イエローナイフでの1日。 | カナダの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

イエローナイフでの1日。

エリア
イエローナイフ
/カナダ
テーマ
街歩き
時期
2018/12/15~2018/12/21
投稿日
2018/12/28
投稿者
巽 飛翔

皆様、一度は「オーロラを観たい!」と思われたことはございませんか?

私は死ぬまでには絶対に観たいと思っていました。
それが叶う場所、それはYellowknife-イエローナイフ-です。
ただ、オーロラだけを見に行くのはなぁーっと思われたあなた!
イエローナイフにはオーロラ観賞以外の楽しみもございますよっ!
私のイエローナイフでの朝から夜の美しいオーロラ観賞まで1日のプランを全て公開しちゃいます!
最後までお付き合いください。

  • イエローナイフの朝は遅い!?

    AM10:00 

    おはようございます。イエローナイフの朝は、、遅いです。
    なんと日が昇るのは、AM10:00!!日本では皆さんすでに働かれてますね。(笑)

    寝起きの身体を起こしてまず向かったのは、
    アイスロード
    雪が降り積もるイエローナイフらしい名前のこの観光スポットは、グレートスリレーブ湖が凍って、車も通れるほどの道路になるといった冬に現れる観光スポットです。
    衝撃なのが、このグレートスレーブ湖、なんと202,700㎢もあるめーーーーっちゃ大きい湖なんです!!(世界第10位)
    恐るべし北極圏です。。因みに、この日は-20℃です♪(笑)

    寒い時なら-30℃にも上るそうなので、これでも少し暖かいみたいです。

    ここではぜひカナダの広さを体感してみてください。
    また、この時間に訪れたのには、理由がありまして、
    この雪景色の中朝日を観ませんか?
    冬は空気も澄んでおり、朝の光がとっても気持ちいいです。
    朝のお散歩にいかがでしょうか!

    アイスロードへのアクセス方法としては、
    イエローナイフのダウンタウンから車で5~10分の距離にございますので、タクシーなどをご利用ください。

  • オールドタウンをぶらり♪①

    AM10:30

    ダウンタウンを北上しましたので、そのままオールドタウンをぐるっと1周しましょう。

    オールドタウンは1周30分程で周ることができますが、カフェやレストラン、コンビニにグラス専門店など、立ち寄り場所が沢山ございます。

    まず、立ち寄ったのは、パイロットモニュメント
    ここはグレートスレーブ湖を一望できる展望台になっており、
    夜が明けて間もないイエローナイフの街並みも眺められます。
    パイロットモニュメントはオールドタウンの中心にあり、象徴的なモニュメントなので、オールドタウンに来たからには一度登ってみてください。

    パイロットモニュメントから歩くこと5分にありますのが、
    オールドタウン・グラスワークス
    こちらは色鮮やかなグラスを作っており、またワークショップでオリジナルのグラスも作れるという体験もできるお店です。
    こちらのお店で良いなと思ったポイントは、
    グラスだけでなく、ガラスで出来た様々なガラス製品が購入できる点です!
    特に私がオススメしたいのは、ガラス製のシャンプーボトルです。とてもオシャレですし、お風呂場にあれば雰囲気も変わりそうです♪

    営業時間:AM10:00-PM08:00

  • オールドタウンをぶらり♪②

    オールドタウンをぶらり歩いているとあるカフェを発見!

    休憩も兼ねて入店してみました。
    店内はとても温かい、地元の方の憩いの場といった雰囲気のこのお店はDancing Moose Cafe

    営業時間は8時からなので、ブレックファーストからランチ、ディナーと様々な料理をお楽しみいただけるのも地元の方が集まる理由の1つです。

    今回注文をしたのは、カプチーノでしたが周りの方が召し上がられているお料理も美味しそう!
    カプチーノも冷えた体に染み渡りました。。。

    営業時間:AM8:00-PM20:00


  • オールドタウンをぶらり♪③

    PM0:00
    Dancing Moose Cafe でドリンクのみだったのには理由があります。
    この後にお待ちかねのランチがございますので、、
    私待望のレストランはこちら!
    Bullock's Bistoro
    こちらのお目当ての料理は、極北料理です!!
    皆さんは極北料理をご存知ですか?
    北極圏であるイエローナイフでは、狩猟によって捕獲した野生動物、例えば鹿やバッファローを食材とした料理を主に食べられてきました。鳥獣のお肉だけではなく、極北イワナなども極北料理で頂く食材の一つです。

    以上のお料理がイエローナイフの中でも特に美味しいと有名なのが、こちらのがBullock's Bistoroです!
    開店時間は12:00からなので、20分程少し待ちます。
    すると続々と人が集まってきて中々の行列に!
    既に20人ほどは並んでいました。
    開店後すぐにお店に入れましたが、店員さんが2人なので中々忙しそうでした。
    私たちが注文したのは、「極北イワナ」と「バッファーローステーキ

    極北イワナは脂がのって、まるでステーキの様にジューシー!!
    身がほろほろと柔らかいので、食べやすい!!

