★子連れバリ島★ヴィラ&ホテル両方泊まるのんびり旅 | バリ島他インドネシアの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

★子連れバリ島★ヴィラ&ホテル両方泊まるのんびり旅

エリア
バリ島
/バリ島他インドネシア
テーマ
ファミリー
時期
2018/07/25~2018/07/30
投稿日
2018/8/29
更新日
2018/8/30
投稿者
水野 絵美

今年はちょっと早めの夏休み。

昨年の11月のマウイ島はちょっとお天気が悪い日が多く、今年はベストシーズンのところ行ってみる?ということに。
☆ベストシーズン
☆直行便
☆いいホテルに泊まれる
☆ごはんがおいしい
☆子供(4歳)も楽しめる
☆なるべく安い
→こちらの条件で、約6年ぶりのバリ島に決定!
次にホテルどこにする?
私→いつもヴィラだから今回は大型ホテル、プール広いところがいい
夫→以前泊まったヴィラが忘れられない、ヴィラがいい
娘→プール!!
→ということで、ヴィラとホテル半々で泊まりましょう、となりました。
フライトはガルーダ航空直行便でいざ出発♪

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪中国南方航空利用≫リピーター多し!価格重視で選ぶ老舗ホテルならここ!ロサニ・ホテルに滞在バリ島4日間☆名物バビグリン(豚の丸焼き)&人気スイーツ&お洒落なソープなど4大特典付!

大阪発

≪中国南方航空利用≫リピーター多し!価格重視で選ぶ老舗ホテルならここ!ロサニ・ホテルに滞在バリ島4日間☆名物バビグリン(豚の丸焼き)&人気スイーツ&お洒落なソープなど4大特典付!

日数:4日間  
旅行代金:36,800円~139,800ツアーはこちら

  • 宿泊先の「THE SANTAI」へ

    • 隠れ家ヴィラですがフロントの佇まいが立派!

    • サービスの軽食 

    • なるべくヘルシーなものをオーダー

    バリ島の空港に到着予定は17:30だったものの、なぜか16:50に到着。しかしそこからが長かった!
    のんびりスタッフが多いのか、、、荷物受取後18:00すぎにようやくガイドと合流。

    バリの渋滞は高速ができてだいぶ解消されたと聞いたのはまぼろしか、、道路は相変わらずの激混みでした。
    サンタイヴィラはスミニャック、クロボカンのさらに先、ウマラス地区にあり、空港からの距離は通常40分ほど。
    到着したのは19:30くらいでしたので、約1.5時間かかりました!

    夕食はどこかへ食べに行こうと思っていましたが、チェックインすると「軽食のサービスがあるけど持ってきてよい?」とのこと。
    お願いすると15分ほどで素敵なワンプレートが。
    カナッペのようなものを想像していた私たちは出来立てのおかずにびっくり。
    全部おいしかったですが、中でもレモングラスのつくねが最高でした!

    若干満たさせてしまったため、この日はホテルのレストランで軽くすますことに。

    「GONGレストラン」ではソトアヤム、ソムタムサラダ、子供用にナシゴレンなどをオーダーしました。
    心配していた子供の食事ですが、ナシゴレンはどこでも辛くなく、4歳娘は気に入って食べていました☆





  • 朝食はヴィラ内orレストランお好きなほうで

    • GONGレストラン 

    • フルーツサラダとミックスジュース。

    • こちらがキッズプレート

    サンタイの朝食はレストランまたはヴィラ内どちらか好きなほうでいただくことができます。
    私たちは初日はレストラン、2日目はヴィラでいただきました。

    ほぼ満室なはずなのに滞在中レストランでほとんどゲストを見かけず。たしかに外のレストランよりは少し割高なので、ほとんどのゲストはスミニャックまたはチャングーのほうまで足を延ばしているのかもしれません。(歩ける範囲にもレストランはいくつかありましたが、あまり入りたいと思えるところはなさそうでした)

    朝食はサラダ類から1つ、メインから1つずつ選べるのですが、それぞれ8-10種類くらいありました!
    フレッシュ生ジュースはヴィラホテルの醍醐味ですね。大型ホテルの朝食ではなかなかフレッシュ生ジュースは出てきません。

    娘はキッズプレート。(ヴィラなのにキッズプレートがあることに感動。さすが子連れ歓迎ヴィラ!
    大好きなイチゴとベーコンとゆで卵にご満悦。
    パンケーキ部分だけ残すという斬新な食べ方をしておりました。
    店員さんも子供にとってもやさしかったのが印象的でした。


  • サンタイの広~いお部屋とプール!

