世界の中心と美しき街へ | オーストラリアの旅行記

支店
渋谷
福岡

世界の中心と美しき街へ

エリア
オーストラリア
/オーストラリア
テーマ
自然
時期
2010/9/20~2010/9/27
投稿日
2010/10/7
更新日
2017/10/6
投稿者
町田ちひろ様

エアーズロックに登りたい!そう思ってオーストラリアに旅行を決め、もう1箇所行くなら・・・と
悩んで色々調べたらパースがすごくいい街だという話を聞いてパースに決めました。
初めてオーストラリアに行くのにパースを選ぶなんてマニアックですね!なんて言われましたが(笑)
エアーズロックもパースも本当に期待通り!!ぜひオススメします。

スタッフおすすめ!お得ツアー

★カンタス航空直行便利用★街歩きに便利な立地のバッドマンズヒルオンコリンズ泊/空港⇔サザンクロス駅間のシャトルバスチケット付き♪4日間

羽田発

★カンタス航空直行便利用★街歩きに便利な立地のバッドマンズヒルオンコリンズ泊/空港⇔サザンクロス駅間のシャトルバスチケット付き♪4日間

日数:4日間  
旅行代金:115,800円~206,800ツアーはこちら

  • 絶景なり!絶景なり!

    香港、シドニーを経由しほぼ1日飛行機に乗り、赤土の大地に降り立った。
    気候は穏やか。到着日はサンセットとBBQツアー!夕日の名所のようで、沢山の人々で賑わっていた。ツアーで用意されたシャンパンとチーズを手に沈み行く太陽に照らされて、真っ赤に染まるウルルを眺める・・・なんて美しい!!なんて贅沢なひと時なんだ!!!!
    夕日が沈むと暗くなるのはあっという間で、陽があたらないとウルルは先ほどの神秘的な赤い岩から一転。
    何もない周りの景色の中に堂々とそびえる黒い岩になった。少し恐ろしく感じるぐらい(笑)

    サンセットを堪能した後はBBQ!記念すべき最初の夕食は、オージービーフ(これは食べとかなきゃね) ソーセージにカンガルーの串焼き!カンガルーってどんな味がするんだろう・・・。おそるおそる口に運ぶ。

    ・・・・!?      ・・・硬い・・・

    硬すぎて、味わう余裕がなかった(笑)個人的な意見としてはただ単に焼きすぎなだけだと思うけど、ま、おいし~い!!って程でもないというのが正直な感想(笑)オージービーフは最高に美味しかったです!

    写真左:シャンパンとウルルウルル
    写真中:夕焼けウルル
    写真右:BBQ

  • 恐れ入ります(笑)

    2日目。
    朝4:30起床。こんな時間に起きたのは小さい頃父に連れられて釣りに行った時以来だな(笑)
    バスで近くまで行くとまだ薄暗い中で、ウルルがグレーに見えた。ただの一枚岩が時間帯によってこんなに顔をかえるなんて・・・!アボリジニの神聖な場所だからという理由だけでなく、パワースポットと呼ばれる理由はこんな所にあるんじゃないかと思う。まるで生きているよう・・・生命力に満ち溢れているのだ。

    残念ながらこの日は、風が強いからという理由で登山は禁止だった。
    登山口には看板があって それぞれの言語で注意書きがあった。

    「命を大事にしましょう!登らないで下さい」

    アボリジニの人たちは登山はしてほしくないそうだ。危ないし、ここは彼らにとって聖地だから。そんな理由もあって、天候だけでなくそんなに頻繁には登山出来ないようになってるみたい。代わりにウルルの周辺を散策とアボリジニ文化センターに行った。
    壁画を見たり、アボリジニの人たちの暮らしていた風景が想像できるように、台所や、儀式を行う所、歌を歌う所、子供が勉強する所を見て歩いた。全部一見ただの洞窟だけど(笑)
    少しでもパワーを貰っておこうと思って、岩に顔をつけたら ひやっとて気持ちよかった。

    その日の午後は何のツアーも入れていなかったから、ショッピングセンターに行ってお土産を買ったり、芝生で寝転んだり、ホテルの周辺を散歩したりしながらゆったりと過ごした。得にこれ!といった観光名所はないにしても、ゆっくりと流れる時間と自然が好きな方には十分楽しめると思います!

    さて、一晩寝て最終日。今日の昼の飛行機でパースに移動の予定だったので、登山のリベンジに出かけた。
    が、しかし!今日もあいにくの強風・・・。神様が登るなっ言ってるのかな。
    落ち込んでるところに、オーストラリア人のガイドさんが日本語で一言。

    「キョウモ  ノボレナカタデスネ・・・オソレイリマス」

    恐れ入りますの使い方まちがってるよ!!(笑) 

    写真左:登山口に集合
    写真中:朝のウルル 
    写真右:蛇の形に見える岩

  • パース

    エアーズロックからパースへ移動。飛行機で2時間、時差がマイナス1時間なので、時間的には1時間後に着く。
    降りた瞬間、あ・・・暑い!いったい何℃なの?!ガイドブックには寒いって書いてあったから、厚着して飛行機に乗り込んだけどTシャツ一枚でもいけそうな気候だった。

    さっきまで土だらけのとこにいたのに今度は建物だらけだね(笑)なんていいながら、絵になる建物の写真を撮った。
    パースの町並みの面白いのは、古いレトロな建物と、無機質なデザインの建物が混在しているところだ。
    そして、外にテーブルのあるカフェやレストランが非常に多い。日本だったら、排気ガスがふりまかれる道路の真横でご飯を食べるのは嫌がられそうだけど(笑)なんだか、この街はそれをお洒落に感じさせる!

