マレーシア第三の都市・イポーへ!イポーの魅力を全部伝えます♪ | マレーシアの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

マレーシア第三の都市・イポーへ!イポーの魅力を全部伝えます♪

エリア
マレーシア
/マレーシア
テーマ
現地情報
時期
2019/09/20~2019/09/24
投稿日
2019/9/29
更新日
2019/11/16
投稿者
相良悠介

こんにちは!

渋谷駅前店のアジア担当相良です。
今回はちょうど1週間前に訪れた、マレーシア第三の都市・イポーのお話しです。
えっ?イポー?それどこ??って考える方もいらっしゃるかと思います。
実際、私の周りのスタッフもそうでした(笑)
イポーには隠れた魅力が沢山ありました。
そんなイポーを今回ご紹介致します。

スタッフおすすめ!お得ツアー

イポーで過ごす最高の贅沢 大自然を望む天然温泉&洞窟レストランでロマンティックなひとときを・・ 大人の隠れ家リゾート ザ・バンジャランホットスプリングリトリート2泊+クアラルンプール1泊滞在5日間

成田発

イポーで過ごす最高の贅沢 大自然を望む天然温泉&洞窟レストランでロマンティックなひとときを・・ 大人の隠れ家リゾート ザ・バンジャランホットスプリングリトリート2泊+クアラルンプール1泊滞在5日間

日数:5日間  
旅行代金:132,700円~211,700ツアーはこちら

  • 1日目:クアラルンプールからイポーへ(マレー鉄道利用)

    • クアラルンプール駅

    • クアラルンプール駅

    • クアラルンプール駅

    • 乗車チケット

    ≪旅行行程≫
    9/20 マレーシア航空71便 成田発(21:40)→9/21 クアラルンプール着(04:05)
    ※イポー(2泊)
    ※クアラルンプール(1泊)
    9/24 マレーシア航空70便 クアラルンプール発(09:50)→成田着(18:05)

    マレーシア航空71便を利用してクアラルンプールに到着!
    ※早朝すぎて空港は閑散としていて入国審査もスムーズでした。

    イポー行きの電車があるKLセントラル駅までの移動方法は3つあります。
    ●KLIAエクスプレス(電車)
    ●リムジンバス
    ●タクシー

    今回はリムジンバス(KLセントラル駅まで15MYR)を利用して道も空いていて約1時間ぐらいで着きました。
    ※イポー行きの電車チケット手配の関係から、私はお隣の駅・クアラルンプール駅から乗りました。KLセントラル駅が始発駅になるのでKLセントラル駅から乗車するのがオススメです。
    ※写真はクアラルンプール駅です。

    乗車時間が【09:04】だったので乗車まで3時間ほど時間があり、クアラルンプール駅の待合部屋で動画を観ながら時間つぶし...

    ★チケット手配方法★
    今回、下記サイトを利用して手配しました。
    電車のチケットは結構混み合うので早期予約することをオススメします。(値段:片道あたり36MYR)

  • マレー鉄道(KTM)の高速鉄道(ETS)について

    ・6両編成(A号車からF号車/C号車には軽食スタンド有り)
    ・先頭車両はKLセントラル発イポー行きがF号車、イポー発KLセントラル行きがA号車
    ・全席、座席指定席
    (注)座席が中央8列目から進行方向と逆方向に分かれてるので指定時に気をつけないと、進行方向に対して背を向けて座ることになります。

    ★豆知識★
    ・電車内は冷房がガンガンに効いているので結構寒い、厚めのスエット着て丁度いい感じでした。
    ・トイレはそこまで汚くないです、ペーパーも付いているので安心でした。

  • クアラルンプール駅から2時間40分かけてイポー駅に到着!

    • イポー駅

    • イポー駅正面にある広場から

    • イポー地図

    念願のイポー駅に到着!

    駅は白を基調としたコロニアル調の造りでした。

    ★イポーの簡単な情報★
    ・マレーシアで3番目に大きな都市イポーは、人口約71万人。
    ・キンタ渓谷でスズが生産されるようになってから人口が流入し、中国系の億万長者たちが誕生した近代都市。
    ・マレーシア名物・ホワイトコーヒーの発祥地としても有名。
    ※イポーの由来は先住民族が狩猟の際に吹き矢の毒としてして使用していた樹液が採れる木の名称。

    観光スポットは大きく分けてふたつ。
    駅から徒歩10分の手前にあるエリア・オールドタウン、その奥にあるエリア・ニュータウンに分かれる。
    次のページでオールドタウンの魅力についてお話しします。

  • ★オールドタウンの魅力★

    イポーの街中はペナン島のジョージタウンと同じ雰囲気が漂っており、街中の至る所にウォールアートがあり、それを探しながら町散策するのもひとつの楽しみ方である。


    オールドタウンのメイン通りには雑貨屋や食事処が点々としておりました。
    小腹も空いたのでメイあン通りにある食事処で、マレーシア名物であるチキンライスを注文!
    その価格に驚いた、なんと1食あたり7MYR!!
    安すぎる..量も多いのですぐお腹一杯になりました(笑)
    低コストで食べられるのもアジア旅の魅力のひとつです。