    • 早速シャチ君に乗りますが、数分後落っこちて怖い存在に。。。

    • 5m×10mの広ーいプール

    • バスルームも広い!奥にシャワーブースもあります。

    翌日からは朝からプール!

    この時期朝はちょっと涼しいですが、娘は朝からプールまっしぐらでした。

    サンタイではフロートの貸出がありますが、リクエストしたところ我が家にはこのシャチ君(イルカじゃないよね?)が置いてありました。(有料フロートもあります)

    サンタイのヴィラ、とにかく広いんです。
    こちらは2ベッドルームヴィラですが(私たちのように3人の場合はそのうちメインルームのみ利用)なんと350㎡!
    プールの広さも10メートル!
    今まで泊まったヴィラの中でも一番広いプールだったと思います。

    バスルームも広く、シンク2つにシャワーが2か所もあります。
    バスタブは広いわりにはお湯がたまるのは早く、とても使い勝手がよかったと思います。

    内装は姉妹ホテルとあって「THE BALE」と似ています。
    冷蔵庫もベッドルーム、リビングルームと2か所にありました。
    お部屋内には無料のホームメイドクッキー無料のミニバーまで。
    アルコールは入っていませんが、お水やコーラなど無料なのもありがたかったです。




  • スミニャックの街歩きスタート~おすすめベトナム料理「BO&BUN」

    • ロビーでクッキーを食べながら車の準備を待ちます♪

    • スミニャックの街についたとたん抱っこー(;´д`)

    • ベトナム料理[BO&BUN]すごいおすすめです!!

    • この旅のNO.1 Spicy lemongrass Pho 絶品でした!

    サンタイのロビーでスミニャックの街に行きたいとリクエストしたところ、スタッフが街まで送ってくれるとのこと。
    サンタイでは決まった定刻バスなどはないので、希望に応じてシャトルサービスをしてくれます。

    スミニャックの街は相変わらずものすごい交通量!
    今回のショッピングルートは、ラヤスミニャック通りの「アシタバ」で降ろしてもらい、オベロイ通りスミニャックヴィレッジを通ってジンバランビーチに出てゴールは「ラ・ルチオーラ」まで、おおよそ2.5~3kmくらいです。

    しかし、、、午前中プールに入って疲れた娘は抱っこ~~・・・

    重い、暑い、重い、、、ということで、歩き始めてすぐ休憩。
    行ってみたかった「BO&BUN」へ。
    有名な「カフェモカ」を過ぎたところにあるベトナム料理店で、
    店内はレトロでビンテージ風なおしゃれな雰囲気☆

    頼んだものはこんな感じ。
    フォーガー 75000RP
    スパイシーレモングラスフォー 95000RP
    ビンタンビール(大瓶) 70000RP*2
    サテのセット 50000RP
    TAX+サービス税入れて合計 438900RP  
    全部で¥3400くらいです。

    ここのレモングラスフォー、絶品でした!!
    安いわけではないですが、欧米の観光客であふれており、お店に入って間もなく満席になっていました。

  • おすすめショップ「BALIZEN」「プスピタ」

    • 「BALIZEN」はスミニャック本店のほかウブド店もあります!

