海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

ベトナム国内周遊
ベトナムを楽しむ最大のコツは、周遊旅行!
各都市間の移動は1時間前後と短く、アクセス本数も多いのでベトナムは周遊旅行にピッタリなんです!
STWのベトナムツアーは、フライト時間も希望に合わせて選択できるので、各都市の滞在時間も自由に調節できます!
街とビーチリゾートの組み合わせや、世界遺産を巡るツアーなど、豊富なバリエーションをご用意しております。
せっかくなら周遊旅行で、効率よくベトナムを楽しみませんか?
3都市周遊

絶対行きたい都市を選ぼう!

  • ホーチミンホーチミン
  • ハノイハノイ
  • ホイアンホイアン
  • ダナンダナン
  • ニャチャンニャチャン
  • フーコック島フーコック島

周遊パターンをご紹介!

ホーチミン

img

ベトナムで一番の賑わいを見せる街!世界中から旅行者が集まり、街の中はいつも熱気が溢れています。 安いのにかわいい小物、街SPA・オーダーメイド服、お手軽なオシャレ陶磁器・刺繍、何でもそろう『雑貨天国』。 また、旅行の楽しみでとても大きな部分を占めるベトナム料理!様々な種類のフォー、生春巻き、等のベトナム料理はもちろん、バイン・ミー(フランスパン利用のサンドイッチ)、ベトナムコーヒーとの組み合わせが最高なスィーツなど『美味しいもの天国』。 その全てがお手頃価格で楽しめるから、ベトナム・ホーチミンは最も人気の高い街なのです。もちろん旅行代金もお得♪

1都市!あなたならどこに行く?

ハノイ

Hanoi

img

ベトナム2大都市周遊!古都『ハノイ』はフランス領時代の面影が残り、教会周辺にはパリの街角を思わせるようなお洒落Cafeが集まっています!

ホイアン

Hoi An

img

世界遺産ホイアンとの組み合わせ!のんびりとしたホイアンでは、昼間のゆったりとした雰囲気と、ランタンの灯る夜の幻想的な景色を散策♪ どちらも川沿いでのCafe&レストランがオススメです。

ダナン

Danang

img

人気急上昇中のダナンへ!日本(成田)からの直行便就航も始まった人気上昇中のリゾート、ダナン!オンザビーチのリゾートライフを楽しんだらホーチミンでの街歩きを存分に!

ニャチャン

Nha Trang

img

ビーチ&シティの滞在!ニャチャンは約6km続く白砂ビーチと、欧米人が多かったことからお洒落Cafeやプチレストランが楽しめるのが魅力です。ホテルバリエーションも豊富!

コンダオ島

Condado Island

img

極上のラグジュアリーリゾートへ! ラグジュアリーリゾート『シックスセンシズ コンダオ』があるコンダオ島。周囲の美しい景観に溶け込む贅沢なプールヴィラが魅力!

フーコック島

Phu Quoc Island

img

ビーチ&街歩き!フーコック島には街歩きできる場所は限られているので、ホーチミンに立ち寄ることで、お土産をゲットしたり観光を楽しめます。

ハノイ

img

賑やかなホーチミンとは異なり、昔ながらののんびりとしたベトナムの街『古都ハノイ』。古都といっても、古くささはなく、ホアンキエム湖や教会周辺にはフランス領時代の影響から、パリの街角を思わせるようなお洒落なCafeが点在し、どことなく優雅な雰囲気です。 かと思えば、旧市街は「まさにアジア!」といった楽しげなごちゃごちゃ感が健在です。ホーチミンよりも少し大人(?)な街歩きが楽しめるのがハノイです!

1都市!あなたならどこに行く?

ホーチミン

Ho Chi Minh

img

ベトナム2大都市周遊!ベトナムで一番の賑わいを見せる街『ホーチミン』!スィーツ&B級グルメ巡り、ベトナム雑貨にアオザイショッピング、街SPAまで何でもあり♪

ハロン湾

Ha Long Bay

img

一足伸ばしてハロン湾へ!ベトナム屈指の景勝地といえば海の桂林『ハロン湾』!穏やかな入江にニョキニョキとそびえる大小1900の奇岩。古都ハノイと合わせて、ベトナム北部の王道プラン!

