羽田から飛んできました灼熱ドバイ♪ | ドバイ他UAEの旅行記

支店
渋谷
福岡

羽田から飛んできました灼熱ドバイ♪

エリア
ドバイ他UAE
/ドバイ他UAE
テーマ
現地情報
時期
2013/06/12~2013/06/17
投稿日
2013/6/21
更新日
2020/6/26
投稿者
エスティワールドスタッフ

2013年6月4日よりエミレーツ航空が羽田空港からのドバイ線を就航させました。 今までは成田空港からドバイ線が毎日運行されていましたが、ドバイ到着が夜中の3時50分ということもあり、ヨーロッパやアフリカ線などへの乗継接続があまり良いとは言えませんでした。   このドバイ空港内での待機時間を解消してくれるのが、羽田便です。 乗継時間が大幅に改善されることにより、今後エミレーツ航空のご利用並びにドバイへの立寄りをご希望なさるお客様が増えるのでは、、、という目論見の元、早速エミレーツ航空羽田線に乗ってドバイ研修に行って参りました!   私にとっても初エミレーツ航空&ドバイ訪問♪ ウキウキしてちょっと浮かれ気味に出発してきました~  

スタッフおすすめ!お得ツアー

関空発着≪エミレーツ航空≫往復専用車送迎付&現地支店サポート付!マリーナ地区、ビーチ滞在におすすめ!お手頃デザイナーズホテル、ローブドバイマリーナ宿泊*4日間

大阪発

関空発着≪エミレーツ航空≫往復専用車送迎付&現地支店サポート付!マリーナ地区、ビーチ滞在におすすめ!お手頃デザイナーズホテル、ローブドバイマリーナ宿泊*4日間

日数:4日間  
旅行代金:214,800円~222,800ツアーはこちら

  • 羽田からいざドバイへ~

     
    23時過ぎに羽田空港に到着してチェックインを済ませましたが、さすがにこの時間は羽田空港内のメインロードである江戸小路では、営業しているお店はほとんどありませんでした。。。
    唯一24時間営業のカフェが空いていましたが、軽食がメインのためしっかりとしたお食事はとれず、、、
     
    羽田空港で食事を済ませる予定の方は、22時くらいまでには羽田空港に到着するか、間に合わなかった方は出国後に搭乗ゲート付近にあるフードコートをご利用いただくのがよいと思います。
    また、免税店も23~24時を目処にほとんどのお店が閉店してしまうため、お買い物をなさる予定の方は早めに出国手続を済まされることをお勧めします。
     

    深夜1時30分 
    さて、ついに待ちに待った出発!
    エコノミークラスでも女性であれば、十分に足を伸ばせる広さがあり、座席も非常に新しく清潔感があります。
     
    実は、この座席の「新しさ」にはきちんと理由があります。
    エミレーツ航空は、機材の平均使用年数が11年のところ、6年で機材をいれ替えてているそうです。
    そして、買い換える際も、中古機材ではなく、必ず新品を購入しているため、新しく清潔感のある座席が保たれているのです。
     
    そして、もちろんエミレーツ航空自慢のICEも楽しめます♪
    オンデマンドのエンターテイメントシステムは全部で1400チャンネルものコンテンツを揃え、邦画だけでも18本の品揃え!
     
    現在映画館で上映されている新作もラインナップに含まれており、あれもこれも見たかったのですが睡魔に勝てず、、、非常に心残りです。
     

  • 楽しみな機内食♪

    長距離路線の為、機内食は2回提供されますが、通常は1回目がしっかりしたプレートのお食事、2回目は軽食の航空会社が多いですが、深夜便にも関わらず2回ともしっかりとしたお食事がでてきてびっくり!
     
    出発前に夕食を済ませてきた私は「味見だけ、、、」と思いながら食べ進めたのですが、思いのほか食が進み3分の2近く食べ終わってから時計を見て、「こんな時間に食べてしまった…」とちょっと後悔しました。。。
     

    画像1:1回目のお食事の和風チーズリゾット。深夜の胃袋には重たいかと思いきや、あっさり風味で食べやすかったです。
     
    画像2:朝ごはんとして提供された、ゆかりご飯と鯖の干物と煮物のプレートです。
    こちらもあっさりの味付けで、鯖が想像以上に油が乗っていておいしかったです。
     

  • ドバイ空港到着~

    朝7時5分。非常に滑らかなランディングでドバイ空港に到着しました。
     
    話には聞いていましたが、ドバイ空港はとにかく大きい!
    エミレーツ航空だけのターミナルがあるのに、それだけでもとにかく大きい!
    (ただ、長細い形状なので、一本道。迷うことはありません)
     
     
    画像1:乗り換え表示も分かりやすく出ていました。

    画像2:ホテルのロビーかと見まごうほどの、エレベーターホール。

    画像3:空港を出ると駅がすぐ目の前です。

  • 初めてづくしのドバイ♪

    ドバイ到着後はしっかり(ちゃっかり)ドバイ観光♪
     
    初ドバイの私は「暑いけれど砂漠だし、きっとカラッとした暑さなのかな~」と呑気に考えていたところ、
    6月の平均最高気温:40度…まぁこれは想定内
    6月の平均湿度:80%…えぇっ!?
    そう、ドバイはカラカラどころではなく、梅雨以上にジメジメだったのです。。。

     
    そのため、強い日光をさえぎる為のサングラスはもちろん必須ですが、それと一緒に「眼鏡ふき」もご持参お忘れなく。。。
    あまりの湿度にサングラスが曇るだけでなく、カメラのレンズも曇ります!
    トイカメラ風にぼやけた写真を撮りたいときは便利ですが、、、そうでないときは地味に困ります。はい、困りました。

