砂漠で自分ちっぽけ体験。 | モロッコの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

砂漠で自分ちっぽけ体験。

エリア
モロッコ
/モロッコ
テーマ
自然
時期
2019/11/06~2019/11/14
投稿日
2019/11/20
更新日
2021/2/24
投稿者
エスティーワールドスタッフ

夏休みを利用して同期女子3人でモロッコへ…
初アフリカ!ヨーロッパもまだ行ったことがないのに!笑
人生初の長時間フライト。
モロッコは都市間も離れているので移動がとにかく長い。
でも長い移動時間の先には
自分ってちっぽけだな~。
自然ってすごい!
って感動する絶景が待っていました。
そんな私の自分ちっぽけ体験を少しご紹介。

スタッフおすすめ!お得ツアー

【出張&帰省に!バックパッカーも必見】北アフリカ旅の起点カサブランカへAIR+HOTELのシンプルプラン 5日間<延泊/帰国日延長/ホテル変更/送迎手配/各種アレンジ可>

成田発

【出張&帰省に!バックパッカーも必見】北アフリカ旅の起点カサブランカへAIR+HOTELのシンプルプラン 5日間<延泊/帰国日延長/ホテル変更/送迎手配/各種アレンジ可>

日数:5日間  
旅行代金:81,800円~206,800ツアーはこちら

  • *砂漠に行くにはメルズーガに泊まろう*

    • どーーん。入口。

    • 部屋の内装。同期の広角カメラすごい。

    • 夜はがらりと雰囲気がかわります。こちらも魅力的。

    砂漠に行くには砂漠の中に泊まろう!

    ということで、砂漠のど真ん中にある!?
    っていうくらい砂漠に囲まれている
    メルズーガという都市に滞在。

    私たちが泊まったのは
    Auberge du sud(オーベルジュ・ド・スッド)」
    という宮殿を改装した”リヤド”

    3人でしたがお部屋も広くて快適。
    何より清潔感があって可愛い!
    お部屋のきれいさに関しては
    正直期待していませんでした…笑
    3人分のスーツケースを広げても余裕がある広さ、
    そしてランプを覆っている枠がなんと可愛いこと…
    お部屋に期待していなかった自分を恥じたい。笑

    ~◆~お部屋の様子は写真をご覧ください~◆~

    1つ注意点!
    ドライヤーがないので必ず持参しましょう!
    メルズーガに限らず、モロッコで且つリヤドに泊まる場合、
    ドライヤーがないところが多いです。
    なのでドライヤーは持ち物の1つに入れておきましょう。
    ※電圧確認をお忘れなく!

  • *日の出前からラクダに乗って絶景ポイントへ*

    • 即席アラビアンスタイル1

    • 即席アラビアンスタイル2

    • 即席アラビアンスタイル3

    • 即席アラビアンスタイル4(おじちゃんに巻いてもらってる図)

    さあ、自分ちっぽけ体験の始まりです。

    日の出前の6:30。
    リヤドのロビーに集合してさあ、出発!!

    …と思いきや。
    ガイドのおじちゃんとよろしくね~って挨拶を交わしたら…

    なんだかマフラーを指さされる。
    「え?なに?これ?」とマフラーを差し出す。
    嬉しそうなおじちゃん。
    わたしから受け取ったマフラーを嬉しそうに
    わたしの頭へ巻きつけていきます。
    はい、アラビアンスタイル完成。笑

    耳も寒いからこれがいいよ!と笑いながら
    嬉しそうに装備してくれましたとさ。笑
    3人ともされるがまま、アラビアンスタイルになった様子は
    写真をご覧ください。

  • *砂漠で日の出を見るときの服装・持ち物*

    • この砂。サラッサラで本当に足を取られます。笑

    • ほら、サラサラ~

    • どこまでも続く砂漠~~

    アフリカ大陸にあるモロッコ。
    アフリカ大陸=暖かいと思っていませんか?