ホイアン

Hoi An

img

ノスタルジックな旅!ランタンが灯る幻想的なホイアン旧市街と、フランス統治時代の歴史が残る古都ハノイの周遊はベトナムの歴史をじっくりと感じられる周遊プランです♪

ダナン

Danang

img

ビーチ&リトル「パリ」の滞在!ビーチリゾート『ダナン』でリゾートライフを満喫!白砂のロングビーチが解放感もあってとってもおすすめ!対照的なハノイとの周遊がおもしろい!

ニャチャン

Nha Trang

img

ビーチ&リトル「パリ」の滞在!白砂ロングビーチでのリゾート滞在をのんびり楽しんだ後は、味わい深い街ハノイでのぶらり街歩き。実は昔から欧米人の訪問が多いのがこの2都市なんです!

フーコック島

Phu Quoc Island

img

ハノイとの組み合わせだと、STWオリジナルの街歩きツアーに参加できるので、「ビーチでのんびり」と「アクティブ観光」のバランスのよい旅ができます!

ホイアン

img

旧市街全体が世界遺産登録されている『ホイアン』。弊社歴代ベトナム担当者が必ずイチオシする町です。 世界遺産なので建物は古いながらも、実はモダンなCafeやブティックが沢山あります。昼間はのんびりとした川を眺めながらのコーヒーブレイク、そしてハイライトは夕方から夜の街並み!町中にランタンが灯り始め、何とも言えない幻想的な雰囲気に…川面に反射するランタンの灯りを眺めながらのディナーがおすすめです。もちろんベトナム料理もあり、ホイアンならではの3大名物「カオラウ(汁なし麺)、ホワイトローズ(エビすり身の米粉皮包み)、揚げワンタン」は他では食べられない絶品です!

1都市!あなたならどこに行く?

ホーチミン

Ho Chi Minh

img

ベトナム女子旅におすすめ!ベトナム1の賑わいを見せるホーチミンでは、ショッピング三昧に街SPAと、豊富なお店ラインナップを楽しめまます!地方によって異なるベトナム料理の食べ比べも是非!

ハノイ

Hanoi

img

古都ハノイとの周遊!フランス統治時代の歴史が残る古都ハノイ。ホイアンとの組み合わせは近代化した都市よりも、ベトナムの町をしっかりと楽しみたい方におすすめ!

ダナン

Danang

img

ベトナム中部を遊びつくす!人気上昇中のビーチリゾート『ダナン』との周遊!ビーチと世界遺産の組み合わせはギャップがあっておもしろい!

フエ

Hue

フエ

ベトナム中部にあるもう一つの世界遺産の街、フエとの周遊!歴史ある王朝時代の建築物はホイアンとは違った雰囲気で、まさに周遊の醍醐味です!

ダナン

img

日本からの直行便が就航した事で、人気急上昇中のビーチリゾートです。白砂のロングビーチ沿いにはリゾートホテルが増え、まさに進化真っ只中といった注目都市です。それぞれのリゾートホテルごとに異なった特色があり、手軽に気軽に楽しめるカジュアルリゾートから、非日常ともいえる信じられない程優雅なリゾートライフを存分に味わえるラグジュアリーリゾートまで、幅広いリゾート需要に応えてくれるエリアです。そして、車で30分の距離には世界遺産『ホイアン旧市街』があり、ビーチ&世界遺産という、なかなか他の旅行先では実現しない旅行が楽しめます。

1都市!あなたならどこに行く?

ホーチミン

Ho Chi Minh

img

人気の組み合わせ!オンザビーチのリゾートライフを楽しんだらホーチミンでの街歩きを存分に!フライトパターンも沢山あり、スケジュールに合わせて時間繰りを変えられるのも便利!