    • 星、花、葉っぱ、パイナップルなどモチーフのキュートな雑貨がたくさん

    • 買いそびれた星型のナプキンリング。飾りにも使えたなーと後悔。

    • 「プスピタ」にはカラフルワンピからシックなワンピまでそろいます。

    娘が寝たので、、、行きたいお店だけピックアップしてまわることに。

    「BALIZEN」・・・バリフリークなら絶対知ってるおしゃれインテリアと雑貨のショップです。
    アメリカ人デザイナーがオーナーで、女子向けのデザインにバリのスパイスが効いたおしゃれ小物がたくさん置いてあります。
    クッションやベッドカバーなどのファブリックから、テーブルウェア、雑貨、ベビー雑貨などカラフルに並んでいます。

    「プスピタ」・・・リゾートワンピがたくさんそろうこちらのお店。実は子供用(2-5歳用と5-10歳用)もあり、親子でリンクコーデができちゃいます♪
    バティックからつくられているので手触りがよく、バリにしては(失礼)裁縫がきちんとしていて、私もリピーターの一人。
    今回はここで娘のワンピースをゲット。
    女子旅でおそろワンピなんかもおすすめですよ!

  • ハイセンスなお店が集まる「スミニャックビレッジ」

    • おしゃれなお店のそろう「スミニャックビレッジ」

    • スミニャックビレッジ内観、吹き抜けでとっても明るい

    • どう撮ってもインスタ映えにならないのはなぜ。

    2015年にOPENしたスミニャックビレッジに初めて入店。
    1.2階がメインで、デザイナーズブランドからレストラン、マーケットプレイスまでいろいろなお店が入っています。

    感想としてはどの店舗もわりとお高目・・・

    でもお土産店も売ってますし、トイレも綺麗なので、休憩したりちょっと覗いてみるにはおすすめです。
    隣接するスミニャックスクエアもそうですが、インスタ映え狙った派手なモニュメントや壁紙も多いです。

  • おすすめお土産ショップ「COCONA」

    • ココナッツオイルで有名な「ココナ」入口

    • これは小さいほうのオイル

    • 本日の購入品。少な~~~!

    スミニャックビレッジの向い側にあるこちらのお店「COCONA」
    オーガニックのバージンココナッツオイルが人気!と聞いて今回お土産はココと決めていました。

    店舗内にはメインのバージンココナッツオイルのほか、ボディスクラブボディクリームヘアパックなどいろいろな大きさで販売されています。
    ココナッツオイルは日焼けの乾燥肌にもよく、保湿効果またヘアオイル、さらに料理などでも使えるそうです!

    私もココナッツオイルとヘアトリートメントを購入。トリートメントはとってもいい香り&使用感もいい感じ♪
    ココナッツがちょっと苦手、という方でも利用いただけると思います。

    ココナの隣にある「マイカップオブラブ」というアクセサリーショップもかわいくてちょっとしたアクセサリー購入におすすめです。すべてハンドメイドだそうで、一点もののアクセサリーもたくさんありましたよ。

  • スミニャックビーチでサンセット&「La Lucciola」でディナー

    • 娘は海を見てテンションアップ!

    • ラ・ルチオーラの外観。私たちは2階をリクエスト。

    • おいしかったフェトチーネのクリームソース

    • ビーフフィレは量は少なめ、ぺろりでした

    目的のものも買えたので、ビーチまで歩くと、すでにいい感じの時間帯に。
    決して綺麗とはいえないビーチですが、やはりスミニャックレギャンエリアのサンセットは遮るものが全くなくて素敵です。

    今日のディナーは「ラ・ルチオーラ」
    今どきの新しいお店がひしめくスミニャックエリアで、バリらしいナチュラルな佇まいでどーんとかまえる老舗イタリアン、人気のため事前予約しました。
    1階は喫煙、2階は禁煙なので、私たちは2階席のビーチ側の席をリクエストいたしました。
    2階は席によっては海や夕日が見えにくいので、開放感がある感じがお好きなら1階もいいかもしれません。

    金額は大人2+子供1でこんな感じ。
    pasta 145000RP
    pasta 155000RP
    Beef Fillet 310000RP
    カクテル 115000RP*2
    アイスクリーム 80000RP
    TAX+サービス税入れて合計 1072720RP
    おおよそ ¥8600くらいです。
    バリではなかなかの高額!

  • ヌサドゥアへ移動 「ムリアリゾート」へ!