    いいえ、舐めてはいけません。
    時期にもよりますが、朝晩は日本の冬くらい寒くなります。
    またこのツアーは日の出前にリヤドを出るので
    かなり寒いです。
    そこで必須の持ち物と裏技をご紹介♪

    ◆持ち物◆
    マフラー
    ニット帽またはキャップ
    耳当て
     ⇒耳当ては無くても、マフラーを持っていれば
      私たちのようにガイドさんがアラビアンスタイル
      にしてくれるかもしれないので大丈夫です。笑

    手袋
     ⇒私たちは3人とも手袋を持って行かなくて、
      ラクダに乗った時手すりを握ったら冷たくて
      死にました…笑
      片道30分はラクダに揺られるので
      その間ずっと冷たい手すりを握るので
      本当にあったほうがいいです。

    ユニクロのウルトラライトダウン(超便利!)
     ⇒わたしは今回上着の下にウルトラライトダウンのベスト
      を着てたのですが、ぜーんぜん寒くない!
      ベストなら袖がないので腕も動かしやすい!
      ラクダに乗るので動きやすさは重要です!

    靴下 ★裏技ポイント
     ⇒砂漠は砂が想像以上にサラサラ。
      しかも踏みしめるごとに
      どんどん足が埋まっていきます…。
      歩きにくいし砂もめっちゃ入る…。
      履いてきた靴が砂だらけでこの後の滞在どうしよう…。

      ★裏技ポイント -その1-
      みなさん、いらない靴下を持って行きましょう。
      いらない靴下を片足3枚重ねくらいにして履いて
      靴ははかない!!
      靴を履くとどうしても砂に埋まりやすいので
      靴下のままがベスト。
      しかもいらない靴下ならそのまま捨ててこれる!
      汚れてもOK!

      ★裏技ポイント -その2-
      カタール航空でモロッコまで向かう方は
      飛行機に乗るたびもらえるアメニティセットを
      全部取っておきましょう。
      なぜかというと・・・このアメニティセットの中には
      靴下が1セット入っているのです!!
      成田⇒ドーハ間で1つ、
      ドーハ⇒カサブランカ間で1つ、
      合計2つゲットできちゃう!
      これを履けば自分の靴下を犠牲にしなくて済む!!
      …ただこのアメニティセットの靴下、
      目が粗いので結構砂が侵入してきます。笑
      なので1番最初に自分で持ってきた
      いらない靴下を履いて、
      その上から2枚重ねでアメニティセットの靴下を
      履くことをお勧めします!
      ※アメニティセットの靴下2枚+自前の靴下1枚
        挑んだわたし。
        巾着に砂入れたのかな?っていうくらい
       つま先部分に結構砂が入ってきました。笑

  • *いざ、日の出*

    • ガイドのおじちゃん。いい味出してます。

    • 感動してじゃーーんぷ!笑

    • ガイドさんがマットを敷いてくれるのでそこで朝日観賞します。

    日の出の時間はだいたい7:10~7:30頃。

    ※11月の場合

    日の出をベストポジションで見るべく、
    ラクダに乗ってさあ、出発!

    ラクダに乗るとき、ラクダが立ち上がる瞬間が
    結構怖いですが乗ってしまえば乗り心地バツグン
    こぶの間に座るので収まりがいいです。笑

    ラクダに揺られること30分。
    日の出鑑賞のベストポイントに到着です!
    ラクダとは一旦お別れ。
    ラクダから降りてちょっと小高い場所へ行くべく、
    砂漠を駆け上がります!
    ※この時に靴下でいることがいかに大事が
     すごーーーくわかります。

    登った先には壮大なサハラ砂漠が広がっていました。
    3人とも言葉を失うほどの美しさ。
    まだ日が昇ってないのにここまで美しいのか…
    と感動しました。

  • *自分ちっぽけだな~と感じた瞬間*

    • これこれこれ!紫からオレンジへの幻想的なグラデーション!

