空と滝と私、愛するカナダのため | カナダの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

空と滝と私、愛するカナダのため

エリア
ナイアガラ・フォールズ
/カナダ
テーマ
自然
時期
2018/5/19~2018/05/27
投稿日
2018/5/31
更新日
2018/12/29
投稿者
三原健嗣

今回ご紹介するのはカナダのナイアガラ日帰り観光です!

ナイアガラの滝は三大瀑布としても有名で
必ず足を運びたい地かと思います。
日帰り観光ですと通常はトロントから車で行き来しますが、、、
少し変わった陸、空が楽しめるものを皆様へご案内致します。

スタッフおすすめ!お得ツアー

★AIR+ホテルのシンプルプラン★STW専用ラウンジあり♪好立地&価格重視のバークレー滞在♪4日間

大阪発

★AIR+ホテルのシンプルプラン★STW専用ラウンジあり♪好立地&価格重視のバークレー滞在♪4日間

日数:4日間  
旅行代金:73,700円~364,700ツアーはこちら

  • ユニオン駅からVIA鉄道でGO!!

    • <写真1>海外の駅はどうしてこんなにおしゃれなのでしょうか。。。

    • <写真2>足元もそこまで狭くなく、快適★

    • <写真3>中にチーズとハムが挟まっており、美味

    • <写真4>赤レンガの小ぢんまり感が。。。

    始まりはトロントのユニオン駅となります。

    ユニオン駅の内装はビクトリア調の駅舎で
    写真を1枚撮ってもとても絵になり
    MUSTフォトショットのポイントです!<写真1>

    ユニオン駅でVIA鉄道という
    カナダの各都市を繋ぐ鉄道に乗車します。
    トロントからナイアガラまで早朝に1本、
    夕方に1本電車があります。

    チケットを購入してナイアガラ行きの列に並びます。

    ちなみにユニオン駅の周りには
    CNタワー、水族館、セントローレンスマーケットなど
    様々な観光名所があります。

    時間となり、鉄道がホームに来ました!
    毎回車両の種類は異なりますが
    今回私が乗った車両はアムトラックで
    利用されている車両でした。

    ガタン、ゴトン、、、と音はぜず静かに発車
    ナイアガラを目指しワクワクしながら出発!!<写真2>

    鉄道に乗車して、朝ご飯代わりにパンとコーヒーを購入★
    カードが使えないかな、、、と思いきや
    問題なくカードで支払いが出来ました。<写真3>


    鉄道に揺られること2時間少。。
    遂にナイアガラフォールズ駅に到着!
    駅は赤レンガのおしゃれな外観となっており
    こぢんまりとしております。<写真4>

  • ナイアガラまであと少し!WEGOバス利用でラクラク移動

    • <写真1>ちょっと小さいから見つけにくいかも?

    • <写真2>CANACAではないんですね。。。と少し残念

    • <写真3>VIA鉄道利用者は殆ど乗車します

    • <写真4>さあ到着!後少しで滝!

    さあさあさあ!

    遂にナイアガラフォールズ駅に到着しました。

    駅から歩いて徒歩5分のところに
    WEGOバス停がございます。<写真1>
    (若者向けのファッションブランドではございません)

    WEGOバスはナイアガラの滝周辺を走り回る
    シャトルバスであり、
    WEGOカードがあればナイアガラ周辺の移動はバッチリ★<写真2>
    日本でいうSUICAやMANACAのようなものです。

    さて待つこと10分バスがやってきました。
    日本のバスと同じで正面の電光掲示板に
    行き先が表示されてます。<写真3>

    乗り方は簡単でWEGOカードを乗るときにピッと
    かざして頂き降りる時は、ただ下車するだけです。

    バスに揺られること15分。。。
    ついに!ナイアガラの滝(アメリカ滝)が見えてきました!
    HORNBLOWER NIAGARA CRUISES SOUTH
    というバス停で下車します。<写真4>

  • ナイアガラの滝へ挑戦~ホーンブロワー~

    • <写真1>リフトが出来たら船乗り場まで一直線

    • <写真2>つ、遂に決戦の船へ

    • <写真3>音が!!視界が!

    • <写真4>戦意喪失の私

    みなさんご存知の通り

    ナイアガラの滝はカナダ滝とアメリカ滝の2つがあります。

    そして今回はホーンブロワーという観光船に乗って
    カナダ滝まで観光(戦い)に行きます。

    船の乗船場まではエレベーターを使用しております
    所要時間10分ほどですが
    現在船乗り場まで直接行くことが出来る
    リフトが現在建設中です。<写真1>

    700人弱乗ることが出来る大型観光船のホーンブロワーですが
    ほばほぼ満員の状態で出発しました。
    乗船者には赤いポンチョが配布されます。<写真2>

    最初に言います!
    ポンチョを着ずに、屋外のデッキに立ったら一瞬にして
    ズブ濡れ(敗北)です。

    ポンチョの紐をきつく、きつく限界まで締め
    いざ滝へ出陣。。。

    船は静かにカナダ滝に向かいます。
    まず見えて来たのがアメリカ滝
    滝の幅はカナダ滝と比べて半分のもの
    水が落ちてくる高さはほぼ同じ50メートルです

    船はアメリカ滝の目の前を通り過ぎますが
    小粒の雨が降ってくるような感覚で
    滝しぶきに打たれます。
    正直これくらいのレベルなら屋外デッキに立って居ても
    問題はございません!
    (カナダ滝もこのくらいだろう、楽勝。。)

