★必見★失敗しないモロッコ旅とは! | モロッコの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

★必見★失敗しないモロッコ旅とは!

エリア
モロッコ
/モロッコ
テーマ
現地情報
時期
2019/11/06~2019/11/14
投稿日
2019/11/21
更新日
2020/3/20
投稿者
嶋吉真理

今回、夏休みで念願のモロッコ旅行に行ってきました~♡
何もかもが本当に素晴らしくて。。。
女子3人、専用車でぐる~っと1周してきましたのでその様子をご紹介します!
***モロッコ6泊9日間ざっくりスケジュール***
シェフシャウエン
フェズ
メルズーガ
アイト・ベン・ハッドゥ
マラケシュ

スタッフおすすめ!お得ツアー

【出張&帰省に!バックパッカーも必見】北アフリカ旅の起点カサブランカへAIR+HOTELのシンプルプラン 5日間<延泊/帰国日延長/ホテル変更/送迎手配/各種アレンジ可>

成田発

【出張&帰省に!バックパッカーも必見】北アフリカ旅の起点カサブランカへAIR+HOTELのシンプルプラン 5日間<延泊/帰国日延長/ホテル変更/送迎手配/各種アレンジ可>

日数:5日間  
旅行代金:70,800円~193,800ツアーはこちら

  • ビジネスクラスを横目に、大人しくエコノミークラスです

    • ドーハ空港といえばこのクマ

    • 人生初タジン鍋 ~レモンとチキン~

    • インテリアがぜんぶモロッカン!

    • 名物ミントティー 砂糖いっぱいがモロッコ流

    カタール航空で成田からドーハ経由で向かいます。
    ビジネスクラスをチラ見しながら過ぎ、エコノミークラスの座席へ。

    ビジネスクラスのフルフラット・・・帰りは変更しようかな・・・
    とよぎるくらい羨ましいお席です。
    カタール航空は「Qスイート」という完全個室、プライベートがっつり確保のなんとも素敵なお席が導入されています。ご予算ある方は是非!

    長時間フライトを経て初!アフリカ上陸しました!
    からの長時間陸路移動です。
    長い。長すぎるぜモロッコ。
    モロッコ旅行、ネックピロー必須です。
    この子のおかげでこの後の数時間にも渡るドライブが和らぎました。

    カサブランカ空港から1日目宿泊の街「シェフシャウエン」までは
    車で7時間ほど。私はそのうち6時間50分を睡眠に当てました。
    途中で晩御飯を食べます。この日はモロッコ名物「タジン鍋」

    リヤドに到着したらお風呂に入って明日に備え就寝。

    ***失敗しないポイント***
    リヤドはアメニティーがほとんどないのでアメニティー一式と
    寝間着、使い捨てスリッパ、ドライヤーがあれば◎

  • インスタ映えとは@シェフシャウエン

    • おじちゃんのジェラバが絵になる

    • どこもかしこも絵になる~

    • 綺麗な青にカラフルな小物が映える

    • 色んな色味の青が綺麗

    さあ!!
    長時間、陸路移動の末辿り着いた街、シェフシャウエン。
    この街を飛ばしてモロッコを旅するのはナンセンスです。
    (理由は後ほど)

    朝、ガイドさんがホテルまでお迎えに来てくれます。
    ガイドさんと一緒にシェフシャウエン観光スタート。
    山奥にあるこの街は一歩ホテルを出れば
    幻想的な景色が広がっています。

    青い街として有名なシェフシャウエンはインスタ映えスポットが沢山。
    しかし、映え写真の撮り方がいまいちわからない私。
    センスないのがばれたくないので普段はもはやアップしません。
    でもでも!おしゃれな写真が撮りたい!
    この為にわたしは14万のiphone11proを買いました。笑
    (盗まれないように終始すごい力で握りしめて撮ってます。)

    よくガイドブックやSNSに載っているような場所はガイドさんが
    全て案内してくれるのでマップは不要。
    とにかく歩き、雰囲気を楽しみ、
    ひたすら写真を撮るだけでいいのです。
    とーっても陽気なガイドのムハンマドさん、歴史も説明しながら
    沢山写真を撮ってくれます。一人旅でも安心ですね!

    え、え!どうですか?どうでしょう!
    映えてる!めちゃめちゃ映えてる!!
    雰囲気でてる~!
    帰国したらこれ見よがしにアップしよう。

    ただ座り、ただシャッターを押すだけでこのクオリティーです。
    シェフシャウエンは誰でも簡単にインスタグラマーになれる場所です。映え写真が撮りたい、可愛い街が大好き、そんな方には是非とも立ち寄ってもらいたい場所です。

  • ザ・モロッコ!危険なかおりプンプン@フェズ

    • 夜のフェズ 雰囲気ある~

    • 程よいスパイスで美味しい!

