クラコフ旅行・ツアー

  • 閲覧履歴

    閲覧履歴

    最近見たツアー

  • お気に入り

    お気に入り

    お気に入りツアー

    選択したツアーを一括で
    お問い合わせできます(最大5件)

  • 検索

クラコフ ポーランドの国旗

かつて、ポーランドの首都として栄えた街クラクフ。中世の街並みが残る旧市街は世界遺産にも登録され、ユダヤ人が多く住んでいた歴史もあることから、ユダヤ人街のようなスポットも存在します。外せない観光地としては、まず旧市街のはずれにあるヴァヴェル城です。歴代の王の居城であり、オレンジ色の屋根が目を引きます。そして中央広場は、中世の時代から残っているものとしてはヨーロッパ最大の大きさを誇り、広場を囲むようにたくさんのレストランやカフェが立ち並び、1時間に一度ラッパの音が時刻を知らせます。他にも、ステンドグラスや壁画がきらびやかな聖マリア教会や旧市庁舎の塔など、見所はたくさんあります。クラクフはヴィエリチカ岩塩坑やアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所観光の拠点にもなっています。ヴェエリチカ岩塩坑は岩塩の採掘所で、世界遺産として登録されています。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所は、第二次世界大戦時にユダヤ人に強制労働をさせ、最大級の犠牲者を出した収容所です。衝撃的な内容ですが、人類の負の遺産として歴史を学ぶために訪れてみてはいかがでしょうか。

ツアーを探す

  • 出発地

    出発地を選択

  • 目的地

    エリアを選択

  • 出発日

詳細条件で検索する

クラコフの 特集・キャンペーン

一覧を見る
特集・キャンペーン 一覧を見る

クラコフのおすすめツアー

もっと見る

クラコフの観光地

一覧を見る
観光地 一覧を見る

クラコフのホテル

一覧を見る
ホテル 一覧を見る

クラコフとの周遊におすすめのツアー

クラコフ旅行に行った お客様の声

一覧を見る

総合旅行満足度

お客様の声 一覧を見る

クラコフの旅行記

一覧を見る
旅行記 一覧を見る

クラクフとは?

クラクフはかつてはポーランドの首都として繁栄した都市です。中世時代の面影を残す旧市街は 1978年に世界遺産に登録されました。第二次世界大戦時にポーランドはドイツに占領されたましたが、クラクフは奇跡的に壊滅的なダメージを受けることなく、昔ながら美しい街並みが残されました。歴史に彩られたクラクフの古い街は、あてもなく歩いているだけでも、中世にタイムスリップしたかのような美しい街です。また、クラクフからはヴィエリチカ岩塩坑やアウシュビッツといった世界遺産へのデイトリップも可能。街並み・歴史・世界遺産など様々な魅力がつまったクラクフをご紹介します。

クラクフまでの行き方と日数

クラクフへは直行便は就航しておらず、飛行機で入る場合は経由便となります。
成田発ワルシャワ経由のLOTポーランド航空を利用すると、約15時間程で到着します。
クラクフ市内自体は1日でも見て回ることができますが、ヴィエリチカやアウシュビッツ等の世界遺産にもいかれる場合は、2~3日必要となります。
ワルシャワからの電車で入る場合は、高速鉄道で約2時間半ほどです。

クラクフの楽しみ方

クラクフの名所

クラコフから日帰りで世界遺産へ

ヴィエリチカ岩塩坑

ヴィエリチカ岩塩坑とは

ヴェエリチカ岩塩坑はクラコフ郊外にある岩塩の採掘所で、世界遺産として登録されています。
旧市街同様こちらも世界で最初に登録された12の世界遺産の1つです!ヴィエリチカ岩塩坑は13世紀頃から稼働をしており、岩塩の輸出によって富をもたらすポーランドにとっては非常に重要なものでした。現在は商業用の採掘は禁止されており、観光用にオープンしています。内部は個人で見て回ることはできないため、ガイドツアーに参加しなければいけません。A4サイズ以上の荷物は持ち込めず、預り所に預ける必要があります。

ヴィエリチカ岩塩坑の行き方

クラコフ市内からだと、クラコフ本駅から電車で約30分、その後徒歩10分程。バスを利用する場合は、クラコフ本駅近くから出発の直通便があり、約40分程となります。バスで行けば降り場からすぐ岩塩坑の入り口があります。

ヴィエリチカ岩塩坑の見所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所とは

「アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所」は、第二次世界大戦時にユダヤ人に強制労働をさせ、最大級の犠牲者を出した収容所です。クラクフから50km程離れたオシフィエンチムという街にあり、元々はポーランドの反ナチスの活動家などを収容されていましたが、次第にユダヤ人の強制収容所へと変わっていきました。第二次世界大戦下で、ナチスドイツはユダヤ人の絶滅を最終目標としており、多くのユダヤ人達がここで虐殺されました。1972年に博物館として世界遺産に登録され、日本の原爆ドームと同じように、人類の負の遺産と言われています。当時の写真や書類などが展示されていたり、収容所に入れられた人々の物が置かれていたりと、ショッキングな内容となっておりますが、戦争時に行われた悲劇の歴史を知るためにも訪れてみてはいかがでしょうか。アウシュビッツ博物館には様々な資料や写真などが展示されており、ビルケナウではユダヤ人達の居住棟や列車の線路などが見学できます。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所への行き方

クラクフ市内からだと、バスを利用すると約1時間半で博物館の入り口に到着します。鉄道の場合はクラコフ本駅からオシフィエンチム駅まで約1時間45分、そこから徒歩だと20分程、もしくはバスやタクシーとなりますので、バスがおすすめです。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の見所

TravelEmotion

驚きと感動の体験を
すべての旅人へ

STWは豊富な海外視察経験と
世界30支店以上のネットワークを
持っています。

STWの旅が満足できる理由

旅のコンシェルジュ

Travel Concierge

理想のご旅行プランをお聞かせください!

お客様の理想の旅を渡航経験豊富なコンシェルジュがオーダーメイドでご提案。
メールや電話、ご来店のほか、ご自宅からオンラインでもご相談いただけます。

お問い合わせはこちら オンライン旅行相談はこちら