プリトヴィッツェ国立公園トレッキング | クロアチアの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

プリトヴィッツェ国立公園トレッキング

エリア
プリトヴィッツェ国立公園
/クロアチア
テーマ
世界遺産
時期
2019/9/21~2019/9/22
投稿日
2019/10/26
更新日
2020/4/1
投稿者
赤池 一斗

今年の夏、クロアチアで綺麗な景色の中をトレッキングすることができました。

数年前に写真で見てすごく綺麗な場所だなと思っていましたがまさか行けるとは。

日帰りで行く方も多いようですが、じっくり見て回るために前泊をして朝一でスタートをしました。

写真で見る以上の景色でロードオブザリングにでてくるエルフの里かと思いました(笑)

実際歩いてきたのでその記録をまとめます!

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪成田発着カタール航空≫弾丸でクロアチアへ行こう♪歴史に彩られた石畳の中世の町並み残る首都ザグレブ5日間!価格重視の市内ホテル滞在!朝食付

成田発

≪成田発着カタール航空≫弾丸でクロアチアへ行こう♪歴史に彩られた石畳の中世の町並み残る首都ザグレブ5日間!価格重視の市内ホテル滞在!朝食付

日数:5日間  
旅行代金:73,800円~199,800ツアーはこちら

  • プリトヴィツェ入園料について

    • チケット

    今年から入場制限が新たに始まっています。1時間毎に入場できる人数が制限されており、希望の時間に行っても入れないということもあるようなので、事前購入がおすすめです。

    公式HPよりオンラインで購入していただくことが可能です。
    購入後、チケットはメールで届くので、印刷して当日持参するだけです。
    入園料には園内のボートやバスの料金も含まれています。

    私たちが行った7時の時点では、ゲートにスタッフの人が誰もいなかったためそのままスルーで入場しました。

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    世界遺産プリトヴィッツェ国立公園観光<往路:バス/復路:送迎車利用>入場料付き!
  • プリトヴィツェへのアクセス

    • 日本の高速バスみたいでした

    • ホテルの客室は快適

    • 水回りも問題無しです!

    • ホテルのレストランのご飯も美味しかった

    主な観光地であるザグレブやスプリットからツアーに参加するか、長距離バスを手配するかでアクセスができます。

    私たちは前日に長距離バスでアクセスし、プリトヴィツェで1泊して、翌日早朝からトレッキングをするという方法をとりました。

    ザグレブからプリトヴィツェまでバスを利用しましたが移動時間は約3時間、このときの料金は約1,800円(1名)でした。

    ※別途、スーツケースを預けるのに100円ほどかかりました。

    プリトヴィツェにバス停は「エントランス1」と「エントランス2」の2つがあります。

    ザグレブ方面からプリトヴィツェに行く場合は最初にエントランス1に停まって、その後エントランス2に停まります。

    プリトヴィツェ公園まで徒歩圏内にある3つのホテルは全てエントランス2が最寄りのバス停です。

    日帰りツアーに参加される方はほとんどの場合、エントランス1へのアクセスになると思います。エントランス1からは、下湖群のハイライトを最短で回ることができます。

    クロアチアの都市間を結ぶ長距離バスは事前にネットで購入ができます。メールで乗車券が届くので、当日は車内で提示するのみでした。

    ホテルは、ホテルプリトヴィツェ(Plitvice)に宿泊しました。

    部屋は綺麗で快適に過ごせました。ホテルのレストランで提供されていたマスのグリルとマッシュルームリゾットも美味しかったです!

  • トレッキング開始! エントランス2からエントラン1へ

    • 誰もいない中スタート

    • 入り口にも誰もいない

    • シクラメン!群生していました

    • 見たかった景色

    以下のようなコースタイムで歩きました。

    上湖群と下湖群をどちらも歩くことができるコースで計画しました。

    【コースタイム】
    ホテルプリトヴィツェ(スタート)06:50→P1着07:00→
    ST1着07:40→エントランス1着08:15→Veliki Slap(大滝)着
    08:35→P3着09:15→ボートに乗るP2へ10:16→
    P2着&ST3へ出発10:36→ST3着12:20→
    ST3からバスでST2へ12:45→ST2着(ゴール)13:00

