アブダビ探検街めぐり★弾丸1日濃縮ツアー! | ドバイ他UAEの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

アブダビ探検街めぐり★弾丸1日濃縮ツアー!

エリア
ドバイ他UAE
/ドバイ他UAE
テーマ
街歩き
時期
2011/10/25~2011/10/26
投稿日
2011/11/3
投稿者
牧野 宏美

エティハド航空の就航開始で注目度アップのアブダビ!

お隣ドバイは観光都市として既に有名ですが、アブダビは?
ということで、ヨーロッパからの周遊立ち寄りの為弾丸ツアーとなってしまいましたが、アブダビの見所をさぐるべく、観光してきました!!

  • 朝イチで行きたい! シェークザイード大モスク

    シェイク・ザイード・モスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)は、UAEでは最大のモスク。


    歴史が深いのかと思いきや、まさかの2007年OPEN。
    イスラムの教えにもある、寄付によって建立されました。

    真っ白なモスクはギリシヤ宮殿と同じような白大理石で造られています。

    毎日午前9時から午後8時まで一般公開されていますが、12時以降はお昼のお祈りの時間となるので、
    青空と白いモスクを撮りたい方は9~11時の入場がお薦めです。
    金曜はお祈りの日なので、午前中は崇拝者以外は入場が禁止となります。

    日によって公開されないこともありますので、入場できるかには若干の運もかかっています。

  •  

    無料ガイドツアー(英語)も開催されてます。


    1日に数回あるので、10分前には到着されることをお薦めします。
    案内の他、色々な疑問に答えてくれるので、宗教についてはもちろん、ライフスタイルやアブダビ・アラブについて等聞いてみましょう。

    【【注意】】
    厳格なイスラム教のモスクとなるので、肌の露出はご法度です。
    アバヤというヴェールの貸し出しをしてくれますが、そこに辿りつくまでに、セキュリティスタッフがいて、露出の多い人は近づくことを許されない事があります。
    上半身は半袖でも良いようですが、下半身は長ズボン等くるぶしまで隠れる服装でご参加ください。

    左:ツアースケジュールは入り口の看板に書いています。
    右:着替えスペースがあります。

    ※2012/6/1以降アバヤの貸し出しがなくなり、規定が厳しくなりました。
    見学ご希望の方はスカーフの持参・長袖着用・足の露出は禁止となります。

  •  

    入場!!


    豪華絢爛なモスクに圧倒されます。参加者全員ため息でした。
    写真は撮ってもOKです。
    現地の女性への撮影は失礼に値するので控えましょう。

    靴を脱いで、プレイルーム(お祈りの間)へ。。。

  •  

    左:お祈りの時間が表記される時計。最新機器と文化の融合。


    中:9トンらしいです、これ。写真じゃまったく迫力が伝わらないシャンデリア・・。

    右:本当に大きいんですよ。ドーン。

  •  

    左:床の絨毯は1200人がかりで作成され、2台の飛行機で運ばれてきたとか。。。

      アバヤをきるために、ここにくる観光客も多いようです。良い体験になりました。

    右:次のツアー開始にあわせて集合する人達。何十人という人が集まってました。
    ガイドさんは数名いるので、定員になるということは殆ど無いそうですが、アバヤの装着までに時間がかかるので、お早めのご集合をお薦めします。