    • 余りにも鮮明なのでぼかします

    • ここで皮を染めてます

    シェフシャウエンを出て4時間、迷宮都市「フェズ」に到着。
    ※言い忘れましたが道中トイレ休憩はありますのでご安心を。

    なんとも幻想的な細い道を通りレストランへ。
    夜に到着したこともありガイドが一緒でなければちょっと心細い・・・。
    というかめっちゃこええ。わたしのiphoneを握る手がさらに強く・・・
    この日はケバブメインのモロッコ料理です。


    翌朝ガイドさんとホテルロビーで合流し
    フェズ市内観光を経て最後にタンネリ(なめし革工場)見学へ。
    入るや否やミントの葉を渡され、「ん?(ウェルカムミントてきな・・・?)」
    首をかしげているとおじちゃんから鼻に突っ込め、と指示が。
    言われるがまま鼻にミント突っ込む私たち。
    理由はすぐに分かります。

    この工場、とてつもなく臭いんです。
    匂いの犯人は「鳩のフン」。皮を染める為に使っているとの。

    タンネリの見学を終え、お目当てのバブーシュ購入へ。
    家族へのお土産でたくさん買いました。
    1足150DH(1,500円くらい)。
    ※わたしは後で行くマラケシュでもさらに追いバブーシュします。

    ***失敗しないポイント***
    恥ずかしがらずミントを鼻に突っ込むこと。
    バブーシュは工場などちゃんとしたところで購入すべし。
    マラケシュのスークに売ってるバブーシュは日本に持って帰るととんでもなくくっさい!お気をつけください・・・

  • あ~ただただ素晴らしすぎる@サハラ砂漠

    • ちゃんとベッドが3台

    • されるがまま完成した姿

    • 気持ちが大きくなります

    • 往復30分くらい乗ったでしょうか…

    次はこの旅のハイライトと言っても過言ではないサハラ砂漠へ
    フェズから車で9時間
    (4駆車に途中乗り換えますので酔いやすい方は事前に酔い止めを)

    私達は今回砂漠のホテル「オーベルジュ ド スッド」に宿泊しました。
    これまた可愛いホテルなんです。
    ※WI-FIはロビーなら使えました。
    ホテル到着が18:30くらいなのでこの日はホテルで夕食を食べて早めに就寝。
    翌朝は6:30集合と聞きビビりまくる私たち

    翌朝ホテル催行のサンライズ鑑賞ツアーに参加

    砂漠って年中ずっと暑いイメージないですか!?
    わたしはそう思ってました
    実はシーズン(11~6月あたり)によっては極寒です。
    砂漠でしょ?暑いっしょ!!っていうわたしみたいな人がいれば、
    しっかり真冬の服装で行かないと
    朝晩か~な~り冷え込みますので凍え死にます。

    ヒートテック+ニット+フリース+ウィンドブレーカーという完全防備スタイルに
    持っていたマフラーをガイドのおじちゃんが現地風にアレンジしてくれました。
    現地感を追加してツアーへの準備万端です!

    このサンライズ鑑賞ツアー、朝頑張って起きたかいありました。
    美しすぎて言葉が出ないとはこのこと。
    ここでもおじちゃんに沢山写真を撮ってもらいました。

    ***失敗しないポイント***
    時期によっては暖かい服(ラクダ乗る時は手袋必須)
    要らない靴下2~3枚とビニール袋
    (靴が砂まみれになるので途中で靴を脱ぎ、靴下で砂漠を歩くと
    お気に入りの靴がああああ!!なんてことがなくなります)

  • テラス朝食は如何に@アイドゥベンハットゥ

    • モロッコのグランドキャニオンと呼ばれるトドラ渓谷

    • ちゃんとテーブルクロスも準備してくれました

    • 圧巻!

    心に染みたサンライズ鑑賞の次は8時間の移動を経て
    よく映画の舞台にとして使われる世界遺産のアイドゥベンハットゥへ

    道中立ち寄るトドラ渓谷はド迫力です。
    宿泊地だけでなく、移動も楽しめるのがモロッコの魅力。

    アイドゥベンハットゥ到着後は翌日の朝が観光予定なので
    この日はこれまた可愛いリヤドで写真撮影を楽しんだり、
    移動で疲れた体を甘やかして過ごしました。

    私達は今回、「リヤドマクトゥブ」に宿泊しましたが、
    翌朝、「テラスからアイドゥベンハットゥが見えるよ~
    朝食はテラスがいいよ~」と教えてもらったので
    せっかくなら!と優雅な朝食を心待ちにテラスに出てみると・・・

