アマジェニックな瞬間(アマンプロ) | フィリピンの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

アマジェニックな瞬間(アマンプロ)

エリア
パマリカン島
/フィリピン
テーマ
現地情報
時期
2019/11/05~2019/11/06
投稿日
2018/11/17
更新日
2018/11/17
投稿者
山中 陽平

アマンプロの世界観を最新フォトと共にお届け致します。

謎に包まれる アマンの魅力を 徹底解剖!!

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪羽田発ANAで行く≫日本から一番近いアマンリゾート!世界最高峰のおもてなしと海の美しさのハイクオリティリゾート・憧れのアマンプロ(ツリートップカシータ)朝・夕食付き 4日間

羽田発

≪羽田発ANAで行く≫日本から一番近いアマンリゾート!世界最高峰のおもてなしと海の美しさのハイクオリティリゾート・憧れのアマンプロ(ツリートップカシータ)朝・夕食付き 4日間

日数:4日間  
旅行代金:310,800円~444,800ツアーはこちら

  • アマジェニック ポイント情報①


    アマン随一の海の美しさ という前情報に納得のセルリアンブルーがまるで切り取った一枚の絵画のように広がります。

    正直どこを映しても絵になってしまう海で、この海に会いたいから世界中から多くのリピーターがやってくるのだと実感。


  • アマジェニック ポイント情報②

    85ヘクタールと意外と大きいアマンプロ。
    東京ドーム18個分に相当するその敷地を

    自分たち専用のカートで探検。

    特別な自分たちだけの空間探しに。

    オススメは、二人だけの隠れ場所「gary's nest」。
    スペシャルディナーをここで取ることも。




  • アマジェニック ポイント情報③

    アマンプロの代名詞でもある 「BEACH CLUB」。


    ここから見える景色は
    朝、昼、夕方と見る時間によって様々な顔を見せてくれます。

    センターからマナモック島を映す構図は
    THE・アマンプロショット。

    午後のアフタヌーンティーのサービスがあるので
    是非大人の一服の時間を楽しんで。



  • アマジェニック ポイント情報④

    メインプール


    木々の葉のこすれ合う音が耳を澄ますと聞こえてくる
    静寂な空間。

    ある人はプールに浸かりながら本を読み、

    ある人はプールサイドの大きなガゼボでお昼寝。

    起きるとそこにはクラッシュアイスで冷やされたボトルウォーターの気遣い。

    アマンで一番ココロ穏やかに過ごせる空間。

  • アマジェニック ポイント情報⑤

    カワヤンバー


    水上に浮かぶ2時間限定の貸しきりバー。

    オススメはやはりサンセットの時間帯。

    自分たちだけの空間。
    自分たちだけの専用ウェイター。
    専用ボートでの移動。

    何にも遮られないアマンの夕陽 = この瞬間こそがアマジェニック!




  • アマジェニック ポイント情報⑥

    ナイトシーン。


    ここまで他の宿泊客を見かけてはいるものの、

    近くに誰かがいるというシチュエーションにならないのが
    アマンの不思議なマジック。

    どこにいても自分たちだけの空間になるのが居心地が良い。

    アマンのプライベートビーティディナーは格別。
    満点の星空のもと、
    幻想的なランタンの灯りに包まれる一時は一生の思い出に。

    「おや?」
    自分たちだけの為に、弾き語りしに来てくれたアマンスタッフ。耳をすますと、知っている曲。
    アマンで聞く森山直太郎の「桜」。鳥肌モノ。

    「食後のコーヒーや、紅茶はいかがですか?」
    と問うアマンスタッフ。

    「メニューには無いのですがキャラメルマキアートが飲みたいのです」
    無茶を言うSTWスタッフ。

    「Yes Madam」
    世界一のキャラメルマキアート。






  • アマジェニック ポイント情報⑦

    アマンの美味しい食事


    アマンのサービスにNOは無い。

    食事が美味しいのはもちろん、食事+αのサービスが
    あるからより美味しい。
    アマンスタッフは一番のスパイスを知っているようです。

  • アマジェニック ポイント情報⑧

    まだまだ語りつくせないアマンの魅力。


    一度行けば自分たちだけのアマンのサービスエピソードができるはず。

    それは他の人についつい話してしまいたくなる心温まる想い出。

    だからアマンには大きな宣伝をする必要もないのだ。

    最高のおもてなしを写真を通して思い出す喜びを是非。