    バッファローも頂きましょう♪
    バッファローはまさに肉肉肉っ!ジューシーさはもちろん、柔らかく肉汁が溢れ出て、食べ応え満点の一品です!
    あー、ご飯が欲しくなります。

    どちらもバジルとガーリックが効いたお味なので、皆様が大好きなお味だと思います。
    イエローナイフに来たからにはぜひこちらの豪快なお料理をご賞味ください。
    どちらも1人では食べきれないほどのサイズなので、数人でシェアしてご注文いただくのが良いかと思います。
    以上の2品で男3人でもお腹いっぱいになります。(笑)

    極北イワナ:39.95カナダドル
    バッファローステーキ:39.95カナダドル

  • ダイアモンド見つけませんか?

    PM2:00

    お腹が満腹になったので、そろそろダウンタウンに戻ります。
    ここからはダウンタウンの魅力をご紹介していきます。

    かつて、イエローナイフは金が発掘され、ゴールドラッシュによって開発された街です。
    ゴールドラッシュは終わりを迎えた今、ダイアモンドが採掘され、経済も上昇中なのだそう。
    イエローナイフ産のダイアモンドをご覧いただけるのがこちら!
    NWTダイアモンドセンター

    こちらでは、ダイアモンド発掘の歴史やダイアモンドの原石研磨のデモンストレーションがご覧いただけます。
    実際に研磨体験をすることもでき、中々ダイアモンドを作れる機会なんてないので、私もやってみました♪
    ダイアモンドの原石を削るなんて、失敗しても弁償できませんよ~~なんて考えると手が震えました!(笑)

    店員さんに手伝っていただきましたが、んー、難しい。。
    ルーペのようなもので断面を除くと、、
    原石の断面がキラキラッ!!!

    ほとんど手を引いてもらいながらでしたが、自分が磨いた石がダイアモンドの輝きを放っていたときは感動です!

    また、その場でダイアモンドもご購入いただけます。
    ココだけしかないノーザンライツ(=オーロラ)カットの珍しいダイアモンドもあるそうですので、ダイアモンドご購入をお目当てにイエローナイフに訪れるのも良いかもしれませんね。

    入場料は無料ですので、立ち寄っていただくのも良いかと思います。

  • 北極圏(の近く)にやってきました。

    PM3:00

    皆さん。
    北極圏から400㎞南にあるイエローナイフにやってきたのなら、
    周りの人たちに自慢したくないですか?
    「この前北極圏(の近く)に行ってきてん。」って。
    それを証明するもの、見せたくないですか?
    それが叶うのが、シティ・オブ・イエローナイフ
    こちらでは、北緯60度に到達した証明書と記念のイエローナイフピンバッジが貰えます!
    それが無料として貰えるので、行って損はないですね!
    お目当てとしては以上となりますが、ダウンタウンの中心通りから徒歩10分程ですし、何より賞状を授与されたようで結構嬉しいものです。(笑)


    PM3:40
    次にシティ・オブ・イエローナイフから徒歩5分程にある博物館
    プリンス・オブ・ウェールズ・ノーザンヘリテージセンターをご紹介します。
    展示がテーマ毎に分けられていて、先住民の方々の生活の様子やイエローナイフの歴史、自然・動植物との共存の模様が分かります。
    驚きなのは、展示物のクオリティの高さ!バッファローや白熊などの剥製があり、その風景にもこだわられているので、視覚から楽しめました。
    見応え十分なので、シティ・オブ・イエローナイフと合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

    入場料:無料

  • お土産はこちら!

    旅先で気になるのはやっぱりお土産屋さんですよね。

    イエローナイフの空港にはお土産を買える場所がないので、街中で買って頂くことをお勧めします。
    イエローナイフにあるお土産屋さんはダウンタウンに1つ、オールドタウンに1つございます。

    PM4:40
    ノーザンイメージ
    こちらはダウンタウンの中心にあるお土産屋さんです。
    エローナイフの伝統的な絵画や、石材の置物など美術品が多くありましたので、アートに興味のある方はぜひご覧いただきたいです。
    勿論それらのアートはご購入いただけます。
    また、Tシャツやバッグなどのお土産もございますので、
    ダウンタウンでお土産を買われる方はぜひ!


    PM5:15
    ギャラリー・オブ・ザ・ミッドナイトサン
    こちらはオールドタウンにあるお土産屋さんです。
    ノーザンイメージとは変わって、多くの方が好まれるようなお土産が多い感じがします。
    特にTシャツやパーカーなどの服飾類、鹿の絵が入ったグラスなど、デザインとしてもとても可愛いものもございました。
    お店の規模としても、ノーザンイメージより広いので、少しダウンタウンからは離れますが、オールドタウンの観光とご一緒にどうぞ!

  • ビール好きの方はこちら!