    食後にホワイトコーヒーも飲み、のんびりして過ごしました。
    街散策をしているとハンドメードマーケットを発見し、そこでクッションを買いました。
    長閑な雰囲気が流れているのでゆっくり観光出来ます。

    ★注意★
    イポーには両替所があまりありません、特にオールドタウンにはありませんでした。金ショップで両替を行っていましたが日本円は対応してませんでした。
    その為、ある程度はクアラルンプールで両替して行くことをオススメします。
    もし両替希望の方はニュータウンにある【Ipoh Parade Shopping Centre】の1階に両替所があるようです。

  • 今回のメイン!大人だけの隠れ家リゾート/ザ・バンジャラン宿泊

    • リゾートマップ

    • ホテル入り口

    • ホテルエントランス

    • ウェルカムドリンク

    今回、ここに宿泊するためにイポーにやってきました!

    そのホテルとは大人だけの隠れ家リゾート【ザ・バンジャラン・ホットスプリングス・リトリート】です。

    ここは森の中にある温泉リゾートで全客室数45室、ジャグジー風呂・プライベートプールが備わったヴィラタイプのホテルです。
    お部屋タイプは大きく分けて3つです。
    ・Garden Villa/約260㎡(Villa1~16)
    ・Water Villa/約154㎡(Villa17~25)
    ・Lake Villa /約81㎡(Villa26~45)
    ※ Lake Villaのみツインベッド有り、それ以外はキングベッド 
    ※全室バトラーサービス付き
    ※12歳以下のお子様は泊まれないので注意

    今回は【Water Villa】に宿泊しました。お部屋の様子と基本設備は次のページで紹介します。

  • Water Villaのお部屋紹介

    • プライベートプールとジャグジー

    • リビングスペース

    • 寝室

    • 洗面台

    ・ジャグジー・プライベート付き
    ・無料WI-FI(良好)
    ・歯ブラシ、シャンプーなどの基本アメニティー有り
    ※蚊が多いので虫よけ対策グッズ多数(蚊取り線香、虫よけスプレーなど)
    ・無料スマートフォン、スピーカー有り

    寝室、シャワーブース、トイレ以外は全てオープンスペースとなっており、結構涼しいです。また外からは見えないのでプライベートの空間でのんびりできます。

  • その他の施設設備

    • SWEET TREE

    • パブリックプール

    • パブリック温泉

    • ドクターフィッシュ

    ・スパ、ジム、プール(温水)、ドクターフィッシュ、洞窟(瞑想・サウナ・クリスタル)、温度の違う温泉4ヵ所、水風呂

    ・各日、ホテル主催の無料アクティビティ有り
    ・SWEET TREE(ジュースやアイスが入っている冷蔵庫で無料、但し取り出す際にパスワード要/チェックイン時に貰えます)
    ・JEFF’S CELLAR(洞窟レストラン)
    ・SKY BAR

    ※ホテル主催の無料アクティビティはヨガ/フィットネス/太極拳クラス、ジャングルウォーク、土曜日にはカクテルパーティーなどがあります。1部のアクティビティ(寺巡りやイポー市内観光)などは人数制限があり、前日までに事前予約が必要です。長期滞在の方でも飽きないプログラム設定となってます。
    ※ジャングルウォークに参加すると隣接する複合型テーマパークの【LOSTWORLD】に無料で入園できます。LOSTWORLDは動物園やプール、遊園地などがあり、結構面白かったです。

  • ★絶対オススメ★洞窟レストラン・JEFF’S CELLARでのディナー

    • レストラン内部

    • レストラン入り口

    • テーブル席

    • セットメニュー

    JEFF’S CELLAR】はザ・バンジャラン・ホットスプリングス・リトリートで有名なレストランです。洞窟内にあり、完全予約制でコースディナーを満喫できます。

    ※服装はスマートカジュアルで問題ありません。

    9コースディナーで575MYR(日本円で約15,000円)。
    正直結構高い..ただ大切な人と唯一無二の時間を過ごす場所としてとてもオススメです。

    普段は全くコースディナーのお店とか行かないのでとても緊張しました。コースは2種類あり、料理が出される度に料理内容を説明してくれました。食事はどれも美味しく、日本人の口にあった味つけでした。
    ※食前に同席相手にバラを渡すサービスもあり、ロマンティックなひとときを過ごしました。

  • ●まとめ●

    今回、2泊と短い滞在でしたがとても充実した日々を過ごすことが出来ました。リゾート滞在といったら海を想像しがちですが、自然の中に身を置いたリゾート滞在をイポーでは満喫することが出来ます。


    最後にこの旅日記をみてイポーに興味をもった方はおりますでしょうか?イポーに行きたい、ザ・バンジャラン・ホットスプリングス・リトリートに泊まってみたい方は是非お問い合わせ下さい。
    カップル、夫婦旅行にはオススメの場所です、大切な人と過ごすネイチャーリゾート滞在は如何でしょうか?