★バンクーバー+α★日帰りシアトル編 | カナダの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

★バンクーバー+α★日帰りシアトル編

エリア
バンクーバー
/カナダ
テーマ
現地情報
時期
2019/06/05~2019/06/12
投稿日
2019/6/18
更新日
2019/6/18
投稿者
江島 恵

バンクーバーだけもいいけど・・・もったいない!!

折角旅行に行くなら欲張ろう!!
・・・ということで、バンクーバーから日帰りでいけるところを2つご紹介★
このシリーズ2つ目はアメリカのシアトル。
日本では絶対できない陸路で国境を超える貴重な体験を是非!
日帰りはオプショナルツアーを使って効率よく満喫しよう♪

スタッフおすすめ!お得ツアー

★エアカナダで行くバンクーバー★日本語での送迎付きで安心♪現地支店がLINEサービス&トラベルラウンジで出発前~旅行中まで徹底サポート♪価格重視!でも好立地のバークレーに宿泊♪5日間

成田発

★エアカナダで行くバンクーバー★日本語での送迎付きで安心♪現地支店がLINEサービス&トラベルラウンジで出発前~旅行中まで徹底サポート♪価格重視!でも好立地のバークレーに宿泊♪5日間

日数:5日間  
旅行代金:78,700円~282,700ツアーはこちら

  • *シアトルってどんなとこ?*

    • 地図

    アメリカのワシントン州にあるワシントン州最大で有数の世界都市。

    シアトルと聞いて一番に思い浮かぶのは、かの有名なスターバックスコーヒーの第一号店があることではないでしょうか?

    ピュージェット湾とワシントン湖の中間にあり、シーフードが有名。
    気候も日本の服装で過ごせることが多い土地で、春~夏は乾季で湿気が少なく過ごしやすいです。
    秋~冬は雨季に入るのでジメジメしますが、降水量は少ないので雨季に旅行に行くときは折り畳み傘があれば十分!
    日本人にとって比較的過ごしやすい気候なので、日本人の留学先としても人気★

    バンクーバーからは車での移動時間は約2時間半。
    でも陸路で国境を超える際にイミグレーションを通らなければならないので、イミグレーションの通過に短くて30分~1時間。
    なのでトータル3時間半~4時間片道でかかります。

  • *日帰りシアトルももちろんツアー参加マスト!*

    バンクーバーの魅力は日帰りで2か国行けるところ!

    ビクトリアの時もそうでしたが、日帰りで観光をするならば
    絶 対 オ プ ショ ナ ル ツ ア ー に 頼 り ま しょ う !

    短い滞在の中でも観光内容を充実させるのならば、やっぱりオプショナルツアー必須です。
    短期間で全力で旅行を楽しむのならば!!全部ではなくてもいいから!!オプショナルツアーというツールに頼るのも手です!!笑

    こちらのオプショナルツアーも実際に参加してきたので、魅力をお伝えします♪


    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    【日本語ガイド】バンクーバー発 陸路で国境を通過!シアトル観光とボーイング工場見学
  • *ツアースケジュール*

    07:30  ホテル出発。いざシアトルへ!

         (ここで国境を陸路で越えます!)

    午前   シアトル市内観光(車窓)
         マリナーズのフィールドや
         スタバの本社を車窓観光します。

    午後   ①シアトル ダウンタウン観光(自由散策)
          ランチもここで好きなものをご自由に!
          1時間半ほどお時間お取ります♪

         ②ボーイング工場見学(写真撮影禁止)
          90分の工場ツアーを含み、
          2時間ほど滞在。

    19:30  ホテル到着
         帰路では2回目の陸路で国境越え!
         お疲れさまでした!

  • *日本では絶対できない!陸路で国境を越える!*

    • 写真1:国境を超える直前!

    • 写真2:半分カナダ、半分アメリカの状態

    • 写真3:アメリカ入国!

    私たちが住んでいる国・日本は島国です。

    他国に行くための選択肢は飛行機か船・・・。
    陸路で国境を超えるなんて考えられない!!絶対できない!!
    でも旅行先でそんな貴重な体験ができたなら、めちゃくちゃ思い出に残ると思いませんか?♪

    私も実際に行くまでは陸路で国境を超えるなんて想像つかなかったです・・・。
    何が必要なのかと陸路での国境越えはどんな感じなのかを少しご紹介します!

    普段旅行でアメリカに行くときには何が必要ですか?
    パスポートと、飛行機のチケットと・・・
    そう!ESTA(エスタ)!!
    島国日本に住んでいる私たちにとってESTA(エスタ)はアメリカ入国に必須。
    でも陸路の場合、ESTA(エスタ)は不要なんです!

