恐竜時代へタイムスリップ☆ドラムヘラー | カナダの旅行記

支店
渋谷
福岡

恐竜時代へタイムスリップ☆ドラムヘラー

エリア
カナダ
/カナダ
テーマ
自然
時期
2015/07/01~2015/07/02
投稿日
2015/7/5
更新日
2019/11/24
投稿者
カナダ支店スタッフ

私は何故か茶色い大地に惹かれるのですが、以前から気になっていたドラムヘラーに行ってきました!

結論、大満足で星5つ〜★★★★★
地球の凄さを肌で感じ、感動の連続でした!!
ドラムヘラーと言えば、恐竜好きの方の中では有名なようですが、私は恐竜に特別な想いはなく、ガイドブックでみた茶色い景色にただただ惹かれて行きました。
恐竜好きの方でなくても充分楽しむことができますし、地球や進化の歴史について勉強にもなります。
そして、恐竜好きになって帰ってくることでしょう!!
恐竜にどはまりし、帰ってきてから早速「ジュラシックパーク」、「ロストワールド」、「シュラシックパークⅢ」と観ました〜♪
次は「ダイナソー」観ようかな〜。
「ジュラシックワールド」のオープニング3日間の興行収入が、歴代1位を獲得し話題となっていますが日本での公開が楽しみです!!
といっても帰国しないと観れないので、DVD待ちです(涙)
恐竜ブーム再来でドラムヘラーが注目されますように〜〜

スタッフおすすめ!お得ツアー

<1月~3月 出発日限定の特別価格>直行便で行くカナダ最大の都市”トロント” 現地ご滞在の方との合流などSTWならアレンジ自在!ホリデイ・イン・トロント・ダウンタウン・センター宿泊5日間

成田発

<1月~3月 出発日限定の特別価格>直行便で行くカナダ最大の都市”トロント” 現地ご滞在の方との合流などSTWならアレンジ自在!ホリデイ・イン・トロント・ダウンタウン・センター宿泊5日間

日数:5日間  
旅行代金:196,700円~239,700ツアーはこちら

  •  

    ドラムヘラーは、カナダのアルバータ州に位置するバッドランドと呼ばれる地域の中心地にあります。
    バッドランドとは、河川や氷河に浸食された渓谷が広がる荒れた地域のことを言うそうです。
    ドラムヘラーまではカルガリーから車で片道約1時間半の距離です。
    どこまでも広がる牧草地に真っ直ぐに続く1本道、気分爽快なドライブであっという間に到着しました。
    緑の景色が永遠と続いていた所、いつの間にかむき出しの岩山の景色に変わり、ドラムヘラーに到着したと実感。
    本当はドラムヘラーの入り口にあるホースシューキャニオンに立ち寄りたかったのですが、この日はすでに21時を過ぎてしまい、日没も近かったので諦めて直接ホテルで休むことにしました。
    明日の観光がワクワクです。

  •  

    翌日、まずは『ホースシーフキャニオン』へ。ドラムヘラーの観光のいい所はどこへ行くにも近い所です。ほとんどの観光ポイントが車で約15分ほどで着きます。

    『ホースシーフキャニオン』は、バッドランドの地形を見渡せる展望スポットで心地よい風が吹き、とても気持ちいい場所でした!
    上へ登っていくにつれドキドキ・ワクワク気分上昇していましたが、着いて車を降りると、わ〜わ〜わ〜!きれ〜い!超きれ〜い!すご〜い!!なにこれ〜!!!感動!!!

    ミニグランドキャニオンと例えられたりもしているそうです。
    グランドキャニオンとは高さは比べ物にはなりませんが、、、同じぐらいの感動を味わいました!!
    牧草地の緑の世界に突如広がる茶色の世界の神秘さ。幾層もの地層のグラデーションが本当に綺麗で地球の長い長い歴史を感じる場所です。
    茶色や赤色や灰色。こんなに何層にもなっている綺麗な地層ははじめて見ました。
    恐竜が闊歩していた時代や海の底の時代など私が見ている景色の中に地球の何万年もの歴史が詰まっているかと思うと目の前の貴重な光景に圧倒されてしまいました。


  •  

    次は『ロイヤル・ティレル古生物博物館』へ。

    田舎町にある博物館と侮っていたら大間違いでした。
    バッドランドは恐竜や古生物の化石が大量に発掘されており、今でも発掘・研究が行われています。
    展示されている化石もバッドランドで発掘されたものがたくさんあります。
    展示されているのは本物の化石!それも原寸大の完全骨格の姿のものが多数あり迫力満点!
    触れてもいい化石や戦っている姿で展示されていたり、実際の姿が後ろに描かれていたりと展示方法も工夫されており飽きさせません。
    音声ガイド端末のレンタルもあり、嬉しいことに日本語も用意されています!
    全部で40ポイントぐらいあり全部聞いていくと3時間は必要かと思います。
    今回は半分ぐらい端折りましたがそれでも2時間以上かかりました。
    また、研究員が化石をクリーニングしている姿が公開されており、研究員に直接質問することも可能です。
    化石発掘の疑似体験や化石のレプリカの作成、ガイド付きハイキングツアーなど実際に体験できるプログラムも豊富で子供も楽しめます


    『ロイヤル・ティレル古生物博物館』 http://www.tyrrellmuseum.com/

  •  

  •  


  •  

    ドラムヘラーはまさに恐竜の町。町のあちこちに恐竜の像が置かれています。
    中でも観光案内所にある巨大な恐竜は目立ちます!
    この恐竜、階段で登ることができ(有料)、口の中が展望デッキになっています。
    観光案内所前は公園になっていて、この日は週末なのでたくさんの子供たちが水遊びしてました。
    砂漠の町で貴重な水遊び場なのでしょう。

  •  

    次は『ローズデール』へ。
    ここはロッキーのバンフ国立公園から流れてくるレッド・ディア川にかかった鉄筋の吊り橋。
    下は見えるし、風で揺れるしでちょっとしたスリルを味わえます。
    吊り橋を渡った先は丘になっていて、5分ほどで上まで登ることができます。
    手すりなどないし、滑るしで高所恐怖症の私からするとエアーズロックを登りかけた時と同じぐらいの怖さを感じました。
    登る方はすべり落ちないようにご注意を。

  •  

    最後は『フードゥー』へ。

    フードゥーとは浸食によって不思議な形となった岩の事を言います。
    奇岩と言えば、トルコのカッパドキアが有名ですが、ドラムヘラーのフードゥーはエリンギの形をしていてとっても可愛いです♪
    現在は柵が作られていて勝手に触ったり登ったりできないように守られていますが、周りの岩には登ることができます。


  •  

    今回はドラムヘラーでの観光時間が半日ほどしかなく慌ただしい滞在となってしまいました。

    レンタカーを借りての1泊2日で2日間はゆっくりと滞在されることをお勧めします。
    カルガリーやバンフから日帰りのオプショナルツアーの参加も可能です!

    次回は、ダイナソー州立公園まで行ってみたいと思っています。
    ドラムヘラーから約150km行った場所にあるダイナソー州立公園は世界自然遺産に登録されており、今でも化石の発掘が行われています。
    自分たちでトレッキングしたり、公園内をまわるガイドツアーもあります。
    足元に化石があるかもしれないなんてロマンがあります。

    恐竜に興味がある方もない方も、大人から子供まで楽しめますので是非訪れてみて下さい。
    カナディアンロッキーで雄大な自然に感動した帰りに、カルガリーに1〜2泊して地球の歴史に感動して帰るなんてお勧めです!!