世界遺産ボルブドゥール遺跡とプランバナン寺院 | バリ島他インドネシアの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

世界遺産ボルブドゥール遺跡とプランバナン寺院

エリア
ジョグジャカルタ
/バリ島他インドネシア
テーマ
世界遺産
時期
2011/06/03~2011/06/08
投稿日
2011/07/01
更新日
2017/10/6
投稿者
スタッフ

今回、インドネシアの有名な世界遺産、ボルブドゥール遺跡とプランバナン寺院を観光しました!ボルブドゥール遺跡は、サンライズ鑑賞、プランバナン寺院はサンセット鑑賞に挑みました!! 果たして美しい光景を見ることが出来たのか!? また、ジョグジャカルタ市内や近郊の歴史都市、ソロ観光もしてきましたので合わせてご覧下さい。  

スタッフおすすめ!お得ツアー

★☆★【学生旅行】死ぬまでに見たい世界遺産ボロブドゥール遺跡&プランバナン寺院を満喫♪バリではサーフィンデビューもできちゃう!世界遺産紀行☆ジョグジャカルタ&バリ島周遊5日間★☆★

大阪発

★☆★【学生旅行】死ぬまでに見たい世界遺産ボロブドゥール遺跡&プランバナン寺院を満喫♪バリではサーフィンデビューもできちゃう!世界遺産紀行☆ジョグジャカルタ&バリ島周遊5日間★☆★

日数:5日間  
旅行代金:86,800円~104,800ツアーはこちら

  • 1日目、いざ出発 ガルーダ・インドネシア航空利用

    インドネシアに行くなら!バリ島まで直行便の「ガルーダ・インドネシア航空」利用が最も便利です!
    今回は、なんと!ビジネスクラスに搭乗しました!!
    人生初のビジネスクラスなので、緊張&わくわく、、、ガルーダ航空のビジネスクラスは、180度フラットにシートが倒れ、ピッチも広めでゆったりとしていましたので、バリ島までの6時間半、快適に過ごすことができました!
    弊社では、関空発着のツアーですと、片道35,000円・往復70,000円追加いただくと、ビジネスクラスにランクアップできます(2011年9月30日出発まで)ので、リーズナブルに快適な空の旅を楽しんでいただけ、お薦めです!!
     
    (写真:左) ビジネスクラス1
    (写真:中央) ビジネスクラス2
    (写真:右) ビジネスクラス3

  • ガルーダ・インドネシア航空 ビジネスクラス~食事~

    快適に空の旅を楽しんでいると、食事が出てきました!
    前菜~サラダ~メインディッシュ~デザートと手際よく運ばれてきます。
    和食と洋食(又はインドネシア料理)が選べますが、洋食にしました!
    レストランで食べているような感覚。。。
    おいしい!!!
    特に、ガーリックパンがおいしかったです!
    メニューは3ヶ月に1回替わりますので写真はご参考程度にご覧下さい。
     
    (写真:左) 前菜
    (写真:中央) サラダ
    (写真:右) メイン

  • バリ島(デンパサール空港)到着!国内線乗り継ぎ1

    約6時間半のフライトを楽しみ、バリ島へ到着しました!ここでは、預け荷物を受け取り、国内線へ乗り継ぎます。
    預け荷物を受け取った後、荷物検査を通過すると、「トランジット(トランスファー)デスク」と書いた看板があります。(写真左:デスクはなかった気がするので、通り過ぎないよう注意です。。。)
    その看板前にスタッフの方がいらっしゃるので、預け荷物をそちらで預けることができます。国内線の空港まで持ち運ぶ必要がないので楽でした!
    その後、国際線空港を出て、右手を進むと(写真中央)、徒歩2-3分で国内線乗り場があります。
    そちらで再度チェックインします。(写真右)
     

  • バリ島(デンパサール空港)到着!国内線乗り継ぎ2

    チェックイン後、順路を進むと、国内線空港税を支払うカウンターがありますので(写真左)、こちらで40,000ルピア(約400円)を支払います。ルピア以外の通貨では支払えませんので、国際線空港を出るときに両替所で替えておきましょう。
    空港税を支払うと、搭乗ゲートに出ます。ここには、ビジネスクラスのお客様専用のしっかりしたラウンジもありました。(写真中央)
    ゲートは変更があったり、表示が分かりにくいので、注意深くアナウンスを聞いておいたほうがいいです。(写真右)

  • 国内線

    (写真左:国内線の機材)
    (写真右:国内線の機内食。約1時間15分のフライトですが、軽食が出ます)
    ※バリ島とジョグジャカルタ(ジャワ島)は、1時間の時差があります。日本とバリ島の時差は-1時間、日本とジョグジャカルタの時差は-2時間、、、少しややこしいですね。