    ESTA(エスタ)は空港を利用する場合に必要な電子入国許可証なので、陸路の場合はいりません。
    でも、ESTA(エスタ)を持っておくと陸路の入国の際に記入するイミグレーションカードの記入が省けるので、手続きの時間を少し短縮することができます。
    持っておいて損はないですが、アメリカに一度も行ったことがなくてESTA(エスタ)を持ってなくても心配ご無用◎!

    陸路のカナダとアメリカの国境では警備員が立っていて、パスポートを提示します。
    日本人はそのまますぐには通れません。
    必ず別場所にあるイミグレーションカード記入場所に一旦通されます。
    例外なく、日本人なら必ずです。
    そこでイミグレーションカードを記入し、米国入国査証発給料としてUSD6払います。
    ◎ポイント!
    パスポートの他に必ずEチケットもご持参ください!
    いつからいつまでカナダにいるのかなども確認されるのでお忘れなく!

    ここまで手続きしてようやくアメリカに入国できます。
    長いですね~~笑
    仕事でここを使っている人も多いので、朝と夜の通勤ラッシュの時間帯は1時間以上は絶対にかかります。

    ◎右の写真にご注目!国境を超える瞬間です!
    写真1:国境を超える直前!
        道路の色が濃くなってるところからがアメリカです。
    写真2:半分カナダ、半分アメリカの状態
        車の前半分がアメリカ、後ろ半分がカナダという
        日本では絶対に体験できない状態!
    写真3:アメリカ入国!
        陸路で国境を越えました!すごい!

  • *シアトル市内見どころ*

    • スタバ1号店

    • ガムウォール

    • クラムチャウダーのお店

    • ピロシキのお店

    国境を越えたらいよいよシアトルのダウンタウン観光!

    見どころとランチのおすすめをご紹介★

    ◎見どころその1:やっぱりシアトルといえば、スタバ1号店!
    シアトルといえば!行っておきたいのはスターバックスコーヒーの1号店。
    世界の中で1番にできた場所。
    色も今とは違くて茶色く、人魚のマークも少し違います。
    中で売ってるグッズやコーヒー豆はここにしかありません!
    是非お土産に!

    ◎見どころその2:地元感満載!パイクプレイス・マーケット
    シアトルでスタバの次に有名なのがこのパイクプレイス・マーケット。
    地元感満載!シーフードからフルーツ、加工食品まで様々なお店が所狭しと立ち並んでいます。
    ここの近くに世界一汚い場所で有名な「ガムウォール」があります!フォトスポットです!

    ◎お薦めランチをご紹介!
    ①クラムチャウダー
    シーフードが有名なシアトルのクラムチャウダーは絶品!
    パイクプレイス・マーケットの中にある「Pike Place Chowder」がちょー有名!
    ※大人気で長蛇の列なので、食べたい方は行列に並ぶ覚悟を・・・

    ②ピロシキ
    ピロシキもシアトル名物!
    パイ生地にいろいろな具材が入っているパンのような食べ物。
    こちらもパイクプレイス・マーケットの中にある「Piroshky Piroshky」が有名。
    こちらも並んでいますが、クラムチャウダーのお店ほど混んではないので、食べ歩きで十分な方はこちらがおすすめ!

  • *ボーイング工場に潜入!*

    続いてはボーイングの工場へ潜入~!!

    90分の見学ツアーに参加してきました!
    携帯を持って入れず、撮影が一切NGなので写真がないですが・・・
    少し内容をご紹介★

    まず5分ほどのボーイング社の紹介VTRを映画館のような場所で見ます。
    そのあと大型バスで実際に飛行機の機体を作っている場所へ!!
    ガイドが英語で案内してくれます。
    ※日本語ガイド立ち入り禁止なので、英語のみです。

    ボーイングの機体の歴史やどういった工程で製造しているか、また実際に機体を組み立てている現場を見ることができます。

    なかなか目にすることができない飛行機の製造過程!
    かなり貴重な体験なのと、説明が英語でわからなくても組み立てる前の飛行機が実際に見れるだけでも大興奮!!
    行く価値あると思います!!!

  • *アウトレットでお買い物バージョンもあります*

    ボーイングの工場見学がなく、代わりにアウトレットでのショッピングが入っているツアーもご用意!

    ボーイング工場はトイレ休憩に立ち寄るだけになります。
    工場見学はいいや~っていう方は是非こちらにご参加を!

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    STWでツアー予約の方限定!【日本語ガイド】バンクーバー発 陸路で国境を通過!シアトル観光とアウトレットショッピング
  • *貴重な体験満載のオプショナルツアー*

    いかがでしたでしょうか。

    日帰りでも結構楽しめますよね?♪

    日帰りビクトリア編とシアトル編とご案内しましたが、短期間でもこんなに楽しめる楽しみ方があります!
    是非オプショナルツアーをうまく使って一味違った旅行を★

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    【日本語ガイド】バンクーバー発 陸路で国境を通過!シアトル観光とボーイング工場見学