| バリ島他インドネシアの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

エリア

/バリ島他インドネシア
テーマ
時期
投稿日
投稿者

  • 「ザ・ムンジャンガン」の場所→バリ島 地図で言うと左上!

     
     バリ島ングラライ空港から車で約3時間。地図で言うとずっとずっと北上して左上。もうすぐそばにはジャワ島がありバリ島のすごくーーく端という感じな場所です。
    このリゾートは382ヘクタール(ha)もありものすごく広いんです。382ヘクタールって・・

     

    *1kmx1km=100ヘクタール ということは 2kmx2km=400ヘクタールなので1週するのに約8km

    *ディズニーランドとディズニーシーを合わせると100ヘクタール。ということはディズニーランドとディズニーシーを足した約4倍

    *東京都中央区が1000ヘクタールなので約その半分・・・ちなみに諏訪湖も同じぐらいなのでその半分・・・

    とにかくこのこんな広いのに22室しかないリゾートもすごいなぁ・・・と旅日記を書いて(ヘクタールを調べたときに)思ったことでした。

  • 真っ暗闇の中にポツンと明かりが・・・・

     突然、幹線道路から森に入りガタガタ道を入っていくと真っ暗闇の中にポツンと明かりが・・・・
    トムソーヤの冒険のハックの家を思い浮かばせる(すみません立派な塔です。)5階建てのベンキライという木で作られた木造の「バリ・タワー」でチェックインを済ませそのまま2階のレストランでディナー!
      
     この「バリ・タワー・レストラン」は地中海料理、インドネシア料理とあり、毎日ナシゴレン、ミーゴレンとインドネシア料理を食べていた私は・・・・ハンバーガーをオーダー。さすがヨーロピアンが多いリゾートだけあって美味しいし、なんといってもボリュームに圧倒!

    【写真左】自然そのままのレストランでオープンカフェです。
    【写真右】ボリューム満点すぎ!のハンバーガー

  • モンスーンデラックスルーム***夜編

     満腹になり後は部屋で寝るだけ・・・・と思いつつ。
    えっ部屋に行くのに車に乗る??そりゃこんなに広いので車で移動。(約5分)
     
     今日の1泊目は12ルームあるモンスーン・デラックスに宿泊。
    中に入ると・・・うわっ広い!ここを一人で寝るのはもったいないと思いつつ。
    無料のWifiでメールをチェックして就寝。

    【写真左】12室のためだけに使えるプール。
    【写真中央】贅沢に広すぎ。
    【写真右】ベッドもキングサイズなのでこれもまた広すぎ。

  • モンスーンデラックスルームの紹介

    ***モーンスーンデラックスルームの紹介*** 
    Deluxe Room at Monsoon Lodge

    ★12室すべて1ベッドルーム(キングサイズ)→ハリウッドツインベッドにも対応可能
    ★50平方メートル
    ★バス・アメニティ、ハンドメイドソープ、セーフティーボックス、ミニバー、コーヒーメーカー、DVDにDVD専用
    LCDテレビ、I Podステーション付、無料でWifiも使えます。
    ※バスタブは3ルームのみあり。

    ※LCDテレビはDVD専用のみで通常チャンネルは映りません。この機会にお好きなDVDをお持ちください。
     
    【写真左】まさに森の中のプール
    【写真右】国立公園内の木は伐採禁止なので渡り廊下から木がにゅきにょきと・・
    「エコです」(もちろん渡り廊下のほうが後に作ってますが)
     


  • 「ザ・ムンジャンガン」2日目 ”ダイビング”

     今日はダイビング。ということもありガッツリと朝食を食べることで昨日のバリタワーへ車で移動。この車、ワゴン車改造で屋根にいくつかのイスを備えシカや、サルを見ることができるんです。(子供なら大はしゃぎ間違いなし。大人の僕らでも・・・)
    朝食は大自然のロケーションを見ながら最高の至福を味わえます。

    【写真左】ダブルデッキのオープンカート。最高だ。屋根の上は。
    【写真中央】この景色を見ながら朝食は格別に美味しい!
    【写真右】ちなみにセットメニューは食べきれないぐらいボリュームあり。

  •  

     今日はリゾートに併設する「ブルーシーズンバリ」でムンジャンガン島ダイビング。リゾートに常駐しているイギリス人「Mr.フィル」とサヌールから同行してくれた「ヤスさん」とマクロ天国を味わいました。

    雨季なので透明度は若干悪いのですがマクロの宝庫です。
    (そりゃ国立公園内の海ですしね。)レアなものまで見れます。

  •  

  •  

    2本潜ったら、朝にレストランで用意してもらったお弁当(ナシゴレンやサンドイッチなどたくさんの中から選べます。)食べて、休憩後3本目にチャレンジ。

    今回お世話になった、リゾート併設ダイビングショップ
    ブルーシーズンバリの公式ページはこちらから
    http://www.baliocean.com/jp/

    バリ島ダイビング最新情報ブログはこちらから http://blueseasonbali.blog31.fc2.com/



  • 今日のお部屋は贅沢!「ビーチ・ヴィラ」

     ダイビングも終え、今日はリゾートの体験ということで2泊目はビーチ・ヴィラへ。
    うっ・・・ 贅沢すぎ・・・・

    ***ビーチヴィラのご紹介***
    Beach Villa at Sentigi Beach

    ★7室すべて1ベッドルーム(キングサイズ)
    ★105平方メートル
    ★バス・アメニティ、ハンドメイドソープ、セーフティーボックス、ミニバー、コーヒーメーカー、DVDにDVD専用LCDテレビ、I Podステーション付、無料でWifiも使えます。