    • ムリアリゾートの中心エリア

    • フロントから見下ろすと全景が見渡せます

    • シグネチャーオーシャンビュー 57㎡

    お昼過ぎにムリアへ移動。スミニャックからヌサドゥアへは日中でもそこそこ渋滞しており45分ほど。

    ヌサドゥア来ると、あーリゾート来たーー!という感じになります。
    今回の宿泊は「ムリアリゾート」
    「ザ・ムリア」「ムリアヴィラズ」と合わせて3つのリゾートを構えた超大型リゾート。

    今回宿泊はムリアリゾートの中のシグネチャーオーシャンビューという客室です。リゾート棟はスイート以外同じ造りで、景観が異なります。シグネチャーオーシャンビューは、斜めからプールや海を見渡せる客室

  • 「ムリアリゾート」を選ぶ5つの理由

    • チャペルを囲むように、プール、レストランがまとまっています

    • ムリアビーチ ここを歩いていくとゲゲルビーチへ到着します

    • こちらは一番広くて人気のオーシャンプール

    • ムリアキッズ 通る度に覗くと常に子供とスタッフたくさんいました

    ヌサドゥアに泊まるなら今回はココと決めていました。
    理由は・・・

    1、バリ史上最大といわれる敷地、部屋数なのに、レストラン、プールなどメイン施設がぎゅっとしている
    ビーチまでのアプローチも近い!
    ぎゅっとって何?という方、敷地が広いリゾートは移動が本当に大変なんです。。。

    2、ビーチが広い!綺麗!
    ホテルスタッフが毎日清掃しているのでビーチがとっても綺麗。この辺はジンバランのパブリックビーチとは比べ物にならない。

    3、プールが広い。たくさんある。

    4、キッズルームやアクティビティがある。
    時間があれば預けてみようと思いましたが、今回はその時間がなく結局使わず。

    5、食事がおいしい!
    研修だと1日中ホテルを出ない、ということがないので、今回はホテルを1歩も出ずにホテルをフルで楽しむということをしたかった




  • ムリアリゾートのプールいろいろ

    • ムリアレディが見守る海目の前 オーシャンプール

    • ロビーなどに近いレディースコートヤードプール

    • キッズ用スプラッシュプール

    • ど真ん中にあるコートヤードプール

    ムリアリゾートのゲストが使える主なプールは4つ
    これだけの敷地のリゾート、さぞかしプールは混んでいてデッキチェアも朝イチで確保しないといけないのでは、と思っていたら、全くそんなこともなく場所取り不要、本当に満室なの?と思うほどでした。

    1、オーシャンプール
    一番人気 ビーチが目の前のプールです。
    プールバーもあり、ここが一番にぎわっています。

    2、レディースコートヤードプール
    こちらは人が少なくて穴場なのんびり用プールです。
    ここにもプールバーがあります。

    3、キッズ用 スプラッシュプール
    50cmほどのプールなので、0-2歳に最適です。4歳の娘には物足りないかったらしく、私たちはほとんど使いませんでした。

    4、コートヤードプール
    真ん中にある大きなプールで、家族連れやシニアカップルが多かったように思います。
    私たちも3日間ほとんどこのプールにいました。

  • ムリアのおすすめいろいろ

    • ブーゲンビリアが咲き誇る敷地内

    • オーシャンプールの開放感、はんぱない!

    • DJのいるノリノリの海正面プールバー

    ☆お庭が素敵
    敷地内はブーゲンビリアアデニウムプルメリアなどお花が咲き誇っていてとっても綺麗。
    バリ島はいつでも花は咲いていますが、特にブーゲンビリアは乾季のこの時期が満開で一番綺麗です。

    ☆なんといってもオンザビーチの開放感のあるプール
    スミニャックのオンザビーチのインフィニティプールは夕日ビュで最高ですが、どうしてもプライベート感はありません。
    ここは白砂ビーチで右隣にはホテルがないのでほぼプライベートビーチ。

    ☆DJ音楽の流れるプールバー
    朝はわりとのんびり、昼間はノリノリのクラブミュージック、などDJが時間にあわせて音を流していて、お酒もすすむ立地最高のプールバー

  • ウェディングもおすすめ「ハーモニーチャペル」

    • チャペル周辺もブーゲンビリアが咲き誇ります

    • さえぎるもののない海正面のチャペル

    • まるで海の上を歩いているような入場シーンが撮れます

    • 中はエアコン完備!

