憧れのスイス~マッターホルン編~ | スイスの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

憧れのスイス~マッターホルン編~

エリア
ツェルマット
/スイス
テーマ
自然
時期
2007/3/12~2007/3/19
投稿日
2010/3/20
更新日
2017/10/6
投稿者
本社スタッフ

世界でも有数の山岳リゾートツェルマット!狭いマッター谷のどんづまりにある標高1620mの素朴な村ですが、村の奥に鎮座するマッターホルン(4478m)のために、世界中の人々が集まってきます。
チューリッヒからツェルマットまでの移動はクールから氷河特急に乗って移動するのが、ツェルマットを訪れる人々の憧れです。氷河特急は、夏の期間は非常に混雑するので事前に予約することをおすすめいたします。氷河特急自体は、サンモリッツからツェルマットまで、約8時間をかけて運行していますが、長時間の移動になるため、時間に限りがある方は、クールからツェルマット間のみで、充分お楽しみいただけます。
 

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪成田発カタール航空≫山のてっぺんに行こう◎マッターホルンの麓に泊まる~美しい大自然の中過ごすツェルマット5日間の休日~

成田発

≪成田発カタール航空≫山のてっぺんに行こう◎マッターホルンの麓に泊まる~美しい大自然の中過ごすツェルマット5日間の休日~

日数:5日間  
旅行代金:117,800円~334,800ツアーはこちら

  • フィスプ

    スイスといえば、やっぱり「マッターホルン!!」
    今回は週末のためスキー客でツェルマットのホテルが満室だったため、近くの小さな街、「フィスプ」に宿泊し、フィスプからツェルマットへ向かいました。フィスプは、本当に小さな街で、夜やっているレストランも限られています。地元お客さんが行くようなレストランが多いので、素朴な田舎町を体験できます。
    ちなみに、駅前に小さなスーパーが朝5時からOPENしているので、食料はここで手に入れましょう。
    また、今回の旅行での高山病予防のため、ハイチューのような薬を購入しました。
    この薬のおかげか今回は高山病とは全くの無縁でした!!

    左:フィスプホテル「VISPERHOF」
    中:チーズフォンデュ
    右:高山病予防の薬

  • フィスプ-ツェルマット

    今回は、時間的に氷河特急には乗車できなかったのですが、奇跡的に、フィスプからツェルマット間の移動の際、折り返しの氷河特急の機材に乗ることができました!
    始発だったので、周りは真っ暗ですが、これが明るかったら・・・・きっと素晴らしい風景。
    ただ、パノラマカーに関しては、全部がガラス窓なため、夏は非常に暑いです。冷房もあるようなのですが、ほとんど追いつかないようなので、サンモリッツから乗車すると、灼熱地獄かもしれません・・・・。

    左:1等車
    中:2等車
    右:外側からみたパノラマカー

  • 登山鉄道

    ツェルマット到着後、荷物をコインロッカーに入れ、アプト式登山鉄道でゴルグラート展望台へ。登山鉄道乗り場は、駅の目の前にあり、次の登山鉄道の出発時間が表示されています。夏の間は、ほぼ24分ごとにでています。片道CHF38、往復CHF68。9-16歳は半額です。スイスパスで50%割引になるので、必ずチケット購入時に提示しましょう。

    座席は、マッターホルンが見えれば進行方向右側、見えなければ左側がおすすめです。出発するとマッターホルンがぐんぐん迫ってきます。最初の停車駅はフィンデルバッハ。車窓の左側に滝が迫ります。次のリッフェルアルプを過ぎると谷の向こうにミシャベル連峰の氷河が見えてきます。雪崩よけの長いトンネルを過ぎると、マッターホルンがハンサムに見える場所として知られるリッフェルベルクに到着。次のローテンボーデンは氷河を越えてモンテ・ローザへ行く登山道の出発点。このあたりからガレ場が多くなり、終点まではあっという間の40分です。
    展望台は、夏でも雪が積もっていることがあるので、暖かい上着、滑らない靴、サングラスは必需品です。
    今回は真冬だったため、ほとんどがスキー客で、スキー板をもっていない人は私たちくらいでした。
     

  • ゴルナグラード展望台

    ツェルマットで人気No.1の展望台が、「ゴルナグラード展望台」。氷河と氷河のせめぎあいや、優美な曲線など、表情豊かなマッターホルンを眺めることができます。
    昼になると、混雑してくるので、できれば、始発前後の登山鉄道に乗ることがおすすめです。ホテルの朝食をキャンセルして、展望台レストランで、マッターホルンを眺めながら朝食はいかがでしょうか?

    左・中:ツェルマット
    右:マッターホルンを見ながらの朝食

  • スネガ・パラダイス

    ツェルマットの村から3分で行けてしまうとてもお手軽な展望台です。地下ケーブルに乗るとすぐ到着です。すねがはマッターホルンから少々距離がありますが、ゴルナグラードとはまた別の顔を拝むことができます。

    左:地下を進んでケーブルカーへ
    中:スキー客で大混雑です。
    右:マッターホルン

  • ツェルマットの街並み

    下山後、ツェルマットで、軽くランチを★
    ツェルマットの街は、ガソリン車がない街なので、駅前に止まっているタクシーなども全て電気自動車。気持ちのいい空気を吸いながらお散歩はいかがでしょうか?
    川と並行に伸びるバーンホフ通りには、近代的な建物がほとんどなく、花を飾った古いシャレーが続きます。ギフトショップ・ホテル・スポーツ用品店などが軒をならべ、街からマッターホルンを観ることもできます。訪れた際は、ハイキングだけでなく、ツェルマットの街並みも楽しんでください!

     
    左:妙高高原と姉妹提携
    中:マッターホルンとツーショット!
    右:裏路地を入るとこんな古い家も・・・