過ぎ去り、ツェルマットに到着の頃にはうっすら明るくなり始めました。

    いよいよあいつに出会える・・・はやる心を抑えツェルマットの街に到着

    写真左:異国の地で始発列車待ち・・・気温氷点下で寒い。
    写真中:うっすらと明るくなってきた
    写真右:たなぼたで貸切状態だった氷河特急
     

  • はじめまして!

    ツェルマットの駅を出てすぐに出会えました!かの巨人 マッターホルンに!!
    常日頃雨男と呼ばれている自分が信じられないほどの【快晴】 

    ツェルマットの街を散策しながらもあちこちから顔を覗かせるマッターホルンにテンション上がる一方です。

    写真:ツェルマット駅前やら街中やら あちこちでパチリ

  • スキーなんてやらないもんねっ

    マッターホルン観光で最もポピュラーなルートが ゴルナーグラート鉄道に乗ってゴルナーグラート展望台を目指すルートです。ツェルマットからゴルナーグラート展望台までは約40分。小さいけれど力持ちな ゴルナーグラート鉄道はぐんぐんと高度をあげて登っていきます。 40分ちょっとで1600メートルのツェルマットから3089メートルのゴルナーグラードまで急勾配を一気に行くのですから、迫力満点な景色が広がります!

    社内はスキー客で大盛り上がりなのに、スキーなんて関係ないもんねっ!マッターホルン見に来たんだもんねっ!という観光客は我々だけ。

    迫り来るマッターホルンに寒さも忘れてボルテージも最高潮♪

    写真左:ゴルナーグラート鉄道
    写真中&右:ゴルナーグラート終着駅

  • ハイテンションか高山病か?

    ゴルナーグラート駅に到着して降り立ったのは100人近いスキーヤーとスキーなんて関係ないっスといい聞かせている我々だけ・・

    だがそんなことはどうでもいい!抜けるような青い空!どこまでも見渡す限りの絶景! 雲ひとつ無いマッターホルン! そして うすい空気!
    テンション上がりまくりなのか?高山病で頭に酸素が回ってないのか?わかりませんがとにかく興奮状態! こんな景色見たこと無いもんね~と 年甲斐も無くはしゃぎ倒してしまいました。


    写真左&中 スキーヤーがいなくなった隙にパチリ
    写真右:ゴルナーグラート氷河

  • 天空のブレックファースト

    ゴルナーグラート展望台にはなんとびっくりホテルがあるんです。
    その名も【3100 Kulmhotel Gornergrat  クルムホテルゴルナーグラート】 標高3100メートにあるホテルです。西側にはマッターホルン、南側にはゴルナー氷河やモンテローザが拝めちゃいます。

    このホテルレストランのテラス席からはご覧のような絶景が広がっております。
    こんな景色を見ながらの朝食ですよ♪ なんて贅沢なのでしょう^^

    写真左:クルムホテルゴルナーグラートのテラス
    写真中&右: 普通のサンドウイッチが5倍増くらいに美味しい

  • まだまだ見ていたい

    大興奮状態でグリンデルワルトを後にした我らですが【マッターホルンまだ見たいです病】に取りつかれていたので、ツェルマットの街からサクッといける展望台【スネガパラダイス】へ行きました。

     ツェルマットの街からケーブルカーでジャスト3分! 一番簡単にマッターホルンが拝める展望台です。

    ゴルナーグラート展望台とは違った風景が広がります。 山の稜線がはっきりと見えてこれまた美しい・・・・夏場は展望台なのですが冬場は完璧にスキー場です。

    写真左:ケーブルカーで一気に展望台へ
    写真中:スネガパラダイス駅
    写真右:稜線が美しい

  • 感動をありがとう

    日常の生活の中で感動することを忘れていた今日この頃の自分にとって、今回みた大自然の絶景ショーは心が震えるほどの大感動でした!

    感動をありがとうマッターホルン!!

    マッターホルンが感動三昧のフィナーレだったので、次なる目的地 アイガー、メンヒ、ユングフラウの3大名峰も完全制覇してやると鼻息荒くツェルマットを後にしました。

    アルプス旅日記後編 めざせTOP OF EUROPE もどうぞ
    http://stworld.jp/earth_info/CH/diary/4bc037d88fb190.02357728/