    PM5:45

    実は日本に比べて1人あたり約1.5倍のビールを消費しているカナダ。
    そんなビール好きな人たちが多いカナダでは地ビールも魅力の1つです。

    イエローナイフにある唯一の地ビール醸造所が、
    「NWTブリュワリー・カンパニー」です。

    醸造所の隣にあるザ・ウッドヤード・ブリューハウス&イータリーというレストランではこちらの醸造所の地ビールが飲めるので、地元の方にも人気なレストランです。
    また、4種類の地ビールを飲み比べできるセットもあるので様々なビールを堪能できます。

    フルーティなテイストのビールや、コーヒーのような苦みがあるビールなど日本では飲めないような様々なビールをお楽しみいただけます。

    日本でも主にビールを飲む私も地ビールの種類の多さにびっくりしました。はまりそうです。。。

  • 観てしまいました・・・

    PM9:00

    お待たせ致しました。ついにオーロラ鑑賞のお時間です!!
    今回のオーロラ鑑賞地はオーロラビレッジです。
    こちらの鑑賞地はイエローナイフの中でも絶大な人気と信頼のあるツアー催行会社で、日本人の方の利用も多いです。
    と申しますのも、各国からのスタッフの方々が駐在しておりますので、言語の面でも安心。もちろん日本人スタッフの方もいらっしゃるので安心です。
    また、日本でも有名なカナダグース製の防寒着の貸出があるのも魅力の1つ。実際にお借りしましたが、これならイエローナイフの寒さの中でもオーロラ鑑賞ができるといった暖かさでした。

    鑑賞地にはティピーと呼ばれる三角テントがあり、その中で暖まりながら、オーロラが出るのを待ちます。
    ティピー内には暖炉があり暖かく、コーヒー・ホットチョコレートをはじめとするホットドリンクがあるので、震えながらオーロラを待つことなんてございません!とても快適に過ごすことができます。

    オーロラを待つこと、約1時間。薄っすらと出てきたように感じます。
    試しにカメラを向けると、、薄くですがグリーンの光がっ!!
    画面越しながら初めて見るオーロラに一同大興奮!!
    この日は晴れていて雲もなく、オーロラを観るには絶好の日だそう。更に大きなオーロラに期待です!

    観賞時間は21時-24時までの約3時間ですので、あとは待つのみです!!
    この日は薄くではありますが、常にオーロラが出ている状態でした。

    23時頃、ついにその時がっ!!
    凄いものが見えました、、、!!

    周囲で観賞している方々の歓声と目の前に広がる光景に鳥肌です。
    1枚目、2枚目のお写真をご覧ください。
    写真だからというわけではなく肉眼でもはっきりと観える程大きなオーロラ!!
    この日最大のレベル5!エメラルドグリーンの光が揺れているのが分かるほどです!!

    寒さも忘れ見入っていました。
    約10分程でしょうか。先ほどの大きなオーロラは消えてしまいました。
    まるで幻を見たような気持ちになりましたが、今でも鮮明に心の中に残っています。
    簡単に観れない、ずっとは観れない、だからこそオーロラは価値があり、心を動かされるのかもしれません。
    一生に残る体験が出来ました!

    少しでも皆さんに美しいオーロラを見て頂こうと写真を撮るのに奮闘したのですが、いかがでしょうか。
    この綺麗さ伝わりますでしょうか。
    お写真でしか皆さんにお伝えできないのが、とても残念ですがいつか皆さんがイエローナイフでオーロラを見るときの為に今はお写真で我慢してください。(笑)
    肉眼で見るオーロラの感動は計り知れませんので、
    是非ご自身の目でお確かめいただければと思います。

  • 最後に

    以上、ご一緒にイエローナイフでの1日を過ごしてみて、

    いかがでしたでしょうか。
    イエローナイフの見どころ、魅力を感じ取っていただけましたでしょうか。
    今回はオーロラも観ることができて大満足なプランになりましたが、オーロラ鑑賞以外のイエローナイフもお見せしたくこのような旅日記を書かせていただきました。
    私の旅日記をもとにお昼のイエローナイフ観光のプランを立てていただければ幸いですので、是非ご参考にしてくださいね♪

    それでは、皆さんとイエローナイフ、オーロラのお話しができることを楽しみに待っております。
    北極圏でオーロラをご覧になりたい方、まずはご相談ください!
    最後までご覧いただきありがとうございました。

スタッフおすすめ!お得ツアー

★観賞率が高いカナダオーロラの定番イエローナイフ★設備充実のオーロラビレッジで絶景オーロラ鑑賞&冬期(11-4月)はうれしい防寒具レンタル付♪価格重視ディスカバリーインに滞在♪4日間

成田発

★観賞率が高いカナダオーロラの定番イエローナイフ★設備充実のオーロラビレッジで絶景オーロラ鑑賞&冬期(11-4月)はうれしい防寒具レンタル付♪価格重視ディスカバリーインに滞在♪4日間

日数:4日間  
旅行代金:154,700円~305,700ツアーはこちら