魅力発見!!~北ポルトガルの街~ | ポルトガルの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

魅力発見!!~北ポルトガルの街~

エリア
ポルト
/ポルトガル
テーマ
街歩き
時期
2018/1/13~2018/1/19
投稿日
2018/1/23
投稿者
関谷江利菜

今回わたしが訪れたのは北ポルトガル(ミーニョ地方)。ワイン好きな方!ちょっとコアなヨーロッパが好きな方!おすすめです。

ただ、この段階で「あの街ね!」とピンとくる方はほとんどいないと思いますので、今回はそんなポルトガル北部、ミーニョ地方を中心におすすめ都市について、ご紹介いたします♪

  • ▼ヴィアナ・ド・カステロ(Viana do Castelo)

    • 教会

    • 丘の上からの眺め

    • 街並み。日曜日ということで閑散としてました

    • 雑貨が可愛い!

    ヴィアナ・ド・カステロ(Viana do Castelo)はポルトから車で約1時間ところにある小さな港町。街自体は1時間程度歩いてお散歩をすれば見て回ることが出来ます。


    そんなヴィアナの街の一番の見所は「サンタ・ルジアの丘」。
    ここには教会と、国営ホテルであるポザーダ(POUSADA:スペインでいうパラドール)があります。
    ポザーダは、街と教会を見下ろす位置にあり、海へ沈み行く夕日はまさに絶景。もちろん、朝焼けの景色も同じくらいきれいにみることができます。

  • ▽POUSADAについて

    • 外観

    • スーペリアルーム

    • 部屋からの眺め

    • 優雅な雰囲気ただようレストラン

    ポザーダ(POUSADA)が、ポルトガルの国営ホテルということはお話に上げましたが、もう少し詳しくご紹介いたします。
    ポザーダはかつて、古城や王宮、修道院などとして利用されていた場所を改装した場所であり、30以上のポザーダが国内に点在しています。

    ヴィアナ・ド・カステロの街で恐らく一番高い場所にある、ポザーダは、車やケーブルカーでしかアクセスできない陸の孤島です。
    とはいえ、このミーニョ地方の名物ワイン&料理が堪能できる素敵なレストランがあるのでご安心ください。
    お部屋の中は、スタンダードルームでも広々していて、清潔感もあり快適に過ごすことができます。
    スタンダードとお部屋の広さなどは変わらないですが、スーペリアにすると教会側になり、お部屋からでも昇る朝日をみることが可能なので、おすすめです!

  • ▼ブラガ(Braga)

    • ブラガのカフェ

    • ポルトガルには色んな種類のコーヒーがありました!

    • 三徳と五感の階段

    • ボンジェズス教会

    ブラガ(Braga)の街は、ポルトやヴィアナの街から車で約1時間の場所にあります。この街はかつてミーニョ地方の首都であったこともあり、少し都会的な雰囲気が漂います。街の中心部ではおしゃれカフェをしたり、散策をしたり、街なかは2-3時間もあれば十分かなと思います。この街のカフェには、若者、、ではなくリタイアしたおじいさんたちが集まって仲良くおしゃべりをしていて、なんだかほっこりした気持ちになりました。

    ここの見所は、近郊(といっても車ですぐ)のところにあるキリスト教の巡礼地である「ボン・ジェズス(Bom Jesus)」。頂上にある教会に向かって、600段もの階段があるのですが、信仰深い人はひざを使って登るんだとか・・・。すごいですね。ここにはキリスト受難の場面を表したいくつもの礼拝堂や、「五感の階段」「三徳の階段」と呼ばれるバロック様式の階段をみる(のぼる)ことが出来ます。階段の他に、世界でも一番古いとも言われる水の力で動くケーブルカーも運行していますので、片道はこちらの利用がおすすめです。

  • ▼ギマラインス(Guimarães)

