海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

Sofitel Bora Bora Private Island Resort
ソフィテル ボラボラ プライベートアイランドリゾート

  • リゾート空撮 リゾート空撮
  • リゾートの丘からの眺め リゾートの丘からの眺め
  • オテマヌ山 オテマヌ山
  • 高台のビーチコテージ 高台のビーチコテージ
  • MANU TUKIレストラン 朝の雰囲気 MANU TUKIレストラン 朝の雰囲気
  • MANU TUKIレストラン 夜の雰囲気 MANU TUKIレストラン 夜の雰囲気
  • レストランからラグーンを見渡せます レストランからラグーンを見渡せます
  • リゾートの様子 リゾートの様子
  • 水上コテージ 水上コテージ
  • オテマヌ山 オテマヌ山
オテマヌ山
リゾートの丘からの眺め
オテマヌ山
高台のビーチコテージ
MANU TUKIレストラン 朝の雰囲気
MANU TUKIレストラン 夜の雰囲気
レストランからラグーンを見渡せます
リゾートの様子
水上コテージ
リゾート空撮

31部屋のみの1島独立型プライベート感満載のソフィテル ボラボラ プライベートアイランドリゾートは、ソフィテル ボラボラ マララビーチリゾートの姉妹ホテルでもあります。 2つのリゾートは船で5分で行き来でき、ソフィテルマララの施設も利用できます。魅力はなんといっても高台でみるサンセット★最高のロケーションで一生の思い出になることでしょう! また、このソフィテル ボラボラ プライベートアイランドリゾートすぐ近くに珊瑚(コーラルポイント)があるので、シュノーケルで沢山のお魚に会うことができます。

ホテル宿泊特典

ホテル特典

  • ミニバーのドリンク無料(水/ソフトドリンク/ビール/1日1回補充)
  • 【90日前早期予約で3泊以上のお客様】
    サンセットシャンパン(滞在中1回)
    プライベートアイランド内の丘にてシャンパンを片手にボラボラ島のサンセットをお楽しみ頂けます。
※2019年3月31日滞在までの特典内容です。
2019年4月1日滞在以降の特典内容はお問い合わせ下さい。

タヒチリゾート比較チャート

STWスタッフの目線でオススメしたい!ホテルの魅力

ホテルの魅力

01,夕日と立地が抜群

ソフィテル ボラボラ プライベートアイランドリゾートはボラボラ島唯一の1島独立型のリゾートですが、ソフィテル系列でボラボラ本島のソフィテル ボラボラ マララビーチリゾートとボートで結んでおり、ボラボラ本島にも気軽にいくことができます。 マララまではボートで約5分、そこから歩いて約20分、世界一のビーチに選ばれたこともあるマティラビーチに行くことが可能です! さらにマティラビーチへの道中には小さなコンビ二があったり、マティラビーチの近くには現地のレストランが2~3軒、是非ソフィテルに宿泊したらマティラビーチに足を運んでみてください。 また、マティラビーチまで行くのはちょと遠いし時間もないということでしたら、是非リゾートの高台に上ってみてくだい。最高の景色がお楽しみいただけます!

02,スノーケリングNO.1

ボラボラの中でもスノーケリングがNO.1!コーラルポイントが広がるスノーケルポイントまで泳いで10分、沢山のトロピカルなお魚がお楽しみいただけます。 ボラボラ島のリゾートの大半は人工的に作ったスノーケリングポイントがあったり、スノーケリングできても実はお魚は少なかったりと自由に沢山のお魚を見るのは難しいのが現状。 ただ、ソフィテルボラボラ プライベートアイランドリゾートはオプショナルツアー(モツピクニック)でも取り扱われるぐらいお魚がいます! アクティビティはカヌー、カヤック、パドルボートなどのマリンスポーツも無料になりますので、是非さまざまなアクティビティーをお楽しみください。

ソフィテル ボラボラ プライベートアイランドの客室紹介Room

客室紹介

ラグジュアリー水上

客室サイズ: 34平米+22平米

お部屋タイプは2種類で水上バンガローまたは陸にあるアイランドラグジュアリーロッジとなります。 お部屋の内装や、大きさは全て一緒です。水上バンガローは22平米のテラスをもち、海に直接降りる階段や、デッキにはベッドもご用意しております。 水上バンガローにはガラス床が設置されているので大きなお魚が通ることも?!

アイランドラグジュアリーロッジ

客室サイズ: 34平米+12平米

アイランドラグジュアリーロッジはお部屋からボラボラのラグーンを見渡すことができます。 陸ならではの隠れ家のような雰囲気でヨーロピアンが3週間泊まることもあるようです。10部屋と数が少ないのでお早目のご予約が必須です!

ソフィテル ボラボラ プライベートアイランドのレストラン紹介Restaurant

レストラン紹介

MANU TUKI

営業時間:朝食:06:30-10:00/夕食:19:00-21:30 アラカルト料理

ラグーンとオテマヌ山の素晴らしい景色を眺めながら、ゆっくりとインターナショナル料理をお召し上がりいただけます。

MAKO BAR

営業時間:夕食:10:00-23:00

ラグーンビューのパノラマテラスではお酒を飲みながら、自然に囲まれリラックスすることができます。また、国内外を問わず様々なカクテルがあるので、お気に入りの1杯を見つけてみてはいかがでしょうか。

ホテル情報

ホテル情報

基本情報

住所
BP 516, Nunue 98730 フランス領ポリネシア
空港からの所要時間
ボラボラ空港から ボートで約45分
公式サイトURL
http://www.sofitel.com/
チェックイン/チェックアウト
14:00/12:00
総客室数
114
クレジットカード
VISA, MASTER, AMEX, JCB

ホテル設備

日本語スタッフ
×(変動あり)
プール
×
スパ
×
レストラン
フィットネスセンター
×
キッズクラブ
×
ビジネスセンター
×
ルームサービス
○(有料07:00-21:00)
インターネット
駐車場
×
その他
両替○、全室禁煙(喫煙場所あり)

客室情報

テレビ
電話
エアコン
バルコニー
電圧
220V
セーフティボックス
DVDプレイヤー
CDプレイヤー
アイロン
バスタブ
タオル
石鹸・シャンプー
歯ブラシ
×
ドライヤー
キッチン
×
ポット
冷蔵庫
コーヒーメーカー
ミニバー
飲料水
その他
ビーチバンガロー以外はガラステーブルあり、シュノーケルセット無料(お部屋に用意)

ホテルの情報は、現地ホテルより提供された情報、弊社スタッフによる現地視察をもとに随時編集・作成しておりますが、完全ではない部分もございます。また画像(特に部屋)も実際にご利用される施設とは異なる場合もございますので、あくまでご宿泊の際の参考資料としてご利用下さい。
※情報相違に起因するお客様の損害につきましては責任を負いかねますので、予めご了承下さい。

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