    ムリアリゾート敷地のど真ん中、海正面を望む「ハーモニーチャペル」は挙式も可能です。
    チャペル周辺は水面に囲まれ、大人っぽい雰囲気のモダンなチャペル。
    二人だけの挙式でもご参列者様がいてもどちらもおすすめできる会場です☆

  • 「Table8」で中華ビュッフェディナー

    • 小鍋料理 10種類くらいありました!

    • 点心は15種類くらい!全部おいしかったです。

    • 点心メニュー。読んでもあまりわからないのでおすすめをリクエスト!

    • 本格的な北京ダック、絶品でした。

    ムリア初日の夜は「テーブル8」の中華レストランへ。
    レストランは予約なしでも入れそうでしたが、私たちはチェックイン時にここと翌日のソレイユの予約をしちゃいました。
    予約をするときに「ドレスコードありますよ」と教えてもらいました。
    男女ともにスマートカジュアル指定。

    ここではアラカルトとビュッフェを選べますが、入口から素敵なメニューが並んでいて迷わずビュッフェをセレクト。
    (まわりを見たらアラカルトも半分くらいいました)

    品数がものすごく、前菜、冷製料理、点心、スープ麺、小鍋料理、セレクトできる炒め物、デザート、アイスなどなど

    小鍋料理は英語表記も想像できなかったので、おすすめのものと、辛くないものをセレクト。
    点心もこの日は15種類!焼売とエビ餃子以外わからなかったので、ここでもおすすめのものをいくつかセレクト。
    そのほか北京ダックアワビなどの高級品も絶品。
    胃袋が足りない!と思う品数で、ぜんぜん食べきれませんでした。

    ちょうど2for3プロモーションというのを見つけたので、本来子供は半額かかるところ、大人2名のみの金額でとってもラッキーでした!

    金額は大人2+子供1名無料でこんな感じ。
    一人388000RP*2名分
    これにアルコールやTAX+サービス税入れて合計 1280000RP
    おおよそ¥10000ちょっとです。
    バリでは高額ですが、日本で同じものを食べたらこの倍はいくと思います。

  • 「THE CAFE」で朝食ビュッフェ

    • お部屋から見える朝日。夕日は見えませんが、朝日もとっても気持ちいい!

    • ベーカリーは小ぶりでいろいろ味見したくなる

    • TABLE8と似たフォースープ。パクチーもりもりにしていただきました!

    • 日本食コーナーには味噌汁、お寿司やお刺身までありました

    朝食はムリアリゾートのメインダイニング「ザ・カフェ」です。
    ザ・ムリアムリアヴィラズのゲストは、ココの朝食のほか専用のラウンジでセットメニューの朝食も取れます。

    夜もビュッフェ、朝もビュッフェで私の胃袋大丈夫か、、という感じですが、ムリアの朝食はいわゆる卵料理とベーコン、みたいな朝食だけではなく、フォーやお刺身など軽いメニューも豊富なのがポイント。

    中華、韓国、ベトナム、イタリアン、インド、日本食などなど世界各国料理が朝から堪能できます。
    今まで食べた朝食ビュッフェの中でも間違いなくNO.1です!

  • ムリア流 プールの楽しみ方

    • フロート150,000RP~ 大小いろんな種類があります

    • 何度も落っこちたメガユニコーン

    • プールサイドで食べるサンドイッチとビールってなんかリア充

    ムリアファンとしてはインスタもチェックしているわけですが、、こちらのリゾート、インスタ映えかなり力を入れてます。

    オーシャンプールでは利用不可となりますが、フロート有料貸出していました。
    スタッフとお話して、なんとなくノリで、、、、借りちゃいました!

    メガユニコーン。実際これ、寝転ぶにはいいですが、思った方向にまったく行きません。何度か落ちました。笑
    そしてインスタ映え写真はどうやっても撮れません。恥

    この日はホテルを出ないと決めた日。
    着替えるのも面倒くさい、そんな時はプールサイドで軽くランチ。
    クラブサンドイッチのセット+ビールで2人で290,000RP(TAX込)でした。(約¥2300)

  • 「ソレイユ」ウィークエンドディナービュッフェ

    • ソレイユは唯一のビーチフロントレストラン、予約必須!

