コルテス海の大物を狙え! バハカリフォルニア周遊旅♪ | メキシコリゾートの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

コルテス海の大物を狙え! バハカリフォルニア周遊旅♪

エリア
メキシコリゾート
/メキシコリゾート
テーマ
ダイビング
時期
2017/10/14~2017/10/22
投稿日
2017/10/24
投稿者
喜屋武裕也

今回はメキシコ西部のバハカリフォルニア半島にある

ラパス」「カボプルモ」「カボサンルーカルを巡ってきました!
メキシコダイビングのド定番ポイントから、まだまだ知られていないマイナーポイントまでご紹介します!!

  • 海獣天国!ラパス ~水中編~

    • アシカ1

    • アシカ2

    • フエダイ

    • レックも行ってきました~

    ラパスはアシカの子どもが海で遊びだす9~10月が一番楽しい時期で

    ダイバーに興味津々のアシカたちはとてもフレンドリーに近づいてきてくれます♪
    触れそうなほど近くに・・・というよりむしろアシカの方から触ってくることもしばしば・・・
    そんな愛らしい姿にもうメロメロになること間違いなしっ!!

    でも、もちろんラパスはアシカだけじゃない!
    ワイドやレック、マクロも楽しめます♪
    ラレイーナ」や「エルバホ」がマンタやハンマー、バラクーダ等の大物狙いのポイントとして有名なのですが、今回は水温が高すぎて断念。。。
    潜った日は水温が29℃と温かかったです。

  • のんびりした港町 ラパス ~陸上編~

    • ラパス町並1

    • ラパス町並2

    • 定番タコス

    • カテドラル

    ラパスの町は海岸通り(マレコン)付近にレストランやホテル、商店が建ち並んでおり、マレコン付近のホテルに滞在すれば、アフターは基本全て徒歩圏内と便利です。


    周辺には観光スポットというのは、教会(カテドラル)があるぐらいで他にはあまりありませんが
    夜は程よく涼しいので、オープンテラスのお店でお酒を飲んで、マレコンをのんびり歩くととても気持ち良い♪

    マレコンは夜も賑やかで治安も良く、女性一人旅でも安心です!
    実際、滞在中に一人旅の方にも何度かお会いしました。

    食事はタコス等の定番メキシコ料理はリーズナブルでボリューム満点!!
    港町だけあって、海鮮も美味しいお店も多く食事には飽きません。

  • 手付かずの自然が残る カボプルモ国立公園~水中編~

    • ギンガメの群れに圧倒!

    • 群れの中に突入!

    • 白砂の上で色が映える!

    • 心なしか逃げない魚が多い気がする

    ラパスから車で約3時間、ロスカボスからは約1時間半のところにある「カボプルモ」

    国立公園に指定されていることもあり、とにかく魚影が濃いポイントが多く、中でもギンガメアジの群れは圧巻の一言!
    よくアジ玉等と言われるがあるが、玉どころか壁にしか見えない程の巨大な群れでした!

    他にも運がよければ、ブルシャークやマンタなども狙えるようだが、こちらも残念ながら水温が30℃と高すぎた為か今回は遭遇できませんでした。

    ~注意点~
    欧米人向けのガイディングになるので、あれこれ見せてくれるというよりはポイントまで来たら自由にしていいよ。というスタイルなので、好きに写真を撮りたいという方には良いですが、日系サービスに慣れ親しんだ方は違和感を覚えるかもしれません。

  • 人口約200人の小さな村 カボプルモ国立公園~陸上編~

    • 丘の上から

    • 村の中は舗装されていない

    • 波は高め

    • バンガロー

    カボプルモへの道中、国立公園の敷地に入った途端に舗装もされず凸凹で石もごろごろ転がっているオフロードのような道に急変します。


    村の電気はソーラー発電で賄っているエコリゾート
    バンガローにエアコンはなく扇風機のみなのですが、1泊目に夜中に扇風機が止まりあまりの暑さに眠れないというプチハプニング。
    エコリゾートだから仕方ないと我慢ガマン・・・