    街が碁盤の目のようになっているので道に迷うことはありません。道には交差点ごととに標識があるので、
    自分が今何通りにいるのかが すぐわかりますよ。

    写真左:道にはお花がいっぱい
    写真中:道標識
    写真右:カフェでお茶する老夫婦

  • お洒落な街

    ガイドブックにも載っていた マレーストリートやロンドンコートを歩き、お土産屋さんめぐりをして、夜のツアーへ。
    最初の晩餐はパース駅の北側のジェームズ通りと言う所にある、ソレントというイタリア料理屋さんだった。ここより美味しいイタリアンはないですよ!とガイドさんが押すだけあって、味付けがすごくイイ!
    それだけではなくお店の方々がとても親切。あまりにも居心地が良くてパースにいる間に もう一度行きました。
    パースに来た時はぜひ!!

    ロブスターも、生ガキもムール貝もとても美味しかった。
    そして、オーストラリアがはじめに作ったという「赤シャン」。スパークリング赤ワインだ。
    これがおすすめ!あまりにも美味しかったので3本も買ってしまった(笑)すごく濃厚なんだけど、スパークリングだから後味すっきり!という感じ。しかも30A$だから日本円で1本3千円弱だ。安い~!

    写真左:ソレントのテラスから・・・
    写真中:シーフード万歳
    写真右:デザートのエスプレッソバニラ

  • 奈良の鹿?

    今日は4WDで行くピナクルズとコアラと大砂丘ツアー!パース市内を出て景色はどんどん田舎へ・・・途中、行ってみたいなあと思っていた東側の高級住宅地や、ワイン畑が広がるスワンバレーを通って行った。
    あぁ!!車止めて!と心の中で何度も叫ぶほどワイン畑の景色は美しくのどかだった。今回はパースに3泊だったので、行きたい所を3箇所に厳選しなきゃいけないのが残念だったけれど、車の中から景色を見ることが出来て嬉しかった。
     
    はじめに着いたのは、CAVERSHAM WILDLIFE PARKだ。動物園!!コアラ!カンガルー!一気にテンションが上がる。
    しかも、1日20時間。つまり1日のほとんど寝てるというコアラが、めちゃめちゃ活動的に床を歩いていた(笑) 動物園のお兄さんも「君たちはラッキーだね!」(もちろん英語)と言っていたぐらい、稀な事なんだって。
    そして次はカンガルー。柵に入った瞬間に大量のカンガルーが餌を求めて群がってきた。
    ここで、昨日の晩のガイドさんに カンガルー見たいんです!と言ったら
    「明日 死ぬほど見れますよ。」
    と言われたのを思い出した。確かに・・・。そして群がってくるカンガルーに彼らと同じものを感じた。
     
    写真左:2匹のカンガルー
    写真中:白いカンガルー
    写真右:カンガルーいっぱい

  • ピナクルズ

    途中、インド洋を眺めたりすながらピナクルズに到着!間違えて食べちゃいそうなほど、ハエが飛んでた(笑)
    ピナクルズ、予想以上に多くてびっくりしました!ちょっとづつ風などで削れて行くから、いつかはなくなってしまうみたい。形が保てないから、世界遺産にはならないんだって!
    なるほど!!

    写真左:海
    写真中:ピナクルズ
    写真右:豚ピナクルズ

  • キングスパーク

    街の高いところにある大きな公園キングスパークからの眺めは最高!
    カップルがいたり、家族がキャンプしていたりと市民の憩いの場なんですね。
     
    写真左:夕方の眺め眺め
    写真右:夜の眺め

  • ロットネスト島へ

    1時間ぐらいフェリーに乗ってロットネスト島へ。
    綺麗な海とのんびりした雰囲気の島でこの島だけに生息するクォッカに出会えます!見た目はねずみのようだけど、カンガルーと同じで有袋類!カンガルーみたいに跳ねてました。

    バスで島を一周。灯台や、綺麗な海を眺めてゆっくり出来ました。遠くにだけど鯨やイルカも見ました!

    写真左:美しき海の色
    写真中:クォッカ
    写真右:クォッカの親子

  • フリーマントル

    最終日はツアーではなく自分たちで電車に乗って、フリーマントルへ!パース駅から電車で
    30分。3$75¢だったかな。
    パースはある区間までなら料金がかからないんです!市内にも無料バスが走っているし、とっても便利でした!

    フリーマントルは港町で、またパースの市内とは違う建物の感じがとても美しかったです。
    緑も多くて、その日は土曜日だったので沢山の家族連れで賑わっていました。

    観光名所のひとつで、ラウンド・ハウスという1831年の植民地時代に作られた民事刑務所へ。
    西オーストラリア州で一番古い建物らしいけど、そうは思えないほどまだ綺麗だった。

    写真左:フリーマントル駅
    写真中:ラウンド・ハウス
    写真右:ハイ・ストリート

  • フリーマントル2

    フリーマントルの名物 フリーマントル・マーケットへ。衣類、雑貨、石鹸やキャンドル、アクセサリー、スパイスまで!ありとあらゆる品物があって、見て回るだけでも十分楽しめる!お土産品も豊富です。

    ガイドさんに教えて頂いた、No.1のフィッシュ&チップスのお店も行きました。お店の看板にNo.1と書いてあるので(笑)わかりやすいと思いますが、駅を背にして右方向に歩いて行った所にあるシセレロスというお店です。

    写真左:マーケット
    写真中:マーケット
    写真右:フィッシュ&チップスとビール

  • 花々

    9月~11月ごろに行くとオーストラリアは春なので、沢山のお花を見ることが出来ます!
    ワイルドフラワーも、街にも花が沢山!!とても綺麗でした。
     
    写真左:ピンクの花
    写真右:白い花