    ※LCDテレビはDVD専用のみで通常チャンネルは映りません。この機会にお好きなDVDをお持ちください。



    プールはそばになりませんが贅沢なバジュルベイのプライベート感覚なビーチが目の前。

    【写真左】1棟独立型コテージ。二人だけのプライベート空間を味わえます。
    【写真中央】ベッドからは美しいバジュルベイが広がります。
    【写真右】モダンなおしゃれなキングサイズベッド



  •  

    【写真左】ベランダでのんびりとネットも可能。
    【写真右】バスタブとレインフォレストシャワーは屋外にあり。
    (高い壁で囲まれているので外からは見えません。)

  • 最後の日・・・ その1 「バードウォッチング」

     本日は最終日ということもありアクテビティ第一弾:「バードウォチング」を体験。
    朝は5:30に起床して朝6:00からガイドさんと待ち合わせをしてスタート。

    バジュル湾から見渡す朝焼けがきれいだ・・・・・・

  •  

    てくてくとガイドの後についていき、双眼鏡をもって鳥を探します。
    (ぬかるみもあり、サンダルより靴のほうがベスト)

    鳥の声が聞こえると・・・写真のように
    「ほら!あそこ・あそこ、ほらあそこの木だよ・・・」
    「あそこの木って?どこだ?」
    「いっぱい枝がある木だよ」
    「枝なんてどこにもいっぱいあるよ。どの枝よ?」

    と教えあうのですが目標の言い回しが難しく、慣れてない僕らは「あそこ」しか表現できないため一人が見つけてもなかなか双眼鏡の視界に入れるのは慣れるまで難しい。


  •  

    【写真左】ガイドさんが鳥を見つけると日本語表記の案内書で教えてくれます。
    【写真中央】バードウォッチング用のタワーに登ります。
    【写真右】タワーの上だと探しやすい。

  •  

    こちらでは有名な鳥(見れます。)
    カンムリシロムクドリ(英語名:バリ・スターリング)

     目がブルーのアイシャドウをしたような白く美しい鳥。美しさがゆえ乱獲されて今は絶滅の危機に。しかも卵を産んで放置してしまうという無責任な鳥のようでなかなか繁殖が難しいということもあり今は絶滅危惧種として保護されてます。

  • 最後の日・・・ その2 「ホースライデイング 乗馬」

    これはオススメ 「ホースライデイング」 人生初の乗馬!
    1時間もしくは2時間コースがありムンジャンガンの森の中をガイドさんといっしょに散策し、森を抜けるとビーチ沿いから浅瀬まで歩いてくれます。

    【写真左】ダイビングインストラクターの「ヤスさん」似合ってる
    【写真中央】乗馬の途中に鹿にも遭遇。ちなみにムンジャガン=「鹿」の意味。
    【写真右】ガイドさんがきちんと写真を撮ってくれます。

  •  

    どうです?

    この景色!最高でしょう。
     

  • 最後の日・・・ その3「マングローブ・スパ」

     アクティビティーが苦手な方は「マングローブ・スパ」がオススメ。
    名前のとおりマングローブ林の中に4つのガゼボがあり、そこでバジュル湾を眺めながらスパ・トリートメントを受けることができます。

    ハネムーナーにも飽きさせないアクティビティーの数々はリゾートライフを満喫すること間違いありません。

  • バリタワーから眺めるムンジャンガン島・・・さようなら

     自然をたっぷり満喫できる「ザ・ムンジャンガン」。
    ハネムーナーにも家族にも誰でもリゾートライフを満喫できるこのリゾートにぜひ、一度足を運んでみては。

    オススメプランとしては「ザ・ムンジャンガン」だけではなくこちらに2泊~3泊。そしてあなたのお好きな、「ウブド」や「スミニャック」「ヌサドゥア」「クタ」などと分泊プランで選ばれると違った顔のバリに出会えるでしょう。
     


    「ザ・ムンジャンガン」の姉妹ヴィラとして
    ザ・バレ(ヌサドゥア) http://www.thebale.jp/ 
    ザ・アマラ(スミニャックhttp://www.theamala.jp/
    との分泊プランとしていかがでしょうか?

    バリ島プランのことなら!ぜひこちらからお入りください。
    http://stworld.jp/earth_info/BL_ID/

    (終)
     


スタッフおすすめ!お得ツアー

≪シンガポール航空☆関空23:25頃発♪お仕事帰りにサクっとバリ島≫ズバリ料金重視で選ぶなら気軽にクタ・レギャンエリア泊4日間☆バビグリン(豚の丸焼き)&人気スイーツ&お洒落ソープなど4大特典付!

大阪発

≪シンガポール航空☆関空23:25頃発♪お仕事帰りにサクっとバリ島≫ズバリ料金重視で選ぶなら気軽にクタ・レギャンエリア泊4日間☆バビグリン(豚の丸焼き)&人気スイーツ&お洒落ソープなど4大特典付!

日数:4日間  
旅行代金:41,400円~236,400ツアーはこちら