     
    画像1:ジュメイラビーチからバージュアルアラブを摘んでみました♪
    アラビア海は思っていたよりも透明度が高く、泳いでいる方も沢山いて賑わっていました。

    画像2:ドバイモール内にある世界一大きな水槽の水族館は迫力満点!
    やたらサメが多いです。
     
    画像3:スパイススーク。訪れたのが金曜の為、空いているお店はまばらでしたが、十分色々なスパイスやお土産物探しは楽しめました♪


  • 引き続きドバイ観光♪

    画像1:きんきらきんに溢れるゴールドスーク。至るところに金相場が表示されるボードがありますが、それが高いのか安いのかは分からず。首が見えなくなりそうなほどの装飾が施されたネックレスがドバイマダムのトレンドみたいです。


    画像2:ドバイで一番大きなジュメイラモスク。こちらも金曜礼拝のために中には入れず、、、ただその外観だけでも圧倒的な美しさです。


    画像3:夜になったらドバイファウンテンは是非見てください!バージュカリファは大きすぎてさっぱり写真に収まりません。
    金曜の夜はドバイモール含めて「渋谷のスクランブル交差点並みの激混み」なので、可能であれば金曜は外していくことをお勧めします、、、

  • 観光クライマックス砂漠サファリ!

    私が一番楽しみにしていた砂漠サファリ!
     
    中心部から車で1時間ほど移動すると、周りは次第に見渡す限りの砂漠になりおのずとテンションが上がります!
     
    タイヤの空気を抜いた4WDに乗って、ドライブスタート♪
    うねるような砂丘をスピードを上げて走りぬくドライブはスリル満点!
    斜め走行や小刻みなアップダウンで私はきゃーきゃーはしゃいでおりましたが、
    30分強の長いドライブなので、車酔いしやすい方は必ず酔い止めを飲んでおかれることをお勧め致します。

     
    画像1:鷹狩りを見せてくれるファルコンショー。このおじさんに翻弄される鷹が健気で可愛く見えてきます。
     
    画像2:見渡す限りの地平線!水平線は見たことがあっても、地平線は初めて見ました。。。
     
    画像3:ゆっくりと夕日が砂漠に沈んでいくのを眺めていると、非常に穏やかな気持ちになれました。

  • 砂漠サファリ②

    画像1:まつげが長くてとっても可愛いラクダ!でも、意外と乗るのはスリル満点。
    乗せてもらう私達は座った状態で跨るのですが、なにせ彼らは立ち上がるときは後ろ足から、座るときは前足から折ってくるので、漏れなく前後につんのめります。
     
    画像2:おなかが空いたらBBQ!当然豚肉はありませんが、ラムや牛肉が柔らかくて美味でした~
    画像3:クライマックスはベリーダンスショー!!とってもセクシーなお姉さんの圧倒的なダンスに大盛り上がりでした。やたら男性陣の視線が熱かったのは気のせいではないと思います。
     
    写真を載せておりませんがその他にも、水タバコやへナペインティングも体験することができて、「これぞアラビアンナイト!」を満喫出来ますので、必ずご参加いただきたいお勧めオプショナルツアーです。

  • そして復路はこれまた初めての…

    午前9時35分 名残惜しさを感じつつドバイを出発。
     
     
    そして座席は人生初めてのビジネスクラス!
    レイフラットで足を伸ばしてくつろぎながら、往路では楽しめなかったICEをこれでもか、というほど満喫しました。
    成田発着便は往復共に夜中運行のフライトなので、飛行中は就寝されている方がほとんどかと思いますが、羽田便で帰国する場合は日中のフライトなので飛行機に乗ることを楽しみにしていらっしゃる方にはぴったりです。
     

    画像1:枕も毛布もアイマスクも上質だっただけでなく、アメニティセットに含まれていた靴下までエコノミーと違いがあることにびっくり!ビジネスクラスの靴下は、生地はエコノミーのト同じでしたが、、、かかとがありました。
     
    画像2:和食はさながら懐石ご膳のようで、盛り付けも美しかったです。
     
    画像3:私が頼んだ洋食は、前菜を食べ終わるとメインディッシュをサーブしてくれます。温かいものを温かい内に、のおもてなしの心を感じました。
     
     
    一つプチ情報ですが、エコノミーでもビジネスでも、アメニティセットの中に3枚のシールが入っています。
    写真を撮り忘れてしまいましたが、「免税品販売のときに起こしてください」「お食事の時に起こしてください」「起こさないで下さい」と英語で書かれたシールです。
    これを座席の見えやすいところに貼っておくことで、「寝過ごして機内食食べ損ねたー!!」というあの絶望感を味合わずに済みます。
    このような小さな心遣いに、エミレーツ航空の顧客満足度の高さの理由を感じました。

  • 家に帰るまでが研修です。

    深夜00時01分 羽田空港到着。
     
    この日は入国審査上も空いており、30分足らずで到着ゲートまでたどり着くことが出来ました。
    さて、エミレーツ航空羽田到着便の最大の課題はその帰国時間です。
     
    電車での帰宅は…諦めましょう。
    タクシーか、羽田空港付近に宿泊か、が選択肢になるかと思います。
    私は予約をせずにタクシーを利用して帰宅しましたが、時にはタクシーがすぐに捕まらないこともあるかと思いますので、確実性をお求めになるのであれば予め定額タクシーを予約しておくと便利かと思います。
     
    尚、エミレーツ航空が羽田便到着の1時間後に品川までの無料バスを運行させていますが、事前予約が出来ないことと座席数に限りがあるため、100%乗車できる保障はございません。乗れたらラッキーという心持ちでご活用下さい。
     
     
    今後ますます観光客の増加が見込まれる魅力たっぷりのドバイに、興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご相談くださいませ。
    お問い合わせを心よりお待ちしております。