おとぎの国に迷い込む!?カラフルな街グアナファト | メキシコのシティの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

おとぎの国に迷い込む!?カラフルな街グアナファト

エリア
グァナファト
/メキシコのシティ
テーマ
世界遺産
時期
2018/09/07~2018/09/08
投稿日
2018/11/17
投稿者
君羅 由佳

メキシコシティーから足を伸ばして、中央高原のコロニアル都市グアナファトへ。

最近アニメーション映画の舞台となって一気に人気に火がつきました。
見ても歩いてもかわいいがいっぱいのグアナファトをご紹介します♪

  • 名所をぐるっと

    • ピピラの丘からの眺め

    • 朝一番の口づけの小道

    • お昼には人だかり

    • 街のシンボル、バシリカ教会

    グアナファトと言えば、まずはここ、ピピラの丘

    メキシコ独立運動の英雄ピピラの像が建つ高台にある展望台です。
    メキシコのガイドブックなどでよく目にする景色です!
    街に入る前にまずは展望台から全景を。
    とても小さな街ですが、カラフルかわいい感じがよくわかります。

    次は、口づけの小道
    ここはメキシコ版ロミオとジュリエットの舞台といわれる場所。
    ここでキスすると7年間は幸せが保証されるとか。
    昼間には人で溢れかえるので、朝イチに行くのがおすすめです。

    展望台からのよく見える、街のシンボルがバシリカ
    こじんまりとしていますが、目の前のラパス広場の緑と黄色がかわいらしい♪

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    【日本語ガイド】<空港発アレンジ可能>おとぎの国“グアナファト”&世界の人気都市第一位“サン・ミゲル・デ・アジェンテ” 世界遺産 1泊2日ツアー
  • まだまだフォトスポットは尽きない

    • 街に点在する地下トンネル

    • かわいい家が建ち並ぶ

    • サンディエゴ教会

    • 迫力あるアロンディガの壁画

    なぜかグアナファトは地下トンネルだらけ、、

    街のいたるところに地下道や地下トンネルがあり、人や車がたくさん行きかっています。
    銀の坑道として造られた地下トンネルをそのまま道にして現在も使用してるのだとか。
    電車はないですが、東京と同じくらい地下には道はあるのではないかと思うほど。。

    かわいいカラフルな街を端まで歩くと、アロンディガ博物館に到着。
    独立戦争の際に、鉱夫だったピピラが銃弾をよける為に石を背負い、穀物倉庫だったこのアロンディガに突入したのだとか。
    現在は中は博物館となっていて、革命の記憶を伝える壁画などは展示されています。

  • 夕暮れから日没まで

    • はずは腹ごしらえ

    • ここから一気に日が暮れる

    • この時間が一番雰囲気◎

    • だんだんと街に灯が灯る

    グアナファトはとても小さな街で端から端まで歩いても30分ほど。

    写真は取れないですが、ディエゴリベラ博物館やミイラ博物館もぜひ行っておきたい!

    そしてグアナファトは夕暮れ時までかわいらしいんです!
    ぜひ昼間だけではなく、夕暮れ時にもピピラの丘に行ってみてください。

    可愛いらしい雰囲気の街がだんだんと暗くなって、、
    日が落ちて暗くなり始めが一番おすすめ!
    街灯がぽつぽつとつきはじめ、バシリカもライトアップされ、昼間とは違う雰囲気を味わえます。

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    【日本語ガイド】<空港発アレンジ可能>おとぎの国“グアナファト”&世界の人気都市第一位“サン・ミゲル・デ・アジェンテ” 世界遺産 1泊2日ツアー

スタッフおすすめ!お得ツアー

*STW限定MAP付き!*カラフルな街並みと世界遺産の町☆グアナファト@ポサダ・サンタフェホテル泊5日間★空港~ホテル間往復送迎・朝食付

成田発

*STW限定MAP付き!*カラフルな街並みと世界遺産の町☆グアナファト@ポサダ・サンタフェホテル泊5日間★空港~ホテル間往復送迎・朝食付

日数:5日間  
旅行代金:143,700円~202,700ツアーはこちら