    • 「ここにポルトガル誕生す」の文字

    • 穏やかな歴史地区

    • ギマラインス城

    初代国王生誕の地ギマラインス。ポルトからは車で約1時間。

    見所は2001年に世界遺産に登録された「ギマラインスの歴史地区」です。いわゆるフォトジェニックな、思わず写真を撮りたくなるような、趣のある旧市街エリアはゆっくりとした時間が流れていて心落ち着く場所でした。
    ちなみに、ここにもポザーダが1軒、丘の上にあります。元修道院ということだけあって、内部は重厚感漂う独特の雰囲気に包まれています。

  • ▽B級グルメを堪能

    • フランセジーニャ

    • 北部の名物カルドヴェルデ

    • ポルトガルはスイーツがおいしい!

    ちょっとここで観光以外のお話を・・・。
    北部にきたら、ぜひ食べてほしいのがポルトで生まれたB級グルメ「フランセジーニャ」。フランスの女の子、という意味で可愛らしいご飯なのかと思いきや、食パンの間に肉やらチョリソーやらを挟み、上からチーズをかけ、ビール、ウィスキー、にんにく、トマトなどを入れて作ったソースをかけ、サイドにはフライドポテトが添えられているという超がっつり系グルメ。想像もつかないとは思いますが、ポルトに訪れたらたいていのお店にはあるので一度ぜひ挑戦してみてください♪

  • ▼ドウロ渓谷(Douro Valley)

    • ワイナリー見学のラストはテイスティング

    • テイスティング

    • ワイナリー見学

    • 飛びたくなる開放的景色

    ポルトガルが世界に誇るポートワインの産地であるドウロ渓谷。ここではたくさんのワイナリーがあり、気軽に見学&テイスティングを楽しむことが出来ます。ポルトからは車で約2時間ほどの、東側に位置しています。

    STWではSix Sensesに泊まるツアーをご用意しております。ホテルでは自慢のスパや、ワインテイスティングなど、お楽しみいただくことができるので、優雅で贅沢なひとときをお過ごしくださいませ。

  • ▼アマランテ(Amarante)

    • あいにくの曇り空・・・

    • サン・ゴンサーロ教会

    • これが噂のゴンサーロさん

    ここは、街の守護聖人ゴンサーロさんが縁結びの神様として有名です。ポルトからは車で約1時間。街は、教会と川、そしてそこに架かる橋がある、というくらいの小さな町ですが、素敵な縁を求めて、毎年6月に行われるゴンサーロ祭りには独身女性が集まるそうです。私たちも教会内に入り、ゴンサーロさんにお願いしてきました。そしてこのゴンサーロさんにまつわるお話があるのですが、ちょっとここでは書きづらいので興味のある方はお調べください。笑

  • ▼ポルト(Porto)

    • アズレージョが美しいサンベント駅

    • おしゃれなカフェ

    • レロ書店

    • 修道院広場からの夜景

    ここは国際線も就航していて、日本からですとターキッシュエアラインズなどの航空会社で1回乗り継ぎで入ることが可能です。


    第二の都市というだけあって、見所は沢山。ハリーポッターで有名な世界一美しい書店「レロ書店」や、美しいアズレージョ(タイル壁画)が魅力のサンベント駅、ワインセラーが立ち並ぶポートワイン熟成の地ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアなど。
    詳しい観光スポットは前回ポルトに訪れた際の旅日記でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

    今回ご紹介したポルトガル北部の小さな町々は、いずれもポルトから日帰りで楽しめるスポットになっています。STWでもツアーの取り扱いを順次行っておりますので、興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいませ!!

スタッフおすすめ!お得ツアー

【ギリ割】ターキッシュエアラインズでいく♪大航海時代幕開けの舞台♪ワインでもお馴染みのポルト5日間 料金重視のお得プラン!

成田発

【ギリ割】ターキッシュエアラインズでいく♪大航海時代幕開けの舞台♪ワインでもお馴染みのポルト5日間 料金重視のお得プラン!

日数:5日間  
旅行代金:89,800円~94,800ツアーはこちら