    さあさあ!いよいよ本命が目の前に来ました。。。
    ドドドドドオオオオオォォォォォォォォ!!<写真3>
    禍々しい音と目の前に恐ろしいほど高い
    滝しぶきが立っていました
    私はこの時悟りました。。。
    カナダ滝アメリカ滝の比ではない、全く別物だ。。。」

    そうこう思考錯誤しているうちに
    いつの間にか船は滝しぶきの中へ。。。

    それは一瞬の出来事でした
    まるで台風の暴雨風の中に放り込まれたかのような
    風圧の強さによる足場の不安定さ
    滝しぶきの大粒の雫を被弾
    視界が真っ白になるというホワイトアウト

    数々の洗礼をカナダ滝から浴びせられました
    (浴びたのは水だけではなく)

    気が付けば空は晴れ、私は戦意喪失。。。<写真4>
    大自然の迫力に押し負けました。。。

  • 滝の見えるレストランで美味しいランチとビールを。。。

    • <写真1>ここが噂の滝が見えるレストラン、期待大

    • <写真2>窓から見える景色はPRICELESS。。。

    • <写真3>カナダビールとパシャリ

    • <写真4>食欲そそる。。

    ホーン・ブロワーで滝壺を観光した後

    みなさんは何をしたいですか??

    そうです!!待ちに待ったランチタイムです!!
    ランチタイムに選んだお店は
    ELEMENTS ON THE FALLS」です。<写真1>
    https://www.niagaraparks.com/visit/culinary/elements-on-the-falls-restaurant/


    こちらのレストランは先程のカナダ滝が見えます。
    2階にございますので、
    少し上の高さから滝を見ることが可能です。

    お昼に夜、共に滝が見えるということで大盛況のため
    事前予約することをオススメします!!

    窓側から見える景色は思わず
    窓が合っても写真を撮ってしまうレベル。。。<写真2>

    カナダビール×カナダ滝でパシャリ!
    何でも映えます<写真3>

    ビールと併せてアンガス牛のステーキも頂きます。
    う~ん、とっても美味しいです<写真4>

  • ワイン好きにはたまらない!担当者も絶賛!太鼓判★

    • <写真1>念願のワイナリーへ

    • <写真2>ワイン畑の見学へ

    • <写真3>製造工程も説明があります

    • <写真4>待ってました!

    腹ごしらえをした後は

    ナイアガラのワイナリーに向かいます!

    個人的にワインは好きなので
    期待を膨らませて移動します。

    ナイアガラで最も有名な「INNISKILLIN」の
    ワイナリーを訪れました。<写真1>
    http://www.inniskillin.com/Niagara/About-Us/Who-We-Are

    ワインの国際的評価も高く、中でもアイスワインが人気です。

    訪れた日は平日でしたが、ワイナリーは広く
    多くの観光客で賑わってます。<写真1>

    アイスワインの枝の数も2本に厳選するといった
    (ブドウに栄養を行き届かせるために)
    こだわりがございます。
    枝が3本以上の場合、ワインの栄養が分散してしまうため
    あえて2本で育てております。<写真2>

    また製造工程を見てから。。。<写真3>
    遂に!!遂に!!!
    ワインの試飲タイムです!!<写真4>
    (これが一番目的です)

    こちらで製造しておりますワインもそうですが
    アイスワインもほんの少しテイスティングが出来ちゃいます!!

    アイスワインのお味は食後酒のケーキなどに合う
    甘~く、何重にも味が重なっており深いコクがございます。

    テイスティングの後はお土産タイムです。
    アイスワインはトロントやナイアガラ市内ではあまりなく
    あったとしても割高ですので
    ここで購入する方が良いかと思います。

    日本での流通量も少なく、
    カナダに来たら是非購入をご検討ください!

  • 意外な方法で帰ります✈✈✈

    • 青空とセスナと私

    • セスナのコックピットもこんなに至近距離に!!

    • 客室はこんな感じ!プライベート感満載

    • トロントのシンボル CNタワー

    そろそろナイアガラとお別れのお時間、、、

    出逢いあれば別れあり、というやつですね(笑)

    通常はナイアガラから車に乗って
    1時間半かけて帰りますが
    今回は15分弱で帰る裏技をご紹介します。

    セントキャサリンズ・ナイアガラ空港からセスナに乗ります。

    トロントから飛んで来たセスナが
    セントキャサリンズ・ナイアガラ空港に到着して
    出発まで時間があれば
    セスナの写真を撮らせてくれます!<写真1>

    何枚か写真を撮り、セスナに乗ると
    コックピットはこんなにも目の前に<写真2>

    客室は10名以下という超プライベート感満載です★☆<写真3>
    ※体重制限があるので要注意です

    両翼のエンジンをかけ、いざ出発です!!!
    心の中にはjigsawの「sky high」がBGMで流れます。

    離陸してから10分弱。。。
    セスナの中からトロントのシンボルであるCNタワーが
    見えてきました!!

    空から機会がないので
    ついつい写真を撮ってしまいます。<写真4>

    飛行時間は気付いたら
    あっという間で15分もせず
    ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港に
    到着です

  • 鉄道×セスナのPRICELESSな旅を

    VIA鉄道セスナを利用して

    少し変わった移動手段ですが

    トロントからナイアガラの車窓景色とローカルの雰囲気
    セスナからの上空景色と時間短縮移動

    旅行中の時間体験はお金では買えません
    有意義な旅行をご提案させて頂きます☆

    是非是非カナダの大自然が味わえるバンフ
    街歩きが好きな方バンクーバ
    星とオーロラが美しいホワイトホース

    カナダには魅力がいっぱい☆
    お問合せお待ちしております!