    • 芸術的な盛り付けの前菜の数々、見た目だけではなく味もおいしい!

    • エビ、オイスター、ホタテ、などシーフードメニューが多い

    • 宝石のようなデザートたち。チョコレートフォンデュまでありました!

    え、またビュッフェって思う方、そうなんです。立て続けのビュッフェ、胃袋がんばりました。

    「ソレイユ」はムリアで唯一ビーチフロントにあるレストランで、こちらもアラカルト前菜ビュッフェ付コースが選べます。
    この日はちょうど金曜日。金・土限定の週末ディナーがやっているとのことで、迷わずコースをセレクト。
    ドレスコードはスマートカジュアル。

    ここの前菜ビュッフェがまた本当にすごい
    盛り付けも全部素敵だし、味も全部おいしいです。クオリティが高すぎてびっくりしました。
    ウィークエンドディナーは、前菜ビュッフェ+手作りパスタ数種類からセレクト+メインコースセレクト+デザートビュッフェ、というものです。
    ワイン飲み放題付のコースもありました。
    パスタは画像撮りそびれましたが、もちもちして絶品でした!

    こちらでも2for3プロモーションを使えるか図々しく聞いてみるとOKとのこと。

    金額は大人2+子供1名無料でこんな感じ。
    一人400000RP*2名分
    これにアルコールやTAX+サービス税入れて合計 1240000RP
    おおよそ¥10000弱です。

    バリに来た際はまた来たいと思うレストランです!

  • 最終日の過ごし方 バリコレクション~クイーンローズスパ

    • バリコレクション内は歩きやすく、遊具のあるエリアもありました

    • 子供がぐずってきたので、店内に遊具のあるレストランでランチ

    • ジンバランのクイーンローズスパへはヌサドゥアから20分で到着

    • こちらがスパのキッズルーム。DVDや絵本も日本のものが置いてありました

    いよいよ訪れてしまった最終日。
    午前中はぎりぎりまでプールに入り、12:00チェックアウト。

    せっかくなので一度も行ったことがない「バリコレクション」に行ってみることに。
    実際買い物はだんぜんスミニャックのほうが安く、ぶらぶらして終了。ただヌサドゥア内でホテル以外のレストランに行くには良いかも。

    15:30より予約していたクイーンローズスパへ。
    こちらのスパ、子連れにはうれしいバリ島唯一のキッズルーム完備のスパなんです。
    日本人スタッフもいて施術中も安心して預けられます。

    今回は1.5時間のシンプルチョイスパッケージ 660,000RP(TAX込)¥5000前後 を予約。
    しばし至福の時間を過ごさせていただきました。
    心配していた子供もその間なぜか終始爆睡。

  • クタエリアを散策~サンセット~「GABAHレストラン」

    • ディスカバリーモール裏手のビーチは人でいっぱい

    • ビーチ側に出れば真っ赤なサンセット

    • Ayam Bakar Plecingan ピリ辛でおいしかった!

    • ラウンジ近くのバビグリンのお店

    最終日、クタにある弊社ラウンジ立ち寄りで空港へ向かうため、クタで時間つぶし。(ホテルから直接空港に行くこともできます)

    クタラウンジから徒歩5分ほどのところにあるディスカバリーモール。こちらではばらまき土産やお菓子を買うのをおすすめ!
    行ったら裏手のビーチにぜひ出てみてください。
    サンセットを見る人でいっぱいです!

    最終日に綺麗なサンセット♪おすすめです。

    安定のラマヤナのGABAHレストランでディナー。
    ラマヤナクタスクエアもラウンジも近く、拠点にするのに最適です。

    大人2+子供1でこんな感じ
    Ayam Bakar Plecingan 105000
    SotoAyam 58000
    カクテル98000*2
    サラダ78000
    キッズナシゴレン
    などTAX込で 合計570000RP (約¥4500)でした。

    また近いうちに絶対来る!と確信したバリでした♪
    ヴィラも大型ホテルも捨てがたい、そんな方はぜひ分泊をおすすめします!
    私たちは結果どっちも泊まってよかった!
    スミニャックの街が歩きにくいこと以外は、子連れ旅にとってもおすすめですよ!