★バンクーバー+α★日帰りビクトリア編 | カナダの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

★バンクーバー+α★日帰りビクトリア編

エリア
バンクーバー
/カナダ
テーマ
現地情報
時期
2019/06/05~2019/06/12
投稿日
2019/6/17
更新日
2019/6/18
投稿者
江島 恵

バンクーバーだけもいいけど・・・もったいない!!

折角旅行に行くなら欲張ろう!!
・・・ということで、バンクーバーから日帰りでいけるところを2つご紹介★
まずは同じカナダのビクトリア。
日帰りはオプショナルツアーを使って効率よく満喫しよう♪

スタッフおすすめ!お得ツアー

★エアカナダで行くバンクーバー★日本語での送迎付きで安心♪現地支店がLINEサービス&トラベルラウンジで出発前~旅行中まで徹底サポート♪価格重視!でも好立地のバークレーに宿泊♪5日間

成田発

★エアカナダで行くバンクーバー★日本語での送迎付きで安心♪現地支店がLINEサービス&トラベルラウンジで出発前~旅行中まで徹底サポート♪価格重視!でも好立地のバークレーに宿泊♪5日間

日数:5日間  
旅行代金:78,700円~272,700ツアーはこちら

  • *ビクトリアってどんなとこ?*

    • 地図

    • 州議事堂

    ビクトリアはバンクーバーと同じブリティッシュコロンビア州にあります。


    右の地図を見るとわかりやすいのですが、ビクトリアはバンクーバー島という島にある町です。
    バンクーバーからはフェリーで移動します!

    ◎ポイント!
    実はここビクトリアがブリティッシュコロンビア州の州都!
    州議事堂などもあるんです。
    ブリティッシュコロンビア州ではバンクーバーの方が有名なので州都もバンクーバーかなと思われがちですが・・・
    折角の旅行の機会に州都も訪れてみては?

    町はカナダがイギリス領だったことから、イギリスっぽい古い町並みが特徴。
    また気候がいいのでお花がたくさん咲いています!
    花の都」とも称されるそう。
    町の風景に色が加わって、一眼レフなど持っていなくても撮るだけで絵になる素敵な町です♪

  • *日帰りビクトリアはツアー参加マスト!*

    折角バンクーバーに旅行に行くなら、人生で何度も何度も行けるところではないから、行くなら欲張りに色んなところへ行きたいですよね?笑


    バンクーバーから日帰りでビクトリアへ行くなら
    絶 対 オ プ ショ ナ ル ツ ア ー に 参 加 し て く だ さ い !

    先ほどもお話しましたが、ビクトリアはバンクーバー島という島にあるのでバンクーバーから行くにはフェリーしかありません。
    フェリーは電車やバスのように20分ごととかに運航しているわけではありません。
    でも日帰りだから効率よく回りたいですよね?
    なら、オプショナルツアーに頼りましょう。

    オプショナルツアーに参加してでも行く価値のある町です!
    今回はSTWのオプショナルツアーに実際に参加してきたので、実体験をもとにツアーをご紹介します★
     

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    STWでツアー予約の方限定!【日本語ガイド】バンクーバー発 古き良き英国の面影 ガーデンシティ・ビクトリアとブチャートガーデン1日観光
  • *ツアースケジュール*

    • BCフェリー

    07:30  ホテル出発

         ツゥワッセンフェリーターミナルへ

    08:30  ツゥワッセンフェリーターミナルから
         BCフェリーにてビクトリアへ!
         (所要時間:約1時間半)

    10:35  ブッチャートガーデン観光
         「花の都」といわれる所以がここに!

    14:15  ビクトリアダウンタウン観光(自由散策)
         古き良き英国の町をカメラ片手に散策♪
         州議事堂も見れます!

    16:30  スワルツベイフェリーターミナルから
         フェリーでバンクーバーへ

    19:30  ホテル到着
         お疲れさまでした!




  • *フェリーってどんな感じ?*

    • カフェ兼売店

    • 朝食に並ぶ列・・・

    • 有料ラウンジの中

    • 車ごとフェリーに乗るとこんな感じ!

    先ほども申し上げましたが、ビクトリアへはフェリーで行きます。

    弊社オプショナルツアーに参加された場合、フェリー乗り場まで車で行き、なんと車ごとフェリーに乗車~~!★
    私も初体験でした!その様子は写真にて・・・!