ハノイ

Hanoi

img

リトル「パリ」との周遊!ハノイはフランス統治時代の歴史を感じさせる趣のある街。教会周辺にはおしゃれなCafeが並び、街角でのコヒータイムはスィーツと合わせてゆっくり過ごすのがおすすめ。

ホイアン

Hoi An

img

ビーチ&世界遺産!世界遺産『ホイアン旧市街』の組み合わせ!オンザビーチに並ぶリゾートに滞在して海を楽しんだ後は、ランタンが灯るホイアンの町で幻想的な滞在を楽しめます♪

ニャチャン

img

ベトナム屈指のリゾート地!澄んだ海と約6km続く白いビーチはもちろん、欧米人が多く訪れている事で洗練されたレストラン・Cafeが多いのも滞在を飽きさせない大きな魅力です。中心地には、シェラトン、インターコンチネンタルという世界的な名門ホテルと、中心地の便利さとオン・ザ・ビーチという理想的な立地を兼ね揃えたエヴァソン・アナマンダラがあります。
また、島の中にテーマパーク・ゴルフ場・リゾートホテル3つを備えたヴィンパール、そして街の両サイドにはハネムーンにおすすめしたいシックスセンシズ・ニンヴァンベイ、アンラム・ニンヴァンベイなどのラグジュアリーな隠れ家リゾートがあります。

1都市!あなたならどこに行く?

ホーチミン

Ho Chi Minh

img

ビーチ&街歩き!オンザビーチのリゾートライフを楽しんだらホーチミンでの街歩きを存分に!お買い物やグルメを楽しみませんか?

ハノイ

Hanoi

img

ビーチ&古都の組み合わせ!フランス統治時代の歴史が残る古都ハノイ。
ビーチを楽しんだあとは、ノスタルジックな街を散策して、ベトナムの魅力を発掘!

フーコック島

img

「ベトナム最後の秘境」とも言われるフーコック島。11~4月がベストシーズンで、ベトナムで一番綺麗なビーチといわれています。朴な自然が残っており、島の西側のロングビーチは約20kmも続きます。きめ細やかな歩くたびに「キュッ」となる鳴き砂ビーチや、ビーチからの綺麗なサンセットの景色がフーコック島の魅力です!人とは被りたくない、隠れ家リゾートを探している方にはピッタリの旅先です

1都市!あなたならどこに行く?

ホーチミン

Ho Chi Minh

img

ビーチ&街歩き!フーコック島には街歩きできる場所は限られているので、ホーチミンに立ち寄ることで、お土産をゲットしたり観光を楽しめます。

ハノイ

Hanoi

img

ハノイとの組み合わせだと、STWオリジナルの街歩きツアーに参加できるので、「ビーチでのんびり」と「アクティブ観光」のバランスのよい旅ができます!

3都市周遊プラン

img
ホーチミン&ホイアン&ハノイ
南部・中部・北部、ベトナムを代表する3都市周遊プラン。
賑やかなホーチミン、郷愁のホイアン、リトルパリと呼ばれるハノイ。
都市が変わるごとに雰囲気がガラリと変わり、ベトナムの街歩きを楽しむには最適です。
img
ホーチミン&ダナン&ハノイ
大人気のビーチリゾートと、2つのシティエリアへの周遊プラン。ダナン&ホーチミンや、ダナン&ハノイといったビーチ+シティは大人気の組み合わせ!そのどちらの街にも立寄る、欲張りな周遊プランです。
img
フエ&ホイアン&ハノイ
ベトナムの世界遺産を巡る3都市周遊プラン。歴史あるフエ、ノスタルジックなホイアン、大自然ハロン湾の玄関口ハノイ。世界遺産の登録数が東南アジアで1番のベトナムだからできる周遊プランです!

4都市周遊プラン

img
ホーチミン&フエ&ホイアン&ハノイ
南部・中部・北部、ベトナムを代表する3都市周遊プラン。
ベトナムを縦断する4都市周遊プラン。都市ごとに気候も違えば、雰囲気も違い、それぞれの名物料理もあります。気ままなフリープランと、たっぷり観光プランをご用意しました。

STWならアレンジ自由自在

img
ベトナム企画担当 鳥見より
街もビーチも自然もグルメも…あれもこれも楽しめるのが、ベトナム!
都市ごとに魅力があり、何度行っても飽きずに年に1度は行ってます!
せっかくベトナムに行くなら、一度に賢く効率よく巡る周遊旅行は本当におすすめです!
フライトやホテルのアレンジも自由自在ですので、お気軽にご相談ください。
Page up

ベトナムの海外旅行・ツアーTOP 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行 南極旅行
ページのトップへ