    ※2012/6/1以降アバヤの貸し出しがなくなり、規定が厳しくなりました。
    見学ご希望の方はスカーフの持参・長袖着用・足の露出は禁止となります。

  • 初めてのアラブ旅行では必須でしょう ヘリテイジビレッジ

    アブダビは建国40周年。


    砂漠だけだったところがあっという間に未来都市。
    そんな移り変わりを学べるのがここ、ヘリティジビレッジ。

  •  

    ビレッジの中では、昔ながらの手作業で製品を作り上げる職人さん達がいます。

    布、陶器、革、織物などアラブらしい作品を見ることが出来ます。

    もちろんお祈りの時間は仕事は休憩。。。お昼時間は避けて行くのがベストです。

  •  

    左:非常に涼しい博物館では、歴史の移り変わりを見学できます。


    中:ラクダさんもいます。扇風機でのんびり。なんて優雅なんだ。

    右:定番お土産コーナーもあります。

  • 写真スポット ウォーターフロント

    アブダビの海は本当に綺麗なんです。


    ここでは、アブダビの近代都市と綺麗な海をバックに写真撮影が可能です。
    ビーチではジェットスキーを楽しむ若者も。

    コロニッシュ通りというビーチ付近の通りもあるのですが、現在は車の駐車が禁止されていて写真撮影が難しいそうです。

  • 買い物三昧! マリーナモール

    ドバイは買い物天国ですが、アブダビも負けてません。

    そこまでの規模では無いものの、十分な広さのショッピングモールが数件あります。

    ヘリテイジビレッジからも近いのがこのマリーナモール。

    FOREVER21やH&M、ZARAといった最近の流行店舗もばっちり入ってました。
    ヨーロッパからの輸入が多いことから、一流ブランド品も日本より早く最新シーズンのものが入ってくるとか。
    現地通貨ディルハムも円高の影響を受けてますので、今が狙い目です。

    フードコートもあり、1000円以下でお腹いっぱい食べられます。

  • 地元の空気を味わう フィッシュマーケット

    海がきれい=魚が捕れる!


    ということで、アブダビでは魚料理も食卓に出てくることが多いようです。
    フィッシュマーケットは日本でいえば築地市場のような、新鮮な魚が続々集まる市場です。
    暑い国なので、氷かけに必死のお兄さん達。

    働いているのは男性のみですので、ここでも肌の露出は控えた方が良いですよ。

    買った魚はその場でさばいてもらえます。
    エビの背わた取りだけをしてもらう人も。。。きっと安いに違いない。。。

    うっかりお昼寝中のおじさんをパチリ。

  • 家族みんなで楽しめる♪ フェラーリパーク

    フェラーリといえば高級車の代名詞。


    そんなフェラーリのための、フェラーリだけのテーマパークがアブダビにOPENしたと聞いて気になっていたのですが、ついに来ちゃいました!

    12時からの開園となり、街から少し離れたヤスアイランドにあるので、モスクや市場観光等を済ませて午後から行くのがお薦めです。

  •  

    左:入り口


    中:チケット販売中。WEBでも事前購入可能です。

    右:内部へ・・・うわーすごい。幕張メッセや東京ドームのような造りになっているので、暑さもしのげて快適です。

  •  

    左:F1カーがお出迎え!色々なところにディスプレイがあります。


    中:レーサー気分でF1カーを乗り回しちゃいましょう!
      
    右:お子様用にもありますよ!

  •  

    左:タイヤ交換のピット作業等、裏側の体験もできちゃうんです。


    中&右:これは楽しかった!FIORANO GT CHALLENGE
         フェラーリに乗って屋外へ高速で発進します。中級レベルのスリル感。

  •  

    左:残念ながらメンテナンス中で乗れずじまい。。FORMULA ROSSA

      時速240KMで走る快速ジェットコースターです。

    中&右:男性方に人気というのが、こちらのGALLERIA FERRARI
         歴代のフェラーリが飾られています。

  •  

    左:運転チャレンジしてみました! SCUDERIA CHALLENGE

     事前に受付にいって、整理番号&利用時間の書かれたチケットをもらいます。

    中:挑むのはやっぱり、アブダビヤスサーキット!

    右:数名でレースをするので、最後に結果発表が。。。。

  •  

    最後はやっぱりお土産コーナー。

    アブダビではないと手に入らないグッズが沢山あります。

    フェラーリパークが長くなってしまいましたが、書けなかったアトラクションも沢山。
    さくっと体験3時間~じっくり堪能6時間 位時間を見てもらった方が良いと思います。


    色々体験してみましたが、ついに1日が終了。
    本当に満喫の旅となりました。

    ビーチも利用してゆったり滞在もお薦めですし、ドバイと周遊でのアラブ満喫コース、
    またはヨーロッパやインド洋と色々な国へ行く帰りにアブダビにぷらっと遊んでいくのもお薦めだと思います。

    まだ未開拓の都市ではありますが、人と同じところじゃつまらない!という方にはぜひ体験してもらいたいです。
    プランニングの際には是非STWまでご相談くださいませ★★

スタッフおすすめ!お得ツアー

早割30成田発≪エミレーツ航空≫往路専用車送迎付&現地支店サポート★日本人に人気リビエラホテル宿泊♪世界を魅了する街『ドバイ』を訪ねる4日間

成田発

早割30成田発≪エミレーツ航空≫往路専用車送迎付&現地支店サポート★日本人に人気リビエラホテル宿泊♪世界を魅了する街『ドバイ』を訪ねる4日間

日数:4日間  
旅行代金:73,800円~96,800ツアーはこちら