    フェリーの中はすごくきれい!席も豊富で結構広々。
    席はいたるところに点在しているので3席とかを1人でゆったり使っている人が多かったです。

    またカフェや売店、レストランも充実。
    行きは朝早くから出発してフェリーに乗るので朝食メニューのあるカフェは長蛇の列・・・。
    テーブル席も埋まってしまいます。
    売店でサンドウィッチとかを買うほうが賢いかも?

    また有料にはなりますが、通常席よりも少し広い席、且つ全席窓に向かっているラウンジがあります。
    窓向きの席なので眺めも抜群!

    片道1時間半の船旅ですが、長時間でも快適に過ごせる工夫満載です!

  • *ブッチャートガーデン見どころ*

    • 写真1:日本庭園をモチーフにしたコーナーの一部

    • 写真2:アフタヌーンティー会場

    • 写真3:バラ園

    • 写真4:バラ園の中のバラのアーチ

    ビクトリアに着いたら最初にご案内するのはブッチャートガーデン!!


    写真を見て頂ければわかると思いますが、一歩入るとカラフルな世界が広がっています
    どこを切り取っても絵になる風景、日々の疲れが癒されること間違いなしです。笑

    ブッチャートさんというセメント製造業者が採掘が終わった採石場跡を庭園に整備したのがこのブッチャートガーデン
    見どころは3つあります★

    ◎見どころその1:カナダなのに日本庭園!?
    見た目かなり洋風のこの庭園。実は日本庭園があるんです!
    ブッチャートさんの奥さんの発案で日本の美しい庭園をブッチャートガーデンにも入れよう!となったそう。
    (その一部の様子は写真1!)

    ◎見どころその2:お花を眺めながら至福のひととき・・・♡
    またここでのお薦めはアフタヌーンティー
    素敵なガーデンでのアフタヌーンティーが楽しめます!
    夏にはランチにピクニックもやるんだとか。
    (女子が好きそうなアフタヌーンティー会場は写真2!)

    ◎見どころその3:バラってこんなに種類があるの!?
    ブッチャートガーデンに行って私が一番感動したのがこのバラ園。
    一面ぜーーーーんぶバラ!どこを見てもバラ!本当に素敵でした!
    しかも種類豊富なバラたちの名前まで丁寧に書いてあって「少し赤茶色してるから名前にショコラってつくんだ!」とか「なんでシンデレラとかプリンセスって名前についてるんだろう」とか、名前とバラを関連付けて考えることができて楽しかったです。
    (バラ園の様子は写真3と4!)

  • *ダウンタウン見どころ*

    • こんな感じでジェラートがずらーり♡

    • 州議事堂。間近で見ると迫力がすごい!

    ダウンタウンは自由散策ですが、見どころを少しご紹介★

    2つあります!

    ◎見どころその1:暑いときにはジェラートで涼む!
    ダウンタウンの中にある「Oh Gelato Italian Ice Cream」というお店!
    たくさんの種類のジェラートがずらり。
    店員さんに言えば試食もさせてもらえます。
    おすすめは「カナディアンメープル味」♪
    たくさん味がありすぎて選びきれないので、是非是非恥ずかしがらずに試食を!!笑

    ◎見どころその2:やっぱり見ておこう州議事堂!
    ビクトリアはブリティッシュコロンビア州の州都。
    来たからには見ておきましょう、州議事堂を。
    州議事堂はかなり立派。まるで絵葉書を見ているかのよう。
    これは写真に収めるべき風景です!

  • *絶対後悔しないオプショナルツアー!*

    実際に参加して、バンクーバーとは全然違う雰囲気を味わえるし、日帰りで行けるので短期間でも2都市行くことが可能!

    なんだかお得感!笑

    参加して言えること。
    参加して後悔なし!!むしろ充実!!
    これは自信をもって言えます。

    おとぎ話に出てきそうなかわいらしい雰囲気のビクトリアへ非日常を味わいに行きませんか?

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    STWでツアー予約の方限定!【日本語ガイド】バンクーバー発 古き良き英国の面影 ガーデンシティ・ビクトリアとブチャートガーデン1日観光