    娯楽施設はもちろんなく、レストランも村に数件であとは小さな商店があるだけなので、アフターは正直することはありません。
    ただただのんびり過します。

    私達は今回、カボプルモへ向かう途中に水や軽食、お菓子、お酒を買い込んで行きましたが、カボプルモに到着してから買い込んで正解だったと実感しました。

    ダイビングのポイントも近く、3本潜っても14時頃には終わるので、その後の時間を持て余してしまう!
    することがない!という方には正直ここの滞在はおすすめしません。
    ラパスやロスカボスから日帰りダイビングツアーも出ているのでそちらからの参加をおすすめします。
    何もないところでぼーっとのんびり過せる方は一度、滞在してみてください。

  • 太平洋とコルテス海が交わる カボサンルーカス~水中編~

    • 透明度も高めで砂紋も綺麗

    • 斜めに撮ったのではなくリアルな傾斜

    • ホワイトチップ発見

    • 写真撮ってもらいました♪

    半島最南端のカボサンルーカスでももちろんダイビングが盛ん!

    今回は綺麗な砂地のポイントに行ってみました。
    エントリーしてまず目に入るのは一面に広がる綺麗な砂紋
    透明度も良く、漂っているだけで気持ち良くなります。

    先へ進んでいくと、一気に40~50mまで落ちる急斜面が現れます!
    その斜面にも砂が多く乗っており、流れのある時にはサンドフォール(砂の滝)が見れることもあるそうです。

    ところどころにごつごつした岩礁もあり、マクロ系も楽しめます♪

    カボサンルーカスにも実はアシカのコロニーがあり、アシカが見られるポイントもあるので、ラパスにまで行けない。。
    という方もアシカに出逢えるチャンス大です!!

  • バハカリフォルニア半島最南端のリゾート カボサンルーカス~陸上編~

    • ホテル外観

    • マリーナ

    • マリーナ沿いにはフォトスポットが点在

    • レストランもたくさん。メキシコ人は明るくフレンドリー

    今回はマリーナ目の前のテソロロスカボスというホテルに宿泊しました。

    前日までのエコリゾートのバンガローとは全く異なるリゾートホテルにテンションが自然と上がります。笑

    カボサンルーカスは釣りでも有名で、毎年ビッグゲームが開催されることもあり、クルーザーがたくさん停泊しています。
    ビッグゲームの当日には何十隻ものクルーザーが一斉に沖合いへ向けて出航していきます。
    その光景を撮りたくて訪れる観光客もいらっしゃるほどの盛り上がりを見せます!

    また、リゾート地だけあってホテル周辺にはレストラン、お土産屋さん、ショッピングセンター、ナイトクラブなどが充実しています♪
    メキシコ人は皆フレンドリーなのでどのお店もとても入りやすい

    リゾートもダイビングも楽しみたいという方にはぴったりです♪

  • 乗り継ぎ時間でメキシコシティ立ち寄りもできちゃいます

    • インスタっぽい写真を撮ってみる

    • ピラミッドの階段はなかなか急なので上り下りはご注意を!

    • パワーストーンの黒曜石を身に着けて運気UP!?

    • 市内の広場(テソロ)横のカテドラル

    アエロメヒコを使って行くと、最終日にメキシコシティへの立ち寄りも可能です!

    メキシコシティへの便は何便か飛んでいるので、ちょっと早めに出発すればテオティワカン遺跡の観光にも参加できちゃいます♪

    テオティワカン遺跡には月と太陽2つのピラミッドがあり、どちらも登ることが可能です!
    パワースポットとしても有名ですので、立ち寄りはおすすめです!
    また、遺跡のガイドさんからはパワーストーンの黒曜石で作ったペンダントもお土産に買うことが出来ますので、更に運気UP!!?
    価格も1,500円程度と良心的♪

    遺跡観光を楽しんだあとは、ちょっと寄り道をして市内も散策♪
    もとはスペイン人が作っただけあって、ヨーロッパ調の町並が広がります。
    街の中心にはラパスにあったものよりも何倍も大きなカテドラルがあり、観光客やビジネスマンがたくさん。
    とても活気を感じます。

    ちなみにメキシコシティのある場所は標高2,000mを超えているので、立ち寄りの際は体調に気をつけましょう。

    今回、私は3ヶ所を弾丸で周りましたが、本来それぞれの場所で長期で滞在しても飽きないところばかりですので、ぜひ興味を持たれたところに行ってみて下さい!


    ■ラパスのスポット紹介はこちらから
    ■東京発 ラパスのダイブツアー一覧はこちらから
    ■名古屋発 ラパスのダイブツアー一覧はこちらから
    ■大阪発 ラパスのダイブツアー一覧はこちらから