    おおお!!!
    なんと素晴らしい!!
    めちゃめちゃ寒いこと以外

    世界遺産を観ながらの朝食、これまた写真映えですよね!
    是非折角なのでテラスでの朝食がお勧めです。

    朝食後はいつものドライバーさんとアイドゥベンハットゥ散策へ。
    間近でみると本当に格好いい。

  • 物欲爆発@マラケシュ 

    • ごちゃごちゃ感がたまらない~

    • 値段交渉も楽しみのひとつ

    • ひとつひとつ手作りです

    • ガイドさんの説明をききながら~

    アイドゥベンハットゥからマラケシュまでは5時間。
    ここまでくると5時間くらいどうってことないです。

    到着した私たちはまず、マラケシュの活気に驚きました。
    どの都市にもないなんだかお祭りのような雰囲気が気に入りました。

    ガイドさんに連れられ、バヒア宮殿、スーク、ジャマエルフナ広場を案内してもらい、ここで私たちの物欲が爆発しました。
    モロッコの雑貨、本当にかわいいんです。

    スークではガイドブックに載るほど有名な職人さんがいる
    バブーシュ店に連れていってもらい、関西人魂で鬼の値切り交渉です。
    バブーシュどんだけ買うんや

    マラケシュは2泊したので
    次の日はフリーで自分たちでまわってみることにしました。
    ただ、私、マラケシュ2日目の記憶はございません。
    理由は次の章に書いておきます・・・。

    *タクシーの乗り方*
    マラケシュのタクシー、私たちはどこでも(車10~15分くらいの距離)
    一律40dhくらいで乗っていたのですが、
    日本人だとやっぱりふっかけられることが多いみたいです。
    兎に角乗る前に値段交渉が大切!
    お釣りももらえないことが多いので細かいお金を残しておくと◎

    ***失敗しないポイント***
    モロッコ、全体的にwi-fiは弱いですが、
    いっそ気にせずに旅するのもありかな~と思い、
    ポケットwi-fiは持って行きませんでした。
    ガイド&専用車付きなのでなにも困ることはなく、
    2日目のフリーだけ自分達でまわりますが、【maps.me】という
    アプリを事前に日本でダウンロードしておけば
    オフラインでも自分の居場所がわかるマップアプリなのです!
    wi-fi持っていかない!って方は是非~!

  • 余談:吐き散らかしにご注意を(胃袋の反乱)

    • 行きたかった。行けなかったマジョレル庭園。photo by 友

    • なんて綺麗なマジョレルブルー!!

    • インスタグラムで有名なスポット

    順調に進んだモロッコ旅行も終盤。

    ・・・とここで事件が。
    ええ。ずっと調子の良かった私の胃袋が反乱をおこしました。
    いいタイミングですね、本当に。
    土産話を増やしてくれました。実に空気が読めてます。
    私のモロッコ旅行ハイライトはここです。

    マラケシュ1泊目の夜中、急に腹痛で起きました。
    その後おさまり、また寝ようとすると・・・
    うっ!!!
    吐き気が。後はご想像にお任せします。

    翌日終日フリーでマジョレル庭園に行く予定でしたが私は泣く泣くリヤドステイ。
    リヤドの天井、装飾が綺麗だったなあ。

    優しい友達2人がマジョレル庭園の可愛いハガキと、出発前からずっと飲みたいと言い続けてたマラケシュの生絞りオレンジジュース
    (4DHなんです。。激安なので100杯は飲むつもりでした・・・)
    をお土産で買ってきてくれました(泣)

    午後、すこ~し吐き気もおさまり、
    このまま寝てるのも惜しいので袋を片手にスークへ。
    心の底からこの判断、悔やみます。
    スークの皮の匂いで、一気に吐き気が。
    大切に握りしめてたスーパーの袋が助けてくれました。
    自分で言うのもなんですが吐き方はもうプロ並です。
    吐き方のプロってなんだ

    2人には迷惑をおかけしまして・・・。
    リヤドの方もとっても親切にしてくださり、モロッコの素敵な一面も見れました。

    ***失敗しないポイント***
    結局、原因は分かりませんが、胃薬があればベストです。

  • ***失敗しないポイント***

    • フェズのお皿の柄がドンピシャ

    • かぼちゃおおきっ

    • どれにしようかな~♪

    モロッコ全都市に専用車&ガイドをつけることです!

    私みたいな方向音痴にはもちろん、方向感覚ばっちりの方でも
    迷路みたいな街が多いモロッコ、
    自分達だけでまわるのはかなり大変。
    しかも行きたいところは基本相談すれば連れていってくれることがほとんどです。
    なにが一番いいって、食事代も含まれているツアーを選んだので
    現地で使うお金はお土産代とレストランで飲み物を頼むときだけ。
    何も気にせずに観光を楽しめるって最高ですよね。

    ここに行きたい!あれがしたい!などあればお問い合わせください★