    • すごかったな~この瞬間。写真じゃ伝わらない・・・。

    • ほら、ちっぽけ。

    • 日が昇るとこんな感じ

    さあ、ここで私たち3人が「自分ちっぽけだな~」
    と感じた瞬間の景色の写真をご紹介。

    日が昇りきる直前、まさに夜と朝の境目です。
    紫色からオレンジ色にグラデーションになっている空と
    どこまでも続くように見えるサハラ砂漠。

    思わず3人で大まじめに
    「自分っていかにちっぽけなんだな~」
    「今まで悩んでたことなんてどうでもよくなるね」
    「自然って偉大だなあ」
    と語り合ってしまうほどでした。笑

    この景色、目に焼き付けたけど
    何度も行ける場所ではないからどうしても残しておきたい!
    と思い、撮ってみましたタイムラプス動画。
    めちゃくちゃ幻想的な動画、撮れます。
    サハラ砂漠に行ったら絶対撮りましょう、タイムラプス。
    自分の目に焼き付けることも大事だけど
    これは動画を撮って残しておくべき絶景です…!

  • *帰り道もちゃんと楽しむ*

    • ラクダに乗った自分たちの影

    • ラクダに乗りながら自撮り

    • 朝日バックは叶わなかったけど壮大な写真が撮れました。

    • お疲れ。ありがとう、ラクダ。

    さてさて貴重な体験もそんなに長くはありません。

    7:30過ぎにはリヤドに向かいます。

    「ああ~、いい朝日だったな~」

    …と余韻に浸るのもいいですが、帰り道も楽しみましょう

    ◆帰り道に撮って楽しい写真◆
    サハラ砂漠に映るラクダに乗った自分たちの影を撮る!
    ラクダに乗ったまま自撮り!
    ガイドさんにお願いして朝日バックに
     ラクダに乗ってる自分たちを撮る!
    最後は頑張ってくれたラクダを撮る!
     (記念に一緒に撮っても◎)

    ~◆~私たちも帰り道に写真撮ってきました~◆~
    写真をご覧ください!

  • *朝食も素敵*

    • 朝食。シンプル is ベスト。

    • 朝食会場。こんなに朝日が照らしてます。

    • 朝食会場からみたリヤド。かっこいい。

    日の出鑑賞から帰ってきたらお待ちかねの朝食!


    わたしたちが宿泊した
    Auberge du sud(オーベルジュ・ド・スッド)」
    では外の朝食会場もあります。

    ここに泊まる人はラクダで日の出鑑賞した後の朝食は
    全力で外の朝食会場をお勧めします!!
    朝食の時間が日の出後なので絶妙に朝日が差し込んできて、
    外で食べると寒さなんて忘れてしまうくらい、
    気持ちのいい朝食を堪能できます。
    温かいコーヒーとパン…
    ああ、思い出すだけでも最高の朝食。
    寒いけど、キラキラと照り付ける朝日のおかげで
    不思議と寒くないし、
    とにかく寒いなんて言ってる場合ではないくらい
    気持ちいい!綺麗!

    砂漠の中で朝日に照らされながらの貴重な朝食体験を是非

  • *あなたもサハラ砂漠で「自分ちっぽけ体験」はいかが?*

    • 3人だとうまくタイミングが合いません。

    私たちの自分ちっぽけ体験はいかがでしたか?

    私はアメリカ大陸かアジアにしか行ったことがなかったので
    人生初長時間フライトに人生初の長時間車移動、
    更に人生初砂漠。

    何もかも初めてで大冒険といった感じだったので、
    より自分がちっぽけに思えたのかもしれませんが…笑
    帰国後のいまも「一番印象に残ってる場所は?」
    と聞かれたら迷わずサハラ砂漠と答えるほど、
    心に強く残っています。

    ビーチリゾートで何もしない贅沢を味わう「非日常」
    もありますが、アクティブに観光満載でも「非日常」
    を味わえるのがモロッコだなあと感じました。

    毎日忙しく働いている自分へのご褒美に、
    モロッコで「自分ちっぽけ体験」はいかがですか?