  • 到着!ローカルレストランで夕食を

    到着後、ローカルレストランで夕食を頂きました。
    市内でも美味しいと評判の、アヤムゴレンチキン)のレストランです。
    SUHARTIという名前のレストランでした。
    ちょっとパサパサしていましたがおいしかったです!!
    やはりローカル体験も楽しい貴重な経験ですね。

    (写真:左) レストラン内
    (写真:中央) 料理
    (写真:右) チキン



  • 宿泊はハイアットリージェンシー

    今回は、デラックスクラスのホテル「ハイアットリージェンシー」に滞在しました!
    ゴルフ場が9コースある広大な敷地が魅力です。
    プールも広くてリゾート気分を味わうことができます!

    (写真:左) お部屋
    (写真:中央) バルコニー
    (写真:右) 広大な自然



  • 2日目:古都ソロへ

    2日目は、ジョグジャカルタから車で約1時間30分、古都ソロ観光へ行きました。
    18世紀まで首都でしたが、マタラム朝が分裂し、ジョグジャカルタに1つ、ソロに2つの王朝ができました。今にも街には2つの王宮があり、観光のポイントになっています。
    また、ソロでは汽車の乗車体験ができます!!
    ぽっぽ~っと汽笛を鳴らしながら風情豊かなソロの路面を走ります。
    これにはかなり興奮しました!!!

    その後、ジャワ島最大のバティック工場に行き、工場見学をしました。
    1つ1つ手作りで模様を描いていく職人技を目の前に見ることができ、これも貴重な経験となりました。
    私は、勢い余ってバティックを買ってしまいました。笑
    昼食後、王宮までは馬車に乗って移動しました。

     
    (写真:左) 汽車
    (写真:中央) バティック工場内
    (写真:右) バティック購入

     

  • プランバナン寺院でサンセット鑑賞

    ソロ観光を終え、次に向かうのが、

    プランバナン寺院です。

    世界文化遺産の1つで、インドネシア最大級のヒンドゥー教の遺跡です。
    スピリチュアルなパワーを感じることのできる空間でした。

    また、夕日が沈んでいく姿が本当に美しく、しばらく物思いにふけました。。。
     

  • 2日目夜:ハイアット敷地内でインドネシア舞踊鑑賞

    プランバナン寺院からホテルへ戻り、夕食を食べました。
    今日の夕食は、ブッフェディナー&インドネシア舞踊(ラマヤナ舞踊)鑑賞です!
    週1回土曜日に舞踊が行われます。
    バリ舞踊とはまた違った踊りで楽しめます。
    (すみません、どこがどう違うのか詳しくは分かりません。。。調べておきます。。)
    この日に合わせて旅行を計画されてもいいかもしれないですね!
    ハイアットリージェンシーにご宿泊の際は是非ご覧下さい。

  • 旅のハイライト、ボルブドゥール遺跡!

    3日目早朝、、時間は2時30分。。。
    眠い目をこすり、ボルブドゥール遺跡に向け、いざ出発!
    ハイアットリージェンシーホテルから車で約50分、ボルブドゥール遺跡へ到着。
    あたりは真っ暗です。
     
    敷地内のマノハラホテルのロビーに集合し、歩いて登ります。(登るといってもきつい坂を登るわけではありません。階段や道を約10分ほど歩くと着きます)
    4時30分ごろには着きましたが、サンライズの5時45分ごろまで待ちます。
    真っ暗なボルブドゥールも神秘的でした。
     
     
     
    (写真:左) チケットと懐中電灯
    (写真:中央) 真っ暗な遺跡内
    (写真:右) まだ暗い敷地内


  • ボルブドゥール遺跡2

    と、サンライズまであと15分頃と迫った時、ガイドさんが
    「今日は無理そうだね」
    「。。。。。。。。。。」
    結局、今回はサンライズを見ることはできませんでした。。
    ただ、見れたときの感動はすごいんだろうなと思いました。
    また、早朝ですので気温が低く、快適に観光ができますのでお薦めです!

     
    (写真:左) ストゥーパエリア(エリア外から撮影)
    (写真:中央) ガイドさんの説明
    (写真:右) 集合写真


  • ボルブドゥール遺跡3

    尚、昨年(2010年)のムラピ山の噴火による火山灰の影響で、7段目以降( ストゥーパエリア)は現在も登ることができません。

    大胆かつ繊細なつくりのボルブドゥール遺跡は、世界最大級の仏教寺院として今後も世界から注目される存在であることは間違いないと思います。

     
    一度は訪れたい世界遺産を見ることができ、本当に充実の旅となりました。