    ※ST:バス乗り場
    ※P:ボート乗り場

    エントランス2から右回りで1周するような約6時間のルートです。
    ホテルをチェックアウト後、スーツケースはホテルに預け出発。
    段々明るくなっていく空の下、まずはボート乗り場のあるP1を目指して、ホテル前の道路を下って行きました。

    P1に到着すると目の前がコジャク湖です。
    公園内最大の湖でこの湖を境に上湖群と下湖群に分けられています。朝靄がいい感じでした。

    コジャク湖の縁に沿ってエントランス1方向へへルートが延びているのでそこを進んでいきます。
    水の音や鳥の鳴き声しか聞こえずゆったりとした時間が流れていました。
    野生のシクラメンも綺麗に咲いていました!

    エントランス1に近づくにつれて、段々高度を上げ湖から離れていきます。
    上から眺めると湖の青さが良く分かって綺麗!
    ガイドブックで良く見ていた景色も見れてテンションが上がります!

    ※湖側へは結構な高さがありますが、手すりや柵が無い場所もあるので注意が必要です。

    エントランス1に到着すると、団体の方もいらっしゃって賑やかな様子でした。

  • エントランス1からP3へ下湖群を歩く

    • おおたき~

    • 気持ち良い散歩道

    • 緑の世界

    • ボートはすぐに来るので待ち時間も少ない

    エントランス1に到着すると撮影スポットがあり、皆さんそこで写真を撮られていました。

    少し休憩して出発。

    エントランス1からVeliki Slap(大滝)へは下っていきます。
    湖まで下りたら木道を歩いてきますがちょうど日が差してきて気持ち良かったです。

    Veliki Slap(大滝)は名前の通り大きな滝でした。。
    水しぶきが飛んで少し寒かったので、少し遠目から写真を撮ってすぐにP3(ボート乗り場)へ移動しました。

    P3(ボート乗り場)にはトイレや軽食を提供している食堂があるので、1時間ほど休憩をとりました。
    ハンバーガーを食べましたが料金はちょっと高めの山価格。。
    下界なら高っ!と思う料金でも山価格と思えば納得、味も美味しかったです。
    1,000円ちょっとだったと思います。
    ちなみにクレジットカードの利用も可能です。

    食事をとった後は、ボートでP2(ボート乗り場)に向かいます。
    ボートに乗っているのは20分くらいでしたが、ちょうど曇ってきて風も吹いていたのでめちゃくちゃ寒かったです!!
    フリースとダウンが必要でした。。
    パーカーの帽子を被って震えながらひたすら耐えました。
    半袖ヤローもいましたが、「あ、Tシャツでいけるんだ」と真似しちゃ絶対だめです(笑)

  • 上湖群はファンタジーな世界でした

    P3(ボート乗り場)に到着したら上湖群のエリアに入ります。

    到着してすぐ綺麗な場所でした!

    周辺には小さな湖が点在していて、全て水の色が碧く澄んでいました。
    泳いでいる魚も気持ち良さそうでした~

    イメージしていたプリトヴィツェの美しい風景が広がっていました。
    ゆっくり美しい景色を鑑賞しながら進みました。
    言葉では中々伝わらないので、景色は右の写真でどうぞ!

    上湖群の後半は湖から離れ森林の中を抜けていきました。
    9月下旬のこの時期、湖近くの樹木は紅葉しているのもありました。

    お昼過ぎにST3(バス乗り場)に到着しました。
    あとはバスに乗ってST2に帰るだけです。
    バス待ちの列にしばらく並んでいたら3両編成のベンツのバスが来ました!
    車内で寝ている間にエントランス2に戻ってきてゴール!
    大満足なトレッキングでした!

  • まとめ

    プリトヴィツェをぐるっと1周でき、我ながら素敵なプランニングだったと思います(笑)
    行く前からガイドブックやインターネットでいろんな写真を見ましたが、写真以上の景色でした。
    個人的には、上湖群で見た滝や湖の美しさが印象的でした。

    あと、9月後半になると寒くなるのでフリースもしくはダウンが必要です。
    歩いているときはちょうどいいくらいで、止まると少し寒いかなくらいですが、ボートに乗ったとき湖上の風が冷たくパーカーとTシャツで来たことを深く後悔しました。。

    海外のトレッキングは中々経験できることではありませんが、日本以外の場所をまた歩きたいなと思いました!